蒲郡ファンタジー館



愛知県は蒲郡。温泉地としても知られる三河地方の代表的な観光地です。
そこに存在する蒲郡ファンタジー館。
つまらぬ説明など全くの不要。
見れば圧巻、お口あんぐりなスポットなのです。



B級臭が漂うレトロな看板だと思ってナメてはいけません。
東海地方ではかなり名の知れた施設なので、観光客の数もなかなかのものです。
ちょうど自分が到着した時には駐車場にたくさんの観光バスが停まっており、入り口は大混雑でした。


まずは観光客がはけるまで、しばらくお土産屋さんで時間を潰します。







あんなにバスが停まっているにも関わらず、売店はこの有様・・・。
ゆったりとしたスペースで開放的に買い物ができそうなんですけどねぇ。
無駄な広さが素敵です。






貝殻で作った亀の置物。いわゆるいやげものです。 ゲーム機もなかなか味のあるものが並んでいます。








このファンタジー館は、あらゆるものを貝殻によって表現しています。
従って売店にもその趣旨に則ったお土産品が売られています。
この作品もそのひとつなのですが、素晴らしい出来栄えに驚かされます。






しかし50万とは・・・・・ねぇ。
まぁ売るのが目的ではないんでしょうけど。




それでは売店をあとにしファンタジー館に向かいます。






雰囲気的には素晴らしいものがあります。
海底のロマン、深海のロマンチック海道。
迫り来るファンタジーぶりに、吸い込まれそうな勢いです。

入り口の左手の壁面には貝殻で作られた壁画があります。















浦島太郎ですね。それにしても細かい・・・。




では入場料を支払い館内に入ります。
ここから登場するものは、そのほとんどが貝殻によって製作されています。
その驚きの技術、労力、そしてセンスをどうぞご覧下さい。






アレも貝、コレも貝、あんなに貝、こんなにも貝





貝、貝、貝で埋め尽くされたショッキングな空間にしばし呆然。










全部貝なんです。感嘆の言葉しか出てきません。 足元にも貝殻で作られた世界が広がっています。油断できません。





海底を表現した照明もとても綺麗です。こういった見せ方で飽きないように工夫しているのでしょうか。




海のファンタジーとなれば、当然出てくるのが人魚。
もちろん各種取り揃えています。


















この一体だけは貝殻ではありませんでした。
ファンタジー館が紹介される際に必ず登場する有名なマーメイド像です。







こちらは人魚ではありませんが、ひときわ巨大な像です。






悪意があって撮ったのではなく、巨大なのでこういうアングルになってしまうわけです。







そして圧巻は、オウム貝とウニで埋め尽くされたトンネルです。
目がチカチカし、気分が変になりそうな空間です。






いやはや・・・凄いんです。












ちなみにフラッシュ撮影するとこんな感じ。
キモっ!






こちらは円盤状のものがクルクルと周る仕掛けになっています。 このドラゴンも、もちろん貝殻でできています。口の中まで丁寧に作り込んでありました。





これはドラゴンの口の中。
ここまで精巧に作られているんですねぇ。スゴイ。










龍宮城の門をくぐります。






文字も全部貝殻です。細かいですねぇ。








そこはまさしく龍宮城。
しっかし凄いですよ・・・これ。
よくもまぁ、ここまで作り上げたもんだと感心せずにはいられません。






電気仕掛けによってグルグル周り続ける浦島太郎。

そして龍宮城には海の生き物がいっぱい。





イカ~






タイ~、ヒラメ~、エイ~、カニ~、







サメ~
サメ可愛い (*´Д`*)







写真ではわかりづらいのですが、コチラはなんと滝です。壁にぎっしりと貼られた貝の間から豪快に水が流れ落ちていきます。
もう凄いとしか言いようがありません。


この先にはファンタジースペースと名づけられたブラックライトの空間、さらに結構本気モードな貝の展示館もありました。
客の入り具合は上々のようなので潰れる心配は無さそうに感じました。


ここは是非とも多くの人に見てもらいたいと思えるスポットでしたので、これから先も頑張って保全していってもらいたいものです。



(と思いきや、平成22年に閉鎖しました・・・残念)



戻る