ご挨拶  2010年明けましておめでとうございます。

昨年の個展以来、月に一度の臨時更新も出来ず大変申し訳ありません。実はフィルムスキャンが故障してしまいアップする写真を用意できませんでした。更新できないHPに価値がないとは申しませんが、やはりHP維持の目的のためだけに中途半端に更新を続けていくのは不本意です。よって自分勝手ながら、今回をもちまして更新は終了させて頂きます。

2007年の御挨拶でも申し上げましたが、私は2003年4月以来、本格的な写真取材を行っておりません。もちろんその後も次のテーマに臨むべく、写真家としての自覚を持ちながら努力はしてまいりました。ただ現実は厳しく、私が理想とする数年単位(最低3年〜出来れば10年)の取材を始める態勢を整えるまでには至りませんでした。一昨年からはある仕事につき、いつかは取材活動だけに集中できる日が来ることを信じて現在頑張っております。

実は、次のテーマはもう決まっております。私が写真を始めた頃だったら、想像もできないような壮大なるテーマです。人間は年齢を重ねるごとに人生観(自然観)も変化してくる。その変化が原動力となって、決意となるのですね。現在の日本を見渡すと、およそ日本人は古から続く伝統や文化(精神文化)、そして何よりも日本人としての誇りを全て捨て去ってしまったように思います。私はこれを、もう一度掘り起こして再認識していきたい。今の世の中、世界的な規模で考えるなら、あらゆる事象のグローバル化は必然かもしれません。しかしその表層の部分だけに心を奪われ、最も大切な根の部分を忘れ去ってしまったものに未来(文明や人類の未来さえも)はないと思います。キーワードは「伝統と文化、自然に還る・学ぶ」です。

私の素顔は、いい加減な人間ですよ! だけど、写真家としてはこういう事を常に考えています(笑)

皆様の御多幸をお祈りしております。有難うございました。        2010年1月2日 鉄 弘一