神々の遺産


ジャンル :ダンジョン探索型RPG
プレイ時間:10〜15時間程度
制作ツール:RPGツクール2000
制作期間 :2004年5月〜2004年11月
難易度:標準

【ダウンロード】
ベクターからダウンロード
2008.11.08現在、ver2.03です。

修正ファイル(ver2.0x→2.06)
2009.01.25現在、ver2.06(これが最終パッチです)。
変更箇所については同梱のtextファイルに記載してあります。

2009.01.25 ver2.06
2008.12.20 ver2.05
2008.11.15 ver2.04
2008.10.26 ver2.03
2008.10.13 ver2.02
2008.09.22 ver2.01
2008.09.16 ver2.00

2005.02.27 ver1.12
2005.02.06 ver1.11
2005.01.22 ver1.10
2004.12.25 ver1.06
2004.12.18 ver1.05
2004.12.13 ver1.04
2004.12.07 ver1.03
2004.12.06 ver1.02
2004.12.03 ver1.01
2004.11.30 ver1.00

【FAQ】
FAQを閲覧

【アイテムリスト】(※旧版データです)
剣(全97種類)
短剣(全47種類)
槍(全43種類)
斧(全35種類)
弓(工事中)
打撃(工事中)
鎧(全113種類)
以下、工事中

【ボスリスト】
本編ボス
EXボス(ネタバレ注意)

【あらすじ】
神々の遺産が眠るという遺跡探索に来た主人公。
図らずも遺産をめぐる陰謀に巻き込まれていき、事態は風雲急を告げる。


【ゲーム概要】
オーソドックスなダンジョン探索型のRPGです。
コンセプトは「アイテム蒐集と育成とボス戦」です。
武器約300種類、防具約400種類、アイテムは総計で約1000種類あり、
それぞれに10段階で表したレア度が設定されています。
探索型といっても謎解きよりはむしろ戦闘がメインです。
地下50階まであるダンジョンを踏破し、あらゆる戦術を駆使して、
80体を超える個性的なボスとのバトルを勝ち抜いてください。

【舞台】
ゲームを通じて町は一つしか存在しません。
ダンジョンも基本的に一つですが、地下50階まで
ある巨大なものです。
遺跡(ダンジョン)と町を往復しながら物語を進めていくことになります。

【酒場】
酒場では旅の連れを探したりいろいろな情報を得ることができます。
特に、マスターと話すといろいろ教えてくれるので、チュートリアルとして活用してください。
仲間の入替えはここで行います。

【仲間について】
仲間キャラにできるキャラは10人以上いますが、それぞれに長所・短所がはっきりとしているので、慎重に選択してください。
とはいえ、いつでも入替えは可能ですので、気に入らなければ別のキャラを連れて行くこともできます。

【キャラクター】
簡単な特性について紹介しておきます。

名前 職業 属性耐性 状態耐性 備考
シュナイダー ---- ---- ---- 主人公
ルドルフ 剣士 ○剣 ---- 剣技習得、強力防御
ホーキンズ 槍使い ○槍 ---- 槍技習得、強力防御、会心確率高
ワシーリー 斧使い ○斧 ○よろめき 斧技習得、強力防御、HP・防御力最高
エステラ 射手 ○弓 ○魅了 弓技習得、敏捷性最高
シャロン 魔道士 ○炎・光 ○沈黙 炎・光魔法、攻撃力増強魔法
ホスロー 魔道士 ○冷・風・地 ○睡眠 冷気・風・地魔法弱体化魔法
アグニス 聖職者 ---- ---- 回復全般(全体回復が得意)
ベアトリチェ 聖職者 ---- ---- 回復全般(蘇生、異常治癒が得意)
オセロ 盗賊 ○短剣 ---- 2刀流、盗む、状態異常に弱い

他にも何人か登場します。

【レア度】
このゲームには約1000種類のアイテムが登場しますが、それら全てに「レア度」が設定されています。
これは稀少性の度合いを表すと同時に、価値や性能の目安ともなります。
(図書館ではその武器の来歴についての情報を得ることができます。)
レア度は10段階に設定されており、10が最高です。
レア度10のアイテムは数えるほどしか存在しません。
ある程度までの性能のものは町のお店でも購入できますが、
それ以上のものとなると遺跡を探索して探すしかありません。
中には一度クリアしたくらいでは手に入らないような貴重品もあります。

【宝】
ボスを倒したり赤い宝箱を開けると、武器や防具が得られることがあります。
これは一定のレア度のカテゴリー内からランダムに武器・防具がもらえる
仕様になっていますので、毎回もらえるものは変わります。
レア度はどれも共通ですのでそれほど極端な当たり外れはないはずです。
茶色の宝箱はマップを切り替えるたびに何度でも復活します。

【装備品による特技習得】
主人公に限って、特定の装備を身に付けることによって使用できるようになる特技があります。
その特技が使えるのはそのアイテムを装備している間のみです。
ただし、仕様上、習得判定処理が行われるのは戦闘前ですので、装備を切り替えた直後に
メニュー画面で新しい特技が使えるようになっているわけではありません。
一度戦闘してみてください。

【敵キャラ】
シンボルエンカウント制をとっているので敵に接触しない限りは戦闘を任意に回避することができます。
ボス敵のシンボルは移動しません。
ボスは大抵は宝箱を守る位置に配置されていますが、戦うも無視するも自由です。
ただし3フロアごとに、強制的に通路を塞いでいる敵がいるので、それらとは必ず戦う必要があります。

【武器のタイプについて】
武器には剣・短剣・槍・斧・弓・打撃の6タイプあります。
両手を使うものは盾を装備できません。
基本的に、一部の専用装備を除いては誰でも何でも装備できます。
それぞれの特徴を簡単に示すと次のようになります。

攻撃力 命中率 種類 備考
○標準 ○標準 ○片手 約100種 種類は最多
短剣 ×低い ◎高い ○片手 約50種 ほとんどミスしない
◎高い ○標準 ×両手 約50種 威力は最高
◎高い ×低い ○片手 約40種 ×敏捷低下
○標準 ○標準 ×両手 約40種 ○飛行系に大ダメージ
打撃 ×低い ○標準 ×両手 約30種 ○2回攻撃

【属性】
属性についての詳細はゲーム中のチュートリアル(酒場)を参照してください。
ここで一つだけ補足をしておくと、敵の通常攻撃、痛恨の一撃、物理系特技は
すべて「○物理」の耐性を備えた防具でダメージを30%軽減できますが、
敵が「怒り」状態に陥っている場合のみ、その攻撃(および痛恨)は無属性攻撃になるため属性耐性で軽減できなくなります。

【2周目以降】
本編をクリアすると、装備・所持品を引継いだ状態で2周目をプレイすることができます。
ゲーム中では入手個数が限られているアイテムであっても、周を重ねるごとに蓄積していくことができます。
2周目は序盤から装備が揃っているのでかなりスムーズに進めると思います。
お金は引き継ぐことができないので、銀行で貴金属に替えておくといつでも換金できて便利です。
またクリアボーナスとして、ステータスアップアイテム等がもらえます。
ゲーム中を通じてレベルアップ以外でステータスを上昇させる手段はこれだけです。
こうして上昇させたステータスの増分はずっと累積します。

【裏ダンジョン】
本編は難易度としては比較的易しめに作ってありますが、腕に覚えのあるプレイヤーのために、本編クリア後に行ける裏ダンジョンを設置しました。
本編では手に入らないような強力なアイテムが手に入ります。
裏ダンジョンでは雑魚敵は出ず、ひたすらボスとの戦闘をこなすことになります。
こちらの難易度は高めで、本編クリア程度のパーティーではなかなか太刀打ちできないと思いますが、
アイテムを集めて強化していけば必ず攻略できるはずです。
また、本編はどんなパーティー編成でもクリア可能ですが、
裏ボス戦は装備品、キャラごとの相性が大きくものをいうので、
パーティーメンバーの選定はよく考える必要があります。
どうしても突破できない時は2周目をやって戦力を強化してから挑むのも一つの手です。
(とはいえ、倒せもしない敵を配置するのは無責任ですので、一応、
テストプレイでは正規の方法で全ての裏ボスが撃破可能であることは確認済みです。
一見、不可能に見えても必ずどこかに穴があります。)
本編が簡単すぎて物足りないという方は、ぜひ戦ってみてください。
実はこの裏ダンジョンのバトルが一番力を入れて設計したところです。

トップページへ戻る