指導方針

ラグビーの基本精神に基づき、子供の健全な精神の育成を養うとともに、体力の向上を図る。

ラグビーの基本精神
.侫Д▲廛譟疾鎖

 どんなときでもベストを尽くし、勝っておごらず、負けても潔く。

 試合では審判と、練習ではコーチと、私生活では親や先生と、お互いの信頼を保てる子供の育成を目指します。
⊆己犠牲の精神(All for one.One for all.)

 みんなのために自分がやるべきことをやり、また、みんなへの感謝の気持ちを忘れない精神の育成を目指します。
ノーサイドの精神

 試合ではベストを尽くし戦います。試合が終われば、相手のチームを讃え仲よくなります。

 大会や合同練習で他のクラブとの交流を深め、多くの友だちができます。

 

坂ジュニアRFCでは、さらにもう一つの目標として『キャプテンシー(統率力・責任感)の育成』を掲げます。
 上級生がリーダーシップをとり、子供達が自主的に「練習用具の準備」、「ウォーミングアップ」、「練習用具の片づけ」などを行い、下級生は上級生の指示に従い行動する習慣を身に付けられることを目指します。また、自分が責任をもってやるべきことは何かについて、上級生やコーチと毅然として話し合える力の育成を目指します。 

 

年間活動予定

5月

安芸府中ラグビー祭  府中町揚倉山グランド

6月

広島ラグビー祭  広島スタジアム

8月

夏合宿

10月

親善交歓大会  県営ラグビー場

11月

西中国ラグビースクール交流大会(広島県・山口県)

12月

クリスマス会

3月

広島県選手権