RX-78ガンダム系MS

 一年戦争中、地球連邦軍が極秘裏に進めていた「V作戦/RX計画」において開発された汎用型MS。ジオン公国軍の主力機、MS-06FザクII以上の性能を誇り、Eキャップ式のビームライフルを標準装備することによって、当時のMSとしては唯一、単体で戦艦の主砲クラスの火力を持つに至った画期的な機体である。

 特徴的な頭部モジュールはモノアイ・カメラを主体とするジオン系MSと違い、人間に近いデュアル・アイ・センサー方式を採用するなど、革新的な技術が積極的に取り入れられている。
 ビーム兵器の標準搭載、ザクよりも洗練された人型、宇宙、地上問わず運用可能な全領域性など、先んじてMSを採用していたジオン軍に遅れをとるまいとする連邦側の意気込みが感じられる設計となっている。

 一年戦争での活躍はアムロ・レイ(民間人→曹長→少尉)搭乗のRX-78-2が知られており、たった一機で連邦とジオンのミリタリー・バランスを崩した機体であると評されている。これも、ガンダムが試作機故に量産性を無視し、最高の性能を追求したためでジオン軍MSを大きく凌駕していたことから由来するものであった。

 後の戦乱でもAE社製GPシリーズ、ティターンズ開発のRX-178、Z計画MSといったガンダムの後継機や、ガンダムの名を冠したMSが多数開発されたことから、連邦軍や連邦軍から派生した軍閥や抵抗組織内では根強いガンダム信仰があったことがうかがえる。


 関連機種一覧

 MS-06捕獲ザク
 RRf-06ザニー
 RX-78-1ガンダム
 RX-78-2ガンダム
 RX-78-3ガンダム
 RX-78NT1ガンダム“アレックス”
 FA-78-1フルアーマーガンダム
 FA-78-2ヘヴィ・ガンダム


 MS-06捕獲ザク

 ジオン公国軍の主力MS、MS-06ザクIIを地球連邦軍が捕獲し、小規模な改修を加えて自軍機としたのが通称、捕獲ザクと呼ばれる機体である。
 一年戦争初期、ルウム戦役やそれに続く地球侵攻作戦において連邦軍は無傷、あるいは小破状態でザクIIの捕獲に成功した。どの機体も部隊からはぐれたり、プロペラントの喪失、作戦行動中の故障などのトラブルによるものである。
 
 連邦軍はV作戦をスタートさせるためにまずはジオン軍の主力MS、ザクを徹底的に研究・解析することから始めた。連邦初のMSを開発し、それを短期間で実用化するためにはジオンを緒戦で勝利に導いたザクを研究する必要があった。また、連邦軍にとってMSは未知数の兵器体系であり、全ての面においてジオン公国軍に立ち遅れていた。そして、試作MSが試験運用に入るまでの間は捕獲したザクでデータを平行して収集する必要が生じてきたのである。

 V作戦開発陣はまず、捕獲したザクのみで構成された試験部隊を編成し、基礎データ収集を開始した。試験部隊の任務はMS部隊基本運用のためのデータ集積であり、本格的なザクの実証とハード面でのデータ収集には開発中のRX系MSのパーツの先行試作品を組み込んで改修したRRf-06ザニーを使用して行われた。

 ザクの試験運用には頭部ユニットにサブ・センサーを仮設し、左肩のスパイク・アーマーが撤去されるなどの小規模な改修が加えられた。頭部サブ・センサーのレイアウトは後のRX-78-1ガンダム/RGM-79ジムの設計に大きな影響を与え、後のガンダム系MSの基本となるがそれ以外についてはジオン軍の主力機であるMS-06Fと性能は同一である。

 武装類は同様に捕獲したザク・マシンガンをそのまま使用していたが、後にRX試作機用の武装が設計・製作されると、それらの武装もテストのために捕獲ザクに装備され、武装の試射に従事した。
 捕獲ザクは頭部センサーなどの改良以外では全てジオン軍側に配備されている機体と同一なため、ビーム兵器は装備できず、あくまで実弾兵器中心の装備であった。捕獲ザクにおいては、380mmハイパーバズーカや90mmマシンガンなどの実弾武装のテストを行っている。

 こうして、捕獲ザクで得られた運用データを元にRX-78ガンダムに組み込まれた教育型コンピューターの基礎開発が行われた。ガンダムの教育型コンピュータの初期データは、捕獲ザクのテストから得られたデータが元となっている。

 捕獲ザクはジャブロー基地で三小隊分、九機がテストにあたり、各種フォーメーションやジオン軍のMS運用データの分析、MSと他兵器との連携作戦の面における様々な局面を想定してのデータ収集が行われた。

 この捕獲ザクを用いた部隊が連邦軍で初のMS部隊としての産声を上げ、テストパイロット候補生が捕獲ザクに搭乗し、各種訓練が施されたのである。連邦軍仕様に改装されたザクに乗り、データ収集を行う彼らは連邦軍初のMS部隊指揮官候補生でもあった。

 基本データ収集終了後は、ガンダムとガンキャノン開発と連邦とジオンのMS技術の比較・検討のために開発されたザニーのテストが続行され、捕獲ザクによる運用は終了した。一部の機体はザニーに改修され、試験部隊に再配備された機体もあり、ジオン軍部隊との交戦も記録されている。

 一方、捕獲ザク自体は実戦に参加したことはなく、あくまでテスト用の機体であった。同じ試作機であるガンダムやガンキャノンを装備していた第13独立戦隊や、ザニーを運用していたルナツーの試験部隊と違い、貴重な研究材料の損失を避けるため極力、実戦参加はさせない方針であった。

 ガンダム、ガンキャノンを始めとする連邦軍RX系MSの源流もまた、MSの代名詞と言えるジオン公国軍のMS-06ザクIIにいきつくのである。

 RRf-06ザニー

 地球連邦軍がMS運用テストのために捕獲したMS-06FザクIIに、連邦製の先行試作パーツを組み込んだテスト機がRRf-06ザニーである。連邦軍で初の人型MSにあたる機体だが、実情はザクの改修機でしかなく、連邦初の歩行型MSの栄誉はRX-77/78に譲っている。

 母体機との相違点は頭部ユニットがRX-77ガンキャノンと同タイプのバイザー式に換装され、同時期にテストされたRX-77、RX-78系のパーツを組み込んで大規模な改修が施されている。これによって、先んじてテストされていた捕獲ザクよりも連邦系MSのフォルムに近くなっているのが特徴的である。

 連邦軍はMS運用の実績がほとんどなく、その点では軍用MSの発祥であるジオン軍が大きくリードしていた。また、試作機であるガンダムやガンキャノンは開発途上で、実機が完成していなかったため、その間合いとして捕獲したザクにガンダムやガンキャノンのパーツを組み込み、連邦とジオンの技術の比較や、試作パーツの検証的なデータ収集機としてザニーが開発されたのである。

 なお、部隊運用面の基礎データにはMS-06捕獲ザクが使用されており、一歩踏み込んだハードウェア面のデータ収集ではザニーがそれぞれテストを分担し、開発期間と実用化の短縮を図った。連邦軍が極めて短い期間でMSを完成させ、実用化にこぎつけた裏には捕獲ザクやザニーの存在があってこそなのである。

 ザニーはザクを改造した機体であるため、基本的にビーム兵器の装備は不可能である。主力装備はRX-75ガンタンクの主砲を流用したロングバレルガン、90mmマシンガン、380mmハイパーバズーカなどの実体弾兵器が主体で、マニュピレーターのデバイスシステムは連邦規格の物に交換され、連邦軍の実弾兵器の全てを装備することが可能となっている。

 形式番号のRRf-06はあくまで暫定的なナンバーであり、機種判別ナンバー部にアルファベット小文字が使用されているため、RX、RGM、RGC、RMV、RBなどの連邦軍MSとのナンバー法則からは外れている。
 
 ちなみに、連邦軍は開戦当時から数機のザクの実機の捕獲、関連情報の入手に成功しており、その後も諜報活動で入手したパーツ状態の物も含め、20機程度のザクを手中に収めていた。これを手本にしてRX系MS開発の比較・参考として利用された。

 ザニーから得られたデータはRX系試作MSの開発に活かされ、テスト終了後はパイロット養成の訓練機代用として使用された。そして、一部の機体は地球のアジア戦線とルナツー基地に実戦配備され、基地防衛や哨戒任務などに就き、主力機RGM-79ジムがロールアウトするまでのごく短期間であるが、連邦軍部隊に実戦配備された初の本格的なMSとなった。

 しかし、MS-06系とRX系MSという、系統が全く異なる機体のパーツを組み込んだため、基本性能の点ではザクIIよりも劣る面が見られ、ガンキャノンの増加試作機やRGM-79ジムなどが配備されはじめると、徐々に一線を退いていった。
 それでも後方での補助任務や輸送船団の護衛、基地防衛などの二線級任務や、RB-79ボールなどの補助機代用、パイロット養成などに活用され、大戦終結後まで使用され続けた。

 大戦終結後、連邦軍は降伏した公国軍部隊から多くのジオン系MSを捕獲し、手中に収めたためザニーはその任務を解かれ、民間用の作業用MSとして払い下げら、戦後の復興に少なからずも寄与したと言われている。

 RX-78-1ガンダム

 MS-06捕獲ザクRRf-06ザニーでの運用試験や検証、パーツの改良を経て、RX-77ガンキャノンと共に完成した連邦軍初の白兵戦用MSがRX-78-1ガンダムである。0079年6月にジャブロー兵器工廠で七機が製造され、初期稼動テストが開始された。

 RX-78-1は後に知られるRX-78-2の初期バージョンである。この時点ではRX-78-2に比べてジェネレーター出力は若干低く、腰部アーマーに出力補佐用のヘリウム・コアが設置されていないプレーンな機体であった。
 RX-78-1の時点においてビームライフル装備が実現していたが、後の機体に比べて弾数が少なく、改良の余地が残り、推力も低く、宇宙空間で使用するためには推力の強化も必要不可欠であった。

 コクピットはRX-75ガンタンクから採用されたコア・ブロックシステムを引き続き採用し、脱出モジュールとして機能する。コア・ブロックシステムはRX-75、RX-77シリーズと共通した機構となっている。

 関節の駆動はザクで実用化されている流体パルス駆動ではなく、新方式であるフィールド・モーター駆動を採用。これはRX-77ガンキャノンにも採用され、メンテナンス性が高く、パルス伝達パイプが外部に露出しているザク系に比べて関節部の被弾率も少なく、信頼性の高い駆動システムである。
 フィールド・モーターはミノフスキー力学からの産物であり、同時に研究が進められていたマグネット・コーティングを施した場合、機体の反応性は大幅に向上することが判明した。後に改良されるRX-78-3、RX-78NT1はMC技術を投入して、レスポンスを向上させた機体群である。

 ちなみに、信頼性の高いフィールド・モーター駆動方式はジオンでも基礎研究が続けられており、MS-11アクト・ザクやYMS-15ハクジMS-17ガルバルディなどの機体に採用された。

 RX-78-1のロールアウト後、ジャブローにて最初のテストが開始され、初期データを元に最初の改良が行われた。それはビームライフルの出力強化と、発射数増強のためにジェネレーター出力を上げ、核融合炉の改良である。それが後の正式実戦モデル、RX-78-2となる。

 RX-78-1で収集されたデータは同時進行で開発されていたガンダムの量産型にフィードバックされ、蓄積されていった。

 装甲材はレアメタルであるチタン系金属、ルナ・チタニウム合金を使用し、ジオン軍MSが多く採用している超高張力鋼よりも高い防御力を持つ。特にRX-78シリーズに使用されている素材は最高級のもので、ザク・マシンガンやザク・バズーカの直撃にも耐えうる程の高品質であったという。
 ルナ・チタニウムは強度を保ったまま、同時に軽量化も可能であり、ルナ・チタニウム最大の利点であった。戦後も試作機用素材として連邦製MSの装甲材として使用され、後のGPシリーズの機体にも使用された。
 唯一の難点は生産性が悪いことで、量産機の装甲材質には適さなかったことにある。故に量産を考慮しない試作機の装甲材に使用されるのだ。

 ちなみに、RX-78の廉価版となるRGM-79シリーズでは、ルナ・チタニウム合金の精錬技術からフィードバックされたチタン合金・セラミック複合材を使用して生産効率を上げている。
 チタン合金・セラミック複合材はルナ・チタニウムに比べて重量が増えるという欠点を持つが、生産性が高く、材質の改良次第ではルナ・チタニウムに近い強度を持たすことも可能であったことや、連邦軍MSの主流構造であったセミ・モノコック式構造と相性が良かったことから連邦軍量産MSに広く普及した材質である。

 ジャブローでテストされていたRX-78-1のうち、1号機から3号機の三機が空間戦データ収集のためにペガサス級強襲揚陸艦「ホワイト・ベース」でルナツーに移送され、ルナツー基地内工廠においてRX-78-2への改装が行われた。

 一方、ジャブローで残されていた四機のうち、初動テスト後、三機が同様にRX-78-2に改修され、量産機開発のためにテストが続行された。残る一機は更なる研究のために1型のまま残された。
 このうち、4号機はRX-78-2への改修後、極秘裏にオーガスタ兵装研究所へ移管され、RX-78ガンダムの全面改良型の母体となっている。

 ルナツーに送られた三機はRX-78-2へのバージョンアップ後、ルナツー宙域にてビームライフルの試写テストを行い、ホワイト・ベースによってMS試験場が置かれていたサイド7へ向かった。
 サイド7での各テストの後、最終段階となる実戦データを収集するべくテストパイロットで構成された試験部隊を編成し、実戦に投入される予定となっていた。
 
 RX-78-1は戦闘に投入された記録こそないが、バージョンアップ機であるRX-78-2はアムロ・レイによって数々の激戦を潜り抜け、オデッサ作戦、ジャブロー攻防戦、星一号作戦、ア・バオア・クー会戦と主だった戦場で戦果を挙げることになる。

 RX-78-2ガンダム

 RX-78シリーズの第二段階MS。RX-78-1の初期テストから洗い出された欠点を改良し、全面的な出力強化を施した機体である。一般的に知られているアムロ・レイ少尉搭乗のRX-78“ガンダム”はこのタイプを指す。

 主な改良点はジェネレーターとスラスターの強化にあるが、基本的な設計はRX-78-1と同一である。腰部アーマーには前後に合計四基のヘリウム・コアが設置され、ジェネレーター出力をサポートする。

 脚部、股間部にもスラスターが増設され、空間での姿勢制御が容易となり、機動力も大幅に向上した。推力そのものも強化されたため、18m級の機体でありながら重力圏内でもMS-06JザクIIを超える跳躍力を持つに至った。
 パイロットを務めたアムロ・レイ少年はガンダムの高推力を活かし、地球上では一時的ではあるが、ジオン軍のドップ戦闘機と空中戦を演じていることから、RX-78-2の推力が当時のMSとしては桁外れだったことが分かるだろう。

 ジェネレーター周りの改良が進んだため主力武装であるビームライフルの射撃数も増え、エンプティ時のリロード(MSジェネレーターからの電力供給)も可能となった。
 しかし、この時点のビームライフルはまだ使い勝手が悪く、量産機RGM-79には火力こそ弱いが、連続射撃が可能となったビームスプレーガンが採用されている。

 RX-78-2の最大の特徴である「戦艦の主砲の同程度の火力」を持つビームライフルは、初期型から改良されたタイプで、ビーム兵器の小型化に欠かせないEキャップシステムを本格的に採用した。連邦はMS技術でジオンに遅れをとっていたが、唯一、Eキャップ技術ではジオンよりリードしていた。MSで初めて、携行用ビーム兵器を実用化したのがガンダムなのである。

 この、ガンダムに付与された最大の武器こそがビームライフルであり、ガンダムをザクやグフ、ドムといったジオン軍MSを大きく引き離している差の一つであった。連邦はこれだけでMS運用で水を空けられていたジオン軍に大きく追いついたと言えるのだ。
 実弾兵器しか装備できないザクやドムにとって、ガンダムのビームライフルはまさに脅威そのものだったことが分かる。それは火力の差だけではなく、ジオン軍パイロットに対しても心理的な影響を与えたのだ。

 RX-78において、ビームライフルと共に装備化されたビーム兵器としてビームサーベルがある。原理的にはビームライフルと同一だが、Iフィールド技術を応用してビームを発射せず、柄に留めて刃とする。
 背部バックパックに二本をドライブし、格闘戦において使用が想定された。ビームの刃の前ではどんなに重装甲であっても耐えることはできない。

 主に使用されるのは一本で、もう一本は予備だが、量産型であるRGM-79シリーズではコスト削減と一本のみでも充分に使用に耐えうると考えられたため、一本のみの装備となっている。また、片方にはビームサーベルではなく、ビームジャベリンを装備する場合もある。
 
 こうした、ビームライフル、ビームサーベルといったビーム兵器の本格採用と標準装備化が、RX-78シリーズの大きな特色であり、ジオン軍MSに対するアドバンテージとなった。

 この他に実弾兵器である380mmハイパーバズーカ、格闘用兵器であるハイパーハンマーといった特殊兵器も用意された。ハイパーバズーカは作戦に合わせて散弾やトリモチ弾など各種弾頭を装備することが可能で、ジオン軍のジャイアント・バズーカと同程度の威力を持つ。ビームライフルのエンプティ時や、ビーム兵器の使用が制限されるコロニー内戦闘などの補助武装として実弾兵器であるバズーカが考案された。
 
 ハイパーハンマーは、スパイクのついた巨大な鉄球でスラスターを内蔵。目標に向かって投げつけるという原始的な武装である。しかし、低コストのローテク兵器としては非常に有効だと言えるだろう。RX-78-2ガンダムだけではなく、RGM-79ジムなども装備し、対MS戦闘や対艦戦などで威力を発揮した。
 
 さらに、RX-78は対MS戦や格闘戦を見据えた設計がなされていたことから、防御用シールドも開発された。六角形のシールドはチタン合金・セラミック複合材製で、後のRGM-79ジムシリーズにも採用された防御兵器である。
 シールドは腕外側に設置されたラッチで接続されるが、マニュピレーターでの保持が可能なようにグリップも設けられている。シールド裏側には、予備のビームサーベルやビームライフルを装着することも可能で、ただのシールドではなく、一種のウェポンラックとしても機能する。
 ハイパーバズーカ取りまわし時には背部バックパックのラッチに取りつけることも可能な他、二枚重ねにすることも可能で、Gファイターとの連携運用で役立つことになる。
 
 シールドは下部に地球連邦宇宙軍の略章がつけられていたが、後に生産性を向上させるために略章を省略して工程を簡易化したタイプも出荷された。これらはRGM-79のC型R型の一部で装備されていたが、ガンダムのシールドを指す場合、軍の星型の略章がついたタイプを指す。

 ルナツーで改修された1号機から3号機のうち、1号機はブラックとグレーのカラーリングが施され、1号機のみは他の後続機に比べて、一部外装にも相違点が見られた。1号機はプロトタイプ、と呼ばれる。

 後にアムロ・レイ機となる2号機はテスト機として想定されたため、白、赤、青などのトリコロールカラーが採用された。派手な外装カラーは空間テスト時の視認性を高めるためのもので、一見して軍用機らしかぬカラーリングであったが、距離感が掴みにくい宇宙空間、またミノフスキー粒子散布下においてはむしろ有効であった。ジオン軍パイロットから「連邦の白い悪魔」と呼ばれ、恐れられる由来はこのテストカラーにあった。
 3号機は白と赤のツートンで、緑灰色と赤のツートンでカラーリングされるRGM-79ジムと同様の配色であったが、後にRX-78-3に改修される時には灰色に変更される。

 ルナツーでの改修後、強襲揚陸艦ホワイト・ベースでサイド7に搬入された三機のRX-78-2は、サイド7に置かれた連邦軍テスト基地でパイロット訓練を兼ねたテストが開始されたが、ホワイト・ベースを追跡していたジオン軍特務部隊にサイド7の秘密基地を察知され、ジオン軍の襲撃を受けてしまう。

 連邦軍MSの情報を探るためにサイド7に潜入したジオン軍のMS-06Fザクの偵察部隊は、基地に置かれていたガンダムやガンキャノンといった試作機を破壊しはじめた。テスト部隊は攻撃によって全滅し、ザク・マシンガンの射撃でコロニーの隔壁が破壊され、一般住民にも多数の死傷者が発生した。
 そして、その場に偶然居合わせた民間人、アムロ・レイがトレーラーに留置され、無傷で残っていたRX-78-2に乗り、ザクと史上初のMS同士による戦闘を行うことになる。

 この時、ガンダムにはビームライフルとシールドと標準的な装備が施されておらず、言わば丸腰の状態であった。狼狽したザクのパイロットも立ち直って攻撃に移るが、ガンダムには固定武装として頭部の60mmバルカン砲を搭載していた。バルカン砲で威嚇発砲した後、ガンダムの開発に携わっていた父親、テム・レイ技術大尉の指示でビームサーベルを抜き、ザクを撃破した。

 史上初のMS同士の戦闘として記録されるこの遭遇戦では、MSにおいて連邦より遥かにリードしていたジオン軍が敗北を喫すことになる。

 ジオン軍に察知され、サイド7を放棄せざる得なくなった連邦軍はRX-78-2、RX-77、RX-75の各一機づつのみをホワイト・ベースに搬入した。基地には半壊された状態でまだ二機のRX-78-2とRX-77などが残されていたが、コロニーの空気が無くなりつつあったことや、外の宙域ではジオン軍特務部隊の巡洋艦が艦砲射撃を開始したため、全機を確保するだけの時間は残されていなかった。
 そして退却後、ジオン軍に機体が渡ることを恐れ、回収不可能な機体をすべてスーパーナパームで破壊、焼却処分とした。これらの作業はすべてアムロ・レイが乗るRX-78-2が担当した。

 その後、サイド7を脱出したホワイト・ベースとガンダムは途中、補給のためにルナツーに立ち寄り、南米ジャブローへ到着するまでの二ヶ月間、ジオン軍の激しい追撃戦に晒されながらもその高性能を生かし、単独で次々と追手を返り討ちにした。
 対するジオン軍もガンダムの捕獲、あるいは破壊を試みたがビームライフルを装備し、ポテルシャルの高いガンダムの前に敗北することになる。
 
 連邦とジオンのミリタリーバランスが逆転したきっかけとなったオデッサ作戦では地球到着後、ジオン軍勢力地区を単独で突破してジオン軍陣地の背後をつき、連邦軍主力部隊の支援を行った。
 こうして、激戦を潜り抜けたガンダムは途中でジャブローやオーガスタから送られてきた輸送部隊と接触し、教育型コンピュータに蓄積された戦闘データを後方の拠点に送りつつ、ジャブローに到着した。

 ちなみに、RX-78-2は宇宙、陸上、空中での戦闘だけではなく、水中戦にも対応できたとの記録が残っている。2型への改修時、あらゆる状況での投入を想定したため、水中戦もこなせるように改良されていたものと思われる。
 しかし、この処置はあくまで暫定的なもので、水中戦闘時の性能は陸上、空間での活動に比べて落ちていた。アムロ・レイはこのハンデを背負いつつ、ベルファストや大西洋での戦闘でジオン軍の水陸両用型MSや潜水型MAを多数撃沈した。
 試作機故に様々な機能が付加されていたとはいえ、まさにRX-78-2は陸、海、空、宇宙とあらゆる環境下で活動可能な、オールグラウンドな汎用機であったことが分かるだろう。

 その後、アムロ・レイは正式に軍属となり、RX-78-2のパイロットに任命された。軍の最高機密であるMS兵器を知り、あまつさえそれを操縦した民間人には軍に加わって戦うしか道はなかった。

 また、ジャブロー基地に留め置かれていた残りのRX-78-2によるテストでフィードバックされたRGM-79Bジムの生産も開始され、試験機としてのガンダムの役目はこの時に終了し、戦力の少ない囮部隊の主戦力として使用されることになった。ジャブローに至るまでの戦闘で、ガンダムは単体でのポテンシャルが高く、ジオン軍MSを大きく圧倒できるとガンダムの戦果を目の当たりにした連邦軍首脳部は判断したのだった。
 ガンダムの高い汎用性だけではなく、アムロ・レイが天性のパイロットで、ガンダムの高性能を存分に活かしたことも後の「ガンダム神話」を作り上げる要因にもなっていると言えるだろう。

 RX-78-2が経験した数々の戦闘で得られたデータは先述の通り、ジャブローやオーガスタにデータが送られ、量産機や後継機にフィードバックされた。
 ジャブローでは生産が続いていたジムのOSにRX-78-2の最新データがアップデートされ、戦力向上に貢献した。オーガスタの兵装研究所では、先にジャブローから送られたRX-78-2のサンプルを元に後継機の開発を行っていたが、アムロ・レイ機からのデータと合わせて、改修計画が修正され、アムロ・レイ専用機として調整が開始された。

 ホワイト・ベース一隻を旗艦とした囮部隊「第13独立艦隊」は、RX-78-2、RX-77、RX-75、Gファイター二機を搭載して、ジャブローを発進。以降、ジオン軍の主力部隊を引きつけ、星一号作戦のために宇宙上に打ち上げられた連邦軍主力艦隊の囮として戦果を挙げた。

 RX-78-2は連戦連破を重ね、中にはジオン軍の攻撃型MAも含まれていた。宇宙上における連邦軍最初の反抗作戦となった星一号作戦では、ドズル・ザビ中将搭乗のMA-08ビグ・ザムを撃破するなど、連邦の勝利に貢献した。

 その後、RX-78-3G3ガンダムから得られたデータを元に陥落後のソロモン基地で、関節部にマグネット・コーティングを施されるなどの改修工事が行われた。この処置はレイ少尉用に製作が進んでいたオーガスタ製のガンダムの発展型の調整が遅れていたための暫定的な処置であった。

 マグネット・コーティングが施されたRX-78-2は大戦最大の戦場となったア・バオア・クー会戦に参戦したものの、この時の戦闘で、MSN-02ジオングとの交戦の末、大破した。レイ少尉はコア・ブロックシステムで脱出し生還したものの、サイド7での脱出行以来、数々の戦果を挙げ、戦闘データを蓄積していたRX-78-2は失われてしまった。

 データそのものは脱出に使用したコア・ファイターに保存されていたため、連邦軍は貴重な戦闘データの回収に成功したものの、脱出時に放棄されたAパーツがア・バオア・クー宙域から脱出するジオン軍艦隊によって回収され、ルナ・チタニウム合金のデータがジオン軍に流出してしまう。
 ジオンが入手したガンダムのサンプルは、連邦軍MSを解析するにはあまりにも情報不足であったが頑強な外装の秘密を明かし、亡命先のアクシズにおいてルナ・チタニウム合金の改良作業が開始された。これが後の「ガンダリウムγ合金」となる。

 サイド7からの脱出以来、数奇な運命を辿り、試作機でありながら常に囮部隊として前線に立ち、単機で多大な戦果を挙げたRX-78-2はMSのサイバリティと汎用性の高さを証明し、連邦軍上層部に「ガンダム神話」を根付かせる一因となった。

 RX-78の量産機であるRGM-79ジムRGM-79CRGM-79RRGM-86Rとバージョンアップを続け、0090年代まで連邦軍において現役の座にあったこともRX-78の基本設計が優秀で、高い信頼を得ていたことが分かる。
 
 そして、RX-78ガンダムは連邦軍の中において伝説と化し、その後も連邦軍とその陣営において、ガンダムの後継機や発展型などが多数開発され、0083年のGP計画、ティターンズのMkII/MkIII計画、エゥーゴのZ計画などで多くのガンダム・タイプが生み出されたが、それらの原点は総て、このRX-78-2にあると言っても過言ではないだろう。

 RX-78-3ガンダム

 RX-78の第三段階MS。出力強化と、反応性を向上させたモデルである。最大の特徴として関節部を司るフィールド・モーターにマグネット・コーティング化工事が施され、反応性が大幅に向上したことにある。

 マグネット・コーティング技術とは、フィールド・モーター駆動部を磁気化し、一種のリニア・モーターとして機能させる技術で、大戦時より連邦、ジオンの双方で研究されており、リニア・モーター化することによって関節部の摩擦が減り、より高い反応性を得ることが可能となる。機体関節部の負担も減るため、反応性向上とメンテナンスの簡易化など、副次的な効果をもたらすと考えられていた。

 この技術において一歩リードしていた連邦軍では、MS開発と平行してMC技術を開発中の試作MSにいち早く応用するべく研究が続けられていた。

 Iフィールド技術を応用して完成させたフィールド・モーター駆動はジオン側で主流となっている流体パルス駆動に比べて機構の単純化やメンテナンス性の向上、被弾や故障に対する高い信頼性など、機体の反応性もザクやグフに比べて大幅に向上した。
 しかし、常人よりも高い反応性があると言われているニュータイプがパイロットとなった場合、フィールド・モーター駆動であってもニュータイプの操縦に追いつかないことが予想された。モーターを内蔵した関節部の摩擦がNTパイロットの操縦に追いつかず、パイロットがMSに引っ張られて思うように能力が発揮できなくなるのだ。

 連邦軍でも大戦半ばからニュータイプの存在を暗に認め、宇宙軍将兵の中にも多くのNTがいると予測されていた。対するジオン軍でも、NTを軍事利用する動きがあったため、NT研究で遅れをとっていた連邦でもNTパイロットに適したMSの基礎開発を開始したのである。
 その母体にRX-78ガンダムが選ばれ、フィールド・モーター駆動の能力を最大限に引き出し、反応伝達系のレスポンスを向上させるマグネット・コーティング技術試験機のベースとなったのである。

 そして時同じくして、サイド7でRX-78-2に偶然に搭乗し、その後もメイン・パイロットを務めた民間人の少年、アムロ・レイがNTではないかとの噂が連邦軍上層部の間で広がりつつあった。
 彼はRXシリーズの開発に携わっていたテム・レイ技術大尉の子息で、コンピュータや機械に強いことから父が持ち帰る技術情報に触れる機会があり、環境的にMSに関する予備知識が備わっていた可能性があるとはいえ、パイロット訓練の皆無な一少年がMSを動かし、対MS戦闘までやってのけたという報告を上層部の将軍たちは信じることはできなかったのである。
 その結果、導き出された答えがアムロ・レイが「ニュータイプ」ではないかとの憶測であった。そこで、レビル将軍はニュータイプ能力を持つ将兵が連邦内にいることを察知し、密かにNT用MSの開発を指示したのである。
 ジオンがサイコミュを中心としたNT兵器を多く生み出したのに対し、NT研究で出遅れていた当時の連邦軍ではサイコミュではなく、操縦系統の強化と機体そのものの反応性を敏感なNTに合わせて強化し、レスポンスを向上させ、かつ教育型コンピューターを実装し、操縦を補佐させるなどの従来の方式の延長線上にあった。その中心にあったのは新技術として研究が続けられていたマグネット・コーティングであった。

 その第一段階として、RX-78-2にマグネット・コーティング化工事を施した機体を開発し、MCの実証試験を行うことにした。RX-78-3はそうした経緯から生み出された機体であった。

 改修ベースとなったRX-78-2は、ジオン軍特務部隊の攻撃によって壊滅したサイド7に残されていた3号機である。当初、回収不可能となった機体群はホワイト・ベースのクルーによって焼却処分となっていたと思われていたが、ジオン軍の攻撃時に土砂に埋もれてしまった3号機は奇跡的に焼却から免れ、小破程度で残っていたのだ。

 これはサイド7の被害状況を調査するために訪れた連邦軍の調査チームによって明らかとなった。肝心のジオン軍もホワイト・ベース追跡に気をとられ、サイド7に残って調査を行わなかったことも、3号機がジオン軍に回収されることなく残される一因となっていた。

 調査チームによって回収された3号機はルナツー搬入後、修理されて保管されていたが、RX-78-3の改修計画が持ち上がると3号機が母体に選ばれ、ルナツーの技術陣によって改修作業が開始された。

 関節部のフィールド・モーターにはマグネット・コーティングが施され、それに合わせて操縦系の改良が行われた他、核融合炉のレーザー発振器を新設計の物に交換して性能向上を図っている。
 レーザー発振機は後にRX-78-3のデータを元に改修が開始されたRX-78-4、後のRX-78NT1アレックスに使用されたものと同型である。

 RX-78-3の外見は母体機RX-78-2と同一だが、視認性の低いロージビリビティカラーが施されているのが特徴的と言えるだろう。

 RX-78-2がジャブロー基地を目指して地球上を転戦している頃、改修を終えたRX-78-3はペガサス級強襲陸揚艦の三番艦「ペガサスII」に配備され、MCのテストベッド機としてテストトライアルに参加した。
 改良の結果、RX-78-2よりも高いレスポンスと機動性を誇ることになり、連邦軍MSの中では高い水準を誇るに至った。ただし、欠点として操縦系統がピーキーがちになり、新人パイロットには乗りこなせない機体となってしまった。

 ルナツーで集められたRX-78-3のデータは逐一、ジャブローやオーガスタ兵装研究所に送られ、後発機にフィードバックされ、北米オーガスタに置かれていた連邦軍兵装研究所に改修が続いていたRX-78の全面再設計や、星一号作戦後に施されたアムロ・レイ少尉機のマグネット・コーティング化工事にフィードバックされることになる。

 RX-78-3は約一ヶ月間、データ収集にあたり、所定のテストを終えた。後の改良作業はオーガスタ兵装研究所が担当することとなり、その後はRX-78-3もRX-78-2に続いて実戦配備が行われ、ペガサスIIの主戦力となった。

 この時、すでに連邦軍では星一号作戦を進行しており、RGM-79ジムの配備も進み、RX-77やRX-78シリーズのテストもひと段落したため、テストを終えた機体から順次、実戦配備されることが決定したのだ。
 アムロ・レイ少年搭乗のRX-78-2が多大な戦果を挙げていたことも、試作機であるRX-78-3を実戦投入するという決定を後押しする形となった。

 実戦投入されたRX-78-3は初参戦となった星一号作戦においてその高い性能を示し、ジオン軍MSを大きく圧倒したことは有名であり、ジオン軍パイロットからは「灰色の悪魔」と恐れられるようになる。

 ちなみに、マグネット・コーティング技術の第一人者であり、RX-78-3の改修を担当したモスク・ハン博士は灰色のガンダムを「G3」と呼び、この名称がテスト時の暗号名として使われることになった。俗に言われるG3ガンダムとはこの時の呼び名が由来となっている。

 ア・バオア・クー会戦にもRX-78-3は参戦し、MA-05ビグロなどの高機動兵器とも対等に渡り合えるほどの性能を示した。MSN-02ジオングとの戦闘で大破し、機体が放棄されたアムロ・レイ少尉機のRX-78-2と違い、RX-78-3は無事に帰還を果たし、RX-78初期型では唯一の残存機となった。

 大戦後、先の会戦で失われたアムロ・レイ少尉機の代替機として、レイ少尉のコア・ファイターから戦闘データが移植され、改めて連邦軍兵器開発局で詳しい研究が行われることになり、グラナダに新設された兵器開発局に移管された。
 様々な改修を受けつつ、データ収集機として使用された後、0081年にAE社に譲渡され、ガンダム開発計画のためのテスト機として使用され続けたという。GP計画での母体機となったという点でも、RX-78-3は大きく貢献したと言えるだろう。

 ちなみに星一号作戦後、アムロ・レイ少尉のRX-78-2もRX-78-3と同仕様の改修が施された。元々はホワイト・ベースへの配備が遅れていたRX-78NT1の代替策として、緊急避難的にRX-78-2が改修を受けたものと思われる。

 RX-78NT1アレックス

 RX-78ガンダムの再設計案として、北米オーガスタにある連邦軍兵装研究所で開発された機体。ジャブローで製造されたRX-78-2の4号機を母体に、大規模な改修が施されているのが特徴である。

 初期型であるRX-78-1は、パーツ状態を含めて七機がジャブローで生産された。その後、1〜3号機は宇宙でのテストのためにサイド7に搬入され、その途中ルナツー基地でRX-78-2へのバージョンアップが施された。同時にジャブローで引き続き、量産機開発のためにデータ収集が続行されていた4〜6号機も同様にRX-78-2に改修された。

 連邦軍上層部は概ね、RXシリーズ、特にRX-78ガンダムの高性能に満足していたが、戦争が長引くことを想定してRX-78の発展・後継機の開発を新たに指示した。しかし、開発元のジャブローではガンダムの量産機開発で手一杯だったため、発展型の開発は北米オーガスタに置かれていた兵装研究所が担当することになった。

 ジャブローはまずサンプルとして、オーガスタへRX-78-2の4号機を移管させた。オーガスタの研究スタッフはジャブローから送られてきた4号機を母体に全面的な改良を施すことからはじめたのである。
 オーガスタは大戦以前より連邦軍で使用される兵器の開発や研究に携わっていた機関であり、連邦にとってまだ未開拓の兵器体系であるMSの解析や、MS開発の基礎研究を兼ね、4号機がサンプルとして活用されたのだった。

 そして、地球上で転戦するホワイト・ベースから送られてくるRX-78-2の戦闘データがミデア輸送機で送られてきたため、オーガスタではこれらのデータを元にRX-78の改良・再設計案がまとまりつつあった。

 大戦時の北米大陸は完全なジオン軍の占領下にあったものの、地下に隠蔽されたオーガスタ兵装研究所はジオン軍にもその存在を察知されることなく、研究を続行していた。ミノフスキー粒子の恩恵を受けて、北米占領後もジャブロー基地との秘密航路すら存続させることも可能で、ホワイト・ベースと接触した補給部隊は、ジャブローやオーガスタにRX-78-2の実戦データを定期的に送ることが可能だったのである。

 また、ホワイト・ベースが大気圏再突入時にジオン軍の追撃を受け、ジャブローへの進路を外れて北米大陸に向かってしまったことも、ホワイト・ベースとオーガスタの兵装研究所を結びつける一因ともなっている。

 オーガスタの技術班はサンプルの改修に掛かり、RX-78の弱点と、改良可能な点をまとめつつ、性能向上のための改良が開始された。特に関節部を新設計のフィールド・モーターに換装させることで、機体の反応性を向上させる試みがなされていた。この時点ではRX-78-4と呼ばれ、区別されていた。
 
 この時、情報部からジオン軍がニュータイプ兵器の研究を開始したという報告を受け、民間人と実戦未経験の若手将校だけで運用されていたホワイト・ベースの活躍を目の当たりにしていた連邦軍の上層部の間でも、連邦にもニュータイプが存在するのではないかとの噂が広まりつつあった。
 レビル将軍は戦果を挙げていたRX-78-2のパイロットを務めるアムロ・レイ少年に期待をかけ、NTパイロットに対応したMSの開発を指示したのだった。
 ルナツーではそれに応じて、以前から研究が続けられていたマグネット・コーティング技術がNT用MSに応用できないか検討を開始し、実証試験機としてRX-78-3がロールアウトした。

 ルナツーでのRX-78-3のロールアウトを知ったオーガスタ兵装研究所のスタッフも、MC技術に目をつけ、データの提供をルナツーに求めた。
 当初、宇宙上のルナツーと遠く離れた北米オーガスタでの意思疎通は、北米大陸のジオン軍占領という厳しい状況の中でかなり難しかったが、これを実現させたのがかのレビル将軍であった。将軍はNT用を想定したMSのベースに、オーガスタで改良中のRX-78-4が最適であると目をつけ、ルナツーのMC技術のデータをオーガスタに送り届け、その代償として将軍は改良中のガンダムをNT用として計画変更し、軍属となったアムロ・レイ曹長用機として配備するという約束を研究所ととりつけたのである。

 そして、RX-78-3で確立したマグネット・コーティング技術を採用し、併せて核融合炉のレーザー発振器も新型のものを換装、出力の安定化を図った。これによってジェネレーターの冷却を補佐する腰部ヘリウム・コアも前腰アーマーに装着されていた分は廃止され、後ろの二基のみで冷却が充分に行えるようになった。

 推力を強化するため、バックパックはRX-78-2よりも大型となり、腹部の強度を保つためにコア・ブロックシステムは廃止され、ジャブローで生産が続いていたRGM-79Aと同様、通常型コクピットとなった。
 脱出カプセル兼軽戦闘機として機能するコア・ブロックが内蔵されている腹部は、分離するために強度不足に陥っており、RX-78系唯一の欠点でもあった。そのため、コクピットを通常型に戻し、外装を厚くして対弾性を高めた。
 コア・ブロックを廃止した代わりに、試作型の全周回モニターとリニア・シートが装備され、視認性とコクピット内の安全性が大幅に高まった。そして、コア・ブロックが収まっていたスペースをジェネレーター搭載に回せることによって、ジェネレーターの大型化も図ることができたのだった。

 コア・ブロックシステムを廃止したことによって、当初はサイバリティの低下が予測されたが、ビームによる機体直撃時は全システムがダウンし、脱出シークエンスに移ることが不可能なケースも存在したため、脱出システムのために本体の防御力を犠牲するよりも、本体そのものの防御力強化する方が得策とされた。

 肩部アーマーには、姿勢制御用のサブ・スラスターが前後に新設され、新型ジェネレーターの廃熱を補佐するために、サブダクトが設けられた。廃熱システムも改良され、RX-78-2よりも高い廃熱率を誇る。

 それに加え、フルアーマー・オペレーションのIII案のチョバム・アーマーを装備することが可能である。この時、自重は90tまで跳ね上がり、機動力は低下するが、防御力は強化された。
 武装はビームライフルと頭部の60mmバルカンと母体機と変わらない武装に加え、両腕に90mmガトリングガンを内蔵する。これは装備の選択で排除することも可能だが、接近戦やIフィールドで対ビーム防御したMAに対して有効な武装である。
 新型シールドには対ビーム・コーティングが施され、ジオン軍のMS-14ゲルググやMS-17ガルバルディなどのビーム兵器装備機への対策も練られている。

 こうして、コア・ブロックシステムの廃止と、マグネット・コーティング、MSとしては初のリニア・シートと全周回式モニターを採用するなど、大胆な再設計と改修が施されたRX-78はRX-78-4から、新たにRX-78NT1と改名され、アレックスという暗号名で呼ばれることになった。

 しかし、改良作業はオーガスタ兵装研究所のスタッフにとって苦難の連続でもあった。MSという未知の兵器にスタッフが慣れていないこともあり、突貫工事にも関わらず改良作業は遅れに遅れ、当初の予定より二ヶ月以上も遅れを来していた。そして、宇宙上にアレックスの移送が完了した時点にも関わらず、タッチの差で当初の目的であった星一号作戦での投入は見送られることになった。
 これは、アムロ・レイ曹長がRX-78-2からRX-78NT1への機種転換作業に時間がかかることや、空間戦テストを行っていない状況では、星一号作戦に投入することは不可能とされたためである。

 だが、改良途中で得られたデータはアレックスのロールアウトに先立ってルナツー基地に送られ、ルナツーで製造されていたジムの改良に役立てられた。ルナツー製RGM-79Gジム・コマンドの冷却システムはアレックスからのフィードバックされた産物である。

 星一号作戦直前には宇宙に移送されていたRX-78NT1は、最終試験のためにサイド6の親連邦派バンチ、リボー内に極秘裏に置かれていた連邦軍の研究施設に搬入され、最終調整が行われていた。
 サイド6での調整の後、ア・バオア・クー会戦、サイド3侵攻作戦と連なる「チェンパロ作戦」での実戦配備が決定されたのだった。

 テストが終了次第、ホワイト・ベース配備され、機種転換される予定だったが、コロニー内でのテスト・トライアル中にジオン軍の特務部隊の襲撃を受けてチョバム・アーマーを失い、機体自体も破損するという状況に見舞われ、実戦配備は遅れてしまう。
 さらにサイド6に連邦軍がMSを持ち込んで極秘裏にテストしていたという不祥事に、サイド6全体をまとめるサイド6政庁議会では紛糾し、連邦軍に持ち込みを許可したリボー政庁の対応が非難され、アレックスをサイド6からコンペイトウに持ち出せなくなるという悪循環に見舞われたのだった。
 
 アレックスの正式配備が遅れたことによって、アムロ・レイ少尉搭乗のRX-78-2にマグネット・コーティング化工事を施し、新型の核融合炉用のレーザー発振器に換装させることによって対応することになり、RX-78-2が続行して配備されることになる。

 そして、ア・バオア・クー会戦が終息し、ザビ家の全滅によってサイド3への侵攻作戦が中止され、そのまま終戦となったためアレックスの実戦投入は実現しないまま終わった。

 アレックスは先述の通り、ニュータイプ専用機の範疇内に入るが、ジオン軍のようにサイコミュ・システムやビット、有線ビームなどは装備せず、あくまで操縦系の充実とマグネット・コーティングなどの反応性の向上を目指したものになっている。
 これがジオン軍NT専用機との大きな技術的な相違でもある。このことからも一年戦争時の、連邦とジオンのNTに対する考え方が伺えるだろう。

 アレックスは戦後、落ち着いた時期に本格的な再研究が開始され、残存したRX-78-3と共に戦後のMS開発に大きく寄与した。戦後、オーガスタ兵装研究所がMC技術に長けていたのも、アレックス開発による技術の蓄積があったためである。

 特にアレックスで蓄積されたデータをフィードバックしたRGM-79Nジム・カスタムやRGC-83ジムキャノンIIなどの量産機を生み出し、同様にオーガスタ兵装研究所が改良を手がけたRGM-79Qジム・クゥエル、0084年にNT研として再編された後に開発されたTMA、ORX-005ギャプランに導入されたMC技術、RX-78ガンダムの正式な後継機、グリプス製RX-178ガンダムMkIIへの技術的なラインには、このアレックスで蓄積された技術があってそこなのである。

 FA-78-1フルアーマーガンダム

 RX-78-2ガンダムの5号機と6号機は、4号機(RX-78NT1アレックスの母体機)と同時期にロールアウトした機体である。しかし、5、6号機は全面的な改装が施された4号機と違い、RX-78-2型のままジャブローに留め置かれ、量産機開発のための基礎データ収集にあたっていた。

 そして、RX-78の量産型、RGM-79ジムの生産が開始されると、5号機と6号機はすでに稼動中のRX-78-2の2号機のパーツ取りとして残されることになったが、軍上層部では戦況が長引くことを考慮し、RX-78の発展強化型の開発が続行されることが決定され、四軍でそれぞれ、後継機となる機体の開発が行われていた。
 その発展強化型プランの中にはMSに増加装甲を装備させ、防御力と火力を同時に向上させる「フルアーマー・オペレーション」が存在しており、これに先立つ形で第III案が開発中のRX-78NT1アレックスによって試されており、防御力強化を実現させていたことから、プランのみで終わる予定であったI、II双方の案もジャブロー基地で予備機扱いとなっていた5号機、6号機を再利用する形で実施されることが決定した。

 保管されていた5号機にはI案が施されることが決定した。FOのI案とは母体の改修を最小限に留め、増加装甲を取りつける物である。III案のチョバム・アーマーのように戦闘中の強制排除は不可能で、増加装甲は強化武装、増加バーニアなども含まれた複合的なシステムであるため、あくまで母艦内での換装のみ可能となっている。

 I案の利点は推力と出力強化が比較的簡単に図れることにある。III案が戦闘中の装甲の強制排除に拘ったために機体全体の性能向上を図ることができず、強化されたのはあくまで防御力のみであったことに対し、I案は増加パーツそのものに火力を強化するシステムが付加されていた。

 装甲は胸部と脚部を中心に装着され、腹部のコア・ファイター内蔵部には重点的に増加装甲が配置される設計になっている。これによってコア・ブロックを内蔵し、AパーツとBパーツの接続点でもある腹部周辺の防御力を強化することに成功した。

 背部も強化型バックパックに換装され、左側にはビーム・カノンを一門、右腕に二連装ビーム・ガンを装備する。これらのビーム兵器の電力を確保するために強化型バックパック内のジェネレーター出力が大幅に強化されている。

 火力と防御力が強化された一方で、装備による重量増加によって機動力と運動性は低下している。しかし、当時のコンセプトでは装甲と武装を強化することで敵MSを圧倒し、多少の運動性の低下による被弾は強化された防御力で防ぐという当初のコンセプトがあったため、問題視されなかった。また、ジオン軍主力機の大半はビーム兵器を装備しないMS-06FザクIIやMS-09Rリック・ドムだったこともあり、実弾兵器であれば難なくFA-78-1の増加装甲で防げると考えられていたからである。

 フルアーマーシステムのI案のパーツユニットはルナツーにおいて完成しており、後は母体機となる5号機の到着を待つのみであった。

 ジャブローに置かれていた5号機は6号機とともに、星一号作戦発動のために宇宙へ発進したペガサス級強襲揚陸艦のネームシップ「ペガサス」に積載され、途中の寄港地ルナツーで下ろされた。
 ルナツーでアーマー装着のための小改修を受けた後、フルアーマーシステムテストトライアル艦であるアンティータム級補助空母「ワーロック」に搭載され、空間戦テストのためにサイド6宙域へ向かい、テストを開始した。FA-78-1のメインパイロットはハインツ・ベア少尉が務めた。彼は後にエゥーゴに参加したことで知られているパイロットである。

 すでにサイド6ではRX-78-2の4号機を母体に再設計されたRX-78NT1アレックスのテストが行われており、5号機改めFA-78-1もアレックスに続いて親連邦派バンチの宙域においてテストが行われた。
 サイド6宙域でのテストは、途中でリボーでテストされていたアレックスとのデータリンクを行うためのものであったと言われているが、リボーでのジオン公国軍特殊部隊による襲撃事件が発生したため、部隊同士の接触は実現しなかった。
 
 そして、FA-78-1をテストしていた部隊は、機動テスト中にリボー襲撃事件に端を発するサイド6への核攻撃を企むジオン公国軍グラナダ艦隊と偶然遭遇し、戦闘が発生した。
 FA-78-1を中心としたテストMS部隊はジオン軍艦隊が発進させたMS部隊と交戦の末、殲滅。連邦側もサラミス級巡洋艦一隻大破という損害を受けたが、核ミサイルを搭載したムサイ級を拿捕。幸い、サイド6に戦火が及ぶことなく戦闘は終息したのだった。
 ちなみにテスト部隊はFA-78-1の他にRGM-79GS、RGM-79SC、RX-77-3、RGC-80-2などのバリエーション機を擁していたこともあり、ジオン軍MS部隊を大きく圧倒した。突発的に発生した戦闘とはいえ、これがFA-78-1フルアーマーガンダムとして初の実戦投入として記録されることになった。FA-78-1はその火力を存分に発揮したことはいうまでもない。

 一見、中立を表明していたサイド6ではあったが、サイド6のコロニー群を束ねるランク政権はキシリア・ザビ少将との関係が疑われており、ジオン軍による攻撃と占領を避ける代償としてキシリア少将麾下のNT研究機関、フラナガン機関がサイド6の親ジオン派バンチの協力によって設置され、極秘裏にNTに関する研究を行っていた。
 一方で、リボーなどの親連邦派バンチには連邦軍の基地が置かれ、RX-78NT1アレックスや近隣宙域でFA-78-1フルアーマーガンダムのテストも行われおり、連邦とジオン双方がサイド6の中立を隠れ蓑にして新兵器のテストや研究を行っていたのである。

 しかし、一部の暴走したジオン軍将兵の独断先行によってサイド6が核攻撃に晒されたことや、以前にも星一号作戦の予備行動としてサイド6に入港した連邦宇宙軍第13独立艦隊と、ジオン軍のコンスコン艦隊がサイド6宙域で交戦していたこともあり、サイド6政庁は危機感を募らせていた。
 結局、サイド6はむやみに自領土内で連邦軍に戦闘を仕掛けるジオン軍に対して見切りをつけ、連邦政府に保護を求める形となった。そして、同宙域に派遣されていたFA-78-1テスト部隊がリーア軍と協同で警備にあたることになり、FA-78-1はア・バオア・クー会戦での実戦投入は見送られることになる。

 戦後もFA-78-1のテストは続けられ、後に製作されたFA-79と共にデータの蓄積にあたったが、ムーバブルフレーム機構の実用化や、新素材ガンダリウムγ合金による装甲の強化と軽量化によってフルアーマー・オペレーションそのものの存在意義が薄れ、序々に廃れていった。連邦軍では0085年にフルアーマー・オペレーションの研究を中止し、試作機として残されていたFA-78-1も解体処分となった。

 その後のフルアーマー・オペレーションの後継的な機体としては、FA-178フルアーマーガンダムMk.IIが存在するが、この機体も実戦投入されずに終わった。

 FA-78-2ヘヴィ・ガンダム

 RX-78-2の6号機はフルアーマー・オペレーションにおける増加装甲II案が施された機体で、母艦での換装を選択するI案、戦闘中での非常時による強制排除が可能なIII案と違い、強化パーツを機体に固定し、機体そのものの改良を行ったタイプである。

 星一号作戦発動と同じくして、フルアーマー・オペレーションの実効性を実証するべく、ジャブローに留め置かれていたRX-78-2の5号機と6号機は強襲揚陸艦ペガサスに搭載され、ルナツーに搬入された。

 5号機はI案のベースとなったため、増加装甲を装着するための小改修を施したのみでテストが開始されたが、II案のベースとなる6号機はコア・ブロックシステムの撤去と、コクピットの全周回モニターとリニア・シート化など、増加装甲の装着と同時に機体そのものに大幅な改修が施された。

 ジェネレーターも新型のものに換装、出力が大幅に向上した。バックパックにはFA-78-1と同タイプのビーム・カノンを一門装備し、左肩にはビーム・サーベルをドライブする。FA-78-1にはビームサーベルが装備されておらず、II案では格闘戦を意識した装備がなされていたことが分かる。

 それ以外の武装はRX-78-2と共用し、ビームライフルを主力武装とするが、専用武装としてフレームランチャーなる装備が用意された。これは腕部と一体となった実弾式のガトリング・ガンである。主として右腕に装着するが、腕部と一体としたことで保持性が高まっているのが特徴である。

 この他にGファイターを発展させた長距離移動用のSFS、ガンキャリーや移動メガ粒子砲「バストライナー」も計画されていたが、これは机上のプランのみで終了した。

 増加装甲の配置やパーツ形状はFA-78-1とほぼ同一だが、コア・ブロックシステムを廃止して腹部装甲そのものを強化できたため、防御力と重量の軽減に役立った。二連装ビーム・ガンも装備されず、全体的にFA-78-1に比べて軽装であった。
 II案とは増加装甲の固定と、母体となる機体そのものの改修を施すことで機体の強化を図る案であり、増加装甲装備によって低下する運動性を補い、機動性や運動性を充分に確保した上で防御力や火力を強化するのが骨子であった。

 頭部センサーはデュアル・アイからバイザータイプに変更され、それに伴って内装のレイアウト変更が施されたため、索敵能力はRX-78-2よりも向上した。
 増加装甲装備によって、プレーンなRX-78-2に比べて運動性は低下したものの、FA-78-1やFA-78NT1アレックスよりも高い運動性を確保することに成功した。
 また、アレックスと同様、リニア・シートと全周回モニターを試験的に採用したため、視認性が高まった。

 ルナツーで完成したII案はヘヴィ・ガンダムと呼ばれ、ルナツーでのテストの後、ア・バオア・クー会戦参加のために連邦軍の軍門に下ったソロモン(コンペイトウ)に送られたが、直前で連邦軍はペズン計画を察知し、ジオン軍の秘密基地「ペズン」の探索と、必要とあらば攻略戦を行うためにベウィ・ガンダムはア・バオア・クー会戦への投入は見送られ、ペズン攻略戦のために温存されることになる。

 そして、0080年1月、連邦軍の偵察部隊がペズンを察知し、ホワイト・ベース級機動戦艦「サラブレッド」を旗艦とした艦隊をペズンへ派遣された。ヘヴィ・ガンダムはサラブレッドの艦載機として実戦配備され、実戦投入の機会をうかがっていた。
 しかし、ペズン駐留のジオン軍部隊はア・バオア・クー陥落後もサイド3本国の停戦命令を無視、降伏勧告も拒否し、連邦軍と交戦状態に陥った。

 ペズン基地防空部隊はペズン計画で生み出された新型MSを多数動員して、ペズン宙域に現れた連邦軍艦隊に大打撃を加えた。連邦軍は旗艦サラブレッドを失い、FA-78-2も撃破されるという散々たる結果に終わった。

 後にア・バオア・クー会戦に参戦した連邦軍部隊が援軍としてペズンに向かい、激戦の末、ペズンは陥落したものの、FA-78-2を初戦で失うという手痛い勝利だったのだ。

 結果として、戦果を残すことなくFA-78-2は失われたものの「母体となる機体そのものにも改装を加え、全体的な性能向上を目指す」というフルアーマー・オペレーションのII案自体は評価され、戦後に試作されたRX-121ヘイズルや、グリプス抗争中期から改修が開始されたRGM-86RジムIIIなどの、新規パーツの追加装備による旧式機の性能向上という構想は、FA-78-2の時点で確立されたのである。