南フランスの地中海に突き出たジアン半島沖に、ポルクロル島、ポール・クル島、ルヴァン島の3島からなるイエール諸島はあります。
中でも南北3km、東西7kmと最も広いポルクロル島は
フランス映画の巨匠ジャン=リュック・ゴダールの 『気狂いピエロ』( PIERROT LE FOU ) が撮影された島としても知られています。
近代化とは無縁のこの島で、とても澄んだ海と美しい景色、そしてステキな方々に出会うことができました。

*********************************************************************************************

Porquerolles in early summer of 2004 ポルクロル島 2004年初夏

'04年初夏の様子をコチラでもご紹介しています → '04年初夏のポルクロル島 でご覧ください






*********************************************************************************************

Hyeres イエール
コート・ダジュール入口のトゥーロン駅からバスで1時間程のイエールのバスターミナルで港行きのバスに乗換えます バスの待ち時間に とてもきれいな街並みでした バスターミナルから30分程でジアン半島の港Tour Fondueです tourは城の意 中には入れませんが城跡でした ここからポルクロル(ポルクロル)島までは船で20分 左が陽を浴びる城跡
コート・ダジュール入口のトゥーロン駅からバスで1時間程のイエールのバスターミナルで港行きのバスに乗換えます イエールはとてもきれいな街並みでした バスターミナルから30分程でジアン半島の港Tour Fondueです
中には入れませんが城跡でした
ポルクロル島までは船で20分
左が陽を浴びる城跡です

Ile de Porquerolles ポルクロル (ポルケロール) 島
ポルケロールの港 島では細部に凝った造りの家が見られました この家の窓の扉はハート型にくり抜かれています リゾートらしく、大きくても洒落た建物が目立ちます シンプルながら、窓の形がユニーク 建物の先は、もうスグ、港です
ポルケロールの港 島には細部まで凝った造りの家が多く、この家の窓の扉はハート型にくり抜かれていました リゾートらしい洒落た建物が多く、こんなシンプルでいてユニークな窓のデザインも♪ 建物の先は、もうスグ、港です

Plage ビーチ
ポルクロル (ポルケロール) の港近く 港近くの東側の海岸線は丘になっていて、右手にCOURTADEビーチを一望できます 港からCOURTADEビーチを過ぎしばらく行くと見えてくるのが、ここノートル・ダムビーチです 浜にあまり奥行きはなく、小道から海に出た途端にこんなにきれいな波打ち際が長く続いていました
ポルケロールの港近く 港近くの東側の海岸線は丘になっていて、右手にCOURTADEビーチを一望できます 港からCOURTADEビーチを過ぎ、しばらく行くと見えてくるのが、ここノートル・ダムビーチです 浜にあまり奥行きはなく、小道から海に出た途端、こんなにきれいな波打ち際が長く続いていました
島の東端近く、右の写真の岩山の手前の崖から海を望んで 赤く見えるのは肉厚のサボテンのような植物です ちょっとミステリアスなこの島に合います ポルケロール島は砦の多い島ですが、この岩山も下に窓があり、内部が仕切られているように見えましたから、おそらく砦だったのだと思います 島で見た中で最も大きなものでした さらに先に進むと島の東端、岬の先端に着きます 小さな見張り台がありました どれほどの激しい戦があったのでしょうか… 島の西端の丘です ここにも砦がありました
島の東端近く、崖から海を望んで
赤く見えるのは肉厚のサボテンのような植物で、ちょっとミステリアスなこの島に似合います
ポルケロール島は砦の多い島です
この岩山も下に窓があり、内部が仕切られているように見えましたから、おそらく砦だったのだと思います
島で見た中で最も大きなものでした
さらに先は島の東端、岬の先端で、小さな見張り台がありました
激しい戦があったのでしょうか…
島の西端の丘
ここにも砦がありました
海沿いの道をいくと、ところどころに海へと続く小道があります 垣間見える海の景色ひとつひとつに心躍りました ノートル・ダムビーチ辺りの小道から行く手に見える海 浜辺に松がある景色は日本でもよく見かけますが、まったく違いますよネ 海と空、何より光が格段に違うのでしょうねぇ 島の西端近くのノアールビーチ、「黒い海」です 先方の丘の上にも砦が
海沿いの道を行くと、ところどころに海へと続く小道があります
垣間見える海の景色ひとつひとつに心躍りました
ノートル・ダム ビーチ辺りの小道から行く手に見える海
浜辺に松がある景色は日本でもよく見かけますが、まったく違いますよネ
空と海の青さ、そして何より光が格段に違います 島の西端近くのノアールビーチ・『黒い海』の先、丘の上にも砦がありました
ゴダールの映画 「気狂いピエロ」 が撮影されたのは COURTADE ビーチの先といいますから、おそらくこの辺りだと思います ネッ、あの映画に出てきそうな雰囲気でしょ!?
ゴダールの映画 『気狂いピエロ』 が撮影されたのは COURTADE ビーチの先といいますから、おそらくこの辺りだと思います ネッ、あの映画に出てきそうな雰囲気でしょ!?

Edokay Studio Apartment ; 絵道会 ホームステイさせていただいた離れ家
絵画アーティストで親日家の彼女はこの家に 「絵道会」 と名付けました 門を入ってすぐの風景 シンプルでかわいらしい 「絵道会」 外観
絵画アーティストで親日家のヘレンさんは華道や茶道に習い、『絵道会』と名付けました 門を入ってすぐの風景 シンプルでかわいらしい外観
家の中にはヘレンさんのセンスとアイディアがいっぱい詰まっていました 酒樽まであるのにはビックリ! 注目は左、壁から少し突き出た三角の部分です 壁から離してみると、可動式の収納棚になっていました! ロフトへの階段下は箱庭のようです
家の中にはヘレンさんのセンスとアイディアがいっぱい詰まっていました 酒樽まであるのにはビックリ!
注目は左、壁から少し突き出た三角の部分です
壁から離してみると、可動式の収納棚になっていました! ロフトへの階段下は箱庭のよう
ロフト入口の段差に置かれた引出し型踏み台 階段箪笥のようでした ロフトはこじんまりと居心地の良い寝室になっていました ベットには毛布をたたんで斜に置く! とっても新鮮でした 頭上の天窓から寝ながらにして星空が眺められます!
ロフト入口の段差に置かれた引出し型の踏み台は、階段箪笥のようでした ロフトはこじんまりと居心地の良い寝室になっていました ベットの毛布はたたんで斜に置く!
そっかぁ、新鮮☆
頭上の天窓で寝ながら星空が眺められます!
ヘレンさんが作ってくださった夕食 まさか南仏の島でのり巻きとお味噌汁がいただけるなんて! デザートは大人の味わいのブラマンジェ 朝食はパンやクラッカーに数種類のジャムやはちみつをつけて ヘレンさんオススメの紅茶がとてもおいしかったぁ! バスルームではこの桶!を使います
ヘレンさんが作ってくださった夕食
まさか南仏の島でのり巻きとお味噌汁がいただけるなんて!
デザートは大人の味わいのブラマンジェ 朝食はパンやクラッカーに数種類のジャムやはちみつをつけて
ヘレンさんオススメの紅茶がとてもおいしかった!
バスルームではこの桶!を使います

Vue 眺め
ヘレンさんの朝のジョギングに同行し、連れて行っていただいた彼女お気に入りのビューポイント 島の南側の断崖です 左の場所からの右手の眺めです 一変し、穏やかさを感じる景色です 町の丘にある砦ののぞき窓から 「掛け軸のようでしょう」 とヘレンさんのお気に入りの景色です
ヘレンさんの朝のジョギングに同行し、連れて行っていただいた彼女お気に入りのビューポイント
島の南側の断崖です
左の場所から右手の眺めは一変し、穏やかさを感じる景色
町の丘にある砦ののぞき窓から ヘレンさんのお気に入りの景色です
「掛け軸のようでしょう!」
雨が降る早朝にもかかわらず港の船内まで見送ってくださったヘレンさんと彼女の愛車 rearcar 別れ際に 「Small Present」 と言ってしっかりと梱包した1本の筒をくださいました 10日後、帰国してすぐに中を開けてみると2枚の紙が それはヘレンさんが描いた、あの彼女お気に入りの景色↑の水墨画でした
雨が降る早朝にもかかわらず船内まで見送ってくださったヘレンさんと彼女の愛車 rearcar♪
別れ際に梱包された1本の筒をいただきました
帰国後すぐに開けてみると2枚の絵!
それはヘレンさんが描いたあの彼女お気に入りの景色(↑写真上)の水墨画でした

Musee プライベート・ミュージアム
ヘレンさんのお友だちEUDES氏のプライベートミュージアム 島の 「聖Anne教会」 を描いた作品ばかりを集めた壁を背に 島に住み活動しているアーティスト達の作品を展示していらっしゃいます ここは氏いわく 「エッチの間」 フフッ もちろんヘレンさんの作品も展示されていました
ヘレンさんのお友だちEUDES氏のプライベートミュージアム
島の『聖Anne教会』 を描いた作品ばかりを集めた壁を背に
島に住み活動しているアーティスト達の作品を展示していらっしゃいます ここは氏いわく『エッチの間』!? フフッ もちろんヘレンさんの作品も展示されていました
ページトップ

HomeEt Cetera でも Ile de Porquerolles / ポルクロル (ポルケロール) 島をご紹介しています
Et Cetera / 『 おすすめ! 南仏の海 』 へ

ニース アンティーブ サン・ジャン・カップ・フェラ カーニュ・シュル・メール サン・ポール・ド・ヴァンス ヴァンス ヴァロリス エズ
マントン ヴィルフランシュ・シュル・メール カンヌ サン・ラファエル サン・トロペ ポルクロル島 / イエール諸島 モナコ公国
パリ アルル ニーム モン・サン・ミッシェル レンヌ ロンシャン トゥルーヴィル ドーヴィル


Home