DJ OZS Underground Hip Hop Mix

使用機材Traktor S4。ずっとMix Tape,CDを聴いてきましたがやっぱり自分で作ってしまうほうが楽しいと思い作成。

←Soundcloudへ。

Still Alive-Underground Hip Hop Vol.1
処女作,前半はダークな感じから後半メロウな展開に。

Sunlit Room-Underground Hip Hop Vol.2
陽のあたる部屋をイメージ、切なさを感じさせながらもそれでいて温かい。
Orbit Borer-Underground Hip Hop Vol.3
攻撃的な要素を加えたロック,メロウで構成

Before Dawn-Underground Hip Hop Vol.4
雨の降った深夜のサウンドバーをイメージ

Faith-Underground Hip Hop Vol.5
前半はItunesのみのダークなアングラ,後半はジャジーに徹しました。

レコード,CDと持っていた物を取り込んだ音源、Itunes,Beatportを使用して作成。

※ホームページ自体初めてなのでやさしい気持ちでみて下さい。

マイ・オークションをごらんください Counter

DJ OZS Mix CD Index



下記はMix Tapeの紹介です。



Underground HipHop Mix Tape

     



Underground HipHop Mix CD



Memorial Mix Tape



Rare系 Mix Tape



US(Battle DJ etc..) Mix Tape



DJ Murakamigo Mix Tape



DJ Komori Mix Tape



R&B Mix Tape



Reggae Mix Tape



Jazz Mix Tape


オーディオ悲しみのコーナー

ある崇高なDJの話を聞き触発されヘッドシェルのリード線を交換し音質アップを図りました。

Ortofon SH-4BK(ヘッドシェル)とOM Arkiv(カートリッジ)にLW-7N(リード線)を用意。

さあ付けよう!…あれ黒いほうが入らない…メーカーを揃えれば大丈夫だろうと思っていたのでガッカリ。

そしてメーカーに聞いてみたら「ヘッドシェルのオス端子の太さが LW7Nリード線の端子より太い為ピンセット等で注意深くリード線側の端子穴を広げて装着できる」とのこと。

端子が太いので入らないのは一目瞭然だったがまさか広げてお使いくださいとは。

そして挑戦したところはまりました!…ですが付けるところを間違えたのではずそうとしたらリード線の端子がはまったまま線が断線。

…他の三つも黒いチューブ部分はボロボロになりはまったらはまったで抜けず抜いたら同じように断線しました。

4,200円もしたのに…





















…ですがもう一箱買っちゃったのでもう一度トライ。前回の失敗を活かし今度は成功しました。

…ですがやはり黒いチューブ部分はボロボロに、作業中にヘッドシェルに傷はつくは爪割れるは散々。
…肝心の音は!…もうどうでもいい…

ヘッドシェルのピンが太い物を買った次点でそのシェルでのリード線交換はあきらめるべきでした。

ヘッドシェルのピンが細いタイプのヘッドシェルをまず見つけましょう。
もう自分はリード線から手を引きます。

…メーカーは何も悪くありません。悪いのは自分です。やはり慣れないことはするもんじゃないですね。才能がないようです。

Mix Tape悲しみのコーナー

テープの巻き戻しをペンで行っている最中「やけに時間かかるな?てか手ごたえ無くね?」ふとみてみるとテープが通っていません。(画像2枚目)数百本中こうなったのは2度目です。状態もあると思います…焦らずゆっくり回しましょう。
…また一つ財産の一つを失いました。





















最後に

私は多くのMix物を聞いているうちに段々物足りなさを感じていくようになりました。

「自分の趣味嗜好に合った物は自分しか作れない」と思いDJではありませんがDJ機材を手にし作成するに至りました。

ですが未熟ゆえに未だ理想の物を作れずにいます。「より良いものを作りたい!最高の1枚を作りたい!いいプレイをしたい!」誰しもがそう思いDJ機材に向かっているはずです。

内容がなんであれMix Tape,CDにはたくさんの思い、苦労が詰まっています。 また店頭に並ぶまで、通販のサイトに記載されるまで多くの方が関わる。

そうして出来上がった物はリリースされていようがそうでなかろうが「プロアマ関係なく出来上がった物はすべて最高の1本、1枚である」 と私は思います。

これからも陰ながらDJ文化,「DJ」の方々に感謝し、そして応援していきたいと思います。