内定者1000名以上輩出!新卒専門のヤングキャリアコンサルタントが就職活動を応援!

面接の質問

注目情報


内定者の教え
あっさり第一志望の企業から内定をもらえる学生が行っていることは?

就活のすすめ
人気企業の内定者も絶賛!本当に就職活動に役立つ話とは?

20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
関連:フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは

自己PR例300以上!日本一の自己PRを決める!→「自己PRコンテスト

面接の質問

【Q】

 

今度最終面接をひかえています。 面接官は社長です。すごく緊張しているのですが、最終面接は意思確認か、それとも通常の選考になるのか教えてください。

 

【A】

 

企業によって意志確認かどうかは異なりますので、一概にどちらかは言えません。たとえ、今までの選考の結果が良くても社長の返事一つで落ちてしまうこともあります。面接はどんな時でも真剣勝負ですので、ベストを尽くしましょう。

 

【Q】

 

グループディスカッションのポイント等を教えて下さい。

 

【A】

 

グループディスカションで一番大切なことは「自分の役割を意識し、相手の意見の良いところを見つけて発言すること」です。みんなで合格するような気持ちでのぞみましょう。

 

【Q】

 

教育実習と試験が被った場合はどちらを優先したら良いのでしょうか? また教育実習を優先する場合は、正直に会社にその旨を伝えた方がいいのでしょうか?

 

【A】

 

まずは重ならないようにスケジュールを調整しましょう。第一希望が先生になることであれば、企業に伝えるのは控えたほうが良いです。

 

【Q】

 

面接の際に志望動機を聞かれた時、業界についての志望動機はあるのですが、その企業への志望動機というのがなく悩んでいます。どうすればよろしいでしょうか?

 

【A】

 

「その企業でなければいけない理由」が述べられないと厳しいです。面接では「他の会社もあるけど、どうしてうちなのか?」といった質問がされることもあります。その企業の強み、その企業でしかできないことを考え、自分のやりたいことと結びつけて話せるとよいでしょう。

 

【Q】

 

面接の最後に「質問はありますか?」って言われますよね。その時はどのような質問をするのが良ろしいのでしょうか?

 

【A】

 

やる気が問われていますが、質問に答えはありません。例えば、自分がやりたいことができるかどうか、社員の人しかわからないようなことを質問したら、相手にやる気が伝わります。 本来、質問は疑問に思っていることをするものですが、調べればわかるようなことを質問するのはよくありませんので注意ください。

 

【Q】

 

特に女性は面接で「笑顔」が大切でしょうか?それだけで良い印象を残せたりしますか?

 

【A】

 

女性、男性問わず、笑顔は大切です。印象は見た目だけで決まるわけではないので、それだけでは厳しいでしょう。

 

【Q】

 

1次面接で聞かれた自己PRと志望動機を2次面接(最終面接)でも聞かれることがあります。全く同じ内容を言ってもよいのでしょうか?

 

【A】

 

1次面接の自己PRも志望動機も自分にとってベストのことを話しているはずです。同じ内容でも大丈夫です。ほとんどの面接官はあなたから聞くのは初めてです。

 

【Q】

 

面接官に「他の企業の選考の進み具合はどうですか?」と聞かれた場合は正直に話してもよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

正直に答えてもよいですが、全て赤裸々に話す必要はありません。「うちに来なさそう」と思わせないように、できる範囲で話しましょう。例えば、「色々と選考を受けた上で、今後について考えようと思っております」のようなフォローするのもよいです。

 

【Q】

 

提出したエントリーシートに何を書いたか忘れしまった企業へ面接に行く予定です。面接での回答がエントリーシートに沿っていないことが明らかであると、やはりイメージ悪いのでしょうか?こういう場合は面接でどのように対処すべきでしょうか?

 

【A】

 

まず、エントリーシートを提出する前には必ずコピーを取りましょう。あまりにもエントリーシートと異なることを発言すれば、どちらが本当なのかわからず、印象が悪くなることも考えられます。できるかぎり、他の企業で書いていたものなど見ながら思い出しましょう。

 

【Q】

 

エントリーシートを提出した企業の面接が近々あるのですが、自己分析を繰り返すうちに内容が少し変わってきました。 少し違ったことをお話したいのですが、良いのでしょうか?

 

【A】

 

まったく別の話はよくありませんが、提出したものと関連する内容であれば大丈夫です。自分にとって一番の話を話しましょう。

 

【Q】

 

自己紹介のときに自己PRをするのでしょうか?

 

【A】

 

大学名、学科、名前は当然ですが、自分の強みや学生時代頑張ってきたことなど添えて話すと良いでしょう。

 

【Q】

 

学生時代に頑張ってきたことなど、何を得たのか、学んだのかなど聞かれるかと思うのですが、その際、結論を発言したあと、すぐに理由を述べた方が良いのでしょうか?

 

【A】

 

まず、結論から話すのは大切です。理由も補足程度で話した方がよいです。例えば、「3年間務めているコーヒーショップのアルバイトでコミュニケーションの大切だと学びました。例えば・・・・・」と簡潔に話すとよいでしょう。

 

【Q】

 

志望企業のグループディスカッションで『世界の中の日本人について』 というテーマで討論されたらしいのですが、どのようなことを話しますか?

 

【A】

 

まず、そのテーマが出されない可能性があります。世界の中の日本ということなので、 世界(外国人)と日本人の良い点、悪い点を比較してみてはいかがでしょうか?

 

【Q】

 

自己PRはたくさんしたほうがよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

たくさん話すよりも、あなたの一番のPRをしましょう。あれこれ話していると反対に相手の印象に残りません。面接は時間が限られていますので、相手の状況、周りの状況(他の学生など)を考慮して発言するべきです。聞かれたことに的確に答えることも大切です。

 

【Q】

 

大学のゼミや研究はアピールになるのでしょうか?

 

【A】

 

ゼミや研究自体について述べるのではなく、そのゼミや研究を通じて、どのようなことを学んだのか、どのようなことをしてきたのかを伝えることが大切です。

 

【Q】

 

どのような自己PRがポイントが高いのでしょうか?

 

【A】

 

一緒に働きたいかどうか、今後活躍してくれそうかどうか、可能性を感じさせる自己PRです。学生時代に一生懸命頑張ってきたことから培った経験や考え方は会社に入っても役立つものです。自分の価値観、強みが伝わるように一生懸命頑張ってきたことをアピールしてください。

 

【Q】

 

印象を強くするために人と違ったことをしたほうがよいのでしょうか?

 

【A】

 

どのようなことをしようとしているかわかりませんが、目立つだけのためにするのであればやめてたほうがよいでしょう。他の人を意識するよりも、自分を伝えることに集中しましょう。

 

【Q】

 

髪型や服装でアピールしたほうがよろしいでしょうか?

 

【A】

 

見た目で合否は決まりませんので、最低限「清潔感」のある格好をしましょう。

 

【Q】

 

面接で企画書などを提出してもよろしいでしょうか?

 

【A】

 

熱意は伝えやすいかもしれませんが、状況によります。面接官が求めているかどうかを考えて提出した方が良いでしょう。

 

【Q】

 

敬語が苦手なのですが、使わなくてはいけないのでしょうか?

 

【A】

 

敬語はできた方がよいでしょう。例え、間違えたとしても相手のことを敬う気持ちがあれば十分です。「僕」「自分」のように幼い発言をするのは気をつけましょう。

【Q】

 

面接で「最後に何か質問ありますか」と言われ、特になかったので「特にありません」と答えてしまいました。よくないのでしょうか?

 

【A】

 

やる気も見られているため、1つぐらい質問されたほうが良いでしょう。もしも、本当になければ自信を持って答えてもよいです。例えば、「今までの選考で色々とお話をお伺いしましたので、特にありません」と答えればよいでしょう。

 

【Q】

 

信用金庫について話すとき、どうやって呼べばよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

「御庫」と呼びましょう。書く場合には「貴庫」になります。

 

【Q】

 

会計事務所の面接を受けるのですが、会系事務所は何と呼べばよろしいでしょうか?

 

【A】

 

会系事務所、弁護士事務所、司法書士事務所を含め、事務所は「御事務所」と呼べばよいです。

 

【Q】

 

最終面接で誓約書を書かされることはあるのでしょうか?

 

【A】

 

その場で内定が言われる場合がありますが、誓約書を書かされるケースは聞いたことがありません。そのくらいの気持ちで最終面接に臨んでおいた方が良いでしょう。

 

【Q】

 

現在、コンビニでアルバイトしているのですが、面接では接客業といった方が良いのでしょうか?

 

【A】

 

面接官のイメージをわきやすくするために「コンビニエンスストアでアルバイトをしていました」と言った方がよいです。

 

【Q】

 

面接の際、趣味を聞かれたときに「麻雀」と答えるのはイメージが悪いのでしょうか?

 

【A】

 

そのような関連の事業を行っていれば問題ないですが、一般的にギャンブルの印象はあまりよくありません。相手が納得できる理由を話せれば別ですが、もしもできなければ別の話をしたほうが得策です。

 

【Q】

 

役員面接ってどのような質問をされるのでしょうか?

 

【A】

 

役員面接と言っても今までの面接とそれほど変わりません。どのような質問がされるかは役員次第です。

 

【Q】

 

最終面接で志望動機も自己PRも聞かれず、雑談だけだったのですが不採用なのでしょうか?

 

【A】

 

それまで選考をされているため、顔見せ程度の場合も多いです。しっかりと会話ができていれば十分です。勝手に思い込まずに連絡を待ってみましょう。

 

【Q】

 

最終面接などで『弊社は第一希望ですか?』と言われたら、「第一希望です」といった方がよいでしょうか?

 

【A】

 

「第一希望ではない」と言えば、印象が悪くなる可能性は高いです。「第一希望」と言えないのであれべば、悩んでいることを素直に伝えてもよいでしょう。あとはどのように伝えるかです。

 

【Q】

 

面接があるのですが、女性はやはりスカートで行くべきなんでしょうか?

 

【A】

 

女性だからといってスカートである必要はありません。自分の一番似合う格好でのぞみましょう。

【Q】

 

会社概要、事業内容はどれくらい覚えれば良いのでしょうか?

 

【A】

 

HPに掲載されている会社概要(従業員数、社長のお名前など)は知っておいた方がよいです。相手のことを調べることは基本ですので、それらのデータを志望動機などで反映させられるとよいでしょう。

 

【Q】

 

サークルの部長、ゼミ長など、エピソードがないとダメでしょうか?

 

【A】

 

面接は経歴を見るわけではありませんので、役職は関係ありません。例えば、ゼミでもサークルでもあなたがどのようなことを考え、どのような活動をされてきたのか、自分で行動してきたことが大切です。自分が行動したことを語りましょう。

 

【Q】

 

根性には自信があるのですが、「何でもやります」で熱意は伝わるでしょうか?

 

【A】

 

志は素晴らしいですが、それだけでは相手を納得させることはできない可能性が高いです。具体的に何をやりたいのかを話しましょう。

 

【Q】

 

他の人と差別化をはかるために、面接で特技を披露したほうがよいのでしょうか?

 

【A】

 

突然、パフォーマンスをすると失礼です。話の流れを見てやるべきか考えてください。できれば、話すだけでも伝わるようにしておきましょう。

 

【Q】

 

「自分の短所」など弱みを聞かれた際、正直に答えてもよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

大切なのは「弱みがあるかどうか」ではなく、「弱みを認識しているかどうか」です。弱みのない人はいません。あとは、それをどのように克服しようとしているのか、前向きな姿勢を伝えることが大切です。

 

【Q】

 

「最後に質問は?」と聞かれたら、絶対に質問すべきなのでしょうか?

 

【A】

 

「絶対」とまでいきませんが、質問をしたほうがやる気が伝わるでしょう。また、やる気がある人であれば、質問はたくさんあるはずです。無理に無難な質問をするとマイナスになるため気をつけましょう。

 

【Q】

 

面接で質問するときに「残業」について聞いてもよろしいのでしょうか?マイナスになるのでしょうか?

 

【A】

 

事前に調べられるようであれば調べたほうが良いでしょう。マイナスになるかどうかは言い方次第ですが、面接では聞かないほうが無難です。

 

【Q】

 

面接の最後に「何か質問はありませんか」など聞かれると思うのですが、その際、もう一度自己PRをしてもよいのでしょうか?

 

【A】

 

相手の質問の意図に沿っていないため、よくありません。聞かれたときにすべて伝わるように努力しましょう。もしも、満足されていなければ「質問はありません。誠に申し訳ないのですが、伝えきれなかったことがあり、補足させて頂いてもよろしいでしょうか?」というように一度伺ってから、自己PRについて話しましょう。

 

【Q】

 

他に受けている会社を聞かれたらどう答えるべきでしょうか?

 

【A】

 

正直に答えても良いですが、受験理由を説明できるようにしておきましょう。特に複数の業界を受けている場合は厳しく問われることがあります。すべて受験している企業について答える必要はありません。

 

【Q】

 

あがりやすく、うまく話すことができないのですがマイナスでしょうか?

 

【A】

 

面接は誰でも緊張するものです。多少あがっても構いので、自分の良さを伝えるようにしましょう。上手く話すことよりも、自分が伝わるかが大切です。心配であれば、練習して面接慣れしておいた方が良いでしょう。

【Q】

 

面接で後悔して、落ちたと思っていたのに内定することはあるのでしょうか?

 

【A】

 

あくまで評価を決めるのは自分ではなく、企業です。内定する可能性はあります。面接で後悔することもあるかもしれませんが、反省して次に生かしましょう。

 

【Q】

 

今度、母が昔働いていた会社(結婚して20年ほど前に退社しています)を受けるのですが、面接時にこちらから「母が昔働いていた」や「昔に御社で働いていた知り合いがいる」などと言った感じの事を言うのはだめなんでしょうか? 母の話を聞いたり先日会社説明会に参加して、会社の雰囲気や取り組みがとても良く、20年以上経った今でもそれが変わっていないのはとても魅力的だと感じたので、その事についても志望動機として触れたいと思っているのですが…。

 

【A】

 

志望動機の件ですが「社員の方に魅力を感じました」というのはよく見かけます。エントリーシートでは記入せずに面接で話されてはいかがでしょうか。例えば、「母や知りあいからお話を伺い、御社は〜な雰囲気があり、魅力を感じています」のように話すとよいでしょう。

 

【Q】

 

面接時に「他にどのような企業を受けていますか」と尋ねられた際に、ご縁がなかった企業であっても、答えてもよいのでしょうか? その場合は残念な結果に終わったことも告げる必要があるのでしょうか?

 

【A】

 

自分の評価を下げてしまう可能性がありますので、落ちた企業については言わない方がよいでしょう。

 

【Q】

 

面接等で志望度を聞かれますが、第一志望ではない場合はどうすればよいのでしょうか?もしも、嘘をついて内定を頂いて他の企業に行ったら申し訳ないです。

 

【A】

 

申し訳ない気持ちを持っているのはよいです。第一志望と言わないと企業がどう思うのかを考えてから、素直に答えましょう。

 

【Q】

 

面接で「入社してどんなことがやりたいのか」聞かれたら部署を答えてもよろしいのでしょうか?

 

【A】

 

部署だけを語るのではなく、その部署でを具体的にどのようなことしたいのかを答えましょう。

 

【Q】

 

面接についての質問なのですが、面接を受けるにあたって事前にどのようなことをしておけばよいのでしょうか? 特にソフトウェアの会社で志望理由意外でこれは聞かれるということがあれば教えてください。

 

【A】

 

業界特有の質問は志望理由の他はないです。一つだけ言えることは「エントリーシートに書かれてあること」は聞かれる可能性が高いです。面接を受ける前にはエントリーシート(提出物)を確認し、どんな質問がきても答えられるようにしておきましょう。そのために模擬面接をするのもオススメです。答えられない質問がわかります。

 

【Q】

 

面接で『私は』と必ず言わなくてはいけないのでしょうか?

 

【A】

 

「僕」「自分」などは幼さを感じさせてしまいますので、面接では「私」と発言しましょう。

 

【Q】

 

次の面接で漢字一文字で自己紹介しなければなりません。 どのように答えればよろしいでしょうか?

 

【A】

 

まず、自分の強みから考えてみましょう。例えば、自己PRから気になるワードをピックアップして考えるとよいです。キーワードから1文字拾うのが一番簡単です。「行動力」であれば「動」のように。

 

【Q】

 

グループディスカッションで「現在離職率が三年で三割と言われている」というテーマを与えられているのですが、何を言えば良いでしょうか?

 

【A】

 

グループディスカッションは回答よりもその場での「行動」を見ています。GDにのぞむ際には関連する知識があった方が良いため「第2新卒」について自分で調べてみてはいかがでしょうか。「なぜ、3年で辞めるのか、そうならないためにはどうすべきなのか」を考えるとよいかもしれません。

 

【Q】

 

グループ面接が全く通りません。志望動機も笑顔も周りの人に引けをとらないと感じているんですが、どうしたらよいでしょうか?

 

【A】

 

その場にいないのでよくわかりませんが、選考に落ちるということは「自分の魅力が伝わっていない」かと思われます。特に集団面接は時間が短いため、自分の一番の強み、やる気を短時間で伝えなければなりません。もしかすると、話の内容に問題があるかもしれません。自己PRや志望動機など、もう一度考えてみましょう。面接で良かった点、悪かった点も反省しましょう。

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ