廃墟


キャンプドレイク(陸軍被服本廠作業所跡)

藪は酷いし、真新しい車も停まっている。「誰かいるのか?」 恐らく何者かが居たのであろう、接敵はしていないが。
更に季節柄。蛇はいるは、蜂(ミツバチ)はいるは・・・。生物兵器(笑)に阻まれながら、
「秋に行けばよかったか?」
とちょっと後悔しながらも調査続行!
今回の装備は工事現場用ヘルメット、そして上は作業着姿、工事関係者を装い探索した。


あらゆるところに看板が残っている。

 

貯水池か?気味が悪い。どの位の深さも定かではない あら、かわいい手押し車ね(笑)

 

これは水タンクなのか? 電柱もそのままで残っている。

 

軍特有のシェルター型の建物がある。 中には自転車やタイヤ等が散乱している。

 

こういう建物は珍しいね。 幅がある、変圧器が載っていたのであろうか?

 

これは燃料タンクであろう

 

こちらも同じく燃料タンクと思われる。 壁にはカニさん?なにか手に持っている(笑)

その先には

ガソリンスタンド。アメリカンチックだね。 こちらはスタンドの控え室だろう。

ドアは外れ、色んな書類や機材が散乱している。 この頃からしっかり節電考えてたのね。

では探索を続けよう。

先ほどと同じシェルター型の建物 中は比較的きれいであった。

所々、痛みが激しい部分も見受けられる。 牢獄みたいだ。

焼却炉があった。 錆が激しい、でもまだ使えるのでは。

アスファルトの部分は歩きやすく見通しが良いが
相手からも丸見えになる。

なにやらタンクが並んでいる建物が見えてきた。


タンク類が並んでいる。 恐らくアスベストか?タンクの断熱材が剥がれ落ちている。

それでは次を探しに行こう。。。

小さな建物だが? 居住スペースではないようだ。ハシゴがある!!地下室か?

裏に周り入ってみよう。 「びょ〜ん」「スプリングめ!馬鹿にしてるのか」
たった一つスプリングがつっ立っていた。

先ほどのハシゴがあるが・・・ 地下室ではないらしい、貯水施設か?

次に現れたのは比較的規模の大きい建物であった

工場か?それとも発電設備か?まぁ入ってみなければ分からない。

 

様々なパイプが並ぶ。 エンジン制御盤

発電用エンジン。ドラッグレースに一台いかが?トルクだけは
強そうだ。
超ドデカい、直6エンジン!いったい何馬力出るんだ?

クランクシャフトも大きい!! ピストンなんてボア径いくつだ?1気筒辺り、何CC?
俺のランエボなんてみかんの缶詰程度の大きさなのに。

発電用モータ。これも大きい。 右側の機器は何だ?昔のヒューズ管に見えるが。。。

「こ、これは」以前、府中トロポサイトでも見たぞ。。。
日本も他国の軍も皆同じ(笑)
結構見所ある場所だった。

裏にも建物がありそうだ!行ってみよう。

金網が開いている、すんなり入れそうだ。 裏手は細い道、抜けられそうだ。

古いトタン製の横には。

同じくシェルター型の建物が。

では戻って別な場所に向かおう。


換気孔のある建物が目に入った。 入口を発見!入ってみよう。

???何もない、しかし暗い!綺麗さっぱり何も無かった。 隣にも同じような建物がある。そちらも行ってみよう。

こちらも同じく何も無い気が・・・ では入ってみよう。
「グループD?なんだ?」
何かを含有する、可燃性の軍用薬品があるとか書いてあるが。

「消化に水を使うな?」
「ナトリウム?いや、軍用なら照明弾用の
カルシウムカーバイド?」
上記のような、水に触れると発火や、可燃性ガスを放出する
薬品でもあったのであろう。

な、なんとそこには!!

・・

何もね〜。そりゃ危険物は全て撤去であろう。 窓1つ無く換気孔のみ、薬品庫であった。

詰所の跡、歩哨所と言ってもいいのか? 特に何も無い、詰所・歩哨所はライフルを数挺置くことが
当たり前、どこかに立てかけてあったであろう。
勿論自衛隊もそうだが。

詰所の裏手には今までの中で一番大きい建物があった。
しかし、いつもお世話になっている廃墟関係の友人の話だと、大きい建物は崩されてしまったということだ。

確かに広大な空き地が見受けられた。この場所にあったのであろう。

では、残存している大型の建物に行ってみよう。

そこには驚く光景が広がっていた!!


入口は開いたまま。 色々な機器が並んでいる。左奥は金庫なのか?
巨大な扉のようなものが・・・。実は扉じゃなかった(笑)

空調用の断熱材(グラスウール)が剥がれ落ちている。 何かの制御盤がある。何の施設であったのであろう?

裏手にはハシゴがあった。 このハシゴの上、凄まじい光景があった。

そこのはなんと、この建物が一望できるが、圧倒される光景があった。

ズドーン!!と屋上が陥没してしまっている。。。

パノラマ風に撮ってみたが。。。この下はどうなっているのか?見に行ってみよう。


外見はなんとも無いように見受けられるが。。。
なんとなく予想はしていたが。。。

 

大崩落!!更に雨水が溜まり、深さ60cmほどのプールに化していた。
このように気味が悪いほど暗く、淀んだ水が立ちはだかっていた。

さぁ、全て建物は回ったはずだ、早急に脱出しよう。

戻る