池沼・蒟蒻問答集目次


http://blogs.yahoo.co.jp/lalikkuma/52267620.html

yaitasitkさん、昨日の私のコメント、読んで頂きました? 基本的には、記事に関係のないことを書き込んで下さっても歓迎しているのですが、yaitasitkさんの場合は、あまりにも、議論が噛み合っていませんので、今後、私のブログに書き込んで下さる場合は、こちらの言ったことや尋ねたことをきちんと踏まえて下さるようお願いします。

今回も、買いではない理由を列挙され、それはそれで、立派な見解なのですが、私の書いていることと、噛み合っていないのです。自分のブログで意見を展開される場合なら、それは勝手にされてもいいのですが、ここで議論をされる場合は、私の書いているものと、論点の違い踏まえて頂く必要があります。これは書き方の問題でもありますが、私は、配当利回りやPBR、テクニカル的にはRCI系の指標などからは「買い」である理由があるのではないかと書いているのに、そこをきちんと批判するなり、留保するなら留保するで、何か言及して頂かないと、とても頓珍漢な議論となってしまいます。

長期が基本だといいながら、1月22日だけに買いの指標が出て、買い向かって、短期で売り抜けたとのことですが、この時の指標が短期のもので、長期投資での株集めとは無関係であるならば、それはそれで、指標を区別して書いて頂かないと、書いておられることに統一感がなく、とても頓珍漢な印象を受けます。三菱重工の384円は買いであるが、529円に戻った三菱重工は売りであると考えるなら、それは、短期の小すくいでは、正解となりますが、澤上ファンドのような長期を目的とした買いであるなら、1月22日に買わずとも、その後、値上りしてからも、買いであり、また、今も、買いであっても、まったく間違いではないはずです。その辺をきちんと区別して頂かないと、書いていること、それぞれは、もっともらしいことなのですが、それを全体として見ると、とても頓珍漢な文章であるという印象を受けます。

あと、非常に疑問に思ったのは、「私は、上げ1波から3波まで利益を得ました。しかし、ポイントを見ると、下げ1波になってます。よって、株価が下がるときでも、上がる株がある。ではなくて、買い指標が出るまで待てばいいのですから買いではないと断言できます。30年間このようにしてきました。」「ですから、買いは女房を質に入れても買えというときは、今回は14年に1回でした。後は遊びですね。負けたときは今まで3かいぐらいですか。笑って待っているわけです。」とのことですが、この30年間を振り返って、いったい、いつが買い場であり、いつが売り場であったということなのでしょうか?

  「今回は14年に1回でした」とのことですが、長期投資家にとって、1月22日が14年に1回の買い場であったとするなら、どうして、早速、手仕舞いしてしまったのか、はなはだ不思議な気がします。はっきり言って、こういう短期の仕込み場なんて、年に数度はありますし、長期の買い場であるというのなら、384円で買おうが、529円で買おうが、どちらでも、たいした違いがないはずです。

そして、「ちなみに、ドルに凄い関心があり。10年に1回の買い場探しです。よって、現在は、短期の売買をしなくて、買い指標がでるまで待てばいいのですが、今回は遊びの買いで、ドルのチャートを読んで10年に1度の買いがくりまでまてばいいのです。ですから、買いでないことです。」と書いておられますが、1月22日に買って、短期で売り抜けたという話と、矛盾するのではないでしょうか?

文章を読ませて頂くと、失礼ながら、非常に落ち着きの悪いものを感じています。もし、今後も、私のブログに書き込みしてくださる場合は、必ず、上記の私の疑問に答えてください。お答え頂くことなく、適当な評論のように、コメントされることは、固くお断りします。


池沼・蒟蒻問答集目次