中絶から女性を守れ!
(野郎からの女性に対する中絶要求禁止)
中絶鬼畜野郎去勢当然! 
〜女性を中絶など傷つける野郎が愛しているわけない、女性はゴムなし要求野郎と別れるのが得策です〜
ゴムなし外だしでも妊娠する
(準)中絶強制罪と中絶責任去勢罪を創設するべきと宣言する

「妊娠という一点に関しては、男女平等ではない」ということだ。「中絶の手術を受けるのは女性であって、男性ではないから」だ。したがって、合意の上での性交渉であったのであれば、その中絶という結果に対する責任も平等であるという考え方は否定される
白金研究所 〜男として〜


(2006年5月17日から開設)
皆さんこんにちわ。 白金研究所では男として(優しさマナー性教育)・法律・恋愛・政策を中心に「真面目にかつ実践的に」をキーワードにしています。白金の名前の由来は開設当初、所長が白金に住んでいたことによる。ちなみにk2の名前の由来は、自分が格闘技をやっていたことと、自分の頭文字の名前が二人という意味があります。

研究所執行部
所長:k2  アドバイザー兼副所長:しゅらいん  女性アドバイザー:せい  女性アドバーザー:ゆか  
関東支部長:KANN
当研究所では執行部に加わってくださる方を募集しています。詳しくはk2所長宛メールへどうぞ!
こちらをクリック

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜 掲示板(平日10時〜5時)はこちらをクリック。


★ メルマガ・リンクコーナー ★

白金研究所〜中絶強姦から女性を守れ〜(k2執筆)パソコンヤフー版こちらをクリックしてください。

 白金法律研究所 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 白金法律研究所 (k2執筆) パソコン版はこちらをクリックしてください。

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜  (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜  (k2執筆) パソコン版はこちらをクリックしてください。

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜 掲示板(平日10時〜5時)はこちらをクリック。

 聖林会 (しゅらいん執筆) ホームページはこちらをクリックしてください。

 10代の性 〜中絶強姦から女性を守れ〜  (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 10代の性 〜中絶強姦から女性を守れ〜  (k2執筆) パソコン版はこちらをクリックしてください。

白金政策研究所 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆)携帯版こちらをクリックしてください。

白金政策研究所 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆)パソコン版こちらをクリックしてください。

<白金恋愛研究所> (悪いものは悪い) 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

<白金恋愛研究所> (悪いものは悪い) 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) パソコン版はこちらをクリックしてください。

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜  (k2執筆) ブログはこちらをクリックしてください。


★ 白金研究所「男として」 ★
<宣言:当研究所では、「まず男としてゴム着用は必須と考えます。もしゴムなしが唯一許されるとしたら、男は確実に(気が変わらない)結婚する女性とのセックスのみ(女性が産んでくれると確実)避妊なし (ゴムなし)が許されると考えます。しかしその唯一も本当はやるべきでないでしょう」また「無理やり暴力でセックスするのを、邪道と考えます」。
上記のことをした野郎は去勢及び無精子症が正論となります。天罰が下ることを今ここで宣言します。
一方、「女性は結婚したいと確信して、相手の男も結婚すると確実なときのみ、避妊なしでもよいと思われます。なぜなら結局は受身である女性が傷つく可能性が高いわけですから」。>


「男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜」宣言の説明:
〜中絶させた野郎・強姦した野郎〜

法律的にも、女性が産みたいのに強制的に中絶させたら、その野郎を「不同意堕胎罪」で処罰! また女性が「強制認知」を使えば、家庭裁判所が強制的に野郎を認知をさせるように仕向けてくれます。この二つの制度が、野郎からの中絶強制を軽減させることになります。なぜなら男が避妊をしっかりするため中絶を防ぐことになるからです。 また本当はその男性の子供でないのに女性がその男性と結婚したいがために、うそをついたときは、「損害賠償」を請求された判例があるので注意が必要です。さらには現在医学の進歩で「DNA鑑定」で自分の子供であるかないか100%判別できます。

また、よく遊び人の野郎が行う外だしは避妊の効果は全くないと言ってよいです。 学会でも我慢汁でできると言われており、実際もできています。それが中絶鬼畜野郎が行う中絶強制にもつながる可能性があります。だからゴム着用は必須です。ゴムなしで中絶でもさせたら責任をとれるのか。 また責任とは金銭ではなく言葉ではなく中絶させないことである。つまり中絶させずに結婚して幸せにすることのみである。

確かにゴム着用で100%の避妊ができるわけではないと言われますが、それならなおさら、ゴムより比べ物にならないほど、避妊の意味がないいわゆる「外だし」はやるべきでないと断言できます。中絶を軽減させることにつながるわけだから。またゴムを完全に勃起時からつけ、完全に射精し終わるまでなら100%に近いでしょう。またゴムをつけて外だしはかなり中絶防止に効果的でしょう。無用な中絶の軽減につながります。外だしとはゴムをつけたものが本来やるものと言えます。

唯一、結婚前の男がゴムなしセックスが認められるのは、男が結婚を確実(気が変わらない) であり、かつ女性も本気で産むと確信しているときのみになります。
なぜなら男は生むわけでもおろすでもないので、中絶させないことが当然の「男として 〜女性を中絶強姦から守れ〜」の正論だからです。

しかしその唯一も本当はやるべきではないでしょう。
基本的に結婚前はゴムを完全装着してセックスするものでしょう。また男として結婚することができないのに、はめをはずしたセックス (中絶につながる可能性が少しでもあってはいけない)が許されるわけがないのです。もしゴムの装着が完璧でない (完璧でないことはそもそも許されないが)ときに妊娠したら、結婚することができない鬼畜になるからです。中絶させないことが絶対です。男として結婚をできない状態か、できる状態か?を常に考えて行動するべきでしょう。だから男の両親が息子が結婚できる力もないのに、堂々とうちの息子は彼女が沢山いるとか言うこと自体、考えるべきかもしれません。なぜなら妊娠して中絶の可能性が0ではないのだから。

また新しい彼氏が彼女の過去を受け止めないとしても、責めることはできません。なぜなら中絶させた(彼女の意思で中絶しても鬼畜野郎去勢当然は変わらず) 彼氏との過失によるもので、新しい彼氏には何も過失がないからです。一方、中絶させた野郎は鬼畜より下であり、去勢及び無精子症なることが当然の正論。

また現在産むか中絶するかの最終的な決断は女性にあります。それは非常に当たり前のことです。ていうのは産むにしても中絶にしても女性の体でおきることであるから、男性よりも大きなリスクを負うからです。だからと言って、中絶の責任が女性に増すわけではなく、逆に妊娠中絶という結果を女性のみに負うことを踏まえると後記の河野先生の言うとおり、中絶させた男性の責任や罪の方が重いとさえ言えるでしょう。

もちろん女性が中絶を防止するため、避妊を要求することも非常に重要です。ゴムなし外だしを要求する野郎、女性を傷つけても何とも思わない野郎が本当に優しい男なのか? 中絶の可能性のあることをして、本当に彼女を愛しているのか? 女性も男を見定める能力が必要なのかもしれません。そんな野郎とは別れるのが得策。無用な中絶を経験することで幸せになれるか。幸せになれない男と付き合っていても。

中絶させた野郎の「去勢」は罪の重さからは決して重くはなく、女性にとって大きな「妊娠」を不妊にしてしまうこともあり、次の彼氏には愛する女性との不妊の可能性、そして以前受精して中絶したという事実に対して、中絶させた(彼女の意思で中絶したとしても)男の鬼畜のような無責任さ、まさに「去勢」が相当であることは感覚的にも認識できるのではと思います。
そのような中絶させた野郎に対して辱めを与え、中絶させた野郎に天罰を加えるような社会を作って行きましょう。当然のことですが(笑)

当然、中絶を未然に防ぐためにも、性教育は大重要です。社会の性教育の遅れも中絶の原因の一つといっても言いすぎではありません。現在アダルトビデオから性知識を得る者が多いという狂気の沙汰。中絶の原因となるゴムなしの性交渉がほとんどです。ビデオ業界も中絶の責任があるわけだから。これを打開するには一番は学校の性教育の徹底。中絶軽減にも必ずつながります。これは急務でしょう。教師は恥ずかしいのか?しっかりせい!

そして以下が女医さんの河野美代子先生の言葉です。「妊娠という一点に関しては、男女平等ではない」ということだ。「中絶の手術を受けるのは女性であって、男性ではないから」だ。したがって、合意の上での性交渉であったのであれば、中絶という結果に対する責任も平等であるという考え方は否定される

確かに男はいい女とセックスしたい欲求は誰もがあるでしょう。しかしまともな男は女性や子供をそれ以上に守りたいという、まともな男の本能があるわけです。私はそのまともな男の本能がない野郎が、死ぬほど憤りを感じ天罰がくだると信じてやみません。どんな理由であれ中絶させて鬼畜であることはかわりありません。欲求だけで中絶させた鬼畜に天罰を。

注意点:憎しみの原理、人を憎めば憎むほど自分自身が傷つく
白金研究所では憎しみではなく、人を救うこと。また更なる中絶という被害者を出さない努力、そして少しでも社会貢献を主眼においています。

そして「男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜」の掲示板が登場!(平日10時〜5時まで開放です。)
こちらをクリック

「中絶させた野郎」のさらなる詳しい説明はこちらをクリックしてくださいね!

また、中絶と並ぶ野郎の鬼畜行為、強姦を徹底的に処罰(後記の白金法律研究所ともリンク)
強姦は軽すぎる。そんな鬼畜野郎は去勢が相当。中絶と同じく去勢を罰の一つとすることを掲げます!なぜなら女性を傷つけるようなものは去勢相当だから。必要なし。
「強姦した野郎」のさらなる詳しい説明はこちらをクリックしてくださいね!

上記の内容のメルマガが登場!
 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜(k2執筆) 

 聖林会 ホームページ (アドバイザー・しゅらいん執筆) 
人生応援と教育実践

 10代の性 〜中絶強姦から女性を守れ〜 携帯メルマガ (k2執筆) 
正しい性教育! 文部科学省に打診

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) ブログはこちらをクリックしてください。

 白金政策研究所 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆)携帯版はこちらをクリックしてください。 言葉だけの愛情でごまかすな、女性を中絶など肉体的(精神的にも)に傷つける野郎が愛しているわけないだろ。 


★ 白金法律研究所 ★
メルマガポイント
[法律]
1.時効撤廃(捜査が難しくなるとは別の問題。あくまでも必罰主義)

2.量刑(特に刑法。人殺して3年以上?人の命を何だと思ってるんでしょうか?真に刑法作成者の常識逸脱が原因か。)

3.被害者保護(被害者より加害者保護の社会を変更すべき。やったもん勝ち日本にはしない)

<少年法改正>要は、被害者の人権は加害者の鬼畜の人権とは比べ物にならないほど、大事だということ。それは少年も例外ではない。しっかり裁判で白黒つけること。またしっかり捜査もすること。

<(準)中絶強制罪及び中絶責任去勢罪>即刻創設すべきことを提言宣言する。

<量刑>量刑の問題では特にレイプは軽すぎるし、野郎が中絶させたもレイプと同様もしくはそれ以上の行為であるため、ともに無精子症及び去勢が相当でしょう。当然のことですが!

[政治」
<雇用>
格差解消提言します。格差解消の特効薬が税金改革です。 一つは消費税の生活必需品には税率上げずぜいたく品や嗜好品に税率を上げる。 二つ目に所得税の700万以上の高所得者に対してのみ増税。累進課税の税率に差をつけるべき。 三つ目は都市圏の地主に増税、四つ目は宗教法人や特殊法人に課税、五つ目は莫大な相続には増税を。また民主党代表(平成19年時点)は造詣が深く、特に非管理職はできるだけ雇用を守り、ある程度の生活を保障する、一方で管理職は競争原理を大いにとりいれていく発想は大変よいと考えます。雇用のセーフティーネットを構築すべきです。また正社員の数を減らし派遣を増やす発想は鬼畜の沙汰であり断じて反対です。派遣の地位を正社員の地位に引き上げることを提言宣言します。

<性教育>アダルトビデオの知識が主流になっているのを解消し、必要なことを学校教育で教えていくべきことを宣言する。またビデオでのゴムなしセックスが中絶につながることを、しっかり教えるべきなのは誰でもわかるはずだから。

<害悪の塊、固定権益、医者やマスコミ破廉恥職員など>
親のすねをかじり続けている固定権益を壊すべきでしょう。 具体的には首都圏の地主、大学合格で決まる医者 (メディカルスクール導入へ、医療過誤防止のために免許更新制、医療過誤厳罰)、 公務員(共済年金を一元化、番外参照)、一部のマスコミ(破廉恥職員厳罰、何をやってもいいのか)、 宗教法人(実質ぼろもうけ、課税すべし)などを破壊すべきことを提言宣言します。

<公務員天下り先の退職金渡り>小泉首相が退職金をもらわないから、知事及び市長ももらうな発言。しかしこれは日本の特殊法人の役員退職金の問題でもある。役員全てろくに仕事もせず、莫大な退職金をもらって渡り歩いている。 退職金計算の違いは、職員が月給×勤続年数で、役員が月給×勤続月数です。業績関係なく(いくら赤字でも)単純に職員の何倍もの退職金をもらっているという恐ろしい現実。
上記は常識を逸脱していることは明らかで、今すぐ改正されることは当然です。 さらにキャリア制度は害悪の塊でしかない、そんな制度はどこにもありはしない。すぐに撤廃するべきことを宣言する。

[宣言]レイプした・中絶させた野郎は去勢が相当と宣言します。必要ないのだから。
刑法の厳罰化が進むことを宣言します。やったもん勝ち日本にはしない


★ 白金健康研究所 ★

詳しい説明は こちら をクリックしてください。
border=0>


★ 相互リンク集 ★

相互リンク集はこちらをクリックしてください。
border=0>


★ 宣言 ★
人間の意志が合わさったとき大変更がなされます。

例えば、刑法改正なら「改正した方がいいな」くらいでは改正されません。しかし皆が「なぜ改正いないんだ。改正しないなんてありえない」と思う段階になり改正がなされます。つまり人間の意志が大事なんです。しかし注意点があります。それは・・・疑う心をもたないことです。
こんな小さいことでも、皆さんの信念になれば実現するわけです。

私は30過ぎた男の幸せの手段は要は二つと思っております。一つは家族を幸せにすること二つ目は社会貢献することです。確かに男は女遊びなど、欲望を満たすのがすきじゃない人はいませんが、いつまでもそれだけではあまりにも寂しいし、人間の本当の希望とも反していると思われます。だから恋愛も真面目さも重要なわけです。

上記のとおり、中絶させたり、レイプした野郎は去勢などの天罰が下るでしょう。また犯罪を起こした者も天罰が下るでしょう。当然のことですが!

注意点:憎しみの原理、人を憎めば憎むほど自分自身が傷つく
白金研究所では憎しみではなく、人を救うこと。また更なる被害者を出さない努力、そして社会貢献を主眼においています。

最後に、私の好きな世界的なセラピストのJ・マーフィーの言葉で「繰り返し考えることで潜在意識に働きかけ実現する」わけです。
所長 K2 メール:考えを同調される方やご質問などお待ちしております。
(気軽にメールくださーい!何でも結構です。男性女性問いません。ご紹介するときも必ず匿名で行います。)
お問い合わせ


 白金研究所 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) はこちらをクリックしてください。

 白金研究所 〜中絶強姦から女性を守れ〜 興味のある方はこちらをクリックしてください。

 白金研究所 悪いものは悪い! 〜中絶強姦から女性を守れ〜
1.中絶など女性を心身ともに傷つける野郎が愛しているわけない。愛しているなら中絶などさせるわけがない。愛しているから今は中絶してほしいなんて矛盾している。今回は中絶してほしいなんて愛情皆無である。ゴムなし要求野郎は快楽であり中絶させるなんて罪はほとんど感じていない。だからこそ中絶野郎去勢なのである。言葉だけのもので、実際は中絶強制と何らかわらない。

2.たとえ女性の意思で中絶したとしても、野郎の中絶させた責任は軽減されない。男が産んでほしいなら、女性の意思で中絶するなら、妊娠させていいなんてあるわけない。結果として中絶はいけない。男として中絶という結果をもたらしたので去勢すべき。中絶の責任は結婚するしかない。結婚できないなら中絶の責任は去勢しかないのは当然である。

3.中絶強姦鬼畜野郎去勢当然である。中絶させた野郎を社会として処罰・辱めを与えることは当然。少しでも無用な中絶を減らし、中絶させる野郎を減らすことである。男の本能は中絶などさせずに女性を守ることにある。中絶などの傷つけることから女性を守るのが男の本能。中絶させる野郎を去勢してもよい、必要ないから。男からの中絶依頼絶対禁止!

4.中絶の原因であるアダルトビデオ・性教育のずさんさをなくすことが、中絶を軽減することになる。関係者は必死に中絶軽減に努めるべきである。実質的に、ゴムなしは中絶の可能性があるのだから。若者の性知識はビデオが大半。そのビデオは中絶の可能性あるゴムなし、ゴムを装着しているシーンは皆無。ならば最低限の性教育を行い、中絶を軽減させなければならない。具体的には、妊娠や中絶につながるゴムなしの禁止であろう。 またビデオ業界も中絶防止を観点に考えるべき。国も中絶防止のために規制をするべきは当然である。

5.また法律的に中絶を未然に防ぐ必要あり。具体的には中絶をさせる不同意堕胎罪である。問題は半強制的に中絶させる場合である。強制的に中絶させるのみならだめだ。なぜなら強制中絶は薬や暴力を使うときか。そんな強制中絶は皆無に近い。実際は半強制的に中絶させるものである。「今結婚するのはお互いのためじゃないから、今回は中絶してほしい」とか。だから半強制的にも中絶させるのは絶対禁止しなければならない。また強制認知も中絶軽減に効果ある。無用な中絶を防ぐことになる。認知されると思えば、遊びでゴムなし妊娠や中絶は軽減されるから。法律整備が中絶軽減につながる。中絶鬼畜野郎は去勢当然である。鬼畜に人権無し。

6.河野先生の言葉は説得力あります。性病は男女平等かもしれない。しかし中絶は平等ではない。なぜなら中絶手術をするのは女性だから。なので中絶という結果に対する責任は平等ではない。つまり中絶という結果は野郎に大半の責任がある。中絶という苦しみを考えると女性は皆無に近い。また中絶させた責任は野郎はどう対処するか。それは中絶させないこと。それのみが中絶の責任である。愛情の証明は中絶させないことである。中絶させた野郎は去勢が相当である。

7.避妊の重要性それは中絶軽減につながるから。中絶つまり女性の無用な涙を男として絶対軽減させるべきである。特にゴムなしで妊娠や中絶が多くある。妊娠や中絶は無縁だと思っている。だが実際は10代でも中絶は後を絶たない。誰も好きで中絶をするわけではない。軽減するにはゴム装着である。大体、野郎がゴムなしを要求すること自体許されない。なぜなら中絶の可能性があるから。でき婚はもちろん結果オーライ。しかしその背後にあるのは中絶された女性もいるということ。できて野郎が受けとめたり愛していたらもちろん中絶は回避される。しかし中絶させる野郎もいる。ならばその背後にある中絶軽減のためにはでき婚も考える必要がある。つまり中絶防止のために考える必要がある。

8.準中絶強制罪の適用を提言宣言する。中絶強制はもちろん、やわらかく中絶を説得しても重罰。中絶強制は野郎として最もやってはだめである。しかし中絶を説得すること自体もだめだ。中絶ほどの人権侵害はみあたらず。だから準中絶強制は重罰にすべし。河野先生がいうように、中絶は野郎のからだではなく、女性のからでおきるのが中絶である。だから中絶を部外者が提言すること自体重罰になる。中絶は男女平等ではあらず。だから野郎は女性に中絶強制は許されず。もし中絶強制すれば去勢が当然である。強姦にも準強姦罪があると同時に、中絶強制にも準中絶強制罪があるはずだ。やららかい中絶の説得も中絶強制と同視できるわけだ。不同意堕胎罪は実質、中絶強制や準中絶強制を処罰にはいたらず。だから新たに中絶強制罪及び準中絶強制罪を作成することにより社会がよくなる。中絶の傷がどれほど女性に与えるか、中絶の傷を受けた女性の親や新しい彼がどれほど苦しむか。中絶強制がどれだけ社会をだめにしているか。なぜなら中絶強制ほどの人権侵害はあらずだから。中絶強制に対して重罰すべし。
1
1
1
1