廃墟 ちいさなペンション跡

薄毛デンセツ氏も訪れたようです。違った写真も見れますので是非こちらもどうぞ!

本当に小さな小さなペンションです。ビリヤード台等ロビーは朽ちていますが、
上の階は損傷は少ないです。ただし足場の悪い場所もあるので注意する箇所があります。

 



一見小さいなぁと思ったこのペンション、中は意外と
部屋数がありビックリした。

 
では早速お邪魔致しますか・・・ 

 
その前に隣のポストを。



「う、外見の割りに中は酷い・・・」
朽ちた壁紙垂れ下がり一部天井も落下・・
 
右手にはビリヤード台、上から剥がれ落ちた
壁紙が被さっている・・・
 
これまたカウンターも酷いことに・・・
 


お〜っと!「全てAs〇hi」この規模のペンションで
これは置き過ぎではないかい?「バリエーション少なっ!」


ここは食堂であったのだろう。テーブルやイス
、写真の真後ろは厨房がある。
 
厨房内、お鍋や調味料はそのまんま!


大型冷蔵庫がある、その先には?自販機?

はいぼぉい?
「ど?どこメーカーのだ?」
あまり酒を飲まない私にはさっぱり分かりません。

この先何にもない!ロビーまで戻ろう・・・


スタート地点のロビーに戻ってきた。
ぅーん無残(-_-;)
 
カウンターの裏は?

 
カウンタの裏にあるオーナの寝床兼事務室???


 
「2階に行く前に風呂見よう、風呂!」
  
浴槽は二つ、片は水風呂か?
 
では2階に上がってみよう。「意外と部屋数あるなぁ」


部屋に入ってみよう


色々な風景を見せてくれるね・・・


ほんといろいろな惨状を見せてくれる・・・


では三階へ・・・


「薄毛デンセツ氏、位置が変わってなくて
良かったよ・・・変わってたらガクブルですよ。。。」

この壁紙もやがては「ベロ〜ン」と剥がれてしまうだろう。
 
この自販機はまだある場所多いね、古い居酒屋とか
まだ現役稼働しているところもある。

    

さらにこの跡、更に別の廃墟へ向かった

戻る