>
--



リコースキャンダル隠蔽鳥取事件


鳥取市のまちぐるみの隠蔽事件



え! えっ? えっ!?  
大企業リコーが時給600円の元アルバイトから
報復された???
という ”被害妄想”


バブルの頃の1990年鳥取市のリコー工場が、学歴のせいかインド帰国直後の米村に
「米村さんは大変仕事が出来る人で即戦力だからぜひ社員になって頂きたい」とお世辞を言い懇願した。
米村はが断り、時給600円の昼勤のアルバイト工員で行った。
昼に山を走るため無断欠勤を繰り返し頻繁に遅刻し
第43回富士登山競走出場(1990年7月25日)のため、7月23日で辞めた。

(富士登山競走の成績表)




その後米村は シルクロード横断世界一周の旅から帰国後鳥取三洋電機の三洋社員が嫌がる工程を請け負う
テスコという会社に属して三洋の夜勤の仕事をしていた。
すると「米村が真面目に働いて地元大企業リコーを”報復”攻撃する」
というおかしな話で解雇になった。
すぐに関係者は「そんなアホな事あるはずない! 」と気づき、
米村は再就職やリコーへの就職を勧められたが断って東アフリカに旅行に行き、
帰国後定職に就かず、あいかわらず海外を放浪を繰り返した。


<この珍現象は以下のように発生したと思う>


リコー鳥取工場は多くの週刊誌が「週休4日制の会社出現!」と報道し
「週に3日しか働かない不真面目な怠け会社」と報道されたと被害的にとらえた一流企業リコー社員が
地元大馬鹿私立高校で独学で初めて本格的に県立進学校と戦った米村が底辺職の
夜勤”で真面目に働いている噂に脅威を感じ怯え
「米村がうちの会社(リコー)を攻撃する目的で
底辺職で真面目に働いている」と妄想を口走ったのだろうと思う

地元紙日本海新聞の記事(1989年9月10日1面)の一部
西尾鳥取県知事のリコー竣工披露パーティーでの祝辞

「一週に四日休みという会社はまずなく、こういう会社が鳥取にできたことを誇りに思う」



このアホ話は地元で少し発覚しリコーは笑いものになったが
米村本人に事情を教えてくれず気分が非常に悪い!



地元の女性が書いた小説『夢幻』はリコーのアホな妄想を題材に??

リコースキャンダル発生“8ヶ月後”、地元鳥取市の松本浥子さんが
「権力者を手玉にとった果心居士の話」で、コスモス文学新人賞受賞した短編小説『夢幻』は「時給600円の
リコーのバイト米村がリコーのバイトを辞め、底辺職に就職して真面目に働いて
大企業リコーに報復した」というおかしなアホ話に似ているな~~    

◇ 地元紙日本海新聞 1994年7月7日 ◇



具体的会話 テスコ解雇後の失業保険手続きの際の職安の奥村次長から米村は口止めされた


その後米村は定職に就かず海外を放浪したが、狭い鳥取市の勤め先にリコーの件の噂が伝わるらしく
人間関係が不自然になる。就職面接の時に面接担当者がリコーの件の事情を知っていれば雇わないだろう。
しかし事情を米村本人に教えない。
事情を知っている人が米村に証言すると、その人の立場がヤバくなる。

「大企業リコーのアホ話の隠蔽の圧力で狭い鳥取市で平穏に暮らす権利が侵害された」と
弁護士を付けずリコーを提訴(鳥取地裁 平成24年(ワ)6号)したが、証拠がないので敗訴。




リコー鳥取工場は無視し相手にしてくれないし、事情を知っている地元の人は関りを恐れ米村に知らぬ振り。
例え弁護士がリコーの件の事情を知っても知らぬ振り。
2017年全国400のリコーグループの事業所に
「リコー鳥取工場の件を調べてほしい」と電話で依頼。
表沙汰を恐れるリコー本社が「対応してはいけない」と全国のリコーグループに通達。

米村関連のホームページのアクセスが増えたせいか
リコー鳥取工場のグーグルマップに時給600円のバイト工員米村の顔社員が!




そして問題発生24年後

鳥取の超越権力 石破茂自民党元幹事長
の事務所の仲裁を無視したリコー



米村は誰に相談しても関わりを恐れ相手にしてもらえず、市内の全ての人権機関も「対応できない」
とダメだったが、2018年3月下旬、米村が鳥取の超越権力者石破茂幹事長の事務所に相談したら
石破事務所はきちんと対応して頂きリコー鳥取工場の高橋企画部長と話し合うよう仲裁して頂いた。
しかし米村がリコーに「高橋企画部長お願いします」
と電話をかけても隠蔽事件の責任問題に怯えるリコーは相変わらず
一方的に切り相手にしないという社会道徳に反する対応。

石破事務所の話、リコー側が高橋企画部長を出そうとしない電話は録音。



石破先生が首相に就任されたら土下座して解決をお頼みしようと思っているが・・・



鳥取市内の固定電話にFAXを送信すると6件に1件は送信できる。

2018年から狭い鳥取市内に”リコースキャンダル隠蔽鳥取事件”というFAXを3万枚以上送った。

鳥取市ではリコーの隠蔽事件はかなり有名になったと思う。

こんなFAXが家庭のファクシミリから出て来たらビックリするだろう。
これ程悪質なFAXを大量に鳥取市内に投下してリコーが沈黙するのはスキャンダルを認めたも同然。





地元共産党議員がリコーの件に巻き込まれブログ閉鎖とういう事態に至ったようだ。
”ブログ閉鎖”という事実を追及すればリコーの件も解決に向かうだろう。
   ↓
共産党が大企業リコースキャンダル隠蔽に加担


まちの情報に詳しい地元紙日本海新聞社報道部にもリコーの件の情報は入っているが
関りを恐れ米村本人に事情を教えない。

バブルの頃に起こった問題の詳しい事実関係を調べる必要はない。
「”リコースキャンダル隠蔽事件”は米村の妄想か? それとも事実か?」という単純な問題を調べればいい。
リコー関係者に聞けば簡単にわかる。
「知らない」と言うなら「スマホで”リコースキャンダル”を検索しろ」と言えばいい。

米子の興信所ガルエージェンシーが「契約してくれたらリコーの件の
証言者を見つける」と言うが、最低でも200~300万円だそうだ。

山口組本部に頼めば事情を調べ証言してくれるだろうがヤバいし・・・

バブルの頃起こった問題でなく
現在もリコーの件の噂(情報)が地元の勤め先に伝わりトラブルが発生するのが人権問題。






誰か”リコースキャンダル隠蔽鳥取事件”を証言してください。

鳥取市民に「リコーがおかしな事をしなかったか?」とだけ聞けば
50人に1人位は知っているのでは?

連絡先 鳥取市 米村 jyouhou7878@yahoo.co.jp


2018年、リコーグループの見解を述べるべき部署・リコー本社広報室に
「リコースキャンダルは実在するのか?」と質問すると「切らせてもらいます」。

電話の録音ファイル





「25年も経てばリコーも人が替わり誰もあなたの事は覚えていない」という人がいるが
今年2018年の鳥取砂丘でのアホなエピソードが今後勤め先に伝われば人権問題が起こる恐れがある。


- 鳥取市の市民的行事砂丘のゴミ拾いでのアホなエピソード(2018年) -

市役所によるとリコーグループが砂丘のゴミ拾いに参加するそうなので
砂丘に行きリコー社員に話をすることにした。
                                             
鳥取市のリコーグループに電話をかけても、スキャンダル隠蔽を図り責任問題を恐れるリコーは
一方的に電話を切るし直接行っても追い返される。
そこで「鳥取市民の行事、砂丘のゴミ拾いに参加のリコー社員に話をする」とリコーに連絡をした。
そして4月15日(日)砂丘に行ったら、市役所作成の用紙にはリコーの清掃区域は
オアシス広場と記されているが
リコーグループ5社は話かけられては困るとRICOHの旗を立てず
宣伝着もかぶらず事実上参加を取り止め米村はリコー社員と話ができなかった。

前年の鳥取砂丘ゴミ拾いのリコーグループ。
RICOHの旗を立て黄色地に赤のRIOCHの宣伝着をかぶり行事に参加。


観光地砂丘にゴミは落ちていないので、漂流物が流れ着く無人の海岸に移動中。








グーグルで「リコー 鳥取市」「リコー鳥取工場」「鳥取リコー」「リコースキャンダル」
などのキーワードで検索してください。