親父の仕事

大正生まれの親父は、表装の仕事をのかたわら、アイデアいっぱいの屏風や額を作っています。
床の間型衝立など「島村貞一趣味の表装展」(年男です。)
 2007年10月1日〜31日五日市野の花美術館で開催。
2005年度の作品を載せました。
知人の依頼を受け、大きな掛け軸に挑戦してみたら、久々で手順を間違ったり悪戦苦闘でした。
おまけに、徳川家康家訓では、八十の手習いというか書にも挑戦してしまいました。印刻なども・・・。