神慈秀明会会員による通信カレッジ (明主様・岡田茂吉師御教え集)



通信カレッジ 既刊の御教え集等


信仰雑話(昭和23年9月5日発行)
・序文・誠・正しき信仰・常識・宗教と政治・宗教と芸術・敗戦の教訓・悪の追放・善を楽しむ・信仰の醍醐味
・奇蹟・プラグマチズム・怒る勿れ・難行苦行・迷信邪教・禁欲・大乗と小乗・宗教と分派・地上天国・観音教団とは何ぞや
・下座の行・運命と自由主義・気候と天候・主義というもの・科学の力・地震に就て・地球は呼吸する・十干十二支の弁・家相方位・東洋と西洋
・神と仏・神は在るか・見神に就て・プロテスタントとカトリック・順序を過る勿れ・酒と宗教・夢に就て・我と執着・夫婦の道・善と悪
・霊線に就て・人間の賢愚・宗教と科学・結論

奇蹟物語(昭和24年10月5日発行)
・序文・観世音菩薩と私・私の告白・本教救いの特異性
・入信後の神懸り・霊写真・黄泉比良坂の戦

光への道(昭和24年12月30日発行)
・はしがき・入信以前の私・入信の動機・入信以後・大森時代・麹町時代・大本教脱退の理由・玉川時代
・豚箱入り・三度目のブタ箱入り・運命の転換・宗教となるまで・ある婦人の話・天理教
・死人に鞭つ・霊的肺患・間違い信仰・龍神の憑依・癲癇・精神病・死線を越えた話

霊界叢談(昭和24年8月25日発行)
・序文・霊界の存在・霊界と現界・祖霊と死後の準備・死後の種々相・天国と地獄
・広吉の霊・化人形・狐霊と老婆・グロ的憑依霊
・憑依霊の種々相・精神変質症・夢と邪霊・生霊
・地獄界の続き・天狗界・龍神界・神霊と仏霊、人霊・霊層界

自観説話集(昭和25年1月30日発行)
・序文・真理と非真理・五智を説く・直観の哲学・理屈の迷信・真理の具現・観音力とは何ぞや・主の字・五六七世界の建設・超宗教
・本教と大道主義・大乗宗教・神秘の扉は開かれたり・学問のズレ・日と月・自然無視の文化・智慧の光・低気圧は人災なり
・第三宗教・信仰の種類・善人よ強くなれ・私の観た私・私というもの・科学が迷信を作る・方法論と結果論・進歩的宗教

自観隨談(昭和24年8月30日発行)
・はしがき・人が恐ろしい・馬鹿正直・正直と嘘・借金・順序・柔道・逆手の法・強盗の訴え
・団十郎の芸・浪花亭愛造・音曲・映画・二人の盲の話
・アルプス紀行・奥日光から塩原へ・湯西川温泉・馬鹿肥りは病的だ・尾形光琳
・日本美術とその将来1~5
・狂信・大本信者時代の私

世界救世教早わかり(昭和25年11月20日発行)
・はしがき・本教の誕生・人間・天地創造記
・人は健康の器・自然農法・道理に従う・救世主

法難手記(昭和25年10月30日発行)
・はしがき・発端
・取調べの模様
・帰宅後・当局に望む・人権蹂躙
・刑務所・ナンセンス・結論



天国の福音(昭和22年2月5日発行)
・序文、人口問題
・病気の真因、結核問題
・結核は絶対に感染しない、結核と精神作用、結核の経路
・薬毒、三毒、種痘は如何にすべきや、医学は科学か、伝染病と黴菌
・栄養学、長命の秘訣
・熱帯病に就て、スポーツ医学、真健康と擬健康、風邪引運動と薬廃運動、幸福への道、医学と自然
・病気症状の分析
・既存療法、扁桃腺炎及び盲腸炎の手術
・病気の体的分析 1
・病気の体的分析 2
・腎臓医術と若返り法、本医術と既存医術、治療に就ての注意、本療法の原理、自然力
・夜昼転換、頭脳の重要性、民主的試験制度、結論
・霊波と霊衣、罪穢と病気、神仏はあるか、未知の世界、生と死、幽霊はあるか
・霊界の審判、霊界の構成、顕幽不離
・天狗界、龍神界、兇党界、善と悪
・守護神、祖霊の戒告、神憑り
・霊的病気
・霊層界、広吉の霊、化人形、狐霊、狐霊と老婆、酒飲みの霊
・変質狂・グロ患者・狸霊と髑髏・恋愛とは何ぞや、正邪の戦、総結論

結核と神霊療法(昭和24年6月25日発行)
・序文、感冒、感冒と肺炎、結核の原因
・結論、結核と神霊科学

神示の健康法(昭和25年4月20日発行)
・序文、医学の誤謬、健康の真理、人間は健康の器
・真の健康と擬健康、薬毒、栄養の喜劇
・おかげ話から何を掴んだか、此事実を何と見る、神霊医学は民主的医学なり、医学に望む
・健康による天国化、坊ちゃんを作る健康法、日本人と精神病、乳幼児の健康、人体は綜合体である
・日本脳炎は果たして蚊の媒介か?、身体をこわす、寝冷、疫痢、細菌恐るべき乎、軽視できない事実
・ワクチン禍の実例、予防接種と結核、私の健康法

結核の革命的療法(昭和26年8月15日)
・序論、医学の解剖
・感冒、肺炎と結核、肺患と薬毒、結核と精神面
・自然を尊重、結核と特効薬、栄養
・病原としての細菌、無機質界、霊主体従、無機から有機へ

結核信仰療法(昭和27年12月1日発行)
・序文、医学が結核を作る、結核は感染しない
・黴菌の発生、毒素の解剖、天然痘
・肺炎と肋膜炎、結核付随病、栄養
・事実は雄弁なり
・医療誤点の種々相、結論

アメリカを救う(昭和28年1月1日発行)
・序論、病気とは何ぞや、種痘と薬毒、手術、浄霊医術
・癌、結核、伝染病、精神病
・各種病気、結論



教修要綱(一部のみ)(昭和29年5月10日発行)
・浄霊についての注意
・病気症状の解剖
・胃疾患
・腎臓疾患
・胸部疾患
・腹部疾患
・心臓病
・脳疾患
・眼 病
・耳病、鼻病
・咽喉疾患
・肝臓病、痔疾患
・婦人病
・小児病
・その他の病気
・病気と霊
(註 この教修要綱内の論文は、明主様御教えそのものではありません。)



浄霊法講座 (昭和28年11月1日~30年5月1日発行)
1. 浄霊法講座 1(総論)
2. 浄霊法講座 2(浄霊総論1)
3. 浄霊法講座 3(浄霊総論2)
4. 浄霊法講座 4(薬理批判)
5. 浄霊法講座 5(結核・喘息・心臓関係の症状)
6. 浄霊法講座 6(薬毒病)
7. 浄霊法講座 7(婦人病)
8. 浄霊法講座 8(胃腸疾患)
9-1. 浄霊法講座 9-1(頭部)
9-2. 浄霊法講座 9-2(頭部)
10-1. 浄霊法講座 10-1(眼)

(註 この浄霊法講座内の明主様御教えの表題の表記方法は原本と異なり、また、個別の御教えに付記した発行等年月日は浄霊法講座の発行年月日ではなく、各御教え自体の元々の発行等年月日です。)



岡田式浄化療法テキスト
・瑞泉郷構想
・岡田茂吉師の健康観
・自然力と岡田式浄化療法
・浄化作用
・全人的医療
・病原の三毒
・重要な施術個所
・岡田式浄化療法の体得
・岡田式浄化療法の留意点
・病気症状
・急所について 1
・急所について 2
・脳疾患
・耳鼻咽喉の病気
・心臓病
・肺 病
・胃 病
・腎臓病、肝臓病
・がん病
・女性の病気
・小児病
・不眠症、てんかん
・その他の病気
(註 この岡田式浄化療法テキスト内の論文は、明主様御教えとそれ以外が混在しています。)