プロジェクトシルフィード 色々考察

戻る データベース

ノーズウェポン 装備ピックアップ
【重機関砲MG3】

ノーズの機関砲の中では最も威力に優れる。
メインウェポンにガン系の兵器を装備している場合は、
同時に撃ち込む事で威力の底上げが出来る。

同系列の重旋回機関砲MG5Hは、単発ではほぼ同じ威力ではあるが、
弾数が少なく、連射力が劣るので、総合的な火力はやや落ちる印象。
しかし、撃ち始めるまでのラグが無く、視線追従可という長所もある。

【ツインソードSG3II】

いわゆるひとつのショットガン。
射程が短いが、戦闘機の背後から密着して撃ち込めば威力は十分。
ただしオーバーヒートしやすいので乱用は禁物。

同系列のスウィングソードSG2Hは、
これよりやや威力は落ちるが、オーバーヒートし難いという長所もあるので、
そちらを選ぶという手もある。

【ダガーBG2】

FCS併用で、一定のホーミング性能を持つ様になる。
威力、ホーミング性能共にレイピアにはやや劣るのだが、
ダガーには、射程がやや長く、オーバーヒートしないという長所があるので、
その点で比べると、レイピアより勝っている部分もあると言える。

同系列のスティレットBG1にもFCSの恩恵はあるが、射程が短い為に効果はあまり大きくない様だ。

【レイピアBG4H】

高いホーミング性能がある為、他の速射系兵器には無い命中率と使いやすさを誇る。
ただし、射程は割と短め。

【セイバーLG1】

メイン2のFCSと併用する事で、
自動的に敵を補足してくれる様になり、非常に高い命中率を誇る様になる。

同系列のツインセイバーLG2Hには、何故かFCSの恩恵が無い様だ。

【スピットファイアBX】

MAXチャージで戦闘機も一撃の破壊力に加え、高いホーミング性能により命中率も高く、射程も長い。
撃った後の待機時間も短く、更にはオーバーヒートもしないという、
ノーズウェポンの中ではズバ抜けた性能を誇る武器。
純粋に強さを求めるならこれ一択で良し。

メインウェポン1 装備ピックアップ
【マルチパイクBP】

これもFCS併用で、一定のホーミング性能を持つ様になる。

ピルムBPも同様で、こちらの方がやや射程が長い分、補足してくれる範囲が広い様だ。

【ニードルL1GP】

上に同じく、FCS併用で効果を発揮するレーザー系兵器。
デバイダーと併用する事で、デバイダーのエネルギー消費を抑えるという戦略も取れるか。

【コンドル105AM】

ロックオン認識範囲が狭く、メイン3のロングスピアHBP、スラッシュ220AMに比べると性能的に見劣りしてしまうが、
それらに次ぐ強力なロックオン兵器である事には間違い無い。
メイン3に上記ふたつ以外の装備を使っている時には、
これを対戦闘機用のロックオン兵器として使用する事になる。

なお、データ上では弾数は100発とされているが、
ロックx10毎に1発の弾を消費(x11〜20だと2発消費)するという形なので、
実際は、最大で1000発分の弾を使える事になる。

【ダート23ロケット砲】

連射力、威力に優れ、一切オーバーヒートをしない。
非誘導兵器の中では非常に使い易い部類に入る。
メイン1の武器の中では、敵艦に対して最も効果的な武器でもあるので、
メイン2&3の強力な対艦兵器が、弾切れ又はオーバーヒートした時のフォローに便利。
ややバラけて発射されるので、戦闘機に対する命中率はやや落ちる。

【ジャミングシステム】

説明を読むと、どうやら敵戦闘機のロックオンの邪魔を出来るとか、そういう感じの効果があるらしいのだが、
デルタセイバーの機動力なら、普通に飛んでるだけでもミサイルを振り切る事は容易なので、結局意味が無い。
ちなみに、敵艦の対空砲等は普通にこちらを狙ってきます。
果たしてこれを有効活用出来る様になる日は来るのでせうか…。

【シールドダブラー】

発動から15秒間、敵の攻撃を無効化してしまう防御兵器。
対敵艦、マーグラス、最終防衛兵器等、攻撃力の優れた敵と戦う場面では非常に頼りになる。
ただ、激突ダメージだけは流石に回避出来ない。

メインウェポン2 装備ピックアップ
【グレイヘッドT76H】

スピットファイアの上位に位置するチャージ兵器。
高いホーミング性能を持ち、射程も長く、MAXチャージの威力も数段高い。
ビーム系の武器は、敵艦が展開するシールドを苦手とする事が多いが、
グレイヘッドの場合は、その破壊力の高さでシールドを真正面から相殺し、
そのまま敵艦を撃沈してしまう事も可能だったりする。

弾数がやや少ないのが欠点と言えば欠点か。
気になる場合はカートリッジホルダーでフォローしよう

【ファイアアローL2GP】

射程は最長の10.0で、エネルギー量も十分で、威力もナカナカではあるのだが、
装備個所が同じ個所ゆえに、FCSの恩恵が受けられないのが玉にキズ。
とはいえ、射程の長さと、攻撃判定が瞬間的に発生するという、レーザーの特性を活かす事が出来れば、
きっと実戦でも活躍は出来る筈。

【アロー27ロケット砲】

バラ撒き炸裂弾。
ナチュラルにバラけて発射されるので、狙って当てるというのは難しいが、
どうやら一定のホーミング性能があるらしく、
敵戦闘機が密集している所へ適当にブチ込むだけで、勝手にバカスカ撃墜してくれる事も。
…時々、味方戦闘機にまでホーミングしてるのは気のせいだろうか?

【コルドロン50ロケット砲】

敵艦に対して効果絶大。
戦闘機に対して使う意味は殆ど無いが、
対マーグラス戦だと、その破壊力の高さが活用出来たりする。

射程距離は数値上では7.5という事になっているが、
爆弾兵器は炸裂するまで飛ぶので、実際はもう少し遠くから(10.0〜15.0)でもヒットする。
ただ、ダメージが少なくなったり、見た目はヒットしててもダメージが通ってないという現象が起こるので、
無駄撃ちが起こらない様に、やはり射程内から撃ち込むのが理想。

【ブースター】

デルタセイバーの機動力を大幅に強化する事が出来る特殊兵器。
これを装備していると、アフターバーナーに匹敵する速度を通常飛行で出せる様になる。
無論、ブースターを装備してアフターバーナー発動させると、
そこから更に速度を上げる事も出来る。

【ファイアコントロールシステム】

レーザー兵器、連射系のビーム兵器と組み合わせて使うと、射程距離にいる敵を自動的に補足してくれる様になる。
特に、メイン3のデバイダーL3GPと組み合わせた場合の効果は絶大で、
メイン2の兵器をひとつ捨ててまで装備する価値は十二分にある。

メインウェポン3 装備ピックアップ
【ロングスピアHBP】

視野全てをカバーする、ロックオン認識範囲の広さは驚異。
戦闘機の多い場面では非常に頼りになる。
リロードがちょいと長いのが唯一の欠点か。

【ポインターSM】

最強の対艦ミサイル。
単発の威力は絶大だが、多重ロックが出来ない、弾数が少ないという欠点もある。
あと、ミサイルの速度が遅いので度々撃墜される事が…。

【電磁爆雷BBE】

小型艦に使うと、バリアを一時的に無効化するという効果がある様だが、
大型艦に対しては、バリアジェネレータが複数ある為か、その効果を上手く発揮出来ない様だ。

敵戦闘機に対して使うと、5〜10秒程度動きが鈍くなる(回避行動を取れない&攻撃出来なくなる)ので、
そこを別の武器で狙い打つという感じの使い方が出来る。

【レーザー爆雷B9L】

一定距離進んだ後に爆発、閃光を放つと同時に、
その閃光ひとつひとつが近くの敵を自動的にロックオンし、攻撃を加えてくれる兵器。
敵戦闘機が密集したところで使うと効果的。
閃光を放つ前に撃墜されてしまう事がたまにあり、その場合、攻撃判定は発生せず不発に終わる。
バリアに相殺される為、敵艦にはあまり効果が無い様だ。

【広域燃焼魚雷B10】

爆発させた個所を中心とした一定の範囲に攻撃判定が発生し、
そこにいる全ての戦闘機にダメージを与える兵器。
どうも発射時の勢いがほとんど無いらしく、自機の後方で爆発してしまう事が多いが、
アフターバーナー時に発射すれば、素早く前方に撃ち出す事が出来る。
弾丸が敵に触れないと爆発してくれない&敵艦には殆ど効果が無い様なので、
これも敵戦闘機が密集したところで使うといい。

【メイルシュトローム爆弾】

全ての兵器の中で最強の破壊力と、攻撃範囲の広さを兼ね備える爆弾兵器。
超大型艦や最終防衛兵器ですら数発で沈めてしまう脅威の威力を誇る。
当たり具合によって、ダメージが変動するらしく、
直撃した場合は凄まじいダメージになるが、爆風がカス当たりだと大したダメージにならない事もある。

仲間も普通に撒き込んでしまうので、味方の艦隊の近くでうっかり使わない様に…下手すりゃ一発ゲームオーバーよ。

【モノケロス長距離砲】

射程10.0を誇るキャノン砲。
非常にオーバーヒートしやすいので、
これを自在に扱うには、かなりの腕が必要になるかと思われます。

【グラヴキャノンXGS】

グレイヘッドの更に上を行くチャージ兵器。
MAXチャージなら、メイルシュトローム弾に次ぐ破壊力を誇るが、
弾数が少なく、チャージにかかる時間も長いので、使い所を見極めるのが重要。
基本的には敵艦、それも大型戦艦に対抗する為に使う事が多いが、
着弾時の爆風にも攻撃判定が残っているらしく、
しっかりと狙い撃てば、一撃で多数の戦闘機を撒き込む事も可能だったりする。
なお、他のチャージ兵器と違い、ホーミング性能は無い様だ。

【リジェネレーター】

損傷したアーマーをその場で修復出来る特殊兵器。
エネルギー全てを使用して回復出来る量は、アーマーゲージ1.3本程度。
役に立たない訳ではないが、メイン3の武器を捨ててまで装備する程ではないか。

【カートリッジホルダー】

同時に装備している全ての武器の弾数を倍にする事が出来る。
メイン2の、コルドロン50ロケット砲、グレイヘッドT76H辺りと組み合わせると効果的。

【バリスタ24ロケット砲】

メイン1のダート23ロケット砲の強化版。
威力が増し、射程が伸びた代わりに、オーバーヒートしてしまうという弱点も。

【スラッシュ220AM】

リロード時間が短く、戦闘機1機に対して撃ってもすぐに再度ロック出来る様になるので、
気軽にガンガン撃ち込む事が出来る。
総合的にはロングスピアよりも、性能、使い易さ共に優れていると言える。
実弾兵器なので、対敵艦でもある程度効果を発揮してくれる。

【デバイダーL3GP】

単品では使いこなすのにかなりの腕が要求されるが、
これをファイアコントロールシステムと組み合わせる事で、
最高の攻撃性能を誇る武器へと進化する。
戦闘機は編隊ごと秒殺、敵艦も大型艦以外は数秒照射するだけで撃沈する事が出来る。

【メイスGP25H】

最強のガン兵器。
戦闘機だろうと敵艦だろうと、バリバリ連射して一気に叩き落したい人向け。
連射力が非常に高く、一発の威力も十分で、
何より、この手の武器の中ではダントツに射程が長いので、非常に使いやすい印象。

【トール砲システム】

キャノンの最大の弱点だったオーバーヒートのしやすさがある程度緩和され、
その上で性能はキャノンの中でも最強クラス。
威力も高く、連射もそこそこ利くので、敵艦に対してかなりの効果を発揮するが、
しっかり狙い撃てれば、戦闘機に対しても威力を発揮する。


有効な武器の組み合わせを考えてみる
実用編


バランス重視型
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 ダート23ロケット砲 or シールドダブラー
メインウェポン2 コルドロン50ロケット砲
メインウェポン3 スラッシュ220AM
説明文
対戦闘機用のスラッシュ、対敵艦のコルドロンに、
万能兵器のダート23ロケット砲、ノーズウェポン最強のスピットファイアBXと、
非常にバランスの良い組み合わせ。
マーグラス戦は、コルドロンが効果絶大。

防御を重視するなら、メイン1をシールドダブラーに変更してみてもいい。


FCS&デバイダー 対戦闘機特化型
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 コンドル105AM or ダート23ロケット砲
メインウェポン2 ファイアコントロールシステム
メインウェポン3 デバイダーL3GP
説明文
敵戦闘機に対しては無類の強さを発揮する組み合わせ。
また、敵艦を相手にする場合も、終盤に出てくる巨大戦艦以外に対してなら、
真正面からデバイダーを照射するだけでバリアを相殺し、そのまま撃沈してしまう。
そういう意味では寧ろ万能型の組み合わせとも言えるか。

メイン1の武器は、対戦闘機用のコンドル、対艦用のダートという感じで、
好きな方を選ぶといいかと。
とはいえ、95%以上の状況はデバイダーひとつでカタがついてしまうのだが。


コルドロン&メイルシュトローム爆弾 対戦艦特化型
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 コンドル105AM or ダート23ロケット砲
メインウェポン2 コルドロン50ロケット砲
メインウェポン3 メイルシュトローム爆弾
説明文
デバイダー(&FCS)が対戦闘機用の究極兵器なら、
メイルシュトローム爆弾は対戦艦用の究極兵器と言えるかと。
難攻不落の超大型戦艦を楽々撃沈してしまうその破壊力、一度味わうと中毒になる事間違い無し。

スピットファイアだけで戦闘機を片付けられるなら、
メイン1にダート23ロケット砲を装備し、更に対艦攻撃力を上げてみるのもいいかもしれない。


カートリッジホルダー活用型
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 コンドル105AM
メインウェポン2 コルドロン50ロケット砲 or グレイヘッドT76H
メインウェポン3 カートリッジホルダー
説明文
弾数を倍増させる効果のあるカートリッジホルダー。
この効果を最大限に活用出来るのは、やはりメイン2のコルドロンでしょう。
対敵艦に置いて、爆発的な攻撃力を手に入れる事が出来る。

敵戦闘機に対しても、スピットファイアとコンドルの組み合わせで問題無し。

メイン2をグレイヘッドにして、スピットファイアと併せてチャージ弾撃ちまくりプレイもナカナカ楽しい。


その他、各種組み合わせ用テンプレ
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 コンドル105AM
メインウェポン2 コルドロン50ロケット砲
メインウェポン3 色々
説明文
メイン3カテゴリには、他のカテゴリと比べても非常に個性的な武器が揃っていますが、
試しにそれらの兵器を使ってみたい時は、この構成の中に加えれば、
どんな状況にも対応しやすいバランスになると思われます。

また、メイン3に対戦闘機に優れた兵器を装備した場合は、
メイン1はコンドルの代わりに、ダート23ロケット砲かシールドダブラーを装備するといいでしょう。



有効な武器の組み合わせを考えてみる
趣味に走り気味編


レーザー兵器特化型
ノーズウェポン セイバーLG1
メインウェポン1 ニードルL1GP
メインウェポン2 ファイアコントロールシステム or ファイアアローL2GP
メインウェポン3 デバイダーL3GP
説明文
レーザー兵器が大好きな人ならこちらを。

まあ正直、大抵の状況ならデバイダーひとつで十分なんですけどね。
趣味の領域ってヤツです。

メイン2のFCSを外してファイアアローL2GPを装備すると、
完全にレーザーオンリーの装備になる反面FCSの恩恵が無くなり、マゾ度が増して非常にいい感じになります。
この場合、デバイダー以外の装備とプレイヤーの腕を頼りに戦闘機を何とか片付け、
敵艦はデバイダーで片付けるいうスタイルになる事でしょう。

尚、この構成で必殺技1を使うと全ての武器が一瞬でオーバーヒートしかねないので注意。


チャージ兵器特化型
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 シールドダブラー or コンドル105AM
メインウェポン2 グレイヘッドT76H
メインウェポン3 グラヴキャノンXGS
説明文
こちらはチャージ兵器がお好きな方に。

最初はネタで考えたんだけど、
戦闘機はスピットファイアとグレイヘッドの二段撃ちで叩き落とし、
敵艦に対しても、グレイヘッドとグラヴキャノンのMAXチャージで対抗出来、
何気に結構バランスが良い構成である事に気付いたり。

メイン1は、チャージ時の隙をフォローする為にシールドダブラーを装着。
また、コンセプトから少しズレてしまうが、対戦闘機用にコンドル105AMを装備すると、よりバランスも良くなる。


ガン兵器特化型
ノーズウェポン 重機関砲MG3
メインウェポン1 フレイルGP37
メインウェポン2 ブースター
メインウェポン3 メイスGP25H
説明文
撃って撃って撃ちまくるのが大好きな人へ。

ブースターで強化した機動力を活かして、華麗に飛びまくりつつ撃ちまくり。
敵艦に対しては、必殺技1で全弾ブチ込むよろし。
まあ、終盤の大型艦が相手になると流石にキツくなりそうですが。


ロケット砲特化型
ノーズウェポン 重機関砲MG3
メインウェポン1 ダート23ロケット砲
メインウェポン2 アロー27ロケット砲
メインウェポン3 バリスタ24ロケット砲
説明文
撃って撃って撃ちまくるのが大好きな人へ、その2。

こちらは何と言っても撃ち込んでる時の音が良い。
あと、敵艦に対してもある程度対抗出来る攻撃力もあります。

とは言え、やっぱりこれも趣味の域。
しかし、こうして趣味に走れる懐の深さもこのゲームの魅力なり。


超長距離射程メイルシュトローム爆弾
ノーズウェポン スピットファイアBX
メインウェポン1 コンドル105AM
メインウェポン2 ブースター
メインウェポン3 メイルシュトローム爆弾
説明文
ブースターの効果的な使い方は無いかなと色々試してて気付いた組み合わせ。

メイルシュトローム爆弾は、射出した時の自機の速度によって、
射出後の飛行速度も変化します。

という訳で、ブースターでデルタセイバーの機動力を上げて、
更にアフターバーナーを発動し、速度が3000オーバーになった時に撃ち出せば、
かなりの速度を保ったまま遥か彼方まで飛んでいく、超長距離射程メイルシュトローム爆弾と化す訳です。

テスト時は、超大型戦艦に対して、距離80.0から13秒程度で着弾するのを確認。
モノケロス長距離砲もビックリですわ…。

…まあ、実戦でそこまで遠くから狙う事はまず無いのですが、
それでも、距離が20〜40ぐらい離れたところからでも攻撃を加えられるというのは、
この武器以外には絶対に出来ない芸当でしょう。


戻る データベース