就職活動のすすめ


    就職活動の法則    内定エッセンス   メルマガ登録   メディア掲載   著書   お問い合わせ
 

転職者を悩ませる「面接の質問」

ただでさえ緊張する面接。きつい質問をされたなおさらです。痛いとこをつかれてしまうと、つい本音が出てしまうものです。堂々と「面接の質問」に答えられるように実際に聞かれた質問を通して、事前にシュミレーションしましょう




Q:なぜ、前の会社を辞めたのでしょうか?(転職、第2新卒

面接担当者は退職理由を聞くことで、その人の仕事の姿勢や実力を知ろうとしています。本音は不満があって辞める場合でも、前向きな答えをしましょう。

例)

「新しい提案など改善を試みたが、受け入れてもらえなかった。」

特に「体調不良」「キャリアアップ」のような退職理由はやめましょう。入社しても大丈夫かどうか、辞めてないかどうか不安にさせてしまいます。


Q:転職回数が多いようなのですが?(転職

転職回数が多い(職歴に一貫性がない)ことは履歴書を見ればすぐにわかり、ごまかすことができません。積極的にチャンレンジしている姿勢、前向きに取り組んできたことを伝えましょう。それぞれの会社を選んだ理由、学んだことなどを説明できるのも良いです。その際に応募先の企業との共通点を意識して、一貫性を主張できると良いです。

例)

「転職回数が多い分、幅広い仕事を経験したので臨機応変に対応できる」
「経験した業種はバラバラでも個人のお客様に対してサービスを行っており、御社でも個人のお客様を対象としているため活かせるかと思います」


Q:ほかの会社も受けていますか?(転職、既卒、第2新卒

1社だけしか受けていないことはありえないはず。正直に答えましょう。逆に1社、数社しか受けていないと伝えれば、情報収集能力などが疑われてしまいます。他の会社を上げる際には必ず企業選びの基準をしっかり持っていることを伝え、それがその企業にも合っていることを伝えましょう。

例)

「インターネットの企画という点にこだわって企業を探し、該当する会社を受けております。」


Q:経験、スキルが応募資格から外れていますが?(転職、既卒、第2新卒

経験年数は浅くても、職務経歴書で業務を細かく説明するなど工夫は必要。スキルがない場合でも、それを自覚していることが大切です。さらにそれを努力して埋めようとしていることが伝わるとポイントになります。

例)

「知識が不足しているとこともございますので、現在、●●資格を取得すべく勉強しております。」


Q:募集職種の経験がないようなのですが?(転職、既卒、第2新卒

未経験の仕事に挑戦する場合、勉強しようとする姿勢を伝えることが大切。「資格をいつまでに取得しています」「すでに勉強をしており、来月に●●資格を受験をします。」また、それができるかどうか伝えることも大切です。例えば、これまでに経験した業務などの話から、募集業務と関連性があり、活かすことができるのように説明するのも良いでしょう。


Q:前の会社での在職期間が短いですね?(転職、第2新卒

第2新卒の人など、入社した企業とミスマッチがあり、短期間で辞めた人が多いかもしれない。「またすぐに辞めてしまうのではないか」と思われないように、自己分析、企業研究をしっかりとしてきたことをアピールしましょう。もしくは、短期間でもその会社で得た知識、ノウハウ、目標を達成した経験などを話しましょう。

「在職期間は短いですが、営業目標150%達成するなど実績を残してから辞めました」


Q:あなたの短所は何ですか?(転職、既卒、第2新卒

短所を言っていいかどうか悩まれる方もいますが、正直にお話しましょう。面接感はその人が自己分析できているのかを見ています。短所は誰にでもあります。短所を認識し、それをどのように克服しているのかを伝えることができれば、評価につながります。短所を長所に変えるようなイメージで話しましょう。


Q:給与はどのくらい欲しいですか?(転職、既卒、第2新卒

その会社の給与体系、求人広告に掲載されている情報をもとに答えましょう。前の会社で実績が出せたとしても、その会社で同じできるかどうかはわかりません。謙虚に答えられると評価につながります。

例)

御社の規定に応じたいと思います。入社後に実績を評価して頂き、成果に見合う額を頂ければと思います。


Q:なぜフリーターをしていたのですか?(既卒、第2新卒


必ず聞かれる質問。正社員としてやっていけるのかどうかを見ています。正社員として採用したいのは基本的なビジネススキルなど研修、仕事を通じて学んでおり、一から教育する必要がないからです。フリーター・派遣の人にそのようなスキルがあるかどうかアピールすることが大切です。例え、アルバイトであっても、同等のスキルがあることを説明できれば、評価につながります。


Q:失業期間が長いようなのですが、何をしていたのでしょうか?(転職、第2新卒

フリーター(派遣)と同じくらい聞かれる質問です。「失業後、何もしていなかった」では面接官を不安に思わせてしまいます。主体的に行動してきた様子が伝えることができれば評価につながります。例えば、目標を立てて頑張ってきたことなどアピールしてみましょう。

例)

これから語学が重要になると考え、失業期間中にTOEIC730点を取得しました。



転職活動が楽になる!「転職サイトランキング」

一般公開されていないすべての求人情報からあなたに合った適職を探し出してくれます。






最終面接前に彼女にフラレても内定をもらえた理由
読むだけで就職活動の流れと内定のコツがわかる就職活動日記

ヤングキャリアコンサルタントの日記
新卒、第2新卒専門キャリアコンサルタント(ヤングキャリアコンサルタント)の日記

たった90日で就職活動を終わらせる方法
勉強会のブログ。9割の確率で4月までに就職活動を終えております。

就職活動五行歌ランキング
就職活動生の8割が感動する歌。面接に落ちたときには読んでみよう!

就職活動ベストブログランキング
簡単な自己分析方法からキャビンアテンダント対策まで就活に役立つブログが満載


自己PRコンテスト ▼自己分析ナビ ▼無料適職診断ナビ ▼僕と私の就職活動日記 ▼就職活動フォーラム


就職活動コラム

著書


自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート

就職活動Q&A

就職活動体験記

エントリーシート

自己PR

志望動機

就職活動コラム(旧)