綾瀬市・大和市の城館

 

綾瀬市の城館

                 早川城
攻城日 天候 評価 遺構
2005,12,12 曇り B 堀、土塁
攻城のコメント 主郭の堀と土塁
渋谷氏の城といわれる早川城です。
神奈川県内としては良好に遺構の残る城で現在は
城址公園となっております。
2度ほど訪れておりますがきれいに整備された公園で
気持ちがよく見学ができ、とても気に入っております。

主郭の西側の塚は物見塚といわれており元・海軍元帥の
東郷平八郎氏の先祖の地であることを記念して建てられた
石碑があります。
主郭の東側には堀、土塁とともに虎口がよく残ります。
公園内には紅葉が植えてあり訪れた際にきれいに
紅葉しておりとても印象に残りました。
 
   備考
渋谷氏は平安末期に渋谷重国が川崎堀ノ内より
渋谷荘(吉田荘)に拠点を移し目久尻川流域に一族を分散して
大きな勢力をもちました。
渋谷氏は鎌倉初期の和田合戦で和田氏に組して一族が
討死しましたが宝治合戦では北条氏に味方し薩摩に所領を
得て地頭として移り住み繁栄します。

さて、早川城ですが遺構から判断するに鎌倉期ではなく
もっと後の時代の城と思われます。
室町初期頃まで渋谷荘は渋谷氏が領有し早川城を築いたと
考えられているようです。
その後も城は他の勢力によって使用され現在に残る
形態となったのでしょう。
(参考 現地案内板)
 
早川城の紅葉 虎口の土塁
        
           曽司館
攻城日 天候 評価 遺構
2005,12,12 曇り E なし  
攻城のコメント 館付近に建つ長泉寺
渋谷重国の孫・曽司五郎定心(入来院氏)の館が
綾瀬市祖師谷の長泉寺付近にあったのでは
と推定されているのです。
長泉寺のある場所はかつて渋谷氏の菩提寺といわれる
祖師山菩提寺という寺があったそうです。
ですから長泉寺が館というわけではなく目久尻川右岸で
祖師谷のどこかにあったのでは?程度のことしかわかりません。

後に曽司定心は宗家渋谷氏とともに薩摩国に下向し入来院の
地頭職となり入来院氏の祖となりました。
(参考 長泉寺の案内板)
 
                吉岡堀ノ内
攻城日 天候 評価 遺構
2005,12,12 曇り E なし
攻城のコメント 吉岡堀ノ内周辺
秩父党出身の渋谷氏は平安末期に現在の
神奈川県綾瀬市辺りを拠点に栄えました。
領内の中央を流れる目久尻川沿いに一族が館を
構えていたと考えられています。
吉岡館は渋谷重国の長男・光重が構えたところで
正確な場所は不明ですが堀ノ内という地名が残り
目久尻川の左岸台地上にあったと思われます。

遺構どころか場所が特定できませんのでお決まりの地名入り
バス停の画像の掲載のみの更新です。
 

 

大和市の城館

            深見城
攻城日 天候 評価 遺構
2005,12,5 曇り C 堀、土塁  
攻城コメント 遠望
城郭大系では一ノ関城山として紹介されています。
大和市一ノ関、交通量の激しいR246(厚木街道)山王原東の
信号のすぐ北側の細い道に入り城に致るのでわかりづらく、
訪れにくい場所であります。
下水処理状の奥、城ヶ丘に城はあります。
境川の右岸段丘上に築かれており現在は
山林になっていますが堀、土塁がよく残ります。
城の入り口には縄張り図付きの案内板も設置されております。
 
備考 堀、土塁
深見城は宝徳5年(1452)頃に山田伊賀守経光が
築いたのではと城郭大系には記載されていますが
この山田伊賀守がいかなる人物か不明であります。

縄張り図を見るかぎりではかなり技巧的な城で
戦国中期頃に築かれたか、改修された城と思われます。
実際に現場で遺構を見た感じでは技巧的には
思えなかったんですが(汗)

(参考 現地案内板)
 
                 和田城山
攻城日 天候 評価 遺構
2005,12,5 曇り D なし?
攻城のコメント 土合石碑
境川右岸段丘端に築かれた城で和田判官という人の城とも
和田義盛の城では?という伝承が残ります。
現在は宅地、畑、山林となり遺溝の確認は難しいようです。
土合という石碑が城内に残ります。
土合→道合?土塁が合わさる?・・・意味がイマイチ不明です。

南の大和南高校前には案内板も設置されていますが
和田城山遺跡という名称ですが城跡ではなく旧石器時代から
縄文時代の遺跡の案内板であります。