池沼・蒟蒻問答集目次



魂の投資 2008/2/2(土) 午後 9:01

最近は株価が下がったり、上がったりです。

私は別に・・・・何とも思わない。

ここで、私の投資哲学を紹介します。
(あくまでも個人的なものです)
一度、株を買ったら死ぬまで売るな!です。そもそも、売ることを前提に買うこと自体、買った会社の事業の『何に』期待して買われたのでしょうか?

まだ上場会社の会社だからいいですよ。非上場会社を買収したりするときは一株あたりの価値を算出して自分で株価を決めなければいけません。
株価が上がった(^o^)下がった(>_<)って慌てたり、売ったり、買ったりしている行動そのものが小物のすることである。生まれながらのビックになれない人の考え方である。

だから、業績で、いい投資か悪い投資なのか判断すべきであり、それも複数年の検証が必要である。

それに、「投資」というのは「投げる資本」って書くじゃない?
極端な話、お金をドブに捨てたと思って買うべきです。

社会にたいしての貢献と考えるべきです。

ビックに生きようじゃないか?
「俺のお金で自分のやりたいようにやってごらんよ!」
って本来の株式を買うという意味はそういうことでしょ?

勝手に、人と人の売り買いが一人歩きしたのでしょ?

そんなことを書きながらも、株主総会は行きます。
それはね・・。何をやったか?これから何をするのか?を聞きたいからね。

正に夢のある話だよ。
失敗しても、また頑張ればいいし、精一杯がんばってほしいと願うよ。

だからといって、適当に会社選びはしないよ。
やっぱり、社会貢献といっても、より良い製品やサービスを、世の中に広めてほしいもん。買った会社は多くの税金を支払って国に貢献して欲しいもの。
社員の方々の生活の安定もして欲しい、税金や年金などを支払って、世の中に貢献してほしいよ。

これが、世の中の流れでしょ。

でも、私も竹田和平さんと同じように、事業がうまくいったら配当は欲しいね。
少しは利をわけて欲しいと思うよ。(笑)


もし、会社が倒産したら・・?それは、自分の会社及び経営者の見る目が無かっただけ。
そう・・それ以上も、それ以下も無い!

ただ・・・それだけだよ。

自分の行動に血肉が無いようでは、魂の抜け殻だよ。
 

株式を買う、本来の意味、果たして、そうでしょうか。。。

投資とは、investの訳語として、現代の日本語にあるように思いますが、インベストとは、お金や時間などを、つぎ込み、主体的に関わっていくという意味があるように思います。

そして、株式は、share、stock、 equityの訳語ですが、リスクと利益を分け合うという意味合いがあるように思います。

株式会社の起源は、オランダの東インド会社が、本格的な最初のものだと言われることが多いように思いますが、大きなリターンが期待できるが、危険も大きい、アジアとの貿易で、リスクの分散と、その見返りとしての、リターンを分配というのが株式投資の本来の姿ではないかと思います。

それゆえ、「お金をドブに捨てたと思って買うべき」「社会にたいしての貢献」「俺のお金で自分のやりたいようにやってごらんよ!」ということが、「本来の株式を買うという意味」では、断じてないと思います。個人的に、そういう風に思って、株を買うのだと言われるのなら、そのことは、まさに、個人の趣味の問題で、否定することはありませんが。。。(^^;;

あと、蛇足ですが、投資と投機は、別物だといわれるように、たしかに、投資と投機は別物ですが、しかし、投資=確実で安全、投機=不確実で危険という考え方は、まったく間違いで、どちらも、不確実で危険なものへの「賭け」を含んでいて、本質的なところで、繋がっていると思う感じです。

2008/2/4(月) 午後 5:47 lalikkuma


ラリックマさん。こんにちは。 誤解です。私は個人的な考えと書きました。 株の売買は言われた通りでしょう!

しかし、忌憚なく言わせて頂きますと。 私の記事の的を射抜いていません。 私は、「何のために株を買うのか?」「株価をかったのか?事業に期待してかったのか?」 という売買を語る前の話なんです。 自分のルール作りだし、自分の哲学を語ったのです。

投資は安全では、ありません。ドブに捨てる考えは安全とは思っていない証拠です。

株価をかったなら、思惑と違う動きをしたとき売ればいいと思います。

そのかわり、短期的な利益や株価対策を求める発言を総会でされても・・・私は面白くない。

2008/2/6(水) 午後 7:48


    http://blogs.yahoo.co.jp/nativedancer4649/14034593.html




この記事、「あくまでも個人的なものです」とは、書いてなかったのですよ。

「ここで、私の投資哲学を紹介します。」とも書いていず、「お金をドブに捨てたと思って買うべき」「社会にたいしての貢献」「俺のお金で自分のやりたいようにやってごらんよ!」ということが、「本来の株式を買うという意味」だと、断定していたのです。

それで、私は、そうではないのでは・・・と、やんわりと、問題提起する形で、コメントをつけたのですが、その後、こっそり、元記事を書き換えるとは。。。

やっぱり、誠実さ、率直さが、議論の前提だと思いますので、なんだかねぇ〜。あえて再反論はしなかったのですが、もう、2度目はないでしょう。。。lalikkuma


池沼・蒟蒻問答集目次