(((((失業保険の手続きの際、職安が口止め))))))



鳥取市のテスコという工場に勤めていたら「僕が鳥取市の大手工場リコーに”報復”した」
というおかしな話で、テスコを解雇になった。
関係者は「おかしい」と気づいたらしく、テスコでまた働くように言われたが
海外旅行に行くことにした。


その後テスコの社長から声を詰まらせ泣きそうな声で失業保険の書類を取りに来るよう
電話があった。
テスコの社長はおかしな話を一時事実と信じたのを後悔したのだろう。

失業保険の手続きのため職安に行った。 「なぜ仕事を辞めたのですか?」
と不自然にくどくど聞かれ
職安にリコーの件が伝わっているのでは?と感じた。

2度目に職安に行った時、窓口の職員に「相談したいことがある」
と言ったら動揺して手が震えて来て
次長を紹介してくれた。

次長と相談した。
次長は僕と顔を合わせるなり、「"職安が情報を漏らしている"と言っているそうだが」
と僕が言いもしないことを言った。
不審に思った僕は「リコーに謝ってもらえませんか?」と言ってさぐりを入れた。
次長 「リコー内部で解決すべき問題であって君には関係ないじゃないか」
僕 「笑い話としてしゃべってもいいですか?」
次長 「聞きたくない!そんな話は誰も聞きたくない」
僕 「高校の時の先生に相談しましょうか?」
次長 「いけない。両親に相談しなさい」
僕 「両親は事情を知らないから相談しても意味がない」
次長 「事情は私が話してあげるから」

別れ際、次長は「しゃべるって誰にしゃべるんだ。こうなったのも種をまいたのは
君なんだからな」と僕を睨みつけた。

(この件を「無かった事」にするためリコーへの就職を勧めた)