内定者1000名以上輩出!新卒専門のヤングキャリアコンサルタントが就職活動を応援!

内定の質問

注目情報


内定者の教え
あっさり第一志望の企業から内定をもらえる学生が行っていることは?

就活のすすめ
人気企業の内定者も絶賛!本当に就職活動に役立つ話とは?

20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
関連:フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは

自己PR例300以上!日本一の自己PRを決める!→「自己PRコンテスト

内定の質問100

【Q】

 

内定はいつ頃でるものなのでしょうか?

 

【A】

 

企業によってそれぞれですが、内定のピークは「4月〜5月」になります。ピーク以降でも十分チャンスはあります。焦らず、就職活動を続けましょう。

 

【Q】

 

内定まで面接はどれくらいあるのでしょうか?

 

【A】

 

ある調査によれば「3回」が多いようですが、企業によって異なります。

 

【Q】

 

最終面接後、どれくらいで内定の連絡が来るのでしょうか?

 

【A】

 

企業によって異なりますが、当日電話で連絡されるのが多いようです。他にも郵送で内定承諾書を1週間後に送る企業もあれば、その場で内定が言い渡される企業もあります。もしも、すぐに内定の連絡がこなくても気長に待ってみましょう。

 

【Q】

 

内定をもらったら、すぐに返事をすべきなのでしょうか?

 

【A】

 

すぐに返事をする必要はありません。企業によっては「2週間以内に返事をください」「納得したら連絡を下さい」など、企業の考え方はそれぞれです。返答期日になっても決まらなければ、まずは交渉しましょう。「内定を受ける」「内定を受けない」にしろ、どちらにするのか決めたら連絡をすぐにしてください。

 

【Q】

 

電話で内定のご連絡を頂いたのですが、まだ他の業界と迷っており、返事はできない旨を伝えました。現在、もう一度一から就職活動をしています。 その為、内定を頂いた会社に辞退の連絡をしなければいけないのですが、内定の連絡を頂いてから約2ヶ月も経っておりどのように答えて良いか分かりません。どうすればよいでしょうか?

 

【A】

 

内定辞退の連絡は早ければ早いほどよいため「すぐに」辞退の連絡をしましょう。その際に正直に現在の自分の気持ちを話してもよいでしょう。
【Q】

 

会社説明会に参加させていただき、その1週間後には「内定です」といわれたのですが大丈夫でしょうか?

 

【A】

 

選考のプロセスについては企業の考えがあるため気にしなくて大丈夫です。もしも不安であれば、実際に社員の人を紹介してもらい話を伺うのも良いです。

 

【Q】

 

内定後、何をするのでしょうか?

 

【A】

 

特に自分から何もする必要はありませんが、企業からは懇親会、面談のお誘いがあるかもしれません。また、職種によっては研修を行う企業や入社までに資格を取得しなければならないこともあります。内定はゴールではなくスタートですので、仕事の準備のために自発的に勉強するのも良いでしょう。

 

【Q】

 

内定はどれくらいもらえるのが普通なのでしょうか?

 

【A】

 

本来であれば、自分の第一志望の企業からのみもらえることが一番よいです。内定の獲得した数を気にするよりも、自分が納得する内定を頂きましょう。

 

【Q】

 

内定をもらったけど、就職活動を続けて良いのでしょうか?

 

【A】

 

内定に満足していない、他社で選考が進んでいるなど、いろいろな理由が考えられますが、自分が満足して就職活動を終えられるようにすればよいでしょう。ほとんどの就職活動生は自分が納得するまで続けています。

 

【Q】

 

内定辞退はできるのでしょうか?

 

【A】

 

内定辞退はできます。内定を複数いただく学生も多く、内定辞退は避けられません。内定辞退をすると決めたら、すぐに連絡をしましょう。

 

【Q】

 

内定辞退はいつするべきなのでしょうか?

 

【A】

 

内定辞退を決めたら「すぐ」です。企業に迷惑がかからないようにしましょう。企業によって反応はそれぞれですが、あなたに期待をして内定を出したことを忘れないようにしましょう。今後も、どこかでその企業とご縁があるかもしれませんので誠実な対応してください。

 

【Q】

 

誓約書を書いたら辞退できないのでしょうか?

 

【A】

 

内定承諾書、内定通知書、採用通知書、入社通知書など、制役誓約書には様々な呼び方があります。誓約書を記入すると、雇用契約が成立しますが、法律には労働者が2週間前までに申し入れれば解約できると定められており、内定を辞退することができます。しかし、入社の意思をしっかりと決めてから、署名しましょう。

 

【Q】

 

内定通知と入社承諾書が郵便で送られて来ました。その際、書類には2週間以内に返送するよう記載されていました。まだ就職活動を続けたいと思っております。その際、承諾書は提出すべきでしょうか?また、待って欲しい旨を伝えるだけでいいのでしょうか?? いつまでくらいなら伸ばしてもらえるのでしょうか?

 

【A】

 

承諾書は提出せずに、まずは現在の状況など説明して、返事を待っていただけるのか交渉しましょう。企業によって、どれくらい延ばせるかは異なります。あまりにも長い期間を空けると、それだけ期待させてしまうので、就職活動の状況と照らし合わせながら、交渉しましょう。

 

 

【Q】

 

初内定を頂きました。そして、「今後の流れについて話をしたいから会社に来てくれ」と電話を頂きました。 まだ受けたい企業もあり、どのような事をするのかわからず、行ったら入社しなくてはいけないのかなど不安で仕方ありません。

 

【A】

 

内定通知書を渡されたり、他社の就活進捗状況を聞かれたり、入社の意志確認などがされるかもあしれません。まず、内定を頂いたお礼をしっかりと伝え、「他社の選考を受けている途中なので、全て終わってから入社先を決めたいと考えています」のように自分の考えを伝えましょう。
【Q】

 

本命の企業から内定を頂き、他の内定先は辞退をしたのですが、1次選考などの企業へも連絡したほうがよいのでしょうか?

 

【A】

 

選考の辞退はすぐに連絡しましょう。採用担当者はあなたのために準備をしているかもしれません。企業の方、他の受験者の方に迷惑をかけないようにしましょう。

 

【Q】

 

内定2社ほど頂いています。第一志望などを決めずに就活をしており、内定承諾書を人事の方に迫られ、書いてしまいました。誓約書提出後に辞退をすることは可能であると聞いたのですが、そのような場合具体的にどのように申し出るべきなのでしょうか?

 

【A】

 

どんな理由であれ、承諾書を書かないのが一番です。承諾後の辞退はできますが、一度は承諾したため厳しいことを言われるかもしれません。覚悟を決め、まずは電話で誠実にお詫びをして、今までのお礼を伝えて辞退しましょう。

 

【Q】

 

必要書類の関係で、内定承諾書の提出が締切ギリギリになってしまいます。内定承諾書はギリギリに提出すると印象は悪いでしょうか?

 

【A】

 

入社の意思があれば大丈夫です。そこまで考えているのであれば、事前に人事の方にその旨をメールで連絡してみてはいかがでしょうか。

 

【Q】

 

内定通知書は頂かずに内定を頂きました。「入社意志が固まり次第、誓約書に判子を押しに来て」と言われ、さらに「定員があり、定員に達してしまった場合は内定はなかったことに」と言われてしまいました。志望度が高い企業だけに悩みます。どうすればよろしいでしょうか?

 

【A】

 

承諾書には法的な効力がありませんが、ここまでするとなると辞退した際に厳しいことが予想されます。志望度が高いのであれば、他の志望度の高い企業と比べてどうなのかを吟味して決めましょう。

 

【Q】

 

内定を辞退したら選考段階で支給された交通費は返還しなければならないのでしょうか?

 

【A】

 

返還する必要はありません。選考経費は辞退の有無に関わらず企業が負担すべきものです。

 

【Q】

 

承諾書とともにお礼状を添えようと考えているのですが、承諾書には人事部長の宛てとなっており、封筒の宛名は人事部の別の方でした。 お礼状はどちら宛に書けばよいのでしょうか?

 

【A】

 

お礼状は人事部長宛てに書きましょう。もしも不安であれば、封筒の宛名の方を一緒に書いてもよいです。

 

【Q】

 

内定を頂いた後にリクルーターの方から合格祝いの食事に誘ってもらいました。この場合、服装はスーツで行くべきでしょうか?

 

【A】

 

リクルーターの方はスーツであることが多く、スーツでいきましょう。

 

【Q】

 

内定後の提出書類の中に「推薦書」がありました。私の大学は自由応募の場合は推薦書が出ないのですが、もし推薦書を企業に提出できなかった場合、内定取り消しになるのでしょうか?

 

【A】

 

推薦には「教授等の推薦 」「学部・学科の推薦」 「就職課の推薦」が考えられます。まずは就職課に相談してみてはいかがでしょうか?もしそれでも、大学の事情で提出できないとしたらその旨を伝えてみましょう。

 

【Q】

 

ある企業から内定をいただき『内定通知書』と『入社承諾書』が送られてきました。 『入社承諾書』を指定の期日までに送り返さないといけないのですが…これを会社に送った場合は『御社に入社します』という意味になるのですか?それとも『内定を受け取りました(?)』という意味で、本当にこの会社に入社するかしないかはまた違う機会に返事をするのですか?

 

【A】

 

『入社承諾書』は「御社に入社します」と一緒です。承諾書を書いてしまったら入社しなければなりません。 このような質問をしているのは入社するかどうか悩んでいるのでしょうか?もしも悩んでいるようであれば、期日を延ばせないかどうか交渉をしてみましょう。

 

【Q】

 

内定辞退は電話と手紙両方で行った方がいいのでしょうか?

 

【A】

 

両方行った方が無難です。まずは電話で連絡し、直接会って「謝りたい」旨を伝えましょう。あとは相手の反応によって臨機応変に対応しましょう。

【Q】

 

最終面接を受けて、1週間以内に「採用・不採用」に限らず郵送をしますと人事の方がおっしゃったのですが、1週間を過ぎても返信がありませんでした。不採用なのでしょうか?

 

【A】

 

郵送で送ると聞いているのでしたら、採用不採用に関わらず来るはずです。諦めずに1度人事の方に問い合わせをしてみましょう。

 

【Q】

 

内定の辞退を電話で申し出て、了解して頂いたのですが、「その意志を手紙で郵送してください」と言われました 。お詫び状はどのように書けば良いのでしょうか?

 

【A】

 

誠意をもって、内定辞退の旨を伝えましょう。「内定辞退のお詫び状のサンプル」がありますので参考にしてください。

 

【Q】

 

私は首都圏での一般職希望なのですが、地元が地方だと一般職の内定は頂けないのでしょうか?一般職は基本的に自宅通勤のできる女性を対象にしてるとよく聞きます。

 

【A】

 

たしかに「自宅勤務でないと採用しない」企業もあるようですが、現在、このような企業は少ないで。企業研究をしてから受けましょう。

 

【Q】

 

内定承諾書が郵送で送られてきたのですが、期限が1か月以内でした。1ヶ月の間では決められないのですが期限は延長してもらえるのでしょうか?

 

【A】

 

期日を延長できる場合もありますので、まずは企業に問い合わせをしてみましょう。

 

【Q】

 

内定後に内定承諾書を返送すると絶対入らないといけないのでしょうか?

 

【A】

 

内定承諾書は入社の意思を表明するものですので基本的には入社しなければなりません。承諾書を記入してから辞退をされる人もいますが、そうならにようにしましょう。

 

【Q】

 

内定をいただき、内定承諾書を郵送するのですが、その際に添え状は入れた方が良いのでしょうか?

 

【A】

 

添え状は相手に何が入っているのかわかりやすくするためにいれるものですので、内定承諾書を送る際でも「添え状」を入れてもよろしいです。

 

【Q】

 

「内定承諾書」と「入社契約書」は違うのでしょうか?

 

【A】

 

「承諾書」「契約書」「誓約書」など名前が異なっていても、いずれも「入社を承諾する書類」になります。

 

【Q】

 

第一志望群の企業から電話で内定のご連絡をいただきました。「この先の詳しいことはメールで連絡します」と言われたのですがメールがありません。まだ1週間しかたっていないのですが、内定がなかったのになるのではないのかとは不安です。

 

【A】

 

もう少しだけ待ってみてはどうでしょうか。内定がなくなることはありませんので安心してください。もしも待っていても連絡が来なければ、一度連絡をしてみてはどうでしょうか。第一志望群と言っているくらいですので、あまりもあわてて行動をしてしまうと後でご迷惑になることもあります。

 

【Q】

 

先日ある企業から内々定をいただき、「内定者の集い」の案内が届きました。 参加してしまったら入社しなければならないのでしょうか。

 

【A】

 

内定承諾書を書かず、参加するだけでは入社することにはならないかと思います。 企業を知るには良い機会だと思いますので、参加されてはいかがでしょうか。

 

【Q】

 

最終面接当日に内定をいただいた場合、お礼のメールはすべきでしょうか?

 

【A】

 

感謝の気持ちがあるようでしたら、お礼のメールはしてもよろしいかと思います。

 

【Q】

 

内定のお礼状は、どのタイミングで出すべきですか?

 

【A】

 

内定の連絡があったらすぐにお礼状を出すのがよろしいかと思います。

 

【Q】

 

内々定を頂いてから、その仕事内容に少し疑問を感じる点が出てきたのですが、内定承諾書を書く前に仕事内容について詳しく聞くのは、失礼にあたるものなのでしょうか?

 

【A】

 

失礼ではないかと思います。面接や企業研究をしたとしてもわからないことのほうが多いです。企業としても納得した上で入社してほしいと思っていますので、自分が納得がいくまで聞きましょう。

 

【Q】

 

内定を受ける時に推薦状を出さなければならないのですが、仮に推薦状を出した企業の内定をお断りして他の企業の内定を受けることは可能なのでしょうか?

 

【A】

 

原則として他の企業を受けることはよくありません。推薦状を書いていただいた教授にご迷惑がかかったりしますので、推薦状を出す際には入社するぐらいの気持ちでのぞみましょう。

 

【Q】

 

内々定をいただいてから他社に選考辞退の電話をしたときに、 内々定先の業種や企業など聞かれ、[ 内定を頂いた」と言ってしまいました。内々定を頂いた企業に迷惑がかかることはありますでしょうか?

 

【A】

 

内定も内々定も同じだと思いますが、迷惑になることはありませんのでご安心ください。

 

【Q】

 

内定を頂いたのですが、承諾書などの書類が送られてきません。どうすればいいのでしょうか?内定の電話連絡の際に、『今後もこまめに連絡をとっていきたい』と言われました。

 

【A】

 

どのような電話のやりとりがあったかわかりませんが、本当に入社したいのなら一度問い合わせをして、承諾書を書く必要がないのかどうか聞いてみてはどうでしょうか。もしも、まだ入社しする意思がなければ問い合わせをする必要はないと思います。企業も辞退する人を見越して、承諾書を書かせないようにしているのかもしれません、

 

【Q】

 

電話で内定辞退の旨を伝え「よろしければ、後日改めてお伺いして、直接辞退の旨をお伝えしたいのですが」 と言うと「わかりました。では○日の○時にお越しください。」と言われました。 この場合の何か持っていくべき物や、気をつけることなど教えていただけないでしょうか?

 

【A】

 

直接謝ろうとする気持ちは素晴らしいですね。持っていくものは特にありませんが、 ご迷惑をおかけしているわけですので誠心誠意ご担当者の方に謝りましょう。

 

【Q】

 

内定を頂いた会社に「御社が第1志望です」と言っておきながら、 ほかの企業を受けていたら、そちらの企業の志望度が高くなってしまい、 内々定の辞退を考えております。その際、どのようにお断りすればよろしいでしょうか?

 

【A】

 

内々定を受けた会社の面接であなたが話したことは嘘ではないと思いますし、 あとは自分で今の気持ちを説明して謝るしかありません。今すぐにでも辞退の連絡をしましょう。

 

【Q】

 

ベンチャー企業に内定を頂いたのですが、社長と人事との口約束みたいな状態なので、内定取り消しなどないか心配です。 途中で内定取り消しとかありえるのでしょうか?

 

【A】

 

一般的な企業であれば内定の取り消しはありません。もし不安であれば、承諾書など書かなくてもよいのかどうか 問い合わせをされてみてはどうでしょうか。

 

【Q】

 

私が内定第一号だと言われたのですが、内定承諾書や内定の詳しい書類などが出来上がっていないと言われました。 周りを見ていると、内定承諾書を書いたりしているのですが、このようなことはあるのでしょうか?

 

【A】

 

担当者の仕事の状況によるかと思います。あとは書類が届くのを待ちましょう。

 

【Q】

 

内々定を頂いたのですが、内定の条件として「他の企業の選考を辞退すること」と言われたのですが、面接の合否がまだ出ていないところにも辞退の連絡をいれたほうがよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

辞退をすることがわかっているのであれば、今すぐにでも辞退の連絡を電話でしましょう。もし面接が合格であれば、次の面接をセッティングする時間や手間を企業にかけさせてしまいます。辞退することは相手に迷惑がかかるため、最小限におさえるために最善を尽くしましょう。

 

【Q】

 

内定と内々定はどう違うのでしょうか?

 

【A】

 

どちらも入社できること(内定)に変わりありません。企業によって考えは異なります。例えば、企業から内定を伝えられたときに「内々定」、内定承諾書などの書類を提出後に「内定」という企業もあれば、日本経団連加盟会社で「倫理憲章」に基づき、10月1日以前を「内々定」10月1日以降を「内定」という企業もあります。

 

【Q】

 

「内定を前提に社長と面談して頂きたい」との連絡があったのですが、引退試合が近くにあり、練習に専念をしたいため、参加できそうにありません。キャンプテンを務めており、私の都合で迷惑をかけるわけにもいきません。日程の変更をお願いしてもよいのでしょうか?

 

【A】

 

確かに学生最後の試合も大切です。しかし、これからも大切です。企業もわざわざ時間を作っています。どうしても諦められないなら、まだ時間の調整ができる可能性もあり、すぐに事情を説明してお願いしましょう。

 

【Q】

 

先日ある会社から内々定を頂き、選考中や内々定を頂いた会社を辞退しているのですが、 その際に「参考にしたいのでどこの会社から内定いただいたのですか?」と聞かれて困っています。正直に答えてもよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

企業としては来年の採用に生かすべく情報収集をされているではないでしょうか。正直に話したところで不利になるようなことはないため正直に答えましょう。

 

【Q】

 

第一志望の企業から内定を頂いたあと、選考があった企業を辞退したのですが、その1つから執拗に連絡があります。どうすればよいでしょうか?

 

【A】

 

相手に配慮して辞退したでしょうか。相手には辞退が伝わっていない可能性があります。一度電話に出て話しましょう。

 

【Q】

 

内定辞退の手紙を出すときは、やっぱり手書きで書くべきでしょうか? それと手書きで書く場合はどのような紙に書いたらよいのでしょうか?

 

【A】

 

内定辞退の手紙は手書きで書いた方が良いでしょう。また、用紙は便せんでよいです。

 

【Q】

 

内定の御礼状を手紙で送りたいのですが、その際に封筒には御礼状在中と書いた方がいいのでしょうか? 御礼状を送る企業は信用金庫なのですが、この場合は御行ではなく御庫なのでしょうか?

 

【A】

 

「御礼状在中」で書いてもよいでしょう。「信用金庫」の場合にお礼状を送る場合は、書き言葉ですので「貴庫」でよいです。

 

【Q】

 

「内定者の懇親会を行うのでぜひ参加してほしい』と電話がありました。 しかし、今も就職活動をしております。参加したほうがよろしいでしょうか?

 

【A】

 

懇親会は会社をより理解してもらおうという意図もあるため参加されてはいかがでしょうか。ほかの企業のほうが志望度が高いかもしれませんが、新たな発見があるかもしれません。

 

【Q】

 

内定を頂いた企業の社長と面談させて頂く事になり訪問しました。 面談の中で社長から『どんな仕事をしたいの?』と聞かれましたが、これで何か決まってしまうのでしょうか?

 

【A】

 

それだけで決まることはありませんが、入社後の配属などの判断材料になるかもしれません。今までの面接や今回の面談、その後の行動など見られてますので内定を頂いても注意ください。

 

【Q】

 

内定者の懇親会があり、服装を自由で来てください言われたのですが、自由とはどのような恰好が適当なのでしょうか?

 

【A】

 

悩んでいるのであればスーツでいきましょう。

 

【Q】

 

内定者の懇親会へ行くのですがスーツはリクルート仕様ではなければならないのでしょうか?

 

【A】

 

何をもってリクルート仕様と言うのかわかりませんが、スーツであれば大丈夫です。

 

【Q】

 

内定承諾書と健康診断書を送ったのですが、お礼状を添えるのを忘れてしまいました。 すでに2週間経過しているので、お礼状だけ送った方が良いでしょうか?

 

【A】

 

お礼しようとする気持ちは大切ですが、時間が少し空きすぎです。御礼状を送らずに直接会った時にお礼を言ってみてはいかがでしょうか。

 

【Q】

 

内定を頂いて就職活動を終えたのですが、彼女の妊娠が発覚し、入社する前に結婚をしようと思っています。企業には報告したほうがいいのでしょうか? 内定取り消しになったりする可能性はあるのでしょうか?

 

【A】

 

取り消しになる可能性はないかと思いますが、事前に報告しておきましょう。 入社する際の手続きも変わってくることが予想されます。

 

【Q】

 

現在、内定貰っている会社があるのですが入社承諾書の期限が迫っております。 一度延ばしてもらったのですが、あまりその会社には入りたいと思っていません。 どうすればよいのでしょうか?

 

【A】

 

本当に入りたくないと思っているのであれば辞退してはいかがでしょうか。期限を延ばせば延ばすほど、お互い良くありません。自分に正直になってみましょう。

 

【Q】

 

内定者懇親会の案内を2回ほど頂いたのですが、他の予定が入っており、参加できませんでした。とても印象が悪いことはわかっているのですが、内定の取り消しになることはあるのでしょうか?

 

【A】

 

懇親会ですので内定の取り消しになるようなことはないかと思います。逆に企業は「内定を辞退させないように開いている」ようなこともあります

 

【Q】

 

今度、内定者懇談会に参加するのですが「交通費」がでるか不安です。 交通費は出るのが普通なのでしょうか?地方から出てくるので心配です。

 

【A】

 

内定者の懇談会でしたら、交通費はでるものです。もしも心配であれば、問い合わせをされてはいかがでしょうか。

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ