このサイトではフランス政府のセクト(カルト)対策について紹介しています。
海外のセクト対策?なにそれ。
という方も多いと思いますが、さにあらず。

サイエントロジーやエホバの証人などの国際的な団体や、日本の創価学会などもセクトとして取り上げられたため、日本人に関係のない話ではありません。
というわけで意外と日本人にも身近な話なのです。
他国のカルト対策を知ることは、比較政策や文化論の観点からも知って損のある話ではありません。
カルト対策はライシテや政教分離にかかわるため、専門家や学生にとっても重要なはずですので注目の記事です。


当サイトの趣旨
フランスのセクト対策について日本でも議論になりましたが酷いものでした。
セクト擁護、セクト批判(創価学会とそのアンチが特に酷かった)どちらの陣営も憶測・捏造・妄想・勘違い・思い込み・情報不足に基づいて議論する人が非常に多かったという最悪の歴史があり、ために当サイトでは重要な資料の提示と収集を行っております。
歴史的経緯に基づきシンプルな資料の紹介サイトとなっております。

 概論(記事作成中) フランスのセクト対策に関する概論や歴史を紹介します。
 新聞記事(途中まで作成) フランスのセクト対策は日本でも紹介され新聞記事になりました。
新聞記事の一覧と調べ方、各記事の簡単な解説を掲載します。
紹介するのは。
*朝日新聞社 - 22
*読売新聞社 - 5
*毎日新聞社 - 6
*しんぶん赤旗 - 7
*北海道新聞 - 1
*熊本新聞 - 1
*産経新聞 - 1
*産経新聞社 - 1
*中国新聞社 - 1
*中日新聞社 - 2
の記事です。
専門的な資料(作成中)  フランス政府のセクト対策に係わる公的な資料の紹介をします。 
MiviludesやMils、国民議会の資料やその日本語訳などです。

-->