スーパーノービス。3


Lv成長具合 記  録
|
BLv71-9%
JLv52-2%
   2005.08.27 up   アユタヤお守りクエスト(後編)

  〜〜 前回のあらすじ 〜〜
 アユタヤフィールド2 侵入という目的を果たすため、イベントをこなすことを決意。
 順調過ぎる行程に、ついうっかり油断をしてニブルヘイム脱出クエストにまで手を出してしまうが…


 …前回は最後に似合わない次回予告なんて書いてみちゃったりしましたが、気を取りなおして、今一度ぶち当たっている状況を確認しましょう。
 ニブルヘイムにはFDの天敵不死属性と、魔法の天敵闇属性が跋扈する、氷雷魔法士お断りとでも言いたげな街で、魔法云々を抜きにしても、現状ではFLEE足りてません。
 そう、現状の中回避魔法士の状態のいいところ全てが潰されているのです!
 魔女の部屋クエストを開始したはいいものの、与えるダメージ弱いわ相手の移動速度速いわ攻撃避けないわというステキな状態。
 そんな中、デュラハンやらキューブやらルードやらに追われながらも必死に鍵盤を探します。
 探す鍵盤は6つ。そのうち、
  アルレグ――(225, 242)
  酒場のガラクタ屋――(189, 206)の酒場内部
  クレユ――(186, 240)の建物
  南西のお墓――(171, 71)       ※ 文字反転で位置表示
 までを何とかこなしました。
 この辺で、さすがにきついから止めておくかなぁ、とか思ったのですが、すでに鍵盤6つのうち4つ揃ったあと。もう引くに引けないところまで来ちゃってます。
 残る2つは一ヶ所にあります。
  南東のお墓――(208, 102)*2回       ※ 文字反転で位置表示
 …頑張りました_| ̄|○il||

 何とか鍵盤を6つ揃え、いざ、魔女の城へ!
 …
 ……
 ………城までの道にデュラハンが詰まってるのは仕様ですか?(;−ω-)

 死にそうな思いをして一匹一匹通路から引き剥がし、ようやく魔女の城に到着。
 ピアノを探し出し、鍵盤を当てていきます。
 …え? あれ? 鍵盤が一つ足りない…?
 確かに私は全ての鍵盤を集めたはずです。なのに一つ足りない?
 もう一度資料を調べてみると、魔女に会えなかったら酒場の南の建物の少女に会うとあります。
 またデュラハンと戯れるのは正直泣きそうなのですが、背に腹は代えられません。再び城の外へと足を運びます。
 無事に少女に会い、再び魔女の城へと帰って来ると、再びピアノの前へ。
 …
 ……
 ………いや、まぁ、わかってましたけどね_| ̄|○il||
 はい、なにも起こりません。

 もう一度よく資料を見てみると、ピアノと正反対側の壁に寄る必要があることがわかりました。
 鍵盤が一つ足りないのに会えるのかどうか疑問でしたが、とりあえず寄ってみました。

 …ん、会えちゃった。( ̄▽ ̄;

 これにて無事に魔女の部屋クエストをこなし、はれてウンバラへと戻って来れました。
 いや〜、氷雷ノビには壮絶なクエストでした( −ω-)旦~~
 …何か忘れてるような…?( ̄▽ ̄;?

 …あ!!煤i○◇○;)

 ここで、ウンバラのクエストを心の底から忘れていたことに気が付き、急いでウンバラへ。はれて神聖な糸巻きを作成し、ウンバラフィールド2へと行けるようになったとさ。めでたしめでたし。

  〜〜 オチ 〜〜
 その後、意気揚々とウンバラフィールド2へと足を運びましたが、狩り方によっては、経験値はあまり美味しくないかもしれません。_| ̄|○il|| クロウシタノニ…
 結局、PT狩りをするか、コモド北メガリスを相手にするのが安全でいいようです。あるいはおもちゃ。
 大人しくそういう狩りをすることにしました。現状は。(´・ω・`)
 視界を気にしないなら、ウンバラ近辺もありかもしれません。

  〜〜 後日談 〜〜
 アユタヤダンジョン2Fに行くために、今度はアイテムが集まらなかったことでもう一度同じ苦労をしたというのは、また別の話。。。

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv71-9%
JLv52-2%
|
BLv72-12%
JLv53-0%
   2005.08.30 up

 PT狩りが、全体の9割を占めるようになってきました。
 だいたいがERIKA氏を中心としてオーク西の村へと突撃。プリなどのメンバーが揃えば、GH監獄リビオやゾンビプリズナー狩りに勤しみます。
 ソロの時は、結構人気があるようなないような、アルギオペ(赤いも)狩りも行ない始めました。ある程度回避できてしまうので、これも美味しく食べられそうです。

 さて、その増えてきたPT狩りで気が付いたのですが、どうもPT人数が増えれば増えるほど、SPが持たないようなのです。
 理由はいくつかあります。

 一つ目は、ERIKA氏と二人で狩る時などは、回復剤消費を緩和するためにヒールをかけているのですが、PT人数が増えれば増えるほど回数が増加し、SPを圧迫するということ。これは各自で回復剤を使用してもらい、ヒールは自分のためだけに使用すれば解決できるのですが、恥ずかしながら、生粋の支援好きでして、かけられるものならかけたいのです。そのため、ある程度自粛はするものの、どうしても消費が大きくなります。

 二つ目は、PTを組んだ職業によって、使えないスキルが出てくること。ぶっちゃければハンタと組んだ時にニューマが使いにくくなるということなのですが、これによって命中率の高い遠距離攻撃を防げず、ヒールの回数が増えるのです。これも結構SPを圧迫します。

 三つ目は、人数が増えれば増えるほど殲滅が早くなること。基本的にSP回復力向上に頼る部分が大きいため、10秒程度は立ち止まる状況が出来ないと、それだけSP回復が遅くなります。

 そして、FDで凍らせた敵が片っ端から破壊されていくこと。これは殲滅速度や他の職も関係しているのですが、前衛を取り囲んでいる敵を氷化させてもハンタの鷹が飛んで全部破壊されるとか、そういった場合に生じます。これによって、FDをかける回数も増え、SP消費が増えるのです。

 ぶっちゃけほとんど私の魔法の使い方が悪い気がしないでもないのですが、どうにしろSP枯渇は大問題です。何か策を立てなければなりません。
 そこで、BLv71-72% / JLv52-65%になったところで、SPのなさを補うため、今まで挿すカードで悩んでいた+6初心者用胸当てロッダフロッグカード(HP+400,SP+50)を挿すことに決め、+6初心者用胸当てオブチャンピオン作成。
 狩りの途中でしたけど。(´・ω・`)ヒトマチダッタカライイカナァト
 SP増加量は雀の涙ですが、ないよりはましです。

 当分の間は状況に応じて鎧を切り替えていこうと思います。

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv72-12%
JLv53-0%
|
BLv72-72%
JLv53-60%
   2005.09.01 up

  〜〜 ありがとう1000HIT!! 〜〜

 速度増加Lv10込みでFLEE190の世界に突入しました。
 こうなってくると、ある程度の場所は(PTメンバーがいれば)行けるようになるわけで。
 セージと時計塔3Fに突撃してみたり、プリ2名に氷化する敵が皆無に等しいGHカタコンベに拉致られてみたり、色々な場所を満喫しております。

 さすがに、高ランクの狩り場が多くなってくると若干の技術が必要になってきました。今までのように、敵の攻撃を3〜4発食らっても立て直しが効く環境ではなくなってきたのです。敵の攻撃一発でHPの3分の1程度は余裕で持っていかれる世界です。対策を立てなければ生き抜けません。

 高ランクの狩り場で現在気にかけていることは次のことです。
 役割
   …これは、PTメンバー構成によって、自分の役割を変えていくということです。氷雷型魔法士だと、ぶっちゃけほぼFDだったりするんですが、味方の火力や敵の種類などによっては各ボルトを織り交ぜたり、周囲の敵の足止めをしたりと、一応やることを変えています。…変えているつもりです。(´・ω・`)
 立ち位置
   …これは、敵と味方の位置関係によって、攻撃する時の立ち位置を変えるということです。高ランクの狩り場でなくとも、これは重要視していいと思います。要は、他のPTメンバーの邪魔にならなければいいのです。ファイアーウォール(FW)が使える人と組む時は、そのFWを有効活用するように動くこともこれに含まれます。

 以上のことを気にかけて行なった上で、余裕があれば共闘ボーナスも稼ぐようにします。マッタリ狩るのが好きな人でも、経験値は多いほうがいいはずです。ただでさえPTを組んだことで一匹あたりの取得経験値は下がるのです。出来る限り最低一撃は入れて、共闘ボーナスを稼ぐようにしています。

 突き詰めてしまえば、出来ることをやるという一言に尽きるのですが、なかなかどうして、大変そうです。

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv72-72%
JLv53-60%
   2005.09.03 up

 感動した。

トラップアート。
…間に合うのね。。。

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv72-72%
JLv53-60%
|
BLv73-6%
JLv53-92%
   2005.09.06 up

 ええ、はい、実は、ちょっと頑張れば公平が組める人がいたので、身を入れてLv上げようかと思ったんですよ。
 で、あまり苦労した感じもなくLv73になりました。

 しかし、一部から、「無茶し過ぎ」との声も。
 …そんなに頑張ったっけかな?( ̄▽ ̄;?
 よし、思い出してみよう。

 まず最初に、ミストレスが湧くミョルニール山脈04(女王山)アルギオペ狩りに行きました。経験値も結構入るし、人が少ないし。
 そこで重量が50%超えるまで、ひたすら狩り続けました。

 首都へと舞い戻って収集品を倉庫にしまうと、次はアユタヤフィールド2へと向かいました。
 狩り場を移したのは、同じMAPで狩り続けるとだれてしまうからということと、アユタヤフィールド2にいるウータンファイターアルギオペと同程度の経験値を有していること。狙い目以外に湧いている敵のビートルが、女王MAPのマンティスよりも経験値が多いこと。そして、アユタヤも人が少ないから。
 あとは再び狂おしいほどに狩り続け、めでたくLvUP! というわけでした。

 やっぱりそんなに無茶なことはしてな…
 …
 ……
 ………あ。
 狩りが終わったの、朝の6時でしたわ( ̄▽ ̄;ハハハハ
 …うん、無茶したかどうかはともかく、微妙に頑張ってたかもしれない(´・ω・`)

 目標のある狩りって、恐ろしい。(´・ω・`)

 …後にわかったことですが、とりあえず放り込んどけとばかりに倉庫に放り込んだ収集品の中に、マンティスカード(STR+3。アクセサリ用。時価2.4M)が混ざっていたことがわかりました。

 幸運は
   忘れた頃に
        やってくる (´・ω・`)

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv73-6%
JLv53-92%
|
BLv73-30%
JLv54-17%
   2005.09.10 up

 溜まり場にいた某mA氏の騎士と殴りプリの某R氏の二人と、アマツダンジョン(アマツD)に行くことになりまして。
 さぁいざ突撃というところで、一つの問題が発生しました。

 …通行手形?( ̄▽ ̄;?

 はい、取ってません!(◎▽◎!

 というわけで、「今回もネタになる!」とばかりに アマツダンジョンに行くために、通行手形発行クエストを開始しました。
 今回のクエストの難関は、10匹を軽く超えるヒドラによって直前の階段が塞がれているアマツ神社へと辿り着けるかどうかです!
 時として、河童も大量発生している、今クエストでの難関中の難関。
 ここではFDの本領が発揮しにくいため、どう立ち回るかが重要です!
 いざ、チャレンジ!!
 チャレンジ…
 チャレン……
 チャレ………
 ………(・ω・;)

 他に2次職がいると楽だわ〜(◎▽◎;ネタニモナラナイホドニ

 どこ一つ苦労することなく、通行手形ゲット!!
 全く緊張感のないままマッタリとダンジョンへと突入、「やっぱり2Fでしょ」ということで、MAP表示のない畳フロアを寄らば斬るっていうか攻撃されたら即殲滅する 勢いで駆け抜け、アマツD2Fへ。
 思いっきり火力超過の状態大口蛙や銃奇兵狩りをマッタリと行い、最後までのんびりしたまま、狩りはお開きとなりました。行く手間を惜しまないならば、狩り場にしてもいいかもしれません。

 のんびりしたと言えば、その後、一人で女王山へと狩りへ出掛けたのですが、その途中、一つ手前のMAPで剣士とアコライト(アコ)のペアに出会いました。アルギオペの湧くMAPで。
 ちょっと私がブラックアウトして、敵がこの二人に流れてしまうというアクシデントから知り合うことになったのですが、他に生息している敵を見ても、並の剣士とアコのペアではさすがにきついMAPです。このペアも例に漏れず、かなり大変そうです。
 …(´・ω・)
 …(´・ω・)
 …(´・ω・)ウズウズ…
 はい、生粋のお節介の血が疼きました。
 「アルギオペはこちらでいただき、その他の敵は剣士アコペアが狩る」という協定を結び、共同で狩りをすることにしました。
 決して保護者として赤いもを駆除していたわけじゃありませんからね?(´・ω・`)
 そんな能力ありませんし。

 初心者の方だったらしく、色々とお喋りしつつ狩りました。
 のんびりと。ただひたすら、のんびりと。お二人は大変だったかもしれませんが(´・ω・`)
 あまりにも頑張っておられたので、最後に倉庫の肥やしになっていた+1ダブルベノマースツルギなどをあげました。
 何でそんな中途半端なものを持っているかは、聞いてはいけない。(´・ω・`)
 別れ際、MMOの面白さがわかってきたと、おっしゃられていました。私がその手助けとなったのなら、これほど嬉しいこともありません。
 是非、もっと楽しんでもらいたいと思いました。

 けれども、世の中楽しいこと、嬉しいことだけじゃありません。
 ギルドメンバーの一人である某H氏が引退なされました。
 各々の事情とはいえ、やはり、別れるのは寂しいものです。
 別れ際に、形見分けとしてギルドメンバーそれぞれにいくつかのアイテムをくださいました。
 緑ポーションだの何だのと色々いただきましたが、私はこれらをもらうつもりはありません。
 あくまで、私はこれらを預かっているだけです。

 「さよなら」と言うこともしません。
 別れ際の言葉は、「またね」。

 いつかまた、戻ってくることを願っています。

 追伸:
  出来れば倉庫が一杯になる前に帰ってきてください(っ;ω;)っ

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv73-30%
JLv54-17%
|
BLv74-92%
JLv55-72%
   2005.09.15 up

 鎧を切り替えることになった以上、+6ハード初心者用胸当ても欲しくなるわけで。

 作っちゃいました(◎▽◎

 まぁ、2〜3度失敗して財政難手前まで行きかけたのですが、以前出したマンティスカードや倉庫に眠っていた弓用の指貫(時価1M)が売れたおかげで、何とか作ることが出来ました。
 すぐに成功したので、売ったお金のほとんどが残りましたけど。
 コツコツと貯めておいて、必要になったときに散財しようと思います。

 さて、方々を調べまわった結果、やはりミョルニール山脈04が一番気楽に狩れるとわかり、アルギオペ狩りに精を出しています。
 久しぶりにソロ比率が高くなっているかも。
 MAPに南側から入り、一度反時計回りに山を降り外周を一周してから、今度は時計回りで山頂まで敵を狩りつつ登ると、BLv73でだいたい5%程度経験値が入ります。
 10往復もすればLvが上がる計算になります。
 また、アルギオペが時々落とすs1ブーツ(時価1.2M)で資金も稼げます。
 滅多に出ませんけど。(´・ω・`)

 そんなこんなで狩り続け、JLv55にて、ようやくスキル再振りで失われていたFBLv5を取り戻しました。
 次に上げるスキルでまた迷うわけですが、どうにしろしばらくはスキルが増えない日々が続きそうです(´・ω・`)

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv74-92%
JLv55-72%
|
BLv75-0%
JLv55-84%
   2005.09.20 up

 プリの某M氏のローグと公平PTが組める! というわけで。
 一緒に龍の城まで土精狩りに行ってきました。

 経験値的には一緒に湧いているマンティスが非常に美味しくないのですが、マンティスカードが出たら儲けものとばかりに、狩り続けます。
 と、不意に某M氏から「サイドワインダーカード(ダブルアタック発動)欲しいなぁ」という呟きが。
 欲しいと思ったが吉日っ!!

 …っとばかりに、狩り場を龍の城の西側、王陵へと変更することに。
 王陵では虎人、土精と経験値的にも美味しく、お目当てのサイドワインダーも湧いています。グリズリーがやや危険ですが、これは魔法で速殺することで何とかします。

 で、そんなこんなでテンポよく狩りを続けていたのですが、どっちも範囲攻撃がないため、さすがに囲まれると厳しい状態になります。
 湧きも結構よかったため、とうとう囲まれてしまいました。
 なんとか氷化させようと魔法を連発したのですが、あえなく某M氏が死亡。すぐさま某M氏にたかっていた敵が全てこちらに流れてきて囲まれました。
 「飛んで!!」
 イグ葉を数枚持っているので、どちらかが生きていれば再起は可能です。声を聞くと同時に、すぐさまテレポートを詠唱!

 …さて、ここで一つ説明しておかなければなりません。
 青いスーパーノービスには、他の職にはない恩恵がいくつかあります。
 その一つに、経験値が99%の時に死亡すると、1Lvに一度だけ、HP全快した上でモンクのスキルである金剛が発動します。
 この金剛というスキル、DEF90+α 、MDEF90+α に固定され、文字通り鉄壁になる反面、移動速度、攻撃速度が低下し、アクティブスキルが使用不可能になります。
 …(´・ω・)
 …(´・ω・)っ
 …(´;ω;)っ[アクティブスキルが使用不可能]

 ええ、はい、その時点で経験値が99%でした。
 囲まれた時点で死亡し、金剛が発動してました。
 テレポが使用不可能になってました(◎▽◎ハハハハ


 いくら鉄壁でも、魔法士には役立たず以外の何物でもありません。
 何も出来ずにダメージが蓄積し、終〜了〜_| ̄|○il||

 アクティブスキル全開の魔法士ノビの死に救いはないことを、身をもって思い知りました_| ̄|○il||

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+4+3 / INT 86+4+1 / DEX 15+4 / LUK 1+4
BLv75-0%
JLv55-84%
|
BLv76-5%
JLv57-10%
   2005.09.23 up

 s1ブーツが二つも出て裕福になったにも関わらず、連続でフード精錬に失敗して金欠状態になりました。
 グッバイ、裕福な暮し(´・ω・`)

 しばらく立ち直れそうにないので、また楽しくギルメンとPT狩りへ。
 ゲフェンD3Fへと行ってみたり、GHで彷徨う者に怯えてみたりと、丁度いい気分転換になりました。
 どれひとつ取っても、ソロだと即死しますが。(´・ω・`)

 ソロ狩りをしても妙に気力が湧かない為にあまり長く狩れず。
 反対に、PT狩りだと素晴らしく楽しいため、またPT狩りメインで狩りを始めようかと思います。

 あくまで個人的な感覚によるものですが、ソロ狩りは心が荒んでいく感じがします。ちょっとしたことにイライラするのです。これでは楽しいものも楽しめません。

 Lvよりも何よりも、まずは楽しむことを考えて、ある意味では初心に戻って狩りをしようと思います。

 …とまぁ心機一転したところでBLv76に。ここでまた貯めっぱなしにしていたステータスポイント91を一気に振りました。(´・ω・`)マタタメッパナシカヨ
 INTはここでひと段落。おそらくはLv90台になるまで触らないと思います。

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+5+3 / INT 89(3up)+4+1 / DEX 31(16up)+4 / LUK 1+4
BLv76-5%
JLv57-10%
|
BLv76-62%
JLv57-93%
   2005.09.25 up

 Lvが上がったことで新たに組めるメンバーが増えたので、ローグ、ハンター、プリと時計塔3Fへ行くことに。
 …
 ……
 ………みんな火力がおかしいよ( ̄▽ ̄;

 ローグが騎士スキルのボウリングバッシュをクローンスキルで修得していたため、囲まれても何ら問題なし。
 ハンタの攻撃力もとんでもない。
 そしてプリが支援回復をするから、死なない( ̄▽ ̄;
 PTにおける自分の役割がファンネルだということがよくわかりました(´・ω・`)
 ひたすら敵を足止めするのが役目。。。( −ω-)タオソウトカオモッチャダメラシイ

 そんなこんなでやや凹み気味に。
 そんな折、たまには、ということで、久しぶりにスフィル氏のプリと狩りに行くことに。
 場所は、最初に助けてもらったキルハイルの別荘
 今回は公平が組めるところまでLvが上がっていたので、めでたく公平狩りとなりました。

 同じ狩り場で、まだスパノビになりたての頃と同じ顔ぶれで狩りをして、改めてわかったことがひとつ。

 強くなった。(´・ω・`)

 狩り場も戦闘方法もメンバーも流動的に変わっていたため、こうしてはっきりとわかるような機会が今までありませんでした。
 何せ、二次職と張り合うとほぼ確実に見劣りするのです。そんな状態で明確に実感しろといわれても、よくよく考えてみるとちょっと無理です。
 しかし、こうして同じ状況を作ってみるとよくわかります。狩りの安定性が全く違うのです。
 ある程度攻撃を避ける回避力。
 敵にダメージを与える魔法の威力。
 プレイヤースキルだけは大して磨かれていない気がしないでもないのですが、まぁそこは目をつぶってください(´・ω・`)ダメジャン

 成長が実感できると、今後のやる気にも繋がります。今回のことで、まだまだ頑張れると再確認しました。

STR 1+5 / AGI 51+5 / VIT 1+5+3 / INT 89+4+1 / DEX 31+4 / LUK 1+4



戻る