ムラ社会の警察と精神科医がリコーの件で僕関連のでっち上げ文書を捏造し
精神病院に強制入院させられた

鳥取市のテスコという工場をクビになった後
テスコの社長から「社員にしてくれなかったことを恨んでリコーに報復したのか?」
と身に覚えの無い質問をされた。
僕はその3年前リコー工場にアルバイトに行っていたことがある。

どうも「僕がリコーに”報復”した」という心当たりの無い話でテスコを解雇させられたらしい。
----------------
以上のような内容の調査依頼を東京のリコー本社に送ると
地元誘致企業リコー工場は、すぐに管轄の鳥取警察署に連絡した。

鳥取警察署刑事課のトクダという人物は、成人の法学部卒の僕でなく高卒の父親を呼び出した。
父親は自宅に帰るとこう言った。
「リコーの担当者がおまえが本社に送ったメールで悩んで夜も眠れないそうだ。
もう許してやれ。東京のリコー本社には絶対メールを送るな」。
また警察は父親を「強制入院の手続きを取る。息子さんがかわいいでしょう」と脅したそうだ。

その後、リコーは黙り込みを決めてしまいどうすることもできない。

そこで僕自身の逮捕で新聞沙汰にし騒ぎを大きくしようと思った。

リコー工場社長殺害予告をし警察に「騒ぎを大きくしたから逮捕してくれ」と言っても「自首したてきたから許してやる」とか「いいから帰って」と追い返すなど相手にしてくれない。

半年後、鳥取県警察の偽サイトを作り「婦人警官」と言って女性の裸の写真を載せ2ちゃんねる鳥取関連スレばらまいた。

僕は書留で僕の電話番号など連絡先を警察に連絡しているのに、警察は2ちゃんねるに削除依頼スレを立てた。

2ちゃんねるは「もみ消しを図っていると解釈されても仕方ないと思います」の意見に従い
警察の削除依頼を拒否。

鳥取県警察本部の削除依頼スレ(見てわかるように2ちゃんねるは拒否)

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1188526957

警察は婦人警官ヌードに怒ったらしく半年前の殺害予告を問題とした。

警察は僕本人から事情聴取もせず「善悪の判断能力に欠けており
殺害予告の実行など重大な犯罪に及ぶ恐れは極めて高いと認められる」という文書を作成したり
精神科医が「多くの人が自分をおとしめようとしていると訴えている」とか「誰かが自分の就職妨害をしていると訴えるようになった」とかいかにも精神病らしい症状をでっち上げ
5ヵ月も精神病院に強制入院させられた。保護の名目だから新聞沙汰にならず僕の作戦は失敗。

退院後「強制入院は不当!」と裁判(鳥取地方裁判所 平成21年(ワ)56号)を起こし、初めてでっち上げ文書の存在を知った。(僕敗訴)

「強制入院の制度は権力者が表沙汰を避けるため悪用される場合がある」という噂は聞いていたが・・・


さらに国に「警察が強制入院の法を悪用して僕は強制入院させられた。国が憲法違反の強制入院の法を廃止しないおかげで被害をこうむった。その被害は1円の慰謝料の支払いで償われるべきものである」と国に対して、遊び半分でふざけた「1円」訴訟を起こした。この訴訟に国側が裁判所に3人出頭するなど、真剣の応戦したのには笑った。もちろん僕敗訴。
「1円」訴訟の判決文




僕の基本的な訴えは「僕がテスコで仕事を休まずに真面目に働くのはリコーに対する”報復”という話をテスコの社長から聞いた」という事。このことを一般人に話すと「おまえはおかしい」と時々言われる。しかし僕が「テスコの社長がおかしなことを言っていたのだから、テスコの社長がおかしい」と言うと、「なるほどテスコの社長はおかしい」となる。さらに僕が「かくかくしかじかでテスコの社長は正常で、リコー社員の統合失調症患者がおかしな被害妄想を僕に抱いていたと推測できる」と言うとたいてい「なるほどな」と僕のリコー社員統合失調症説に同意する。

ちなみに統合失調症患者で「集団ストカー被害」を訴えるブログには多々荒唐無稽な被害妄想が書いてあるが、たいてい仕事をしている社会人。統合失調症患者のリコー社員も普通に仕事はできるはず。