各種生科学検査データの見方
検査項目正常値イヌ正常値ネコ検査目的考えられる状態
BUN7〜3215〜35腎疾患の指標↑:腎炎・環境不全・脱水・尿閉 ↓:低蛋白食・肝硬変
CREA0.5〜1.60.9〜2.6腎臓疾患あるいは糸球体濾過率の診断指標BUNとほぼ銅意義(食事には影響されない)
GLU67〜13275〜134炭水化物代謝の検査↑:糖尿病・食後・興奮・クッシング ↓:インスリノーマ・アじソン
ALT13〜10020〜108犬猫の肝障害の診断↑:肝壊死・肝炎・リピトーシス
AST1〜376〜44肝障害、心臓疾患、骨格筋の障害↑肝疾患・心筋・骨格筋の壊死
ALKP20〜15723〜107胆管系を含む肝臓疾患診断指標↑若幼・肝、胆管、骨疾患・内因、外因性コルチゾール
GGT5〜250〜10肝臓の胆汁うっ滞や、悪性新生物の診断指標猫でALP<GGTならリピドーシス
TBIL0.1〜0.60.1〜0.5閉塞性肝機能障害の検出↑:溶血・胆管閉塞・肝炎・(レプトスピラ・ウイルス)
TP5.7〜7.75.5〜7.8総蛋白の測定↑:脱水・感染症 ↓:肝・腎疾患等
ALB2.3〜3.92.1〜4.0水分補給の度合い、蛋白欠乏性腸疾患の診断指標↑:脱水 ↓:栄養不良・肝・腎障害
A/G0.5〜1.630.5〜1.0炎症の指標↓:慢性炎症・抗原刺激
LIPA268〜1769157〜1715急性膵炎の診断指標↑:膵疾患、肝疾患
AMYL378〜1033440〜1264急性膵炎の診断指標↑:膵炎・腸炎 ↓:肝炎
CK10〜20045〜314骨格筋あるいは心筋の障害の診断指標↑:心筋、骨格筋の壊死・VCS
LDH40〜40040〜400肝臓、心筋、骨格筋の障害の指標↑:心筋梗塞・筋炎・悪性腫瘍・肝障害
TG10〜7021〜155脂質代謝異常の検出↑:ネフローゼ・糖尿病・高脂食 ↓:肝硬変・栄養失調
CHOL125〜30177〜306甲状腺機能低下症の診断指標↑:高脂食・甲状腺機能減退・糖尿病 ↓:栄養不良・肝硬変
Na144〜160150〜165電解質異常の検出↑:脱水 ↓:吸収不良・激しい下痢・慢性腎不全・副肝不全
K3.5〜5.83.5〜5.8電解質異常の検出↑:腎疾患・循環不全 ↓:利尿剤・長期の下痢・嘔吐・クッシング
Cl109〜122112〜129電解質異常の検出↑:尿閉・脱水 ↓:代謝性アルカローシス
P2.2〜5.82.6〜4.5腎疾患の重篤度の指標↑:腎不全・食欲不振 ↓:上皮小体機能杭進症、糖尿病、子癇
Ca9.7〜12.33.5〜11.7腫瘍、骨疾患、上皮小体の疾患や痙攣の診断指標↑:腎疾患・VD過剰・骨腫瘍 ↓:飢餓・くる病・膵疾患
Mg1.7〜2.41.9〜2.6電解質異常の検出↑:腎不全、低Ca血症 ↓:高Ca血症、糖尿病、甲状腺機能杭進症
Fe30〜18020〜180貧血の診断↑:溶血性貧血、肝障害 ↓:慢性的血液喪失、鉄摂取・吸収不良
PHBR15〜4515〜30薬物(フェノバルビツール)濃度の判定↑:過剰  ↓:不足
AMON0〜980〜95門脈系短路の検出↑:肝硬変・門脈異常
DGXN0.8〜180.9〜2.0薬物(シゴキシン)濃度の判定↑:過剰  ↓:不足
UPRO0〜300〜30尿中の蛋白の測定↑:ネフローゼ症候群、糸球体腎炎
T40.5〜2.50.5〜2.5甲状腺ホルモン濃度↑:甲状腺機能杭進症  ↓:甲状腺機能低下症
白血球数5〜175〜18感染、炎症の指標↑:細菌感染等  ↓ウイルス疾患等
ヘマトクリット値33〜5530〜50赤血球容積↑:血液濃縮(脱水・ショック)・心肺疾患 ↓:貧血・栄養不足・慢性疾患