IRC導入解説


http://limechat.net/からインストーラ付きのLimeChatをダウンロードしてインストールします。

LimeChatを起動します。

【自分で設定をする(上級者向け)】を選択して【>>】を押します。

 




上部メニューの【サーバ(S)】から【サーバを追加(S)】を選択します。

 




【設定名(T)】:自分がわかりやすい名前にしてください。例えばチャットと入れます。
【ホスト名(H)】:irc.tri6.net と入力してください。
【ポート番号(P)】:6660のままにしておきます。
【ニックネーム(N)】:自分のネット名を半角アルファベットで入れます。
【ログイン名(L)】:自分のネット名を半角アルファベットで入れます。
【名前(R)】:自分のネット名を半角アルファベットで入れます。

 


続いて【チャンネル】タブを押します。

【新規(N)】ボタンを押します。

 



【チャンネル名】に#silver_ring と入力して【OK】ボタンを押します。
先頭の#は半角です。

 



#silver_ring が追加されたのを確認して【OK】ボタンを押します。

 


右下の枠に【サーバを追加】で設定したものができていることを確認して、上部メニューの【サーバ(S)】から【接続(C)】を選択するか上部メニューの下にあるツールバーの一番左のボタン(サーバに接続)を押します。


接続が完了するまでしばらく待ちます。




このようになったら右下の枠の【01 #silver_ring】を選択します。




これでチャットができる状態となります。

メッセージを送信するには左中段の枠にメッセージを入力してエンターキーを押すことでできます。
チャットの内容(ログ)は左上の枠に表示されます。
チャットに参加しているメンバーの一覧は右上の枠に表示されます。

続いてキーワードの設定とサウンドの設定をします。
この設定をするとチャット中にキーワードの文字が出ると音を鳴らすことができ、LimeChatのウインドウを見ていない時にチャットに参加しているメンバーから呼ばれたことがわかりやすくなります。

上部メニューの【設定(O)】から【設定(S)】を選択するかツールバーの【設定】ボタンを押します。

左の項目から【キーワード】を選択して【キーワード(K)】に1行に1つずつ反応させたいキーワードを入力します。
自分の名前と@を全角と半角で登録しておくと良いでしょう。
@はチャットに参加しているメンバー全員を呼び出す時に使われます。

続いて左の項目から【サウンド】を選択します。

【キーワード反応】を選択して【変更(C)】ボタンを押します。


キーワードが出たときに鳴らしたい音を選びます。
どれにしたら良いかわからない人はCドライブ→WINDOWS→Media→notify.wavを選択してください。


【キーワード反応】を選択して右クリックか【再生(P)】ボタンを押してどんな音か確認しましょう。
鳴らす音が決まりましたら【キーワード反応】の左のチェックボックスにチェックが入っていることを確認して【OK】ボタンを押します。
チャットに参加しているメンバーにキーワードを言ってもらって音が出るか確認しましょう。

確認ができましたらチャットを心ゆくまでお楽しみください。


1