〇〇〇里駅 謎のトンネル
JR線の線路の真下を斜めに横切る謎の廃トンネル (この情報は掲示板より読者の方からの紹介です)提供ありがとうございます
ナゼ何箇所も門を作り、更に目隠しまで用いるのか?何のトンネルか?調べてみた。



高さ4.5メートルほど こんなに大きな坑口であるのに、入口の目の前は建物、
写真を撮る方角からでも車の進入はまず無理であろう・・・


内部は?このようになっている、線路が引いてあった様子はなく、
普通自動車ならば対面通行もできる幅だが車線もなくコンクリート打ちっぱなしの状態。


少し進み歩いてきた場所を振り返るとこのような感じです
前日の雨のわりには水溜りは深くありません、しっかりとしたトンネルです。


ここが突き当たりです、この門のようなもの扉がありません、人が出入りできる入口も
車が通ることもできません。ドアにヒンジがなく左右のコンクリートにアンカーで固定されています。
ここまで封印する必要があるのであろうか?高さは3メートル近くあります。更に目隠しの為か?
裏には鉄板でふさいでいます。この先に何があるのか???

その前に回りを見てみます。


結構綺麗に片付けられている感じです、塩ビ製の配管が転がっています。右上はイスのようなものでした。


右脇からは光が差し込み明るい。年月が経ちこのトンネルも表の植物に侵食されてしまうのか?

 

では問題の封印の門の裏を調査しましょう!!

 


これが内部の映像、貫通しており向こうにもフェンスが見える・・・
それに分かるであろうか?写真中心に写るもの、段差がある。
何のための段差か?特殊な車両のみが乗り越えて入れるように計算されたためか?
段差は50センチはあるであろう、装甲車のようなタイヤと車高ではないと入れない・・・
それにこの写真では見えないが、この場所から50メートルくらい奥には右に続く坑道が見える!!退避坑では無いであろう
低すぎる、しゃがんで入れるようである。しかし降りてみたいが申し訳ない、
本当に単純なミスだが、この度脚立、もしくは縦穴用ロープを用意してこなかった。

降りてしまうと???


このように先ほど紹介した鉄板がある為に後戻りできなくなる、
貫通している反対も同じであると想像すると戻ることができなくなるので安易に降りることができなかった。
戻るときはジャンプしても届かないであろう、ジャンプ後指でも引っかかれば戻ることは可能だが3メートルは
バスケのプロで無いと不可能である。
この写真は右端を写したものだが壁に密着させ完全に表から見えなくしてある。
錆びた有刺鉄線もあるので注意が必要だ。(対有刺鉄線用の手袋を装備し上った)

ここまで厳重にする必要があるのか?しかも横坑道も気になる・・・
これは読者の皆様に大変申し訳ないので再調査が必要である
後日縦穴ロープを使用し降りてみよう。

この上から周りの写真を撮ってみた


こちらは入坑側の天井部、草のツタが張っている、一部葉が付いている。


元々簡易的に電球が点灯していたのであろう。

以上が今日までの調査である。何のための坑道か?この先何が待ち受けるのか?
民間車両では越えられない段差、右横に続く低い坑道
反対側へは何があるのであろう???
後日調査の必要が出てきた。次のレポートしばし待たれよ。