日本語を織りつむぐ幻燈の祠
ゆっくりと、しなやかに、彼らは日々伸び続ける。

連載小説 「全力のハクア」


「全力のハクア」キービジュアル

扉絵 : リーブさん@「DragonRoads.Chronicles」


■はじめに

2010年の春、ストーリーの厚い作品を書こうと思い立ち、連載小説を始めました。知り合いのオンライン作家さんにお題をもらい、メインお題「幼女」「隕石」、サブお題「視力検査」「タブレット」となり、いざ執筆を開始しました。結構長く続くかもしれない冒険物語に、ささやかなご期待をいただけると幸いです。

■作品

最近の子供は元気がない、主体性がないとか言われるけれど、ハクアはそれを裏返してまだ余りある女の子。

流星が山の向こうに消えた一週間後、ちょっと変わった転校生ハクアがやって来た。
ハクアが来てから少しずつ起きるおかしなこと。そして、ハクアのリミッターが外れる瞬間が――

“僕がきみの力になる” 現代ファンタジー小説、連載開始。


第1話 (10.04.11) /  第2話 (10.05.05) /  第3話 (10.06.07) /  第4話 (10.06.20) /
第5話 (10.08.08) /  第6話 (10.10.17) /  第7話 (10.11.13) /  第8話 (10.11.28) /
第9話 (10.12.19) /  第10話 (10.12.30) /  第11話 (11.01.16) /  第12話 (11.02.13) /
第13話 (11.03.06) /  第14話 (11.03.29) 

縦書きPDFで読みたい方はこちら(第1話〜最新話)/外部サイト「小説家になろう」にリンク (11.03.29更新)

キャラクター紹介 (11.02.15) 



<<< 戻る

Copyright (C) 2003-2010 sleepdog. All Rights Reserved.