| 総合案内 | | Mail | | 鉄道 TSV | | このサイトのTOP |
| VB開発TOOL | | その他のソフトウエア | | 鉄道音 | | VBRJP200.DLL | | GRID.VBX |

VB DLLアシスト V1.21(WIN32)

 Visual Basic Ver4以降でWIN-API利用時に宣言文と変数初期化文を生成します。VB の PRO 版に付属のAPIビューワも必要です。なお、Ver5、Ver6でも使えると思います。実はVer2とSDKでも使えます。
 VB4に付属のAPIビューワは、宣言の部分、ユーザ定義型(構造体)の定義部分、定数のテンプレートですが、これを使うとコーディング中はVBになんとも叱られます。そして、何度もダイアログを押す羽目になります。このツールは今まで非常に面倒だった下記の作成が一瞬で出来ます。VBでWIN APIを使う方に便利です。

1.API中の使用変数の型宣言
2.API中の使用変数の初期化コード
3.API呼び出し文
4.ユーザ定義型の変数初期化コード
5.ユーザ定義型の宣言部分

 なお、このツール + Apilod32.exe(たぶん Apilod16.exe もOK )を用いて、クリップボード経由で動作します。


入力-----------------------------------------------------
Declare Function AbortDoc Lib "gdi32" Alias "AbortDoc" (ByVal hdc As Long) As Long
Type ACE_HEADER
AceType As Byte
AceFlags As Byte
AceSize As Long
End Type
Declare Sub GetStartupInfo Lib "kernel32" Alias "GetStartupInfoA" (lpStartupInfo As STARTUPINFO)

出力-----------------------------------------------------
'WIN APIの戻り値共通変数
Dim lRet As Long 'Long型の戻り値

'WIN API毎の引数変数
'AbortDocの使用変数
Dim hdc As Long

'GetStartupInfoの使用変数
Dim lpStartupInfo As STARTUPINFO


hdc = 0
lRet = AbortDoc ( hdc )

'Public ACE_H As ACE_HEADER
ACE_H.AceType = 0
ACE_H.AceFlags = 0
ACE_H.AceSize = 0

'lpStartupInfo
Call GetStartupInfo ( lpStartupInfo )

---------------------------------------------------------

【旧バージョンからのアップデート方法】

 コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」を実行して旧バージョンを削除してから最新バージョンをインストールしてください。ただし、前回の設定値は消えます。(設定項目があまり多くないので許してください。)

DLL,OCX の入手について

 DLL,OCXは、雑誌付属のCD-ROMなどで配布されているので持ってない方はあまりいないと思いますし、そもそもVBを持っているかたはあるはずです。どうしてもない方は雑誌の付録CD-ROMなどから入手してください。

【対応 機種】 MS-Windows95以降
【動作 確認】 NEC 9821Xa13/K16 + NEC MS-Windows95
【作成 方法】 LHA にて解凍を行った後SETUP.EXEを実行する。
【ソフトウェア種別】 フリーソフトウェア
【転載 条件】 ご勝手に。転載後、私宛にメールをください。
【同梱 DLL OCX】 なし。
【必要 DLL OCX】 VB4用DLL、OCX

 DLLアシスタントV1.21ダウンロード