十種大祓

 

たかあまはらにかみづまります すめかみたち いあらはしたまふ

高天原に神留り坐す 皇神等鋳顕給ふ 

とくさみつの たからをもつて

十種瑞津の宝を以て 

あまてるひこ あめほあかりくしたまにぎはやひのみことに

天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊に

さづけたもうことおしえて のたまはく

授給事誨て曰 

いましこのみづのたからをもつて なかつくににあまくだり

汝此瑞津宝を以て 中津国に天降り 

あおひとぐさをしづめおさめよ

蒼生を鎮納よ  

あおひとぐさ およびよろづのものの やまいのことあらば かんたからをもって

蒼生及萬物の病疾辭阿羅婆 神宝を以て 

みくらいたにしづめおきて みたましづめまつりをなして

御倉板に鎮置て 魂魄鎮祭を為て 

みづのたからを ふるへそのかんほぎのことばに いはく

瑞津宝を布留部其の神祝の詞に曰 

きのえきのと ひのえひのと つちのえつちのと かのえかのと みづのえみづのと

甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 

ひふみよいむなやことにのおと

一二三四五六七八九十瓊音 

ふるへゆらゆらかくいのりせば

布瑠部由良由良如此祈所為婆 

まかるともさらにいきなんと おしえたまふ

死共更に蘇生なんと誨へ給ふ 

あまのかみの みおやみことのりを かけたまいて

天神御祖御詔を稟給て 

あまのいはふねにのりて

天磐船に乗りて 

かわちのくは かわかみのいかるがみねに あまくだりましまして

河内国河上の哮峯に天降座して 

やまとのくに ひきのやまのふもと

大和国排尾の山の麓 

しろにはの たかにはに うつしましまして いつきまつりたまう

白庭の高庭に遷座て 鎮斎奉り給ふ 

なづけて いそのかみおおがみと もうしたてまつり よよかんたからをもつて

號て石神大神と申奉り 代代神宝を以て 

よろづのもののために ふるへのかんことをもって

萬物の為に布留部の神辭を以て

つかさとなしたまふゆえに ふるみたまのかみと そんけんし たてまつり

司と為し給ふ故に布留御魂神と尊敬奉 

すめみこと おおむらじおとど そのかみたけきをもつて

皇子大連大臣其神武を以て 

いつきにつかえまつりたまふ もののべのかみやしろ

斎に仕奉給ふ物部の神社 

あめがした よろづのもののたぐい なりいでん おおもとのかんたからは

天下萬物聚類化出大元の神宝は 

いはゆる おきつかがみへつかがみ やつかのつるぎ

所謂瀛都鏡邊都邊八握生剣 

いくたま まかるがえしのたま たるたま みちかえしのたま

生玉死反玉足玉道反玉 

おろちのひれ はちのひれ くさぐさもののひれ

蛇比禮蜂禮品品物比禮 

さらにとくさのかみ

更に十種神 

きのえきのと ひのえひのと つちのへつちのと かのへかのと みづのえみづのと

甲 乙 丙 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 

ひふみよいむなやことにのおと

一二三四五六七八九十瓊音

ふるべゆらゆらと ゆらかしたてまつることのよしをもちて 

布留部由良と由良加之奉る事の由縁を以て 

たいらけくきこしめせと

平けく聞食せと 

いのちながく しそんはんえいと

命長遠子孫繁栄と 

ときはかきはにまもりたまひ さきわいしたまひ

常磐堅磐に護り給ひ幸し給ひ 

かじたてまつる

加持奉る

じんづうじんみょうしんりきかじ

神通神妙神力加持