廃墟

元々はドライブインとして運営していた。しかし何か構造がおかしい。
なんと過去に2基のロープウェイが架かっており、麓にあった公園と繋がっていた。
その距離、2500メートルを越えていたという。情報では、とある地方の会社が昭和41年施工後42年運営開始とある。
しかし運営期間は短期間であったという。

架線や索道塔、麓の駅は無く、現在この場所しかロープウェイの遺構を窺うことは出来ないという。


とある道路にあるドライブイン。
当時は利用客で賑わっていたらしいが。
利用客は減少し、更には営業が停止してしまった。
こちらはスロープ部分。
この先2回にはある物の制御室があるのではないか?

しかしただのドライブインでは無いようだ。 望遠鏡がある。100円を投入しても恐らく
見ることは出来ないであろう。

現在のバルコニーの部分。展望台であったのであろうが
読者に送られた過去の写真を見て驚いた。
読者から送って頂いた写真。何か溝が見える・・・

この場所からは初島や熱海市内が見渡せる。 こうやって見ると小さな島だ。

何か出っ張っている場所がある。 下には鉄骨や、その下にはプーリーが落ちている。

海を背にして建物の写真を撮った。しかし左上に何かの遺構が。 これが拡大したもの。ワイアーを留めておくものか?

更に壁にも異変が、上下2階と1階の壁が違う。
何度か改築されたのであろう。
営業から閉業、再営業と何度か移り変わった気もする。

地下のフロアがあるので入ってみよう こちらが地価の写真。電気設備がある。

建築資材がそのまま残る。ただし比較的新しいものがある。
営業当初からではなく改築の際、置いたままにしたのだろうか?
左手に見えるガスのメーター。これは動いている。
地震時に作動する供給停止ランプが点滅している。

鉄骨で枠組みされた場所。恐らくはロープウェイを撤去し
バルコニー部を塞いだ時の資材ではないか?
ちょうど窪みがあった場所と思われるが。
壁の色が微妙に違う気がする。上のほうが新しい。

再度営業する時は来るのであろうか?それともこのまま・・・ 水道管が壊れ、亀裂から水が噴出している。
勿体無いがどうすることも出来ない。

戻る