平成26年度予算編成に対する所見

我が国経済は、安倍新政権が誕生した昨年末を底に着実に持ち直し傾向にあり、平成25年度においては、世界経済の緩やかな回復が期待される中で、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の「三本の矢」に一体的に取り組むことにより、着実な需要の発現と雇用創出が見込まれ、民需主導の景気回復が進むと期待されています。

平成26年度予算については、平成26年4月からの消費税率引き上げに伴う対応策を加味しながら、中長期財政計画等に基づき、平成25年度予算に引き続き、民需主導の経済成長と財政健全化目標の双方の達成を目指し、メリハリのついた予算とし、その際、本基本方針や「日本再興戦略」を踏まえ、民間需要や民間イノベーションの誘発効果が高いもの、緊急性の高いもの、規制改革と一体として講じるものを重視することとしています。

このような状況の中、本市の平成26年度予算編成にあたっては、法人市民税等においては増収が見込まれるものの、一般財源の大幅な増加は見込めない状況です。歳出面では、毎年増加する扶助費、繰出金など社会保障関係経費も増加傾向です。また、消費税率引き上げによる歳出増になることが見込まれることから、依然厳しい予算編成になると思われます。

したがって、限られた財源を中長期的な視点に立ち、持続可能で安定的かつ健全な行財政運営を行い、地震・津波対策への早急な整備や減災対策、東三河の一体的発展に向けた広域連合等の施策にしっかりと取り組んでいただき、市民が安心して暮らすことができ、豊かで誇りをもてる豊橋となるための予算編成を期待するところであります。

そこで今回、新政未来の予算要望書作成にあたり、会派として10年後の豊橋の将来を見据え、ブレインストーミングを用いるなかで予算要望書を作成いたしました。そして、「活力(経済力)強化」「公共施設等の老朽化対策」「先進的農業の確立」「東三河広域連合設置」「地域活動の担い手育成」「一人暮らし世帯への対応」を重点要望事項とし、また、常任委員会毎に分野別要望事項としてとりまとめ要望書を作成いたしました。

つきましては、平成26年度の予算編成にあたり、佐原市長の更なるリーダーシップに期待をし、わが新政未来の予算要望についてしっかりと検討し、取り入れられることを強く要望いたします。


 

平成26年度予算要望

≪重点要望事項≫

. 豊橋市の活力(経済力)強化

u 新成長戦略の策定(市内総生産、人口等の確実な増加をもたらし得るもの)

u アベノミクス成長戦略の積極的取り込み策の実施

u 企業立地用地の確保

u 既存企業への接触を全庁的な体制で取組み、綿密な情報収集、迅速かつ柔軟な対応ができる体制づくり

u 豊橋技術科学大学の研究促進のための、資金面の他、実証試験フィールドの提供、規制緩和支援など、多面的な支援促進

u 生産年齢人口の減少を補う施策(女性、高齢者、障害者、外国人などの就労促進策)の推進

 

. 豊橋市公共施設等の老朽化対策

u 老朽化した市民館、小中学校、保育園、道路・橋梁などについて、長寿命化、建設負担の平準化、PPPの導入などの考えを積極的に取り込んだ計画の策定と推進

u 専門知識を持った職員による公共施設等の点検の実施

 

. 先進的農業の確立

u 市としての基盤整備推進方策の策定

u TPP参加による影響への対策も考慮し、アベノミクス成長戦略における農業施策の積極的取り込み、規制緩和の実現

u 研究施設、加工施設、生産施設を含む新農業モデル地区(植物、動物含む)の設定による、新しい付加価値創造、生産効率向上、新たな経営形態の確立の推進

u 県の農業総合試験場の市への移管

u 健康長寿に寄与する農業の推進

 

. 地方分権進展に対応する東三河広域連合設置

u 地方分権進展に対応する東三河広域連合設置

u 県からの権限移譲の積極的拡大

u 地域力を発揮するための東三河広域連合総合計画(広域計画とは別)の早期策定

 

. 地域活動の担い手の育成

u 地域活動団体の役割の明確化による、負荷軽減策の推進

u 地域活動人材の発掘と育成の仕組みづくりの推進

u 地域活動団体支援策(資金面、事務処理等)の充実

 

. 一人暮らし世帯の増加への対応

u 三世代同居、近居推進策の実現

u 独居高齢者の健康増進策(コミュニティカフェの普及促進、高齢者の働く場の拡充など)の推進

u 高齢者介護施設の増設と介護職従事者の育成推進

 

 

≪分野別要望事項≫

総務関係

I.      行財政改革の推進

1.  「自律型プロフェッショナル職員」を目指すための人材育成(人材確保・活用、能力開発、評価)や人事制度(ジョブローテーション等)の見直し、また、職員の適正配置と定員管理の推進

2.  公務職場における障害者の法定雇用率の達成に向けた任用拡大

3.  指定管理者制度の検証及び推進

4.  次期情報化計画における、最新技術に対する柔軟な対応及び推進

5.  適正な公契約の推進(入札制度のあり方の検証と景気動向に配慮した低入札対策)

6.  市民参加と協働のまちづくりの推進(市職員の地域活動現場への参画推進)

7.  収入率向上対策の推進

8.  統合型GIS(地理情報システム)の推進

9.  内部統制システムの構築と業務改善の推進

10.     首都圏活動センターでのプロモーション活動の検証と改善

 

II.    文化・交流事業の推進

1.  穂の国とよはし芸術劇場(プラット)を核とした芸術文化の推進

2.  国際交流・国際協力の推進

3.  豊橋市多文化共生計画の推進

 

III. 防災・消防体制の充実

1.  全市的な自主防災会の充実と推進

2.  地域防災ボランティアコーディネーター組織の確立

3.  地域の防災訓練活動への支援助成の強化

4.  豊橋市地震対策アクションプラン(減災計画)の策定及び地域防災計画(指定避難場所の再検討を含む)の見直し

5.  避難所としての小中学校の環境整備の見直し推進

 

IV.  他都市との連携

1.  三遠南信地域の交流と連携の推進

 

V.    その他

1.  自衛隊高山射撃場移転の国県への要望

2.  校区市民館未整備地区への設置

3.  行政情報、イベント情報のネット配信の拡充(「豊橋ほっとメール」の領域拡大等によるプッシュ型情報提供手段の構築等) 

4.  男女共同参画行動計画ハーモニープラン(20132017)の推進

 

福祉教育関係

I.      東三河地方拠点病院としての機能充実と整備の推進

1.  総合周産期医療の充実

2.  医師・看護師等の人材確保

3.  放射線治療施設の充実 

4.  医療業務の研究・研修制度の充実

5.  精神・神経病医療体制の充実(ドクターの確保など)

6.  地域医療機関との連携強化(紹介率・逆紹介率の向上)推進と地域医療支援病院の承認推進

7.  災害拠点病院としての役割を果たすための防災対策の充実(受水槽、電気設備の他、課題の点検)

 

II.    子育て支援の推進

1.  保育料補助制度の充実(国基準以上の保育料の軽減、第3子保育料の無料化)

2.  保育園の特別保育事業への助成の拡充と指定園の拡大

3.  放課後の総合的な児童(障害児含む)対策の充実

4.  病児・病後児保育の充実(実施施設の追加)

5.  こども未来館における子育て相談の充実(相談対象を4歳児以降に拡大) 

6.  児童虐待防止のための相談体制の充実 

7.  平成27年度から始まる「子ども・子育て支援事業計画」に向けた準備の早期実施 

8.  「子ども・若者総合相談窓口」の充実・人員増強 

 

III. 教育改革の推進及び教育体制の確立

1.  学校現場への人的支援の充実と、マネジメント力強化に向けた新たな体制の確立

2.  特別支援学校の平成27年度開校に向け、円滑な整備推進と今後増えるであろう高等部生徒の柔軟な受け入れ態勢の確立

3.  学校選択制など学校規模適正化の推進

4.  キャリア教育の推進

5.  食育と食農教育の推進(生活習慣病の知識教育、残食率の低減)

6.  郷土の歴史教育の充実

7.  世界最先端の技術力維持につながる小中学生の基礎学力向上策の推進(土曜日授業実施も含む)

8.  小中高連携教育の推進

9.  学校教育への円滑な移行を図るための幼保小連携推進

10.     老朽化した保育園、学校施設等の整備計画の策定及び整備の推進

11.     小中学校の老朽施設の早期大規模改修の実施

12.     小学校運動場の芝生化の推進

13.     南地域図書館(仮称)・南稜地区市民館・大清水窓口センターの複合施設整備の推進

14.     英会話のできる豊橋っ子育成事業の推進 

15.     学校施設の非構造部材の耐震化の推進 

 

IV.  老朽文化施設の再整備及び歴史的遺産の調査と整備の推進

1.  豊橋公園の文化的遺産の整備推進

2.  二川地区における歴史的建造物を活かした取り組みの推進

3.  美術博物館整備事業の推進

 

V.    生涯スポーツ・レクリエーション事業の推進

1.  指導者育成強化施策の充実

2.  総合型スポーツクラブの設立等支援

3.  地域スポーツ広場整備事業の更なる推進

 

VI.  高齢者・障害者福祉施策の充実

1.  高齢者の健康増進、生き甲斐づくりの推進のため横断的かつ具体的なアクションプランの策定(健康部、福祉部、及び関係団体間の連携強化)

2.  障害者自立支援施策の推進(「障害支援区分」の創設、重度訪問介護の対象拡大、共同生活介護の協働生活援助への一元化、地域移行支援の対象拡大など)

3.  「とよはし総合相談支援センター」の機能強化

4.  高齢者、障害者の権利擁護(成年後見センターによる高齢者、障害者の権利擁護事業の充実)

5.  医療と介護の連携による在宅支援推進(医療と介護の間での迅速な情報共有の仕組みづくり)

6.  総合老人ホーム養護棟のバリアフリー化を含む大規模改修

7.  肺炎球菌ワクチン接種における内部障害者の助成措置の実現 

8.  精神障害者医療費の全診療科目における負担軽減 

 

VII.      災害時の医療、救護体制の推進

1.  医療救護活動計画の整備

2.  保健所、保健センター(臨時救護機関センター)としての拠点施設整備

 

VIII.   その他

1.  国民健康保険事業の安定運営のために広域化の推進 

2.  新型インフルエンザ等対策の推進

 

 

環境経済関係

I.      総合的な廃棄物対策の推進

1.  地域資源回収促進策の推進(資源物の持ち去り行為禁止の徹底など)

2.  廃棄物の適正処理の推進と不適正処理の強化

 

II.    産業廃棄物対策の推進

1.  廃棄物適正処理の推進と処理業者に対する指導・監視体制の充実

2.  産業廃棄物のリサイクル促進

3.  優良産業廃棄物処理企業の育成強化

 

III. 地球温暖化対策への取組み

1.  CO2排出削減施策の推進(緑のカーテン、緑化対策)

2.  公共施設の節電・省エネ対策の推進

 

IV.  自然環境保全対策の推進

1.  外来生物対策の推進

2.  有害鳥獣対策の推進

3.  大気環境汚染防止対策のための監視体制の充実 

4.  汐川干潟の環境保全の充実 

 

V.    三河港の総合的な振興事業の促進

1.  三河港振興策の充実

 

VI.  総合的な産業振興の推進

1.  中小企業の育成支援と融資制度の充実

2.  創業者・後継者の育成策の推進

3.  まちなか活性化・にぎわい創出のためのさらなる取り組み

4.  農工商連携・産学官連携、食農産業クラスターの推進

5.  シティプロモーションの充実

6.  本市に進出した企業及び既存立地企業に対する振興策の充実

7.  足腰の強い農業の実現に必要な担い手の育成

8.  家畜伝染病防疫対策の強化

9.  新商品開発も含めた効果的な国内外への農産物プロモーションの推進

10.     豊橋まつり60周年記念事業の実施 

 

建設消防関係

I.      インフラ整備の推進

1.  上下水道事業の健全経営と民営化も含む合理化対策の推進

2.  水源確保と第6期配水管整備事業及び第2期水道施設整備事業の推進

3.  公共下水道第8次拡張事業の推進

4.  合流式下水道の改善及び浸水対策事業の推進

5.  市が管理する道路の危険区域検出と迅速な安全性確保の推進 

6.  橋梁長寿命化に向けた維持管理及び修繕の促進

7.  市の都市計画道路及び生活道路の整備推進

 

II.    公共交通の推進

1.  パーク&ライド及びサイクル&ライドのための施設整備推進

2.  自転車専用道路整備を含めた自転車利用計画の推進

3.  地域バスタクシーの推進と既存路線バス運行維持の充実

4.  公共交通利用者増加への取り組みと各駅周辺の有効活用に向けた整備推進 

 

III. 防災・消防体制の充実

1.  消防力強化に向けた車両、資器材の充実

2.  耐震性防火水槽の設置等震災対策の推進

3.  市民病院アクセス道路の液状化防止対策の推進

4.  救命率向上に向けた救急高度化事業、応急手当て普及啓発事業の推進

5.  消防団組織と活動環境(ええじゃないか消防団)の整備推進と周知拡大

6.  道路・河川の維持補修費の充実

 

IV.  総合動植物公園の充実

1.  「のんほいパーク100万人プロジェクト」の推進強化 

(1)   テレビ・映画等のロケ地協力体制の充実とマスメディアとの連携による発信力強化

(2)   JR二川駅から総合動植物公園への道の魅力向上による活用

(3)   平日団体客誘致など集客力増強に向けた取り組みの推進

(4)   セグウェイの活用を含めた新たな園内移動・案内システムの構築

(5)   オリジナルキャラクター活用による販売戦略の確立と推進

2.  将来像を踏まえた運営理念の確立

 

V.    その他

1.  国道23号線(名豊バイパス)沿線に「道の駅」建設推進

2.  安全性を高める道路整備や段差解消など道路のバリアフリー化の推進

3.  公園未整備地域に対する普及の推進

4.  倒木・防犯上の危険性のある公園の高木・低木の剪定、及び街路樹の選定の推進

 


 

≪国、県への要望≫

. 重要道路の建設促進

u 幹線道路の建設整備推進

1.    浜松三ケ日・豊橋道路の早期実現

2.    名豊道路の早期開通と4車線化の建設整備推進

3.    東三河環状線の整備建設推進

4.    国道151号の主要交差点の立体化

5.    臨港道路東三河臨海線の整備建設推進

u 都市計画道路の建設整備推進のための国県補助・助成枠の拡充

1.    山田・原線の建設整備推進

2.    大岩・寺沢線の建設整備推進

3.    その他新規道路及び既設道路延伸に向けた建設整備推進

u 生活道路の建設整備推進に向けた国県・助成枠の拡充

1.    舗装・維持改良事業の推進

2.    緊急輸送道路の液状化対策の推進

3.    交通安全施設整備・維持・改良事業の推進

 

. 三河港の整備促進

u 岸壁及びふ頭用地等の整備推進

1.    神野西ふ頭7号岸壁(-12m耐震強化岸壁)の早期整備

2.    神野西地区ふ頭用地の早期整備

3.    神野西ふ頭8号岸壁第2バースの早期整備

4.    神野北防波堤の早期完成

5.    明海ふ頭の早期整備

u 地震対策の強化

1.    三河港海岸高潮堤防の液状化対策の早期完成

 

. 設楽ダムの早期建設

 

. 豊橋市立特別支援学校への全面的支援

u 建設費及び運営費の助成

 

 

      

                                                        新政未来