身滌大祓

 

 

たかあまはらにかむづまります。かむろぎかむろみのみこともちて。

高天原に神留座す。神魯伎神魯美の詔以て。

すめみおやかむいざなぎのおおかみ。

皇御祖神伊邪那岐大神。

つくしのひむがのたちばなの をとの あわぎはらに

筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に

みそぎはらへたまひしときに あれませるはらひとのおおかみたち。

御禊祓へ給ひし時に生座る祓戸の大神達。

もろもろのまがごとつみけがれをはらひたまへきよめたまへともうすことのよしを

諸々の枉事罪穢れを拂ひ賜へ清め賜へと申す事の由を

あまつかみくにつかみ。

天津神国津神。

やをよろづのかみたちともにきこしめせとかしこみかしこみまをす

八百萬の神達共に聞食せと恐み恐み申す

 

 

祓詞

 

かけまくもかしこき いざなぎのおおかみ 

掛まくも畏き 伊邪那岐大神 

つくしのひむかのたちばなのをとのあわぎはらに

筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原に

みそぎはらへたまひしときになりませる はらへどのおおかみたち

禊祓へ給ひし時に成り座せる祓戸の大神等

もろもろのまがごと つみ けがれをあらんをば 

諸々の禍事 罪 穢有らむをば 

はらへたまひ きよめたまへともうすことを

祓へ給ひ 清め給へと白す事を

きこしめせと かしこみかしこみももうす

聞食せと 恐み恐みも白す