本文へジャンプ
京屋のホームページへいらっしゃいませ
京屋でしている事
交通アクセス
着物の相談メール
洗い張りについて
.丸生洗について
.ゆのし湯通しとは
.染み抜きについて
価格表
洗張、丸生洗、湯のし
湯通し、仕立、防水
防縮加工等

京阪商店街HP
守口市HP
しっかい(sikkai)
悉皆のお店

京 屋

京 屋

定休日:日曜日



今頃のアドバイス項目

着物の乾燥で干しましょう、虫干しをしましょう。

広げてシミが無いか点検してみましょう。

着たことの有る着物は一度点検をかねて虫干しを。
明けてカラットした日を選んで干しましょう

シミがあるときは気がついたときに専門店に出しましょう。

着物の汗の処理は、早い目に、この季節から冬物が来年の春過ぎまで続きます。
シミは細かく点検して、着物を出すとき、しまうとき。
しまう時には、まずは虫干し。風を通す程度でいいと思います。

一カ所有るとその10倍は有るというシミ、細かく点検して糸印をつけて
専門店に持って行きましょう。いらわずこすらず。そのままで。
冬にはいると暖房の性の露結に注意、湿気を含んできますので、晴れ間を見つけて部屋と着物に
風を通しましょう。寒いでしょうが大切な着物の為と家の為,風を通して風通しの良い家に。
汗かきの人は汗対策をして着物を着ましょう。


クリニング屋さんはドライで洗いますので水系のシミには弱いです。
悉皆屋さんは水系にも強いので着物も水を使っての部分洗いも可能です。
洗い張りとは全部ほどいて水洗いします。丸洗いはドライ機を使って洗いますので
本来油系のシミしか取れません。そこで別途の染み抜きを行うので着物は悉皆屋さんに出すと
両方のシミがとれて、なお色の落ちたもの、付いたもの、焼けたものも治すことが(彩色)ができます。


しっかいの店
着物のリホーム

少しお待ちください、自動で
洗張の写真、丸洗い写真をスライドします。

絵の上にマウスを当てると画面送りが出来ます



大 阪 府 守 口 市


金下町1−5−6


06−6991−0827
somekyoya@ybb.ne.jp

 

しっかい(悉皆)屋を初めて約50数年、おじいさんの時代から3代目早い物です。
この仕事も自分達の時代で終わるような感じ。
しっかいやってどんな仕事?
着物のあらゆる事に精通して着物の事に関してどのようにでもお答えできるお店です。
呉服店のように取り次ぎで、質問の内容は追って返事しますとかは無いのです。
おおよそですが期間、金額、出来る出来ないを返事はできます。


10月ですね、秋だというのに暑く成ったり涼しくなったりで、体お大事に!

着物季節は袷物に、暑さとの対決で季節の節目は汗がよく出るのも仕方ないですね。

夏に着たものは、早い目に処理しましょう。特に汗の処理は早い方が良いようです。

というのも汗で変色してしまうことがあるんですね。

汗は胸の方と背中とに分かれますが、両党の方もたまにおられます

汗は塩分、体液など吸収して胴裏などを変色し、ついには破れるまでに至ります

良い天気であれば良いのですが、汗抜きをしましょう。天気の日には陰干しで
風を通して汗対策です。たたむ時には新聞紙で生地の谷間を埋めましょう。
新聞紙はインクで虫除け、紙で湿気を吸収してくれ、いらなければポイしてください。

着用した後が邪魔臭いんですよね。
そんなときは丸めて京屋に持ってきてください

袷物も早い目に手入れしましょう、汗など胴裏が黄ばんだり、表にまで出たりします。
早いほうが成りにくいし、手入れが簡単です。

汗抜き、襟あらい、袖口の汚れ落としも出来ます。
勿論しわ取りもして、そのままタンスに収められますよ。
その他のことでも、ご相談ください。着物関して何でも答えられる店です。
きもの愛用の皆さん、いつまでも
頑張って着てくださいね。
有難う!!!
京屋では下駄、草履の鼻緒交換できますご相談ください。