当院治療の方針

 

 

 

 
 
 
 

ミニイラスト20Home


 

当院では、からだに無理のない治療に努めます。

 

整体では骨盤や背骨を中心からだの歪みを改善し症状を緩和していきます少しずつ歪みを改善していきますので最低3〜4回の治療が必要になります。

 

マッサージでは、患者さんひとりひとりにあわせた力加減を行いますが施術中強すぎたり、逆に弱すぎるときはその旨を申し出て下さい。

 

施術中に”ボッキ”という音がしますが、決して骨が折れているわけではありません。これは矯正音で、歪んだ関節がもとに戻ったものです

 

はり治療では、全てディスポ(使い捨て)の”はり”を使用しますので、使いまわしによる感染の心配は全くありません。

 

はり治療で使用する”はり”は神経や血管よりも細いため、神経や血管を傷つけることは絶対にありません。

 

きゅう治療では、”灸点紙”を使用しますのでお灸の後が残ることはありません”灸点紙”を使用してもお灸の効果は十分にあります。

 

はりきゅう治療においても、からだ内部のバランスを整えていきますので最低5回ぐらいの治療が必要となります。

 

東洋医学の治療では、”瞑眩(メイゲン)”という現象があり、症状が一度悪化したようになります。それは効果がでている証拠で、その後症状が改善していきます。

 

治療においてはどんな場合でも1回の治療を全力で行います。

 

次回の予約については、目安に”何日後ぐらい”ということはお伝えしますが、患者さんの判断のもとに行なってまいりますので、こちらから指定することはありません。効果をみて後日、連絡をして頂いております。

Yahoo!ジオシティーズ