Virtual Desktop for Win32 作者(Salt)氏


画面は、Virtual Desktop for Win32のデザインを変える画面

vd.gif

□動作状態右にエクスプローラ左がIEで隠れています


vd-02.jpg

□仮想画面を作るソフト


上記画像の右及び下はモニターの隅です。
常駐ソフトの一つですが、Linuxのそれとそっくりです。

仮想画面と言っても、何をするんでしょう?
たとえば、エクスプローラでファイルを確認しながら、他のソフトで編集
作業をしたい時など、解像度の高い画面でも二つのソフトを一画面で表示
すると、全体を見づらかったりします。


タスクバーの上で、右クリックして、左右に並べて表示も良いのですが
一つのソフトに、一画面使えれば、全画面表示で作業できます。
邪魔なソフトを、どかしながら作業しなくて良くなります。

画面の切り替えは、色々な設定ができますが、マウスのクリック、タスクバーから
マウスの移動、キボードなど色々な方法が使えます。
いつも画面に残しておきたい、ソフトやタスクバーも選べます。
少し慣れは必要ですが、使うときだけ常駐させても良いと思います。
このソフトも、かなり前からありました。



私のホームページへスタートページその2 |
©2000-2005 by masa All rights reserved.