〜中絶鬼畜野郎去勢当然〜 中絶責任去勢罪創設すべし!  
女性を傷つける野郎が愛しているわけない、女性はゴムなし要求野郎と別れるのが得策です! ゴムなし外だしでも妊娠する

白   金   研   究  所


(2006年5月17日から開設)
 白金研究所 中絶強姦から女性を守れ (k2製作) はこちらをクリックしてください。
皆さんこんにちわ。 白金研究所では恋愛と法律と男としてを中心に「真面目にかつ実践的に」をキーワードにしています。白金の名前の由来は、開設当初、所長が白金に住んでいたことによる。ちなみにk2の名前の由来は、自分が格闘技をやっていたことと、自分の頭文字の名前が二人という意味があります。

研究所執行部
所長:k2  アドバイザー兼副所長:しゅらいん  女性アドバイザー:せい  女性アドバイザー:ゆか  
関東支部長:KANN
当研究所では執行部に加わってくださる方を募集しています。詳しくはk2所長宛メールへどうぞ!
こちらをクリック

 男として 掲示板 (平日10時〜5時)はこちらをクリック。


○ メルマガ・リンクコーナー ○



 白金法律研究所 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 男として 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 男として 掲示板(平日10時〜5時)はこちらをクリック。

 聖林会 (しゅらいん執筆) ホームページはこちらをクリックしてください。

 10代の性 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 白金政策研究所 (k2執筆) 携帯版 はこちらをクリックしてください。

 <白金恋愛研究所> (悪いものは悪い) 〜中絶強姦から女性を守れ〜 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。

 その他の リンク及びメルマガ はこちらをクリックしてください。
 上記のパソコン版もあります。


○ 白金研究所「男として」 ○
<宣言:当研究所では、「まず男としてゴム着用は必須と考えます。もしゴムなしが唯一許されるとしたら、男は確実に(気が変わらない)結婚する女性とのセックスのみ(女性が産んでくれると確実)避妊なし (ゴムなし)が許されると考えます。しかしその唯一も本当はやるべきでないでしょう」また「無理やり暴力でセックスするのを、邪道と考えます」。
上記のことをした野郎は去勢及び無精症が正論となります。天罰が下ることを今ここで宣言します。
一方、「女性は結婚したいと確信して、相手の男も結婚すると確実なときのみ、避妊なしでもよいと思われます。なぜなら結局は受身である女性が傷つく可能性が高いわけですから」。>


「男として」宣言の説明:
〜中絶させた野郎・強姦した野郎〜

法律的にも、女性が産みたいのにおろさせたら、その野郎を「堕胎罪」で処罰! また女性が「強制認知」を使えば、家庭裁判所が強制的に野郎を認知をさせるように仕向けてくれます。 また本当はその男性の子供でないのに女性がその男性と結婚したいがために、うそをついたときは、「損害賠償」を請求された判例があるので注意が必要です。さらには現在医学の進歩で「DNA鑑定」で自分の子供であるかないか100%判別できます。

また、よく遊び人の野郎が行う外だしは避妊の効果は全くないと言ってよいです。学会でも我慢汁でできると言われており、実際もできています。だからゴム着用は必須です。

確かにゴム着用で100%の避妊ができるわけではないと言われますが、それならなおさら、ゴムより比べ物にならないほど、避妊の意味がないいわゆる「外だし」はやるべきでないと断言できます。またゴムを完全に勃起時からつけ、完全に射精し終わるまでなら100%に近いでしょう。またゴムをつけて外だしはかなり効果的でしょう。外だしとはゴムをつけたものが本来やるものと言えます。

唯一、結婚前の男がゴムなしセックスが認められるのは、男が結婚をするのが確実(気が変わらない)であり、かつ女性も本気で産むと確信しているときのみになります。
なぜなら男は生むわけでもおろすでもないので、堕胎させないことが当然の「男として」の正論だからです。

しかしその唯一も本当はやるべきではないでしょう。
基本的に結婚前はゴムを完全装着してセックスするものでしょう。また男として結婚することができないのに、はめをはずしたセックスが許されるわけがないのです。もしゴムの装着が完璧でない (完璧でないことはそもそも許されないが)ときに妊娠したら、結婚することができない鬼畜になるからです。男として結婚をできない状態か、できる状態か?を常に考えて行動するべきでしょう。だから男の両親が息子が結婚できる力もないのに、堂々とうちの息子は彼女が沢山いるとか言うこと自体、考えるべきかもしれません。

もちろん女性が避妊を要求することも非常に重要です。ゴムなし外だしを要求する野郎、女性を傷つけても何とも思わない野郎が本当に優しい男なのか? 本当に彼女を愛しているのか? 女性も男を見定める能力が必要なのかもしれません。そんな野郎は別れるのが得策。幸せになれない男と付き合っていても。

また新しい彼氏が彼女の過去を受け止めないとしても、責めることはできません。なぜならおろした彼氏との過失によるもので、新しい彼氏には何も過失がないからです。一方、おろした彼氏は鬼畜より下であり、去勢及び無精子症なることが当然の正論。

また現在産むか中絶するかの最終的な決断は女性にあります。それは非常に当たり前のことです。ていうのは女性の体でおきることであるからどちらを選ぶにしても男性よりも大きなリスクを負うからです。だからと言って、中絶の責任が女性に増すわけではなく、逆に妊娠中絶という結果を女性のみに負うことを踏まえると後記の河野先生の言うとおり男性の責任や罪の方が重いとさえ言えるでしょう。

「去勢」は罪の重さからは決して重くはなく、女性にとって大きな「妊娠」を不妊にしてしまうこともあり、次の彼氏には愛する女性との不妊の可能性、そして以前受精したという事実に対して、おろした男の鬼畜のような無責任さ、まさに「去勢」が相当であることは感覚的にも認識できるのではと思います。
そのような男に対して辱めを与え、天罰を加えるような社会を作って行きましょう。当然のことですが(笑)

当然、性教育は大重要です。社会の性教育の遅れも原因の一つでしょう。現在アダルトビデオから性知識を得る者が多いという狂気の沙汰。これを打開するには一番は学校の性教育の徹底。これは急務でしょう。教師は恥ずかしいのか?しっかりせい!

そして以下が女医さんの河野美代子先生の言葉です。それは「妊娠という一点に関しては、男女平等ではない」ということだ。「中絶の手術を受けるのは女性であって、男性ではないから」だ。したがって、合意の上での性交渉であったのであれば、その結果に対する責任も平等であるという考え方は否定される

確かに男はいい女とセックスしたい欲求は誰もがあるでしょう。しかしまともな男は女性や子供をそれ以上に守りたいという、まともな男の本能があるわけです。私はそのまともな男の本能がない野郎が、死ぬほど憤りを感じ天罰がくだると信じてやみません。

注意点:憎しみの原理、人を憎めば憎むほど自分自身が傷つく
白金研究所では憎しみではなく、人を救うこと。また更なる被害者を出さない努力、そして社会貢献を主眼においています。

「中絶させた野郎」のさらなる詳しい説明はこちらをクリックしてくださいね!

また、中絶と並ぶ野郎の鬼畜行為、強姦を徹底的に処罰(後記の白金法律研究所ともリンク)
強姦は軽すぎる。そんな鬼畜野郎は去勢が相当。去勢を罰の一つとすることを掲げます!なぜなら女性を傷つけるようなものは去勢相当だから。必要なし。
「強姦した野郎」のさらなる詳しい説明はこちらをクリックしてくださいね!
border=0>


○ 白金恋愛研究所 ○

メルマガラインナップ
1.始めに 2.心得 3.何で決まるか 4.スペシャルゲストから 5.出会いのシチュエーション・理想とは・一途恋愛のススメ 6.恋愛重要技(心理学・トーク・ファッション・セックスなど)・男として 7その他(食事・その他) 

理想の相手をゲットするにはをスローガンにしています。やはり現実とは違うとは言え、理想の要素をもった、理想に近い人であればいいんだから。私はデートした人はかなりいますが、巷の男がやっている抱いた女性の数で勝負するのではなく、理想の女性を一人一途に愛し合うことを考えて行動してきています。

主に男性購読者を対象にしていますが、女性にも役立つ情報を及び不快にさせないように最大限考慮することを約束します。

<宣言1:「私は理想の彼女(彼)との結婚ができることを信じています」
「私の幸せと同時に彼女(彼)の幸せをのぞんでいます」
「理想の彼女(彼)と出会った瞬間が一番の幸せです」>

<宣言2:当研究所では、「まず男としてゴム着用は必須と考えます。もしゴムなしが唯一許されるとしたら、男は確実に(気が変わらない)結婚する女性とのセックスのみ(女性が産んでくれると確実)避妊なし (ゴムなし)が許されると考えます。しかしその唯一も本当はやるべきでないでしょう」また「無理やり暴力でセックスするのを、邪道と考えます」。
上記のことをした野郎は去勢及び無精症が正論となります。天罰が下ることを今ここで宣言します。
一方、「女性は結婚したいと確信して、相手の男も結婚すると確実なときのみ、避妊なしでもよいと思われます。なぜなら結局は受身である女性が傷つく可能性が高いわけですから」。>

 白金恋愛研究所 (k2執筆) 携帯版はこちらをクリックしてください。


○ 白金法律研究所 ○

 白金法律研究所の説明は上記をクリックしてください。


○ 白金健康研究所 ○

メルマガは現在予定していません。

生涯現役を誰もが望んでいますが、私は二つの健康法を意外と効果的だと考えています。

1.足のつぼ(実際、私も軽い腎炎を薬なしで治しました)

2.気効(西野塾が特によいです。体が熱くなり細胞全部が元気になります。)

<宣言:健康であり続けることを信じて疑いません>
border=0>


○ 宣言 ○
宣言の説明は上記をクリックしてください。
所長 K2 メール:考えを同調される方やご質問などお待ちしております。
(気軽にメールくださーい!何でも結構です。男性女性問いません。ご紹介するときも必ず匿名で行います。)
お問い合わせ


 白金研究所 (k2執筆) はこちらをクリックしてください。
 白金研究所 興味のある方はこちらをクリックしてください。
 白金研究所 悪いものは悪い!
1
1