●FAQ●

掲示板等で多い質問はこちらにあります。まずは一読してください。

Mac初心者さんはこちらへ。

Q.1

Mac用日本語版の拡張パックは出ているのですか? 出る予定は?

A.1

2003年6月の時点で出ていません。日本の公式サイトはWin版の情報のみ扱っています。今後Mac版の拡張パックが出る見込みはほとんどないと思っていた方がよさそうです。発売元の日本EA社への要望メールはこちらのサポートページにあるフォームから送ることができます。

Q.2

Mac用英語版の拡張パックを日本語版のシムピープルに入れることはできますか?

A.2

できます。詳しくは「Mac Tips」のページの「English Version」のコーナーをご覧下さい。

Q.3

Mac用のSimShowはありますか? あるのならどこでDLできますか?

A.3

あります。Mac版の公式サイトAspyrでDLできます。英語版の「The Sims(最初のシムピープル)」についているシリアルナンバーがないとDLできません。

Q.4

Mac用日本語版シムピープルはOS Xでできますか?

A.4

できません。日本語版シムピープルはOS8〜9.xまでしか対応してません。Classic環境でプレイしてください。英語版は対応パッチが配布されていますし、HotDate以降はパッチなしで対応しています。(*現在発売されている英語版「The Sims」にはOS X対応版も入っています)

Q.5

OS X環境でうまく拡張パックのインストールができないのですが。

A.5

インストーラーのトラブルが多いようです。Classic環境で起動してインストールしてください。Hot Date以降までインストールするのでしたら、そのままインストール後にOS Xで再起動後にゲームを始められます。LLやHPまでのインストールでしたら、拡張パックをインストール後、「Mac Tips」の「English Version」のコーナーにある各種パッチをあててください。その後にOS Xで再起動後、ゲームを始めます。

Q.6

拡張パックHot Dateをインストールする際に、「House PartyのCD-ROMを入れてください」という英語の注意書きが出ます。入れてもうまく作動せず、インストールが終わってしまいます。

A.6

Classic環境でインストールしていれば、その注意書き通りにHP(HPに限らず、ひとつ前に入れた拡張パック)のCD-ROMを入れるだけで済みますが、OS XでインストールするとOS X未対応のHPのCD-ROMから不足データを拾えないようです。Classic環境で再インストールするか、以下の手順で音楽のファイルを移動させます。

1.「CD-ROMを入れてください」の状態で「Quit」ボタンを押す。

2.ハードディスク内の「The Sims」のフォルダの中の「Music」フォルダをよそに移す。

3.HPのCD-ROMにある「Music」を「The Sims」のフォルダにドラッグ&コピーで入れる。

4.移したフォルダ(HDでインストールした「Music」)とコピーしたフォルダ(HPのCD-ROMからコピーした「Music」)を開き、見比べてコピーしたフォルダの中のフォルダの中身も含めて足りない分を移したフォルダから移動する(HDから追加された音楽のファイルを移す作業です)。

日本語版シムピープルに直接HotDateを入れた場合のトラブルの報告もいただきました。この場合「The SimsのCD-ROMを入れてください」と出ると思いますが、日本語版はカタカナのタイトルになっているので、入れても反応しません。上記の手順を参考に直接シムピープルのCD-ROMから「Music」フォルダをドラッグ&コピーして、HDの追加音楽ファイルをそれに移してください。

Q.7

Mac用英語版の拡張パックはWin用拡張パックの発売時期とどのくらいずれますか?

A.7

はっきりとはわかりませんが、今までの例から見ると大体2ヶ月から半年遅れで発売されます。Aspyrによるとこの時差があるおかげでMac版はWin版に必ずあるといっていいバグがないそうです。Win版のバグの報告を受けて、修正されたものが移植されるそうです。(といっても、まったくバグがないわけではないです)

Q.8

ヴァーチャルPC等のエミュレーターソフトを使って、MacでWin版のシムピープルをやることは可能ですか?

A.8

無理だと思います。

Q.9

Macでスキンやメッシュ、オブジェクトを作ることはできますか?

A.9

スキンと屋根は作ることができます。また、ファンメイドのフリーソフトIFFSnooperを使うと壁紙、床材、オブジェクトを作ることができるようになりました。Macユーザーでメッシュの配布をなさっている方は、ヴァーチャルPC等を使ってWin用のソフトで作っています。

Q.10

拡張パックを入れたらシムの動きがカクカクしたり、ダウンタウンに行くと場面が飛んだりします。強制終了することもあります。どうしたらいいですか?

A.10

まずシムの割り当てメモリを増やしてみてください。メニューパー「ファイル」→「情報を見る」でメモリの割り当て画面に行けます。推奨サイズが出てますので、最小サイズ、使用サイズをそれ以上に設定してください。他には仮想メモリを「入」にして200〜300MB確保する。機能拡張マネージャーで「MacOS基本」にする。などの方法をメーカーは提案してます。OSのヴァージョンが古いのでしたら、新しいOSを入れることで、3Dグラフィックの再現を高速化させるOpenGLの新しいヴァージョンを入れることもできます。拡張パックによっては機能拡張書類CarbonLibのヴァージョンアップが必須のものもあります。

ファンメイドのスキン、オブジェクトを多く入れているとかなりの負担になります。特にボディやヘッドの複雑な形のものはメッシュが重くなります。アニメーションつきオブジェクトも同様です(ラブベッドひとつで2MBぐらい)。使わないものは整理します。

ゲーム内のオプション機能をいじるという方法もあります。グラフィックオプションで画質を下げてみる(当然画質は落ちます)。サウンドオプションで音楽を切ってみる。プレイオプションでLiveLip(迎えの車が来た時や泥棒が入った時に右下画面に現れる窓)を切ってみる。という方法です。他にもプレイオプションでExport HTMLを切ると保存時間が短くてすむというのがあります。

その他にお金をかけてマシンのグレードアップをする、という方法があります。搭載メモリを512MB以上積む(5000〜8000円)。ハードディスクを外付け、内蔵のどちらでも増設して空き領域を増やす(1万〜1万5千円)。内蔵のグラフィックボードをより高速なもの、GeforceやRadeonに換える(2万〜4万円)。アクセラレーターを使ってCPUの処理速度を上げる(3万〜10万円)。以上の方法があります。この場合、どれかひとつだけアップグレードしてもダメなことがあります。シムのようなゲームは全部の条件がそこそこよくないダメみたいです。一番楽なのは最新版のマシンを買って、メモリを載せるという方法ですが、そうなると15〜40万円かかってしまいます。

Q.11

バグのせいなのか、特定のシムだけ動かなくなったり、同じシムが画面上に現れたり、不思議なことが起きます。どうしたらいいですか?

A.11

シムが動かなくなったのはチートコードに「動かなくなったシムを動かす」というのがありますので、それで直ると思います。その他の強制終了以外のトラブルに有効なのは「引っ越し」です。今いる家からシムを引っ越しさせると直る場合が多いです。病気にかかってしまったシムにも有効です。

Q.12

OS8.6で拡張パックHotDateをインストールしてみましたが、できませんでした。

A.12

OS8.1〜9.04は機能拡張書類CarbonLibとOpenGLのヴァージョンが足りません。HotDateのCD-ROMに入っているそれぞれをインストールしてください。CarbonLibはアップル・ジャパンのサポートページからも最新版がダウンロードできます。また、QuickTime5をカスタムインストールしているとインストーラーが動かないことがあります。フルインストールしてください。

Q.13

日本語版「シムピープル for Mac」で家族の名前を日本語で入れたいのですが、入力できません。

A.13

日本語版であってもMac版では日本語の名前はつけられません。半角英文字で名前をつけて下さい。(*このことは取説にもありますが、説明用の写真では日本語の名前が入っているの誤解されるようです)

Q.14

Classic環境では起動しないPowerMacに乗り換えたところ、シムがインストールできなくなりました。

A.14

その前の状態が日本語版「シムピープル for Mac」に拡張パックを入れていた状態でしたら、インストールはできなくなります。日本語版「シムピープル」はOS Xのクラシック環境に非対応のCD-ROMです(OS 9起動なら動きます)。2002年後半からの販売分の英語版The Simsならインストールできます。日本語版をお使いの場合はインストールした状態のゲームデータを丸ごとバックアップを取り(CD1枚には入り切りませんので、何枚かに分けます)、それを新しいMacにコピーします。

英語版TheSimsをお使いの場合でもHPがインストールできないと言う報告もあります。OS9で起動できるMacを手放す前に、インストールした状態のゲームデータのバックアップは取っておくのが確実なようです。

現在発売されているTheSims及び各拡張パックはすべてパッチなしでOS X対応のヴァージョンになっています。各販売店は2002年後半分から2003年前半までに全てOS X対応版に入れ替えたそうです。すでにお持ちの場合、購入時期によってインストールのできるCDとそうでないCDがあります。インストールできない場合は上記の方法でフルインストールのゲームデータのバックアップをとるか、再購入する必要があります。

Q.15

持っている各拡張パックがOS Xに対応しているのかわかりません。

A.15

A.14で書いているように現在店頭にある拡張パックはほとんどはOS X対応版になっているはずですが、若干非対応の元のヴァージョンを置いているところもあります。新しくご購入なさるのでしたら、その点注意してください。OS X対応版はパッケージが変わっています。旧製品はB5版の大きなパッケージでしたが、現行製品はA5版のHotDate以降と同サイズのパッケージになっています。箱にもOS X対応という記載があります。The Simsに関しては大きいB5版パッケージでもOS X対応版になっているものもあります。これらに当てはまらない大きなパッケージの拡張パックならばOS X非対応版です。

新製品の「The Sims and Livin' Large Combo」はOS X対応版でTSとLLがセットになっているお買い得製品です。

Q.16

Winではウィンドウモードができるようですが、Macではできないのですか?

A.16

数年前にAspyrに直接質問したところ、「Macではできません」というお答えでしたが、できるコマンドを見つけました。コマンドキー+controlキー+Mキーを同時に押すとウィンドウモードになります。環境によってはバックグランドでのフリーウィル状態のプレイは難しいと思いますが、ウィンドウモードになるとSnapzProを使わなくても、他のムービーソフトでムービーが撮れます。またはMac標準装備のキーボードのショートカットでスナップショットが撮れます。(全体画面撮影:コマンドキー+shiftキー+3、選択画面撮影:コマンドキー+shiftキー+4(カーソルで範囲を選ぶと撮影されます)、特定のウィンドウ全体を撮影:コマンドキー+shiftキー+4+capslock(カーソルでウィンドウをクリックすると撮影されます))

元のフル画面に戻すにはもう一度コマンドキー+controlキー+Mキーを同時押しします。

*こちらの項目は順次足していきます。