(旧制武蔵高等学校創立者文献目録)

山川健次郎人物文献目録



最新更新:4版- 2015.03.28 鈴木勝司編

1.約90年前の大正11年(1922)我が国初の私立の七年制高等学校として、甲州出身の卓越した事業家で
    あった根津嘉一郎が社会へ奉仕するこころざしをもって、教育事業を立ちあげ、我が国初の私立の7年制の
    旧制武蔵高等学校を創立した。
2.前年の大正10年9月に学校設立計画のため財団法人根津育英会を立ち上げた。この法人は、根津が理事長 となり、賛同した友人の宮島清次郎、正田貞一郎が理事となった。さらに教育事業を根津に推奨し自ら学校 開設の実務役をつとめた本間則忠理事、初代校長となった一木喜徳郎理事、一木の実兄で、文部大臣を歴任 した岡田良平顧問(評議員)、臨時教育会議総裁であった平田東助顧問(評議員)、当時の教育界を代表す る山川健次郎顧問(評議員)、北条時敬顧問 (評議員)、佐々木吉三郎評議員、そして開校時教頭として、 後に第三代校長となり実務的に武蔵高等学校の教育を方向づけた山本良吉校長。これら創立関係者の人物文 献を調査し収録した。
3.本目録は、山川健次郎に関する文献を調査したもので、著述や伝記・人物評等について図書、雑誌等に記述   されている部分も抜出し、そのページを記した。また一部新聞を含めた。文献の量、質を問わず網羅的に 収録した。主な文献は青字で記した。また、人名辞典については主なものに限った。また目録は随時改訂、 増補等を行っていますので文献番号は変わります。 4.図書と逐次刊行物(雑誌等)に分け、刊年順に配列した。雑誌等で同一誌名があり混同しやすいものは( )   で発行元を記した。
5.文献中でまぎらわしい個所、説明があった方が理解しやすい表記には[ ]で補記した。また必要に応じて注 記をつけた。
6.文献の所蔵が少ないものは、/で所蔵図書館等を記した。
7.現在インターネット上から直接利用可能なデジタル文献は*を付して注記した。(例:*国会図デジタルライ ブラリー、*CiNii論文PDF、*PDF) 8.文献の誤りや遺漏についてお気づきの点はご教示をお願いしたい。







      山川健次郎(やまかわ けんじろう)
  1854(安政元)・07・17-1931(昭和6)・06・26)
 会津若松の山川重固の三男として出生。明治3年東京の斗南藩学にて英学を学ぶ。5年米国エール大学で土木
工学を専攻して卒業。8年帰国。9年東京開成学校の物理学教授補。14年東京帝国大学教授、日本人初めての物
理学教授となる。19年理科大学教授。21年理学博士。30年高等教育会議議員。34年東京学士会院会員、東京帝
国大学総長。36年東京帝国大学名誉教授。37年貴族院議員に勅選さる。40年私立明治専門学校(現九州工業大
学)総裁。44年九州帝国大学総長。大正2年東京帝国大学総長再任(大正9年まで)。3年兼任京都帝国大学総長。
4年男爵。5年学習院評議会々員。6年臨時教育会議委員、財団法人理化学研究所顧問。12年枢密顧問官。13年維
新史料編纂会委員(旧会津藩関係者として)、文政審議会委員長。14年中央教化団体連合会会長。昭和4年神社
制度調査会会長。著述多数あり。
大正10年ー昭和6年根津育英会顧問。大正15年4月7日ー昭和6年3月10日武蔵高等学校第二代校長。


著       書 
東京気象編 明12,13年 トーマス・シー・メンデンホール著 山川健次郎訳 東京大学 1883 1冊(理科会粋 第3帙第1冊)/TD> 
東京府下火災録 山川健次郎 理科会粋、東京気象編 明治14(1881) pp.99ー119. 
物理学術語和英仏独対訳字書 山川健次郎、村岡範為馳他編 明治21(1888) 
Vocabulary of physical terms in the four language,English,Japanese,French and German. by Kenziro Yamakawa.
Tokyo, Hakubunsha. 1888. 93p. (復刻: 近代日本学術用語集成 第4巻 龍渓書舎 昭和63.06(1988) 数学・物理学関係
 
Memoirs on infinite series. Edited by Kenziro Yamakawa.Tokyo. Tokyo Mathmatical Society 1891 253p.  
Physics:second year course,1895-96 Yamakawa;[written in the italic hand by T. Yoshiye] [S.I.]:[s.n.] [18--] 1v. /東大 
学生諸君に告ぐ 山川健次郎著 光融館 1906.07 22p. *国会図デジタルコレクション 
武士の標本 鳥居彦古衛門慰元忠詳伝 山川健次郎講演 龍見院 1915 19p. /同大 
会津白虎隊十九士傳、同付録 宗川虎次著 山川健次郎補 若松(福島県) 会津弔霊義会 大正15(1926)  
会津白虎隊十九士傳、同付録 宗川虎次著 山川健次郎補修 再版補修 会津弔霊義会 1926-27 114p.
→ 男爵山川先生 遺稿 (祝辞・序・弔辞等) 12-200 序: pp.759-760. (会津関係) 2-23 老人殉難者: pp.155-174.
(会津関係) 2-24. 白虎隊名簿: pp.175-178.
 
戊辰殉難名簿:校訂 山川健次郎編 飯沼関彌 1927.11 46,99p → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-22
会津藩軍制並に諸隊: pp.141-155. / (祝辞・序・弔辞等) 12-202 校訂戊辰殉難名簿序 :pp.761-762.
*国会図書館デジタルコレクション
 
あゝ九月一日 震災よりも恐ろしい心のゆるみ 山川健次郎 中央教化団体連合会 1928.09 12p. 
乃木大将の殉死 山川健次郎 中央教化団体連合会 1929.12 (教化資料 92輯) → 国本 6(1) /
→ 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-145 pp.552-557.
 
武士道に就て 山川健次郎述 海軍省教育局 1929 58p. (思想研究資料 28号) /同大  
武士道に就て 山川健次郎 中央教化団体連合会 1929.12 30p(教化資料 95輯) → 男爵山川先生遺稿
(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-146 pp.557-573.
 
山川老先生六十年前外遊の思出 山川健次郎述 武蔵高等学校校友会 昭和6.07(1931)  43p.  /武記
 [内  容]
 第1回 渡米事情       pp.1-10.
 第2回 在 学         pp.11-19.
 第3回 外遊前談       pp.21-30.
 第4回 米国漫談       pp.31-43. → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-6 pp.42-73.
 
会津戊辰戦史 会津戊辰戦史編纂会編 山川健次郎監修 昭和8(1933) 741p.  
会津戊辰戦史 会津戊辰戦史編纂会編 山川健次郎監修 井田書店 1941 741p.  

男爵山川先生遺稿 山川健次郎著 故山川男爵記念会 昭和12.6(1937) 778p.  /武記
   [内  容]                                            
   第1 自叙伝関係          p.1-      第2 会津関係           p.78-
   第3 東京帝国大学関係       p.183-     第4 京都帝国大学関係      p.232-
   第5 九州帝国大学関係       p.235-     第6 武蔵高等学校関係     p.252-
   第7 明治専門学校関係       p.263-     第8 閑散小録         p.297-
   第9 国本社及び中央教化団体連合会関係    p.460- 
   第10 学校教育関係           p.589-       第11 各種論講          p.665-
   第12 祝辞・序・弔辞等       p.589-       第13 雑                      p.773-
 
京都守護職始末:旧会津藩老臣の手記 山川浩著 遠山茂樹校注、金子光晴訳 平凡社 1965 2冊(東洋文庫)
明治44年刊の再版 解説:本書の著者について 遠山茂樹 第2巻 pp.237-256.
 
山川健次郎博士遺稿 補遺 櫻井懋編 櫻井懋 昭和44(1969) 78p. 謄写版 /会津若松市立図 /京大  
会津戊辰戦史 日本史籍協会編 東京大学出版会 昭和53.03(1978) 2冊(続日本史籍協会叢書) 昭和8年の復刻  
白虎隊の話 山川健次郎著 24cm 8p. /会津若松市立図 
補修会津白虎隊十九士傳 宗川虎次編 山川健次郎補修 マツノ書店 2006.09 235p.
昭和7年会津弔霊義会発行の復刻版 付資料1点
 
近代日本学術用語集成 第4巻(数学・物理学関係) 龍渓書舎 1988.06 博文社明治21年刊の複製 
会津戊辰戦史 山川健次郎監修 マツノ書店 2003 741,102,10p. 復刻版 
会津白虎隊十九士傳 宗川虎次著 山川健次郎補 マツノ書店 2006 235,4p. 
  
新選物理学 明治20年代の自筆草稿の翻刻 山川健次郎著 大坪秀二編 根津育英会 2007.08  170p.
 内容
 運動学 全      第5 編 音響学        第10編 越歴学 中
 力 学 全      第6 編 光 学 上      第11編 越歴学 下
 第2 編 物質の性   第7 編 光 学 下      あとがき
 第3 編 熱学 上   第8 編 「マグネチスム」学
 第4 編 熱学 下   第9 編 越歴学 上 
 

男爵山川先生遺稿 <伝記>山川健次郎 山川健次郎著 大空社 平成24.01(2012) 778p. 
    故山川男爵記念会昭和12刊の複製
   [内  容]                                            
   第1 自叙伝関係          p.1-      第2 会津関係           p.78-
   第3 東京帝国大学関係       p.183-     第4 京都帝国大学関係      p.232-
   第5 九州帝国大学関係       p.235-     第6 武蔵高等学校関係     p.252-
   第7 明治専門学校関係       p.263-     第8 閑散小録         p.297-
   第9 国本社及び中央教化団体連合会関係    p.460- 
   第10 学校教育関係           p.589-       第11 各種論講          p.665-
   第12 祝辞・序・弔辞等       p.589-       第13 雑                      p.773-
 
山川健次郎日記:印刷原稿 第1-3,15 山川健次郎著 尚友倶楽部史料調査室、小宮京、中澤俊輔会編集
 芙蓉書房出版 2014 257p. 秋田県公文書館所蔵の翻刻
 

<著 述>(図 書 ・ 叢 書、合 集 等)

現代大家武士道叢論 秋山悟庵 博文館 1905 495p. 武士道とゼントルマン 山川健次郎 pp.420-425  
儀式文作法 久保天随著 実業之日本社 1907 281p.(作文叢書 第5巻) 東郷大将への感謝状、
乃木大将への感謝状 山川健次郎 pp.179-181
 
東京数学物理学会学術通俗講演集 明治40年 東京数学物理学会編 大日本図書 1910 開会の辞 山川健次郎  
高木三郎翁小伝 高木正義著 高木事務所 184p. 1910 高木君と余 山川建次郎氏 p.122 
和漢文藻 東京外国語学校編/刊 1912 357p. 東郷大将への感謝状、乃木大将への感謝状 山川健次郎 pp.317-318 
尊皇愛国論 秋山悟庵編 金尾文淵堂 1912 280p. 愛国の要義 理学博士山川健次郎 pp.199-208  
新式作文大成 第4編 武島羽衣 博文社 1915 294p. 東郷大将への感謝状 山川健次郎 p.112 
震災より得たる教訓 近藤士郎編 国民教育会 1924 206p. 七転八起は我国民性也 枢密顧問官 山川健次郎 pp.17-26  
現代の禍根 続 沖 孝著 惟神労働会 1926 72p. 山川健次郎先生の訓話 pp.69-72 *国会図書館デジタルコレクション 
新撰組永倉新八:故杉村義衛の壮年時代 杉村義太郎編/刊 1927 171,60p. 坂本龍馬を殺害した下手人の事
 山川健次郎 pp.42-45
 
大和なでしこ 地聖学園出版部編/刊 1929 182p. 白虎隊と烈婦の奮闘 山川健次郎 pp.21- 
成人大学 第1輯 延長大学 延長大学出版部 1929 96p. 白虎隊の話 山川健次郎 pp.47-75 
江戸は過ぎる:漫談 河野桐谷編 万里閣書房 1929 540p. 始めて洋行した話(男爵山川健次郎氏) pp.179-184 
教化の資料 第2種 文部省編 文部省 1929 32p. 乃木大将の殉死 山川健次郎 *国会図書館デジタルコレクション 
教育勅語の精神 中央教化団体連合会編/刊 1930.10 191p(教化資料102輯) 教育勅語の精神 山川健次郎 pp.1-12.
*国会図デジタル化資料 → 男爵山川先生遺稿(本社及び中央教化団体連合会関係) 9-148 pp.579-585.
 
教育勅語の精神 中央教化団体連合会 1930 191p. 教育勅語の精神 山川健次郎pp.2-5 
戊辰戦争と白虎隊 堀内潤平編 会津白虎隊看守所 1933 164,30p. 付録山川健次郎の感慨 
明治会見記 樋口配天 理論社 1960 198p. その避妊反対論と現代 山川健次郎 pp.42-52  
現代日本記録全集 第9 筑摩書房 1970 349p. 科学と思想 マルクス主義は科学にあらず 山川健次郎  
寺内正毅関係文書目録 国立国会図書館参考書誌部編 国立国会図書館 1971 195p. 山川健次郎書簡(136,364) 
資料臨時教育会議  全5集 文部省 昭和54.03(1979)  5冊
   [内容]
   第1集  総覧(解説および基本史料)  
   第2集  総会速記録  1-8号
   第3集  総会速記録  9-15号
   第4集  総会速記録  16-22号
   第5集  総会速記録  23-30号
 
東京大学百年史 資料1 東京大学百年史編集委員会編 東京大学 1984.03 1207,3p. 帝国大学令公布記念日
大正5年3月31日:pp.1086-1088 東京帝国大学入学 学生宣誓式 大正7年10月12日:pp.1088-1091
学士会第三十八回総会 於小石川植物園:pp.1091-1092.
 
東京大学百年史 通史2 東京大学百年史編集委員会編 東京大学 1985.03 1129p. 戸水事件 pp.161-171.
停年制の導入 pp.303-309. 森戸事件 pp.309-314.
 
東京大学百年史 部局史2 東京大学百年史編集委員会編 東京大学 1987.03 1188p. 物理学科 第1-3節 pp.333-348. 
東京大学歴代総長式辞告辞集 東京大学創立120周年記念刊行会編 東京大学 1997.11 887p.
第六代・第九代総長山川建次郎 pp.61-86.
 
総長訓示式辞(自明治四十四年四月至昭和二十年八月) 九州大学大学史料室編 
    九州大学  史料室  1998.03  41p. 
   1 明治四十四年四月二十二日山川総長就任ニ付訓示 pp.2-4,
   2 仝 年十月四日宣誓式ニ於ケル山川総長告辞 pp.4-5
   3 仝四十五年七月卒業式ニ於ケル山川総長告辞 pp.6-7
   4 大正元年十月四日宣誓式ニオケル山川総長告示 p.8
 
三島弥太郎関係文書 尚友倶楽部、季武嘉也編 芙蓉書房出版 2002.02 555p. [書簡] 山川健次郎 明治33年3月5日 p.265 
古典籍大入札会目録:東京古典会創立100周年記念 東京古典会 2011 666p. 山川健次郎草稿.631 
<著 述>(雑誌-論文・論説・講演)
Fires in Tokio 山川健次郎 Memories of the science department(TokioDaigaku) NO.7 1880 pp.71-81.  
気象ニ用フル度目改否ノ意見 菊池大麓 山川健次郎 学芸志林 第63冊 11-63 明治15.10(1882)  pp.311-330. 
分光器観測法小引 山川健次郎 東京数学物理学会記事 1(0); 1885 pp.146ー150. *J-STAGE  
電気単位決定報告 山川健次郎 東京数学物理学会記事 1(0); 1885 pp.182ー186. *J-STAGE  
毛管現象の常数を決定する新法 山川健次郎 東京数学物理学会記事 3; 1886 pp.140ー145. ローマ字 
ラールデン氏著越歴書ノ批評 山川健次郎 東洋学藝雑誌 4(75); 1887.12 pp.852ー854. 
Determination of the thermal conductivity of marble. 山川健次郎 東京数学物理学会記事 4; 1888 pp.50-51. 
マグ子チスムスノ話 山川健次郎 東洋学芸雑誌 79; 明治21.04(1888) pp.190-203. 
物理学ヲ学ブ者ノ心得 山川健次郎 東洋学藝雑誌 6(91); 1889.04 pp.192-195 → 男爵山川先生遺稿
(各種論講) 11-169 pp.665-668.
 
Department of the thermal conductive marble. 山川健次郎 東京帝国大学紀要 理科 第2冊 1889 pp.263-281. 
スペルトル分析(図入) 山川健次郎 東洋学藝雑誌 105; 明治23(1889) pp. 
大理石ノ熱伝導度ノ測定 山川健次郎 東京帝国大学紀要 理科 第1冊 第1号 1893 pp.35ー36.  
X放射線ニ就テ山川博士ノ講述 山川健次郎 東京物理学校雑誌 5(55); 1896.06 pp.200ー202.  
自叙 山川健次郎 明治38(1906) → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-2 pp.4-12. 
経歴 山川健次郎 中学世界 1901.01 → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-4 pp.14-23. 
会津藩の教育制度 山川健次郎 中学世界 4(2); 1901.02 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-11 pp.89-99.  
卒業式祝辞 山川健次郎 学士会月報 161; 1901.7 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-27 p.183. 
エール大学に贈れる祝文 山川健次郎 東洋学藝雑誌 18(241); 1901.10 pp.432-433  
中学校漢文全廃論 山川健次郎 教育時論(開発社) 602; 1902.01 pp.15-17. 
学制頒布満三十年記念祝賀式 祝詞 山川健次郎 教育公報 269; 1903.03 p.21  
七年史の序文 山川健次郎 明治37頃(1903) → 男爵山川先生遺稿(祝辞・序・弔辞等) 12-197 p.756.  
帝国大学令公布紀念祝賀式演説 山川健次郎 学士会月報 193; 1904.03 → 男爵山川先生遺稿
(東京帝国大学関係) 3-28 pp.184-187.
 
帝国大学令公布紀念日祝賀式演説 山川健次郎 学士会月報 205; 1905.03  pp.103-108.
→ 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-29 pp.187-193.
 
武士道とゼントルマン 山川健次郎 中央公論 20(4); 明治38.04(1905)  
学制改革論 山川健次郎 明治39.02.11(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-93 pp.397-398.  
実業教育論 山川健次郎 明治39.02.12(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-94 pp.398-399.  
学習院高等科 山川健次郎 明治39.02.13(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-95 pp.399-401.  
帝国大学の経費 山川健次郎 明治39.02.14(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-96 pp.401-402.  
Y061 学校飢饉 山川健次郎 明治39.02.17(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-97 pp.402-403.  
中学校の一弊風 山川健次郎 明治39.02.18(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-98 pp.403-404.  
小学教員の待遇 山川健次郎 明治39.02.19(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-99 p.405  
学校建物の保険 山川健次郎 明治39.02.21(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-100 pp.406-407.  
学生諸君に告ぐ  山川健次郎 明治39.02.24(1906) → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-30 pp.194-199. 
英語の教員 山川健次郎 明治39.04.04(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-101 pp.407-408.  
卒業式 山川健次郎 明治39.04.06(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-102 pp.408-409.  
山川健次郎 明治39.04.17(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-103 pp.409-410.  
口授筆記 山川健次郎 明治39.06.21(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-104 pp.410-412.  
論語古写本 山川健次郎 明治39.06.23(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-105 p.412  
論語古写本{再び} 山川健次郎 明治39.06.27(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-106 p.413  
世人の不心得、中学校長の不心得 山川健次郎 明治39.06.28(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-107 p.414 
口述筆記{再び} 山川健次郎 明治39.06.29(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-108 pp.414-415.  
支那の排日熱 山川健次郎 明治39.06.30(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-109 pp.416-417.  
学生風紀談 山川健次郎 日本新聞 明治39.07.02(1905) → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-150  pp.589-591. 
殊勝なる高等女学校の生徒 山川健次郎 明治39.07.21(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-110 pp.417-418. 
大蔵省万能主義  山川健次郎 明治39.07.23(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-111 pp.418-419.  
根本先生の論語講義 山川健次郎 明治39.07.26(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-112 pp.420-422.  
東京帝国大学卒業生の府県別 山川健次郎 明治39.07.29(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-113 pp.422-424. 
中学校入学 山川健次郎 明治39.08.02(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-114 pp.424-427.  
中学校生の半途退学 山川健次郎 明治39.08.08(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-115 pp.427-428.  
国語仮名遣 山川健次郎 明治39.08.14(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-116 pp.429-433.  
高等学校に於ける教科書 山川健次郎 明治39.08.26(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-117 pp.433-434.  
凱旋門の建設 山川健次郎 明治39.08.28(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-118 pp.435-436.  
郡制廃止の可否 山川健次郎 明治39.09.27/28(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-119 pp.436-439.  
小学教員の俸給 山川健次郎 明治39.09.30(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-120 pp.440-442.  
義務教育延長と教員増俸 山川健次郎 明治39.10.04(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-121 pp.442-444.  
中等教員検定出願者資格 山川健次郎 明治39.10.07(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-122 pp.444-445. 
中等教員検定試験の成績 山川健次郎 明治39.10.08(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-123 pp.445-447. 
再度郡制廃止に就て 山川健次郎 明治39.10.10(1906) → 男爵山川先生遺稿 (閑散小録) 8-124 pp.447-448.  
小学女子教員の増加 山川健次郎 明治39.10.17(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-125 pp.449-451.  
三度郡制廃止に就て 山川健次郎 明治39.10.29/30(1906) → 男爵山川先生遺稿(閑散小録) 8-126 pp.451-454.  
運動会 山川健次郎 明治39.11(1906) → 男爵山川先生遺稿郡制(閑散小録) 8-127 pp.455-456.  
学士の死亡率 山川健次郎 明治40.02(1907) → 男爵山川先生遺稿郡制(閑散小録) 8-128 pp.457-459.  
若き婦人の覚悟 山川健次郎 愛国婦人 1907.02.20 
武士道とジェントルマン 山川健次郎 講武 1908.09.26 
余の最も感心する隠れたる偉人 会津藩老田中三郎兵衛 山川健次郎 実業の日本 11(25); 1908.12
 pp.17-21. → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-19 pp.131-136.
 
余は何を我が教育界に於ける最大急務と信ずるか 山川健次郎 実業の日本 11(26); 1908.12 pp.4-6.
→ 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-152 pp.594-597.
 
仮開校式に於ける訓示(徳目八箇条) 山川健次郎 1909.04.01 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-56 pp.263-279. 
第一回記念日講演 山川健次郎 1909.05.28 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-57 pp.279-285. 
ジェントルマン 山川健次郎 1909.07.10 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-58 pp.285-289.  
山川博士教育談 [山川健次郎談] 教育時論(開発社) 879; 1909.09 pp.36-37.  
飛行船 山川健次郎 1909.09.28 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-59 pp.289-295.  
寄宿舎の額の文字に関して 山川健次郎 1909.10.04 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-60 pp.295-299. 
教育勅語発布記念日講演 山川健次郎 1909.10.30 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-61 pp.299-301. 
教育上の緊急問題 山川健次郎君談 教育時論(開発社) 885; 1909.11 pp.3-5.   
教育雑談 山川健次郎君談 教育時論(開発社) 889; 1909.12  pp.2-4  
大学維持の経費 山川健次郎 東京朝日新聞 1909.12.28 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係)
10-151 pp.592-594.
 
自殺論 山川健次郎 東京朝日新聞 明治43(1910) → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-193 pp.747-751. 
中学制度改正案を読む 山川健次郎君談 教育時論(開発社) 902; 明治43.05.05(1910) pp.3-6.  
北村政村の功績 山川健次郎 明治43.05.28(1910) → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-62 pp.302-304.  
明治教育史上現文部省の罪悪として特筆大書す可き事項 山川健次郎 新公論 1910.08 → 男爵山川先生遺稿
(学校教育関係) 10-154 p.598-599.
 
綜合大学と単科大学 山川健次郎 福岡日々新聞 1911 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-153 pp.597-598. 
千里眼実験録の序文に代へたる書状 山川健次郎 1911.01.28 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-198 p.757 
事実なりとせば学術上の大問題 山川健次郎 実業少年 5(2); 1911.02 
日本人種と女子の健康 山川健次郎 新家庭 1911.03 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-189 pp.732-735. 
学生へ訓示 山川健次郎 1911.04.22 → 男爵山川先生遺稿(九州帝国大学関係) 5-44 pp.235-238.  
教育者懇談会席上演説 山川健次郎 1911.04.30 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-155 pp.600-603. 
初期留学時代の米国 山川健次郎 新日本 1(8); 1911.10 → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-7 pp.73-75. 
職員に対する訓示要旨 山川健次郎 大阪朝日新聞 1911.05.12 → 男爵山川先生遺稿(九州帝国大学関係) 5-45 p.239 
職員に対する訓示要旨 山川健次郎 福岡日々新聞 1911.05.12 → 男爵山川先生遺稿(九州帝国大学関係)
5-45 p.239
 
新入生学生宣誓式に於ける告辞 山川健次郎 福岡日々新聞 1911.10.05 → 男爵山川先生遺稿
(九州帝国大学関係) 5-46 p.240-242.
 
日米戦争に就て 山川健次郎 九州日々新聞 1912.01.01 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-170 pp.668-670. 
大森博士葬儀弔辞 山川健次郎 福岡日々新聞 1912.02.25 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-206 p.764 
第一回卒業式に於ける告辞 山川健次郎 福岡日々新聞 1912.07.02 → 男爵山川先生遺稿
(九州帝国大学関係) 5-47 p.242-245.
 
中等学校国漢文教育改革案 山川健次郎 福岡日々新聞 1912.07.04 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係)
10-156 pp.603-605.
 
バルカン半島戦争の影響 山川健次郎 1912 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-63 pp.305-316. 
大正の精神 山川健次郎 大阪朝日新聞 1912.11.03 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-171 pp.670-672. 
忠誠神君の御返事 山川健次郎 会津会会報 1; 1912.11 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-14 pp.111-112. 
列国競争裡に於ける日本の位置と優勝者たる要素 山川健次郎 会津会会報 2; 1913 
第二回卒業式に於ける告辞:露国に於ける猶太人虐待 山川健次郎 1913 → 男爵山川先生遺稿
(九州帝国大学関係) 5-48 pp.245-251.
 
我国現代の青年に就て 山川健次郎 九州日々新聞 1913.01.01 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-172 pp.672-674. 
趙氏の二忠 山川健次郎 福岡日々新聞 1913.01.01 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-180 pp.693-696.  
本分を忘る可からず 山川健次郎 大正時報 1913.01.15 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)
7-64 pp.316-319.
 
学制改革に就て 山川健次郎 九州日々新聞 1913.01.15-16 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-157 pp.606-609. 
東晉の下壷 山川健次郎 大正時報 1913.02.03 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-181 pp.696-701. 
第一回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 1913.03.23 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-65pp.319-323. 
国力の消長と児童学習の負担を論ず 山川健次郎 普通教育 1913 11号 → 男爵山川先生遺稿
(学校教育関係) 10-158 pp.609-612.
 
国家民族の擁護と教育 山川健次郎 普通教育 1913.10 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-182 pp.701-705. 
第二回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 1913.03.23 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-68 pp.331-333. 
東京帝国大学新入学生宣誓式に於ける告辞 山川健次郎 東洋学芸雑誌 386; 1913.11 pp.539-
→ 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-31 pp.199-202.
 
欧州戦乱について 山川健次郎 1914 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-70 pp.342-347.  
学士会総会に於ける演説 山川健次郎 1914 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-41 pp.227-228. 
志願兵制は必要なり 山川健次郎 大正時報 1914.01 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-167 pp.227-228. 
三学士追悼会弔辞 山川健次郎 医事新報 1914.06.06 → 男爵山川先生遺稿(祝辞・序・弔辞等) 12-207 p.765 
宣誓式に於ける訓示 山川健次郎 1914.09.14 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 4-43 pp.232-234. 
宣誓式訓示 山川健次郎 於大正3年10月10日 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-32 pp.202-204.  
武士の標本 鳥居彦衛門尉元忠評伝 山川健次郎 1915.01.10 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-69 pp.333-342. 
第三回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 1915.03.24 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-71 pp.347-348. 
勤倹尚武 山川健次郎 弘道 280; 1915.07 pp.2-5 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-175 pp.677-679. 
宣誓式に於ける訓示 山川健次郎 東洋学芸雑誌 32(410); 1915.10 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係)
3-33 pp.205-206.
 
東京帝国大学賀表 山川健次郎 法学協会雑誌 33(12); 1915.12 pp.1-2  
学生と射撃 山川健次郎 国民新聞 1916.01.10 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-34 pp.206-209. 
藤田明君 弔詞 山川健次郎 歴史地理 27(2); 197; 1916.02 p.1- 
学生と射撃 山川健次郎 銃猟界 12(2); 1916.02 pp.3-6  
学者と射撃 山川健次郎 実力世界 7(3); 1916.03 pp.9-10 
帝国大学令公布記念日に於ける演説 山川健次郎 1916.03.01 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-35 pp.209-211. 
精神病者救治ノ急務 山川健次郎ほか 神経学雑誌 15(7); 1916.07 pp.340-348 
尚武教育の必要 山川健次郎 日本社会学院年報 4年1-2合冊号 大正5(1916) pp.136-143.  
第四回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 1916.03 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-73 pp.351-353. 
名士と其の母 山川健次郎 婦人週報 1916.04.14 → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-3 pp.12-14. 
東京帝国大学学生入学宣誓式に於ける山川総長の告辞 山川健次郎 東洋学芸雑誌 422; 1916.11 pp.1-2. 
学士会総会に於ける演説 山川健次郎 1916.07.11 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-42 pp.229-231. 
奥平先生詩集の序 山川健次郎 1916.08 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-199 pp.758-759. 
無価値の学校兵式体操 現役士官を教師としたら 山川健次郎 東京朝日新聞 1916.08.10
→ 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-164 pp.647-649.
 
入学宣誓式に於ける告辞 山川健次郎 学士会月報 345(2); 1916.10.14  
名士の少年時代 山川健次郎 国民新聞 1917.01 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-12 pp.99-108. 
第五回卒業式に於ける訓示 米国公私中学の軍国主義 山川健次郎 1917.03.05 → 男爵山川先生遺稿
(明治専門学校関係)7-74 pp.353-355.
 
大胆小心論 山川健次郎 1917.5.28 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-75 pp.355-357.  
尊き婦人の任務は 山川健次郎 婦人雑誌 6(6); 1917.06 pp.26-31. 
長岡藩士渡邊豹吉の忠列 山川健次郎 会津会報 11; 1917.10.07 → 男爵山川先生遺稿(各種論講)
 11-174 pp.676-677.
 
宣誓式における演説 山川健次郎 於大正6年10月13日 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-36 pp.311-314. 
第六回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 大正6.03.05(1917) → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-76
pp.358-359.
 
帝国大学令公布記念祝賀式に於ける演説 山川健次郎 学士会月報 361; 1918.03.01 → 男爵山川先生
遺稿(東京帝国大学関係) 3-37 pp.214-216.
 
河井善順上人の伝 山川健次郎 会津会会報 12; 1918.06 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-20 pp.137-139. 
大隈侯寿像除幕式祝辞 山川健次郎 1918.07 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-195 pp.754-755. 
新入学生宣誓式における告辞 山川健次郎 1918.10.12 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-38 pp.317-321. 
休戦条約締結祝賀会の演説 山川健次郎 1918.11.21 → 男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-39 pp.321-323. 
名誉会長工学博士辰野金吾君薨去 山川健次郎[ほか] 建築雑誌 33; 388; 1918.12 pp.188- *CiNii Articles 
帝国大学令公布記念祝賀式に於ける演説 山川健次郎 東洋学芸雑誌 36巻 451号 大正8年3月 →
男爵山川先生遺稿(東京帝国大学関係) 3-40 pp.223-226.
 
無形的軍備の拡張 国際連盟の将来如何 山川健次郎 1919.03.05 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)
7-77 pp.359-362.
 
十周年記念会の演説 山川健次郎 大正8.05.25(1919) → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-78 pp.362-364 
呪詛されたる日本帝国 山川健次郎 日本之関門 4(45); 1919.06 pp.51-52 
外国の感情と我邦の孤立 山川健次郎 工業評論 5(6); 1919.06 pp.32-33 
宣誓式に於ける告辞 山川健次郎  学士会月報 381; 1919.10.11 
名誉員ジョサイア・コンドル博士を弔う 山川健次郎[ほか] 建築雑誌 34; 403; 1920.01 p.329. *CiNii Articles 
学校と軍事教育 山川健次郎 日本之関門 5(54); 1920.03 pp.42-44 
第八回卒業式に於ける演説 山川健次郎 1920.03.05 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-79 pp.365-367 
民族生存権の擁護 山川健次郎 日本之関門 6(67); 1921.04 pp.17-18 
第九回卒業式に於ける式辞 山川健次郎 1921.03.05 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-80 pp.367-370 
日本民族生存の本義 山川健次郎 国本 1(5); 1921.05 p.1 
皇 殿下を迎へ奉る 山川健次郎 国本 1(9); 1921.09 p.1 
中学教育の根本義を破壊するの制度 山川健次郎 萬朝報 1921.12.12 → 男爵山川先生遺稿
(学校教育関係) 10-159 pp.612-615.
 
年頭語 山川健次郎 国本 2(1); 1922.01 p.1 
昇格案議事録 山川健次郎 第45回帝国議会貴族院議事速記録 32; 1922.03.25 → 男爵山川先生遺稿
(学校教育関係) 10-160 pp.615-626.
 
昇格問題の解決 山川健次郎 やまと新聞 1922.03.04 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係)
10-161 pp.626-630.
 
草薙の剣は武の象徴(要旨) 山川健次郎 福岡日々新聞 1922.04.24 → 男爵山川先生遺稿(各種論講)
11-179 pp.692-693.
 
奨学に厚きヘッボルン氏を憶ふ 追悼会に寄せたる書翰 山川健次郎 東京帝国大学新聞 1922.05.08
 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-208 pp.765-768.
 
秋風臻る 山川健次郎 国本 2(9); 1922.09.01 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体
連合会関係) 9-129 p.460
 
会津振興策に就いて 山川健次郎 会津会会報 21; 1922.12.20(1922) → 男爵山川先生遺稿(会津関係)
2-21 pp.139-141.
 
民族の統一主義 十一月二十六日東湖先生紀念講演会に於いて 山川健次郎 国本 3(1); 1923.01
→ 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-130 pp.461-468.
 
学校昇格其他質問演説 山川健次郎 第46回帝国議会貴族院議事速記録 8; 1923.02.04
→ 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-162 pp.631-642.
 
第十一回卒業式に於ける祝辞 山川健次郎 1923.03.11 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-81 pp.370-372. 
愛国心と尚武心 山川健次郎 国本 3(6); 1923.06 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団
体連合会関係) 9-131 pp.468-469.
 
古屋鬲小伝 山川健次郎 会津会会報 22; 1923.07 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-17 pp.117-121. 
国難の現況に直面して 山川健次郎 国本 3(10); 1923.11 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化
団体連合会関係) 9-132 pp.469-470.
 
菜根を咬みて 山川健次郎 国本 4(1); 1924.01 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体
連合会関係) 9-133 pp.470-478.
 
第十二回卒業式に於ける演説 山川健次郎 1924.03.09 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-82 pp.373-374. 
会津台覧に供奉の感想 山川健次郎 1924.09.01 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-10 pp.80-88.  
両陛下を若松に奉迎す 山川健次郎 会津会会報 25; 1924.10.5 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-9 pp.78-80. 
大正十三年を送る 山川健次郎 国本 4(12); 1924.12 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係)
9-134 pp.478-479.
 
国際的不法に注目せよ 山川健次郎 やまと新聞 1925.01.02 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-188 pp.731-732. 
第十三回卒業式に於ける演説 山川健次郎 1025.03.08 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-83 pp.375-377. 
国家隆盛の基礎 国本社千葉支部設立を喜びて 山川健次郎 国本 5(5); 1925.05 → 男爵山川先生遺稿
(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-135 pp.479-488.
 
致命丸由緒 山川健次郎 1925.05.08 → 男爵山川先生遺稿(雑) 13-212 pp.777-778.  
日本勃興の武器 山川健次郎 1925.06.14 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-136 pp.488-499. 
結束と宣伝 山川健次郎 作興 4(8); 1925.08 pp.6-81. 
国本社東京麹町区支部発会式に於ける挨拶 山川健次郎 1925.09.12 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央
教化団体連合会関係) 9-137 pp.500-501.
 
浜尾子爵を追悼す 山川健次郎 学士会月報 451; 1925.10 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等)
12-209 pp.768-772.
 
乃木大将の殉死 山川健次郎 国本 6(1); 1926.01.01 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化
団体連合会関係) 9-145 pp.552-557.
 
補修会津白虎隊十九士伝補修者序 山川健次郎 1926.02 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-200 pp.759-760. 
日本は如何にして勃興せしか 山川健次郎 大日本農会報 543; 1926.02 pp.1-8. 
君愛国論 山川健次郎 1926.02.28 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-138 pp.501-511. 
第十四回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 1926.03.07 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-84 pp.377-379. 
武士道 山川健次郎 1926.03.21 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-139 pp.511-522. 
新任式に於ける山川校長訓示概要 4月12日 山川健次郎 校友会誌(武蔵高等学校) 3; 1926.07 p.1 →
男爵山川先生遺稿(武蔵高等学校関係) 6-49 pp.252-253.
 
会津藩殉節婦人の碑文 山川健次郎 1926.09 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-205 pp.763-764.  
職員学生に対する訓示要旨 山川健次郎 1926.10.06 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-85 pp.379-381. 
歓迎会席上訓話要旨 山川健次郎 1926.10.06 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-86 pp.381-383.  
奥平謙輔先生 山川健次郎 講談倶楽部 12,14; 1926.10.11 → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-5 pp.23-41. 
英照皇太后陛下より忠誠神君へ牛乳を賜わりしこと 山川健次郎 会津会会報 29; 1926.12 → 男爵山川先生遺稿
(会津関係) 2-15 pp.112-113.
 
会津白虎隊十九士の父母並に其近親殉難者の氏名 山川健次郎 会津会会報 29; 1926.12 → 男爵山川先生遺稿
(会津関係) 2-16 pp.113-116.
 
白虎隊墓地改良工事についての弁明 山川健次郎 東京朝日新聞 1926.12 → 男爵山川先生遺稿(会津関係)
2-25 pp.179-180.
 
大いに緊張せよ 山川健次郎 会津会雑誌 32; 1927.02.10 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-183 pp.705-707 
新撰組永倉新八伝序 山川健次郎 1927.03 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-201 pp.760-761  
第十五回卒業式に於ける訓示 山川健次郎 1927.03.06 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-87 pp.383-384 
天下の学生諸君に檄す 山川健次郎 1927.03.06 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-166 p.661  
日下義雄伝の序 山川健次郎 1027.11 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-203 p.762  
外遊者送別会に於ける学校長の訓示概要 山川健次郎 校友会誌(武蔵高等学校) 6; 1927.12 pp.1-3
→ 男爵山川先生遺稿(武蔵高等学校関係) 6-50 pp.253-255.
 
御慶事は神業 山川健次郎 会津会雑誌 33; 1928?  
第十六回卒業式に於ける演説 山川健次郎 1928.03 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-88 pp.384-385  
警察官の為めに 山川健次郎 晩鐘 37; 1928.03.06 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-191 pp.719-744.  
国運の進展と国民の覚悟 山川健次郎 教育時報 1928.05.04 → 男爵山川先生遺稿(国本社及び
中央教化団体連合会関係) 9-140 pp.523-536.
 
開校式に於ける山川校長式辞 山川健次郎 校友会誌(武蔵高等学校) 7; 1928.07 pp.1-2
→ 男爵山川先生遺稿(武蔵高等学校関係) 6-51 pp.255-256.
 
維新前後の政争と小栗上野の死序 山川健次郎 1928.08 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-204 p.763.  
明治講話 1 明治天皇の御偉業 山川健次郎 校友会誌(武蔵高等学校)8; 1928.12 pp.1-4
→ 男爵山川先生遺稿(武蔵高等学校関係) 6-52 pp.256-259.
 
御大礼に際し普く教化事業関係者諸君に望む 山川健次郎 会報(教化団体連合会) 5; 1928.12
→ 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-141. pp.537-539.
 
第五回教化事業講習会開会の挨拶 山川健次郎 1929 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-185 pp.719-723.  
第十七回卒業式に於ける祝辞 山川健次郎 1929.03.10 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係)7-89 pp.386-387. 
日本国の使命 山川健次郎 1929.04.30 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-184 pp.708-719. 
[第一回卒業生予餞式]山川校長式辞 山川健次郎 校友会報(武蔵高等学校)10; 1929.05 pp.1-2.
→ 男爵山川先生遺稿(武蔵高等学校関係) 6-53 pp.259-260.
 
上杉博士弔辞 山川健次郎 1929.08 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-210 p.772.  
論説「あゝ九月一日!」 山川健次郎 大日本消防 3(9); 1929.09 pp.2-5 
あゝ九月一日」 山川健次郎 警察協会雑誌 349; 1929.09 pp.6-9 
教化総動員運動と我等の希望 山川健次郎 会報(教化団体連合会) 7; 1929.10 → 男爵山川先生遺稿
(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-144 pp.548-551.
 
乃木大将の殉死 山川健次郎 民政 3(10); 1929.10 pp.10-15. 
昔の減俸の話 会津藩の賄扶持顛末 山川健次郎 日本新聞 1929.12.01 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-13 pp.108-111. 
あゝ記憶すべき九月一日!! 山川健次郎 教化運動 1930 臨時増刊号 → 男爵山川先生遺稿(本社及び
中央教化団体連合会関係) 9-142 pp.539-543.
 
総選挙に際し教化運動関係者諸君の奮起を望む 山川健次郎 1930.01 → 男爵山川先生遺稿(本社及び中央教化
団体連合会関係) 9-147 pp.574-579.
 
第十八回卒業式に於ける講演 山川健次郎 1930.09 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-90 pp.387-389.  
心約 山川健次郎 キング 1930.05 p.133  
会津の士風 山川健次郎 会津会会報 37; 1930.06.01 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-18 pp.121-130.  
寿像捧呈式に於ける学校長の挨拶 山川健次郎 校友会誌(武蔵高等学校) 11; 1930.07 pp.1-2. → 男爵山川
先生遺稿(武蔵高等学校関係) 6-54 pp.261-262.
 
小林栄氏古希祝辞 山川健次郎 1930.08.23 → 男爵山川先生遺稿(祝辞、序、弔辞等) 12-196 pp.755-756. 
尚武論 山川健次郎 1930.10.21 於長野県松本小学校 → 男爵山川先生遺稿 (各種論講) 11-176 pp.679-684.  
明治天皇の御事 山川健次郎 愛国新聞 1930.11.01 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-173 pp.674-676. 
至善寮生に与ふ 山川健次郎 寮友会雑誌 4; 1930.12.30 → 男爵山川先生遺稿(会津関係) 2-26 pp.181-182. 
結婚を勧む 山川健次郎 1931.03.29 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-190 pp.735-737.  
尚武教育 山川健次郎 1931.05.10 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-177 pp.684-688.  
我慢論 山川健次郎 国本 11(8); 1931.08 → 男爵山川先生遺稿(本社及びb中央教化団体連合会関係)
9-149 pp.586-588.
 
特殊部落の待遇に就いて 山川健次郎 会津会報 13; 1917.12.02 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-194 pp.751-753. 
一に数学、二に数学、三に数学 山川健次郎 SUT bulletin 7(6); 72; 1990.06 pp.58-60  

---- 発表年月不明 ----

寄宿舎命名の理由 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-66 pp.324-327.  
青年者の心得一班 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-67 pp.327-331.  
労働の注意研究 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-72 pp.349-351.  
世に処する道 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-91 pp.390-391.  
欧州大戦争の三大教訓 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(明治専門学校関係) 7-92 pp.391-396.  
学校に於ける軍事教育 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-163 pp.642-647.  
教育雑感 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-165 pp.650-660.  
一年志願兵制に関し所感を述る 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(学校教育関係) 10-167 pp.663-664.  
 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-178 pp.688-692.  
大谷句仏僧籍削除問題 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-186 pp.723-726.  
人口国家維持論 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-187 pp.726-731.  
思想的流行の弊 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(各種論講) 11-192 pp.744-747.  
長尾氏千里眼実験記(明治44) 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(雑) 13-211 pp.773-777.  
山川兵衛重英略伝 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-1 pp.1-4.  
平久子の説 山川健次郎 → 男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-8 pp.76-77.  
<伝記・人物研究・人物評・読み物>(図 書)
日本博士全伝 荻原善太郎編 岡保三郎 1888 152p. 理学博士山川健次郎君小伝 pp.27-28 *国会図書館
デジタルコレクション
 
帝国博士列伝 荻原善太郎編 敬業社 1890 201p. 理学博士山川健次郎君小伝 pp.36-38 *国会図書館
デジタルコレクション
 
日本博士全伝 花房吉太郎、山本源太編 博文館 1892 364p. 理学博士山川建次郎君 pp.198-199 
日本博士全伝 花房吉太郎、山本源太編 博文館 1892 364p. 山川健次郎 pp.198ー200. *国会図書館デジタルコレクション 
斬馬剣 当代名士の半面 雪山外史 鳴皐書院 明治35.05(1902)  
疑問の人 泥牛酔侠著 三木幾太郎編 東京毎夕新聞社 大正2(1903) 288p. 山川建次郎 pp.69-70  
名士立志伝 秋野村夫著 元文社 大正5(1906) 162p. 山川建次郎 pp.79-83 
人物画伝 朝日新聞社、大阪朝日新聞社編 有楽社 1907 200,49p. 山川健次郎: pp.25-26. *国会図書館デジタルコレクション 
春汀全集 第2巻 鳥谷部銑太郎著 博文社 1909 犠牲となりし山川建次郎氏(三九年一月) pp.491-497 
*国会図書館デジタルコレクション
 
千里眼実験録 藤教篤、藤原咲紀平著 大日本図書 1911.02 97,10p. 山川博士よりの書状 pp.1-4  
当面の人物フースヒー 高橋鉄太郎 フースヒー社 361p. 1913 会津武士の面影ある山川建次郎 p.275-276
*国会図書館デジタルコレクション
 
初対面 堀川鷺陽著 明文館 1916 429p. 理学博士男爵 山川建次郎氏 pp.167-171 
現代之人物観無遠慮に申上候 河瀨蘇北 二松堂書店 400p. 1917 秋霜烈日山川建次郎 p.84-85 *国会図書館
デジタルコレクション
 
世界名士立志伝 大日本青年教育会編/刊 1917 268p. 山川健次郎 pp.173-177 *国会図書館デジタルコレクション 
世界の偉人力の修養 樋口紋太著 岡本増進堂 1919 36p. 山川健次郎 pp.209-215 *国会図書館デジタルコレクション 
福島誌上県人会 福島県友会 大正11(1922) 山川建次郎 p.4 
東西名士立志伝:独力奮闘 大日本青年教養団編 朝日書房 1926 268p. 山川健次郎 十四才で外国に留学した秀才
 pp.173-177 *国会図書館デジタルコレクション
 
上京を望む青年へ 岩谷愛石著 愛国青年社 1928 128p. 苦学力行帝国大学総長となつた山川健次郎氏 pp.110-112. 
名士の少年時代:新人国記 東北篇 報知新聞社通信部編 平凡社 1930.01 635p. 山川健次郎 pp.278-287. 
人格に触れて 渡部求著 三洋社 昭和5(1930) 407,6p. 山川健次郎: pp.337-362. 
九州帝大人物風景 多々良三平著 国際書房 1931 231p. 名総長故山川健次郎男 pp.3-5 
偉人天才を語る 書簡点描 小笠原長生 実業之日本社 1933 366p. 東宮御学問所評議員山川健次郎氏より
pp.134-145 *国会図書館デジタルコレクション
 
思想と日本 深作安文著 明治図書 1934.02 496p. 故山川健次郎先生を偲ぶ pp.493-496. *国会図書館デジタルコレクション 
福島県友会 大正11(1922) 山川建次郎 p.4 
修養偉人は語る:日本精神作興 青年修養社 福島県友会 1935 426p. 1935 山川建次郎 p9,129-133
*国会図書館デジタルコレクション
 
物理学周辺 中村清二著 河出書房 1938 302p. 山川健次郎光生の追憶 pp.233-239 *国会図書館デジタルコレクション 

男爵山川先生伝 花見朔己編 故男爵山川先生記念会 昭和14.12(1939)  530p.  肖像 
 [内容]                                            
 山川先生略年譜          9p.      
 1章家系と少年時代        p.1 -    12章貴族院に於ける活動     p.343-
 2章青年時代           p.29-    13章枢密顧問官時代       p.351-    
 3章大学教授時代         p.80-    14章武蔵高等学校長としての山川先生   p.361- 
 4章第一次東京帝国大学総長時代  p.104-    15章教化運動関係        p.376-    
 5章閑散時代           p.153-   16章文部省関係其他       p.403- 
 6章明治専門学校の経営      p.161-   17章学会及び公共斡旋      p.411-         
 7章千里眼問題          p.179-   18章会津関係          p.431-
 8章九州帝国大学総長時代     p.201-   19章叙爵と夫人の逝去及び先生の入閣問題 p.454-      
 9章第二次東京帝国大学総長時代  p.219-   20章山川先生の薨去       p.461- 
  10章京都帝国大学総長として     p.257-  21章趣味 性行 娯楽       p.478-       
 11章第二次東京帝国大学総長の諸問題 p.274-                                           
 
気象感触 藤原咲平著 岩波書店 1942 277p. 山川健次郎先生の思ひで pp.231-234  
明治大正昭和教育思想学説人物史 第1巻 明治前期篇 藤原喜代蔵著 東亜政経社 1942.11 808p.湘南堂書店昭和55年
の復刻版あり) 山川健次郎の功績 pp.210-211.
 
慎独寮二十史 [武蔵高等学校慎独寮第十八回修了生編]  1943 609p. 
懐舊録 井上哲次郎 春秋 社松柏館 1943 356p.(春秋社教養叢書) 山川健次郎: pp.121-129. 
白虎隊とその教育 大久保竜著 第一出版協会 1943 200p. 山川建次郎の母の一言 p.22 
懐旧録 井上哲次郎著 春秋社松柏館 1943 356p(春秋社教養叢書) 山川建次郎男とその人格 pp.121-129
 *国会図書館デジタルコレクション
 
明治文明奇談 菊池寛 六興商会出版部 1943 314p. 山川健次郎 pp.270-288  
明治大正昭和教育思想学説人物史 第3巻 大正年代篇 藤原喜代蔵著 東亜政経社 1943.11 900p.(湘南堂書店 
昭和55年の復刻版あり) 山川健次郎小伝 pp.762-763.
 
人格に学ぶ 渡辺求著 軍事教育社 1944 271p. 山川健次郎男 pp.223-242  
山川健次郎先生遺贈両道文庫仮目録 佐藤長左衛門編/刊 1944 16p. 
明治専門学校史原稿 5 山川総裁附記 植村初巳 昭和19(1944) /九州工大図 
九大風記 九鬼鎮雄 西日本新聞社 1948 301p. 初代、名総長と謳われる山川健次郎男 p.18 
群渦:気象四十年 藤原咲平著 羽田書店 1950 293p. 山川健次郎先生の思ひで pp.211-213 
天淵文 加藤虎之亮著 天淵先生喜寿祝賀記念会 1955.10 79丁 和装 祭前武蔵高等学校長山川先生文:70-72丁 
山青集 長崎太郎著 比叡書房 1955.12 232p. 歌集/恩師山川健次郎先生のみ墓に詣づ pp.96-97.(和歌二首)  
明治会見記 樋口配天著 理論社 1960 198p. 山川建次郎 その避妊反対論と現代 pp.42-53.  
臨時教育会議の研究 海後宗臣 東京大学出版会 1960.03 1037p. 
私の履歴書 田中耕太郎著 春秋社 1961 317p. 山川健次郎博士の思い出 pp.234-238.(修猷 創立七十周年記念号所載) 
寺田寅彦 宇田道隆著 富永秀夫絵 国土社 1962 262p.(少年伝記文庫16) 山川健次郎の寛容に学ぶ pp.90-93 
文化史における近代科学 渡辺正雄著 未来社 1963.01 353p. 初期日米科学交渉史の一面:山川健次郎の場合 pp110-145. 
会津産業懇話会資料 No.14 会津産業懇話会 昭和42(1967) 星亮一 斗南藩参事の系譜をたどって:pp.52-55.  
松本健次郎伝 劉寒吉著 松本健次郎伝刊行会 1968 473p. 山川健次郎の出馬 pp.241-248  
日本思想の系譜:文献資料集 下巻 その2 小田村寅二郎編  国民文化研究会 1969 381p(国文研叢書 8)
山川健次郎: pp.251-257.
 
福島百年の先覚者 福島県 昭和44(1969) 山川健次郎: pp.417-432.  
転向明治維新と幕臣 三一書房 1969 忠君愛国の思想山川健次郎 しまねきよし pp.177-209.  
小説東京帝国大学 松本清張著 新潮社 1969.11 363p. 哲学館事件:pp.14-25 戸水事件の発生:
pp.187-198. 山川総長免官:pp.199-210 逆転:pp.229-234 問題の発生:pp.241-246
 
随想全集 第10巻 尚学図書 1970 403p. 山川健次郎先生の思い出 藤原咲平  
会津の書林 鈴木茂雄著刊 1972 (会津人名鑑叢書2) 山川健次郎:p.52  
福島県史 22 人物 福島県 1972 山川健次郎: pp.506-507.  
続会津の歴史 講談社 1973  斗南藩の人材と業績 葛西富夫 pp.309-313.  
福島県ミニ百科 福島中央テレビ 1974 人物 山川健次郎: pp.116-117  
日本人と近代科学 渡辺正雄著 岩波書店 1976 (岩波新書) 武士から科学者へ山川健次郎 pp.9-36.  
近代日本海外留学生史 上 渡辺実著 講談社 1977.09 581p. 第3節 開拓使派遣の留学生 pp.245-249   
会津の史説と巷談 毎夕新聞社 1977  健次郎少年脱出 松下孝一 pp.65-67.  
都筑馨六関係文書目録 国立国会図書館参考書誌部編 国立国会図書館 1979 203p. 大正6年11月21日 山川健次郎等ノ受爵運動 
会津人物文献目録 野口信一編 歴史春秋社 1980.05 362p. 山川健次郎 pp.335  
山川健次郎の生涯 会津白虎隊士から東大総長へ 製作:福島中央テレビ 1980.07.20 53p. 謄写版
放送の制作台本
 
会津の群像 獅子の時代を生きた 小島一男著 歴史春秋社 1981.02  
新聞集成大正編年史 大正5年度版 中 明治大正昭和新聞研究会 1982 1055p. 無価値の学校兵式体操 山川健次郎 p.340 
幕末、明治に生きる会津の女性 会津武家屋敷文化財管理室編 会津武家屋敷 昭和57(1982) 96p.
兄・山川健次郎あて 捨松の書簡(英文)、日本最初の女子留学生 山川捨松
 
新聞集成大正編年史 大正11年度版 上 明治大正昭和新聞研究会 1983 1032p. 楽観的大政治家 山川健次郎p.119 
図説教育人物事典 中 唐澤富太郎編 ぎょうせい 1984.04 1,037p. 山川健次郎 pp.259-263.  
東京大学百年史 通史2 東京大学百年史編集委員会編 東京大学 1985.03 1129p. 戸水事件 pp.161-171、
学制改革の動向と東京帝国大学 pp.207-216、森戸事件 pp.309-314
 
日本の百年 その3 川口松太郎、杉本苑子ほか著 読売新聞社 1986.06 253p.  
東京大学百年史 部局史2 東京大学百年史編集委員会編 東京大学 1987.03 1188p. 第6編 理学部 明治十年
(1877)四月より同二十四年(1891)六月まで pp.337-248.
 
明治専門学校40年の軌跡:九州工業大学へ 野上暁一編・著 明専史刊行会 1994.05 334,5p. 山川健次郎:
pp.18-33 山川イズムと兵式体操:pp.111-129
 
建学の理念 技術に堪能なる士君子 明専会(九州工大同窓会)編 平成元.05(1988)  210p.  /武記
 [関係内容]
 山川建次郎先生の協力 p.15-
 教育方針 山川健次郎  p.34-38
 山川建次郎総裁 植村初巳   p.82-
 山川建次郎と明治専門学校 藤村道生 p.149-
 山川総長訓辞   p.185-191.
 
長崎を訪れた人々 明治篇 高西直樹著 葦書房 1988 306p. 山川健次郎 p.162  
会津人物辞典 文人編 小島一男編 歴史春秋社 1989.12 291p. 山川健次郎 p.237  
近代日本に生きた会津の男たち 会津武家屋敷文化財管理室編 会津武家屋敷 1990 /福島県立図  
すばらしい先輩たち 会津人のほこり 第1集 会津若松市教育委員会編 会津若松市教育委員会 1990 /福島県図  
武蔵七十年史 写真ででつづる学園のあゆみ 武蔵学園70年史委員会編 学校法人根津育英会 1993.06 279p.
山川健次郎校長 pp.30-31.
 
明治おもしろ博覧会 横田順弥著 西日本新聞社 1998.03 270p. 大学を武装した総長 政府の介入、
弾圧に敢然と抵抗 pp.232-235.
 
京都大学百年史 総説編 京都大学百年史編集委員会編 京都大学後援会 1998.06 1346p. 第4節
 山川健次郎総長から荒木寅三郎総長へ  pp.234-247.
 
図説会津の歴史 下巻 大塚實監修、間島勲、小桧山六郎編 郷土出版社 1999 262p. 会津出身の帝国大学総長
山川健次郎、新城新城、小西重直 pp.136ー137.
 
逆風に生きる 山川家の兄弟 中村彰彦 角川書店 平成12.01(2000) 318p. 歴史と旅 平成9年6月-11年1月
に連載されたもの)
 
随想と映像 学苑落葉集 植村泰忠著 [植村泰忠刊] 平成12.06 281p. 図版27p. /武記 物理セミナー室の
油絵肖像画 pp.51-53. (東京大学新聞 昭和57年3月23日号所収)
 
白虎隊と会津武士道 星亮一著 平凡社 平成14.05(2002) 226p.(平凡社新書142)清廉潔白「白虎隊総長」
山川健次郎 pp.168-184
 
カレーライスの誕生 小菅桂子著 講談社 平成14.06(2002) 236p.(講談社選書メチエ 243)
「どうしても食う気になれない」 pp.8-11.
 
現代物理学の扉を開いた人たち 竹内均 ニュートンプレス 平成15.03(2003) 349p. (竹内均・知と感銘の世界)
 日本の物理学の創始者とよばれる山川健次郎(1854~1932) pp.305-317.
 
第三回山川先生を語る会 主催:明専会東北支部 2003.4.19 会津 料亭「米熊」 [7p.]  
山川健次郎伝 白虎隊士から帝大総長へ 星亮一著 平凡社 2003.10 330p. 山川健次郎年譜 pp.328-329、
おもな参考文献 p.330
 
旧制武蔵高等学校記録編年史 大坪秀二編 武蔵学園記念室 2003.10 198,18p.  
常設展示 第129回 暮らしを変えた新製品:身近なモノがデビューした頃 国立国会図書館 山川老先生
六十年前外遊の思い出
 武蔵高等学校 1931 *国会図書館デジタルコレクション(電子書籍)
 
山川健次郎生誕150年胸像建立記念顕彰の栞 ー士君子ー 山川健次郎顕彰会[会津若松] 2004.07 18p.
平成16年7月17日会津藩日新館でおこなわれた胸像除幕式及び会津若松ワシントンホテルでの祝賀行事のしおり。
付:山川健次郎博士生誕150年記念 「愛国心と尚武心(CD)」
 
山川健次郎小伝 大竹正容[ほか]編 山川健次郎顕彰会[会津若松] 2004.07 80p.  
遊星群:時代を語る好書録 大正篇 矢沢永一著 和泉書院 2004 1086p. 会津武士の面影ある山川健次郎  
山川健次郎小伝 山川健次郎顕彰会編 2004.07 80p.  
山川健次郎 -小伝- 改訂版 大竹正容[ほか]編 山川健次郎顕彰会[会津若松] 平成17.01(2005) 101p.
山川健次郎年譜:pp.98-99 主な参考文献:pp.100-101
 
開化期の若き啓蒙学者達 松邨賀太著 文芸社 2005.02 180p.(日本留学生列伝4) 
山川家の兄弟 浩と健次郎 中村彰彦 学陽書房 2005.11 402p.(人物文庫) 逆風に生きる 山川家の兄弟 角川書店平成12.01刊の解題 
女たちの会津戦争 星亮一著 平凡社 2006.07 232p.(平凡社新書)  
会津武士道 「ならぬことはならぬ」の教え 星亮一著 青春出版社 2006.08  204p.(青春新書)  
山川健次郎の生涯:明治を生きた会津人:白虎隊士から帝大総長へ 星亮一著 筑摩書房 2007 340p(ちくま文庫) 山川健次郎伝 平凡社 2003年刊の改題 
日本人物誌選集 第8巻 紀田順一郎監修・解説 クレス出版 2007 248,198p. 山川健次郎*その避妊反対論と現代 pp.42ー52. 
小説東京大学 (下) 松本清張著 筑摩書房 2008.03 367p.(筑摩文庫) 
山川健次郎と乃木希典:「信」を第一とした会津と長州の武士道 笠井尚著 長崎出版 2008.08 415p.  
日本人物百年史 サン写真新聞社編 日本図書センター 2009 445p 昭和33年刊の複製 山川健次郎 p.174 
偉人の俤:銅像写真集 資料篇 田中修二監修・解説 ゆまに書房 2009 453,12p. 山川健次郎 p.205 
事典有名人の死亡診断:近代編 服部敏良 吉川弘文館 2010 346,31p. 山川健次郎 p.331 
東大総長山川健次郎の目指すべき国家像と未来 早川廣中、木下健著 長崎出版 2011 139p.  

男爵山川先生伝 <伝記>山川健次郎 花見朔己編 大空社  2012.01  530p.(伝記叢書 364) 
故男爵山川先生記念会 昭和14年刊の複製  [内容]  山川先生略年譜          9p.       1章家系と少年時代        p.1 -    12章貴族院に於ける活動     p.343-  2章青年時代           p.29-    13章枢密顧問官時代       p.351-      3章大学教授時代         p.80-    14章武蔵高等学校長としての山川先生 p.361-  4章第一次東京帝国大学総長時代  p.104-    15章教化運動関係        p.376-      5章閑散時代           p.153-   16章文部省関係其他       p.403-  6章明治専門学校の経営      p.161-   17章学会及び公共斡旋      p.411-  7章千里眼問題          p.179-   18章会津関係          p.431-  8章九州帝国大学総長時代     p.201-   19章叙爵と夫人の逝去及び先生の入閣問題 p.454-   9章第二次東京帝国大学総長時代  p.219-   20章山川先生の薨去       p.461-  10章京都帝国大学総長として     p.257-  21章趣味 性行 娯楽       p.478-  11章第二次東京帝国大学総長の諸問題 p.274-
 
カレーライスの誕生 小菅桂子著 講談社 2013.03 243p(講談社学術文庫2159) どうしても食う気になれない  pp.13-16. 
評伝山川健次郎:士君子の肖像 山川健次郎顕彰会 2013 206p. 
<伝記・人物評>(雑 誌)
口絵(東京帝国大学 其二 各分科大学長山川健次郎) 太陽 6(9); 1900.07   
口絵(最近一年間事紀 其四 新大学総長理学博士山川健次郎君) 太陽 8(6); 1902.05   
口絵(東京帝国大学総長理学博士山川健次郎君) 太陽 9(3); 1903.03   
口絵(東京帝国大学事件 前総長山川健次郎君) 太陽 12(1); 1906.01   
(人物月旦)犠牲となりし山川健次郎氏《文部 大臣対帝国大学事件》 鳥谷部春汀 太陽 12(1); 1906.01 pp.27-30. 
山川九州大学総長と沢柳東北大学総長 中央公論 26(6); 1911.06 
 [内容]
 三宅雄次郎   pp.112-115.     建部遯吾    pp.116-119.
 山外道人    pp.120-125.     吉田熊次    pp.126-131.
 蓬々子     pp.132-133.     湯原元一    pp.134-135.
 柴四朗     pp.136-138.  
 
口絵(四大学の新総長 東京帝国大学山川健次郎氏) 太陽 19(8); 1913.06   
帝大総長山川健次郎博士の女子教育論を駁す 宮田脩 第三帝国 85; 1917.06 pp.46-48  
逸話の人 山川健次郎 雄辯 1917.08  
山川校長新任式に於ける一木前校長の挨拶 4月12日 一木喜徳郎 校友会誌(武蔵高等学校) 3; 1926.07 p.3 
山川健次郎博士の南州観 東寧生 日本及日本人 6; 1926.01 pp.191-192 
気節で一貫した山川健次郎 キング 昭和元.02(1926)  
親も子も 理学博士山川健次郎氏と農学博士山川洵氏 実業の日本 29(15); 1926.08 p.39 
補修 会津白虎隊十九士伝、同付録(宗川虎次著、山川健次郎補) 有賀春雄 史学 8(3); 1929.11
p.180 (書評) *JAIRO / *CiNii Articles
 
メートルグラスで冷酒 おしきせが足らぬ山川健次郎男 サンデー毎日 1930.09.07  
あゝ記憶すべき九月一日 山川健次郎 教化運動 昭和5年臨時増刊号 1930  
故山川男爵追悼号 学士会月報 520; 1931 pp.1-36.  
山川校長送別記念  校友会誌(武蔵高等学校)  15; 1931.06  肖像 
 [内容]
 山川先生寿像を作りて      斎藤素巌         pp.1.
 山川先生銅牌を作りて      日名子実三        pp.1-5.
 山川先生の遠い思出       松井喜三郎        pp.5-8. 
 奉贈山川前校長         加藤虎          pp.8-9.
 山川先生と慎独寮        塚本常雄         pp.9-12.
 山川校長を送る会誌に寄す    長崎太郎         pp.12-13.
 山川校長の御辞任に際して    小長井純一(雙桂寮)    pp.13-15.
 奉贈山川先生          鮮干亨筍         pp.15. 
 山川先生のお去りになるについて 岩松慎太郎(慎独寮)    pp.16-18.
 山川健次郎先生         白石達雄         pp.19-20. 
 山川校長を送るに際して     三山醇          pp.20-21.
 感 想             池田克明         pp.22-23.   
 山川先生のおやめになったことについて 小林昇       pp.23-25.
 山川先生を慕ふ         山本正          pp.25-26.
 山川先生を想ふ         武内正夫         pp.27-28.
 感 謝             河村正二(愛日寮)     pp.28.  
 山川校長の御退任に際して    久保正幡         pp.29-30.
 
[故山川先生追悼]  校友会誌(武蔵高等学校) 16; 1931.10  
 [内容]
 故山川先生追悼   山本良吉    pp.1-6.
 山川先生を悼む   松井喜三郎   pp.6-9.
 故山川先生追悼会                  pp.96-97.
   〃       根津育英会理事長(根津嘉一郎) pp.97-98.
   〃       一木(喜徳郎)前校長       pp.98-99.
   〃       吉田父兄会長          pp.99-100.
   〃       生徒総代木村行蔵        pp.100-101.
   〃       山川先生御略歴         pp.101-103.
 
祭山川前校長文 加藤虎 校友会誌(武蔵高等学校) 17; 1931.12 pp.160-161.  
山川健次郎博士 我等の化学 4(7); 1931.07 p.259 
山川健次郎先生の薨去を悼む 教化運動 12; 1931.07  
故男爵山川健次郎先生追悼号 教化運動 13; 1931.08 15p. 
山川先生追悼号 明専会報(明治専門学校) 96・97; 1931.08 102p. 肖像  
会津会雑誌 39; 1931  pp.6-33,68-69. /福島県図
  [関係内容]
   感想(新城新蔵)、挨拶(松平子爵)、挨拶(柴五郎)、山川健次郎先生追悼談:山川男兄弟
  (藤沢正啓)、山川先生の睨み(斉藤良衛)、山川先生と書生(諏訪常次郎)、山川母堂
   (柴五郎)、山川先生の御世話(藁谷勇三郎)、松平大使の伝言(渡部喜貞)、謝状(山川洵)、
   おのづからなる感化力(花見朔巳)、山川先生の手記より(一)(諏訪常次郎)、山川先生
   其功に誇らず(莊田三平)、死亡会員・山川建次郎君
 
会津会雑誌 40; 1932 山川先生の真率 p.4. 山川先生の手記より(2) (諏訪恒次郎) pp.16-29.  
開校十五週年記念式 山本校長式辞 山本良吉 校友会誌(武蔵高等学校) 34; 1937.06 pp.1-19.  
父の片影 山川健次郎を語る 東照子 科学知識 1937.08 pp.90-91.  
クッパ畫傳 山川健次郎君 東京パック 9(6); 1913.06 p.329. pp.7-9  
山川先生の伝を読む 田中館愛橘 科学 10(7); 1940  
本会顧問山川男爵の薨去を悼む 河原春作 体育研究 10(5,6); 1944  
(この人を見よ)山川健次郎 神崎清、石井治 クラス 3(12); 1948.12 pp.6-11 
山川健次郎先生の御教訓 樋口兼雄 会津会々報 67; 1957.03 pp.6-9.  
山川健次郎先生のこと 中村清二 日本物理学会誌 14(10); 1959.10 pp.549-551 *CiNii Articles 
山川健次郎とSheffield Scientific School:初期日米科学交渉史の一面 渡辺正雄 東京女子大学附属比較文化研究所紀要 8; 1959.10 pp.127-163 *JAIRO / *CiNii Articles 
浜名弘子「恋衣」周囲 山川登美子 立教大学日本文学 3 [1959.10]  
山川健次郎とエール大学の関係 渡辺正雄 科学史研究 53; 1960.01 pp.9-12  
物理学者としての山川健次郎 附英文要旨 渡辺正雄 科学史研究 57; 1961.01 pp.22-28  
グラビア 科学技術百年の歩み 明治科学者の群像 国際写真情報 1967.10  
日新館と我が国教育 山川健次郎先生 相田泰三 会津史談会誌 43; 1968 pp.6-9.  
父 山川健次郎 東照子 会津会々報 77; 1970.04 pp.49-50.  
山川健次郎博士は転向者か 大平善梧 会津会々報 81; 1975 pp.13-15.  
東大の歴代総長・その人と足跡 週間読売 1975.04  
山川健次郎の働き 金関義則 みすず 18(9); 200; 1976.10 pp.15-32  
「学びの場と人」風土記 13 幕末、明治の留学生 高瀬善夫 月刊教育の森 6(10); 1981.10  
山川健次郎先生と明治専門学校 山内経則 歴史春秋(会津史学会編) 13; 1981  
ドキュメント・天皇の学校 東宮御学問所物語 4 大竹秀一 正論 150 1985.05  
科学者をめぐる事件ノート 3 山川健次郎 千里眼事件 根本順吉 科学朝日 47(3); 554; 1987.03 pp.68-73. 
小説東京帝国大学 第2回 松本清張 サンデー毎日 昭和  pp.46-50.  
本好き人好き(32)東大総長山川健次郎 鵜崎鷺城「此筆二十年」「活人剣・殺人剣」 矢沢永一 国文学:解釈と教材の研究 37(5); 541; 1992.05 pp.158-161.  
門司駅員の引責自殺と山川健次郎言責事件:二つの忠君愛国をめぐって 小股憲明 人文學報(京都大学) 72; 1993.03 pp.39-69. *JAIRO 
山川健次郎 もりいずみ ニュートン 14(12); 1994.12 pp.126-131.  
山川家の人々 近代日本のために奮闘の足跡 山川健重 花伝 別冊  
鋏糊録--X線発見のわが国への通報とわが国での追試実験考(2) 間庭秀世 金属 66(4); [1996.04] pp.77-79 /武記  
鋏糊録--X線発見のわが国への通報とわが国での追試実験考(3) 間庭秀世 金属 66(5); [1996] pp.77-79 /武記  
鋏糊録--X線発見のわが国への通報とわが国での追試実験考(4) 間庭秀世 金属 66(6); [1996] pp.104-107 /武記  
鋏糊録--X線発見のわが国への通報とわが国での追試実験考(14) 間庭秀世 金属 67(4); pp.80-86 /武記  
歴史の交差点 132回 白虎隊総長vs. 丸亀の千里眼 山川健次郎・元東京帝国大学総長が参加した御船千鶴子と長尾郁子の超能力実験 中村彰彦 週間ダイヤモンド 1996.09.14 pp.116-117.  
窓外雨粛々 80回 新興資本家の夢 武者小路実篤の「新しき村」と大正時代(6) 辰野金吾・山川健次郎も参加した松本健次郎・安川敬一郎の「美しい町」建設 関川夏央 文学界 1998.08 pp.233-237.  
「城下の盟」に涙した会津人の生きかた 国破れて人あり 戊辰戦争後、会津の将来のために秋月梯次郎によって長州の奥平謙輔のもとで勉学に励んだ山川健次郎、他 中村彰彦 諸君 1999.09 pp.86-97.  
私の東大論 18回 元白虎隊総長・山川健次郎の奔走 立花隆 文藝春秋 77(11); 1999.11 pp.398-411.  
私の東大論 19回 山川健次郎と超能力者・千里眼事件 立花隆 文藝春秋 77(12); 1999.12 pp.356-369.  
現代ライブラリー 中村彰彦『逆風に生きる 山川家の兄弟』角川書店 薩長藩閥全盛の逆風をものともせず維新後を凛然と生きた会津人の生涯 菊池仁 週刊現代 2000.03.11 p.172. 書評  
山川健次郎と出羽重遠 星亮一 歴史春秋(会津史学会編) 53; 2001.04  
山川健次郎総裁の遺品戻る 山内経則 Kyutech Journal(明専会報) 774; Sep.2001 p.10.  
山川健次郎先生を語る[座談会] 山内経則 Kyutech Journal(明専会報) 774; Sep.2001. pp.11-16.  
特別読みもの 山川健次郎氏遺品が記念室に寄贈される 武蔵高等学校同窓会会報 45; 平成14.07(2002) pp. 24-26. 遺品は「武蔵高等学校 開校記念」と記された杯と大正12年に録音された講演テープ(国民の覚醒と改悛を促す)→ 男爵山川先生遺稿(国本社及び中央教化団体連合会関係) 9-131 愛国心と尚武心 pp.468-469.  
第2回山川健次郎先生を語る会 建学の理念の源泉「士君子像」をもとめて 山内経則 Kyutech Journal(明専会報) 785;Nov.Dec.2002 pp.14-16.  
華族134年の真実 爵位別・華族の近代 男爵篇 山川家 兄弟それぞれの功績が認められてのダブル叙爵 山川浩と山川健次郎 間島勲 歴史読本 2003.04 pp.134-139.  
POSTブック・ワンダーランド 星亮一「山川健次郎伝 白虎隊隊士から帝大総長へ」 平凡社 日本の近代教育界をリードした朝敵の気迫 竹内洋 週刊ポスト 2003.11.14 p.176 書評  
山川先生[顕彰]を中心にした特色のある活動 山内経則 Kyutech Journal(明専会報) 797; Apr.2004 pp.22-23. 
山川健次郎と奥平謙輔 滝沢洋之 会津人 16;平成17.01(2005) pp.53-56. 早川館長武蔵大学を訪問 本誌編集部 pp.89-90.  
批評 脳力のレッスン34回 山川健次郎と柴五郎 明治の会津人の放つ光 寺島実郎 世界 736; 2005.02 pp.33-35  
稀書巡礼(40) 山川健次郎と宮武外骨 木本至 出版ニュース 2043; 2005.07 p.3  
特集 山川先生の威徳を語る 座談会 山川先生の威徳を語る 早川廣中、山内経則、山田直 会津人 18;2005.03 pp.21-32. 山川健次郎をめぐる人々 滝沢洋之 pp.57-68.  
第1山川記念シンポジウムを終えて 藤田康範 武蔵高等学校同窓会会報 48; 2005.07 pp.40-43.  
第6代総長山川健次郎の妻への手紙 藤井穣治 京都大学文書館だより 11; 2006.10 pp.4-5.  
トピックス  東京大学理学部研究科・理学部ニュース  *JAIRO
 山川健次郎元東京帝国大学総長の胸像などの寄贈を受ける 佐藤勝彦 38(2); 2006.07  p.3.
 山川健次郎元東京帝国大学総長の胸像贈呈式が行われる 広報編集委員会 38(5); 2007.01  p.3.
 特別寄稿 山川健次郎の胸像を迎えて 佐藤慎 38(6);2007.03  pp.18-19.
 第3回山川記念シンポジウ「山川健次郎と東京大学」開催される 山本智 39(6); 2008.03  p.3.
 
道徳読み物資料の再検討 戸崎博文、古谷初江、上原修一 宇都宮大学教育学部教育実践センター紀要 (36);2013.07 pp.289-298. 立志の人 山川健次郎 
歴史探訪 最初の日本人物理学教授・教育界の星座の人山川健次郎 松尾宗次  金属(アグネ技術センター) 84(1);1128; 2014.01 pp.57-63. 
新史料発見 会津人が駆け抜けた近代日本 帝国大学総長山川健次郎日記(写本) (前編)「朝敵」から天皇の教育係へ 小宮京 中澤俊輔 中央公論 129(1); 1562; 2014.01 pp.132-144. 
新史料発見 会津人が駆け抜けた近代日本 帝国大学総長山川健次郎日記(写本) (後編) 変革期のリーダシップ東京帝大総長、京都帝大総長として 小宮京 中澤俊輔 中央公論 129(2); 1563; 2014.02 pp.136-148. 
武士道の言葉(25) 山川健次郎(その1) 多久善郎 祖国と青年 431; 2014.08 pp.54-57 
武士道の言葉(26) 山川健次郎(その2) 多久善郎 祖国と青年 432; 2014.09 pp.60-63 







武 蔵 学 園 記 念 室  <記 念 資 料> 

* 以下の資料の写真は墨跡展を参照してください。墨跡展
   山川健次郎校長肖像(油絵)  一点
      安宅安五郎 作 大正15年11月 →写真 武蔵七十年史  p.31
YK02 山川先生壽像(銅牌) (大きさ縦44cm × 横37cm)
      日名子実三作  昭和6年1月
     昭和5年教職員と生徒の有志が寄付を募って、昭和6年1月に完成し山川校長に贈ったもの。
   平成8年11月27日に令孫にあたられる方より学園記念室に寄贈されたもの。
YK03 山川先生壽像(銅牌)(ミニチァ版)(大きさ縦12cm × 横10cm) 
   「昭和6年3月永く先生を記念をせんため職員生徒に頒つ」 校友会誌(武蔵高等学校) 15号
    記念室顧問 矢代源司氏寄贈

(墨 跡・書 簡)
YK04 視民如傷  臣 山川健次郎謹書  一軸(縦128cm × 横41cm) 
      民をみること傷つくがごとし 
    [出] 国之興也、視民如傷、是其福也 (左氏 哀、元)
     [出] 文王視民如傷 (孟子  離婁下)
    [意] 人民が傷ついた者を見るように深く民をあはれみ愛すること
       大正三年八月二二日に大正天皇へ献納した書の下書 
YK05 有文事者必有武備 臣 山川健次郎 
     付:顛末  一軸(縦215cm × 横63cm)  
    [出] 文事ある者必ず武備あり (春秋戰国 魯)
    [意] 文を事とする者は武も身につける。平和を議することは文事であるが、同時に武備を忘れては
            ならない。(斉の景公との「夾谷の会」におもむく定公に云った孔子の言葉といわれている)

       顛 末
     大正三年八月四日日光御用邸へ出頭し天機並にご機嫌を奉伺したるに両陛下に拝謁を賜りたる後侍従長
       鷹司通予に書を上るべき旨の勅命を傅ふ同年八月廿二日予宮中へ出頭して拙筆『視民如傷』を献納す
       大正四年八月比(月日確かならず)内大臣大山巌又予に書を上る可き勅命を傅ふ前に既に上りしことを
       遣忘し賜ひしものの如し依って『有文事者必有武備』の八字を認め九月十六日之を献納す   
   
      拙筆を上りし顛末別帋の通りにご座候  敬具
       昭和四年七月八日    健次郎

    大正四年九月一六日に大正天皇へ献納した書の下書 
YK06 佩章授与式に於ける訓示 山川健次郎筆  昭和五年三月  一軸(縦33cm × 横88cm) 
      → 写真 武蔵七十年史  p.31 → 活字  男爵山川先生遺稿 6-55 p.262 

       「昔武士は大小二タ腰を佩びて居り之を
         武士の魂と云ったものだ 此の大小は之を佩び
        て居る人に君は武士と云ふ特権階級の人で
	あるから卑怯な事等凡て武士にあるまじ
	き振舞があってはならんと常に警告
	したかの如くであったので武士が己が佩び居る両刀
	を見ると心がひきしまり体度(態度)を謹む念慮が
	起り当人がどの位利益を得たか知れん魂は今
	の辞(言葉)で云ふと良心で大小が良心を呼び起す如き
	働きをしたのであった
	我が校の佩章も亦佩章(を)する人々に
	本校の一員たることを警告すること武士の
	両刀と異なることがないから
	本日佩章を授與された人々は今
	後一層言動を慎み利益をえらるること必然と
	信ずる」
        		   全
YK07 山川健次郎校長書簡   一軸
    御書面忝令披見候拙生病気御心に掛けさせられ候段奉深謝候軽病には候へ共少し許の發熱有之又
      食欲も頗る減退いたし候間医師の勧めにより静養いたし居候御歌拝見仕候結構なる御詠と存候

     昭和二年三月四日      健次郎
    長崎盟兄  待史中

    この書簡は長崎太郎教授が武蔵高校の讃歌を作詞し、山川校長に書き送った折の返信である。 
 

(記録・原稿・速記録の校正)

YK08 家庭と教化 山川健次郎校長講話  山川健次郎述  7p. 
   昭和4年9月28日武蔵高等学校父兄会高一部会での講話を原田亨一教授が速記したもの。
YK09 米国遊学漫談 山川健次郎述 30p. 
   昭和4年11月16日(1929)に東野清之が速記したもを山川健次郎が校正した(朱書入れ)もの。 
      → Y011、→  男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-6 pp.42-73.
YK10 山川先生昭和五年卒業式式辞 山川健次郎筆 和[7p.]  
    武蔵高等学校第2回卒業式式辞
YK11 山川老先生六十年前外遊の思出(稿) 山川健次郎述、校 [昭和6(1931)]  
   内容は講演速記原稿(矢代源司清書)の自筆校正刷 
      → Y017、→  男爵山川先生遺稿(自叙伝関係) 1-6 pp.42-73.




トップ

文献目録top