概 要

 
→ HOME
 

★ 『体験楽習クラブ さ〜くる』の概要です ★

<目 的>

’齢・性別・地域・立場・障がいの有無などにとらわれず、さまざまな個性の子ども〜青年が「実体験」を通して、それぞれのペースとスタンスで楽しみながら交流し、互いに育ち合う、開かれた場・機会を創る。

 

∧欷郤堝瓜里慮鯲・相互理解の機会を創り、互いに支え、力づけ合える場にする。

 

ボランティアリーダーとして関わる学生・社会人が、子どもたちと互いに良い刺激を与え合いながら、自らの可能性・特性を引き出し、成長・自己実現していく機会を創る。

 

こ萋阿亡悗錣覲董垢寮直年・保護者・リーダー、ならびに地域の学校・団体・企業等をつなぐ、ネットワーク構築の一翼を担い、地域への情報発信を行う。

 

 

 

<団体設立〜現在までの経緯>

代表の吉田は1994年度〜2003年度までの10年間、財団法人長崎YMCAで健康・野外・文化教育部のディレクターとして、キャンプやサッカー等の野外・スポーツ活動の現場の中で、多くの青少年・保護者・学生ボランティアと関わってきた。

特に後半では、長崎発達支援親の会「のこのこ」と連携して実施したサポート・プログラムにも携わり、発達障がいを持った個性豊かな子どもたちと出会った事が転機となり、既存のプログラムの対象・年齢の枠組みを柔軟にし、障がいの有無に拘らず、ニーズに応じて様々な青少年が参加出来る活動を、意識的に展開してきた。

 

その中で、子ども同士が互いに感化し合い、それぞれが変化・成長する姿を目の当たりにし、また、その意義を学生ボランティアにも伝え確認する作業の中で、彼らが確実に視野を拡げ、将来の地域社会の担い手としての自覚を持ちつつ、成長していく姿を見てきた。

以上のような経験を通して、一つの団体の中だけでの活動で完結しない、「地域の中での生活者」として、それぞれの青少年が主体的に生きていく事を支援する活動を、参加される方の費用負担を極力抑えながら展開していくことを目指し、団体を設立した。

 

2005年に、長崎県の「コミュニティ・ビジネス起業化トライアル支援事業」の認定を受け活動を開始し、翌2006年には、文部科学省の「地域子ども教室」を委託され、前年より更に活動を拡充し、参加者・学生ボランティアとも増加した。2008年度は、独立行政法人福祉医療機構の「子育て支援基金」の助成活動や、「長崎伝習所(長崎を元気な魅力あるまちにするために、長崎市民と行政が力を合わせて研究活動を行う事業)」に採択され、「発見!実現!体験楽習塾」という名称で「あるがまま」の自分らしく生きられる道を探している青少年の、体験・チャレンジの機会を創る活動を2年間行い、代表の吉田は長崎市の「発達障害ネットワーク」にも参画した。そのような取り組みが評価され、2010年度は、長崎市との提案型協働事業に採択され、「ワカモノ“SMILE”サポートセンター」という、中学生〜青年層までの、生活全般の自己実現の契機や人間関係を育む機会と、保護者同士が力づけ合える場づくりを4月から開始、現在も実施中。

 

 

 

<団体名の由来>

『さ〜くる』という名前には、以下のような意味がこめられています。

 

ひとりひとりの変化・成長の 「循環」

さまざまな個性・世代・立場を越えた、上も下もない 「仲間」

人と人、人と自然の出会いの機会を生み出す 「広場」

全ての“いのち”のつながりの 「輪」「永遠性」

 

 

 

<方法・手段>

 体験学習」&「ファシリテーション」

◆屮哀襦璽廛錙璽」&「(キャンプ)カウンセリング」

「レクリエーション(Re Creation=個々人の人格・価値観や、人間関係の再構築)」の  アプローチを活動の柱として、別記のような活動を実施する。 

 

「体験学習」とは?

学習者自身が自らの体験を学習のベースとして、自己、他者、それらの関わりなどの気づきを通して学ぶ(成長・変化する)、学習者中心(主体)の教育の方法。知識の蓄積ではなく、「学び方を学ぶ学習」。伝統的な知識教育(概念学習)が魚を求めている人に「魚を与える」学習であるとすれば、体験学習は、「魚の釣り方」を学ぶ学習である。

 

体験(する)→ 指摘(みる・体験の内省と観察)→ 分析(考える・一般化する)→ 仮説化(わかる)→ 試行(再・体験) 

 この循環過程を生活の中でも意識することにより、感受力・思考力・応用力・行動力を培い、問題解決能力(生きる力)の育成を促す。

 

「ファシリテーション(援助促進)」とは?

広い意味での学習(生き方)を援助促進する事。表面的なコンテント(内容・課題)ではなく、プロセス(関係的過程)に「ファシリテーター」が以下の点に留意して関わる。

〜蠎蝓文朕諭Ε哀襦璽廖肪羶→「押しつけ」をしない

個の尊重→相手が自身で自らの個性・能力を引き出せるように

H麌床舛了兩→良し悪しで見て相手を防衛的にせず、あるがままに受容する

と鸛犧→自分の意図・期待に相手を導くのではなく、本人が望む方向を見つけ出せるように

イ箸發砲△襪海→共感的存在、相互依存

 

以上を見て解るように、ファシリテーションは単に専門的なものだけでなく、人間関係の改善や住みよい社会の変革への、基本的な概念と言える。

 

「グループワーク」とは?

各人の個性の発揮・参加者相互の関係促進等の為に、意図的に個々人・グループに働きかけ、グループを「作用」させる事。グループで同じ行動をする事を求める、「グループ活動」とは異なる。

 

「キャンプカウンセリング」とは?

 理屈だけでなく「自身の習慣や行動」でキャンプ(プログラム)や対人関係の理想と目的を示す、リーダーの関わり方。「人間や自然を好むこと」、「分別ある判断力と若い心」、「情緒の安定」が求められる。

 



<運営体制>

●代表・スタッフ : 吉田 伸吾(アボジリーダー)

●ボランティアリーダー(大学・短大・専門学校の学生および社会人のボランティアで構成)

 

☆要望・内容に応じ、専門家や他団体・グループにも協力を依頼し、協働・連携を図る。

Yahoo!ジオシティーズ