就職活動のすすめ


    就職活動の法則    内定エッセンス   メルマガ登録   メディア掲載   著書   お問い合わせ
 

面接に役立つ話2〜面接質問集・面接対策・グループディスカッション編〜

面接に役立つ話を紹介します。



オススメ

受かる!面接力養成シート   

どんな質問がきても大丈夫。面接官の質問の意図に沿った「あなただけの回答」がすぐにできる。

面接で緊張しないための呼吸法

人生を左右する就職活動。緊張するのは当然です。緊張をほぐすために注目されている方法があります。「声にだしたい日本語」で有名になった斎藤孝先生が推奨する「丹田呼吸法」。鼻から空気を3秒間吸って、2秒間止めます。それから15秒かけて口からゆっくり息を吐く。これを6回繰り返します。実際に高校生を対象とした実験では単純な計算の計算効率が非常に上がるという結果が出ています。あなたの呼吸はどうですか?

私服

「私服でも構いません」と言われると悩むかもしれません。もしも、あなたが悩んでいるのならスーツで行きましょう。もしも、あなたがスーツ以外の服装で行った場合、頭の片隅で「本当に良いのだろうか」と不安になり、選考に集中できないかもしれません。もしも、面接官から「なんでスーツなの?」と聞かれた場合、「他の企業で選考がありましたので」と答ればよいでしょう。

面接で「声が聞こえない人」がいるそうです。どんな素晴らしい発言をしても伝わらないと意味がありません。常に面接中は声を張りましょう。ある人事部の方から「大声を10日間ぐらい出し続けるとよい」と聞きました。しかし、自宅で練習すると近所迷惑になる可能性もあります。タオルを口にあてながらすると良いかもしれません。あとは腹筋を鍛えること。どんな答えづらいことでも、ハッキリしゃべりましょう。

逆面接

自分から質問する面接のことを「逆面接」と言います。企業研究できているかどうか(熱意があるかどうか)が見られています。一般的に「話し上手」はたくさんいても、「聞き上手」はなかなかいないません。相手から引き出して話を続けるのは難しいことです。例えば、模擬面接で面接官役を体験すれば実感できます。「逆面接」はコミュニケーション力を図るには最適なのかもしれません。

のろけ

面接といっても普段の会話と変わりません。よく話が長い学生を見かけますが、面接官は飽きてしまい、話を聞いてくれません。面接ではなくても、自分の興味のない話を聞かされるのは嫌なもの。1日に何十人と話す面接官であればなおさらです。面接で回答をするには必ず「結論(相手が聞きたいこと)」を最初に話して、理由を簡潔に話しましょう。

敬語

敬語は誰に話しても不快な印象を持たせることはない素晴らしい言葉です。しかし、敬語が苦手な人も多いもの。面接ではマナー講師の方ぐらい素晴らしい敬語を話す必要はありません。相手に失礼にならないくらいで十分です。無理にきれいな敬語を話そうとすれば自分らしさがでないかもしれませんので必要以上に気にしないようにしましょう。

暗記

就職活動本に「話すことを暗記するな」と書かれていることがあります。しかし、暗記してはいけないというわけではありません。暗記していないように話せれば大丈夫です。そのために練習が必要です。例えば、俳優の人は台本を暗記して、練習して、その役になりきります。あなたも「俳優」になったつもりで、エントリーシート内容を覚え、心が込められるように練習しましょう。

目標

もしも、面接がうまくいかないとき、小さな「目標」を決めて行動しましょう。例えば、「面接で自己PRが聞かれたら絶対に答える」「面接会場に30分前に着く」など何でもかまいません。1つでも成功体験を増やすことで、自信を持てるように、スランプを脱出するきっかけになります。

面接で第一印象を良くする方法

人が初対面の相手と会うときに真っ先に見つめる場所は「顔」になります。そして、顔の中で一番最初に目に飛び込んでくるものは「目」。人が好きになるか嫌いになるかは「第一印象が80%を占める」と言われています。そのため、目によって相手に与える印象が決まります。しかし「目のかたち」は関係なく「眼光(目の輝き)」が大切です。

目の輝きはその人の目に入った光が反射して見えています。すなわち、瞳孔(黒目の入り口)が大きければ大きいほど、眼光も強く、鋭くなります。瞳孔は興奮時や何か興味を引かれたものを見るときに大きくなります。瞳孔の大きさは、好奇心の強さ、向上心の強さを表しています。「目の輝きがある人」=「好奇心がある、向上心がある人(=デキる人)」になります。

例えば、志望動機で「本当にやりたいこと」を語っている人は自然と目が輝き、それに面接官がひかれるからこそ評価が高くなります。もしも、面接で好かれたければ、自分の本当にやりたいこと、自分の本当の強みを語ることが一番です。



もっと知りたい方は「就活のすすめ」へ



同じ人でも気にしない

ごくまれに1次の面接官と2次の面接官が同じ場合があります。特に人事の方(採用担当者)の場合が多いです。もしも、面接で同じ人に出会ってしまった場合。「同じエピソードを話しても良いのだろうか」と悩むかもしれません。 実際に私がそのような場面に遭遇した時のこと。同じエピソード(自己PR)を話すと「この前も言っていたよね〜」のように言われたこともました。しかし、自信を持って発言していました。なぜなら、自分の1番の強みはどんな時でも変わりません。同じ面接官がいたとしても、自信をもってアピールしましょう。

トラップ応用編

就職活動の選考にはプレゼンテーションがあります。ある食品メーカーのプレゼンテーションでは学生3人で、テーマは「自己PR」について。プレゼンテーション終了後、他の学生から「質問タイム」がありました。

突然、想定していない質問をされると答えづらいものです。そのため、答えやすい質問しかこないようにするとよいです。例えば、プレゼンテーションの配布資料であなたの聞いてほしいことを抽象的に書きます。すると他の人は気になり、あなたの思う通りに質問してくれます。あらかじめ用意した答えを話せば、スムーズに進み、自信にもなります。プレゼンテーションは事前準備が大事です。

笑顔

面接中はずっと笑顔でいてもいいほど笑顔は大事です。例えば、美人でぶっきらぼうな人と、美人ではないけど笑顔が素敵な人、どちらが声をかけやすいでしょうか?まれに自己PRで「笑顔」を売りにしているのに面接本場で笑顔でない人を見かけますが、明らかに矛盾しています。もしも、笑顔になれない場合。例えば、緊張して顔が引きつっていたら、顔をマッサージしてみましょう。耳をひっぱると血行が良くなり、リラックスでき、笑顔になりやすくなります。

面接前に気をつけること

面接だけが選考だと思っていませんか?「そうじのおばさんスパイ説」など話ましたが、会社に一歩踏み入れた時から選考は始まっています。面接の時だけ元気よくしてもいけません。例えば、受付の人が派遣の人であっても元気よく挨拶します。あまりに態度が悪い人は採用担当者に告げられてしまうこともあります。

他にも面接会場に入る際には「ノック」に気をつけましょう。あなたは元気よく、リズムよく叩いているでしょうか?例えば、聞こえないぐらいの勢いで叩けば、面接官は「気が弱い人がくる」と想像するかもしれません。就職活動の選考ではすべての行動が見れています。面接以外でも気をつけましょう。

些細なことでも印象が良くなる方法

コミュニケーションをする上で「名前」は大切です。グループディスカッションでも「あちらの方はこういう意見を持っているようですが」と言われたら、あなたはどう思うでしょうか。あまり良い気分ではないはずです。名前で呼ぶと印象が変わります。「人事の方」と言うより「○○さん」、「社長」と言うより「○○社長」、これだけでも違います。 さらに上を行く方法が「祇園の教訓」で紹介されていました。舞妓さんはお客様の名前を直接聞かず、まわりの人の声・会話などから名前を覚えます。そして、お客様の名前を呼びます。お客様は名前を教えていないのに呼んでもらえ、舞妓さんに好感を持ちます。些細なことでも相手の喜ぶことをすることも大切です。

素直に回答することが一番

適性検査は正直に書きましょう。例えば、「嫌いな人がいる」「嘘を今までついたことがない」などの設問があります。嫌いな人がいない、嘘をついたことがない人はいません。適正検査は正直に答えないと「同じ質問」が繰り返し出題されるため、回答が矛盾します。さらに言い回しを変えているだけで同じ質問をしている場合もありますので注意しましょう。一番の対策は「素直に答えること」です。あなたは素直に回答していますか?



もっと知りたい方は「就活のすすめ」へ


しゃべる

人間はウソをついているときほど、口を閉じることが多くなると言われています。「どんな手がかりでバレるか不安…」と思っているからこそ、余計な情報を相手に渡さないように口を閉じます。「口を閉じること」は「心を閉ざしている」と思われてしまうかもしれません。 あなたがしゃべらないと「心を閉ざしている」と思われ、相手に「信用されない」かもしれません。面接では自分から話すぐらいの気持ちをもって臨むぐらいで十分です。あなたは話していますか?

度胸

面接で興味深い話を聞きました。ある出版社の面接でどんな質問に対しても「東京都出身です」としか言わなかった人がいるそうです。そして、その人は内定を頂きました。他にも最終面接で「はなわ」のマネをして、自分の町について弾き語りをして、内定を頂いた人もいました。この2人に共通する点は1つです。「誰もやらないことをしたこと」。就職活動では武勇伝を聞く機会もあるかもしれません。しかし、面接官との相性がよかっただけで同じことをして同じ結果が得られるとはかぎりません。真似すると危険ですのでやめましょう。

イジワルな質問

面接を受けると、面接官からイジワルな質問をされことがあるかもしれません。それはあなたの本音(本当のあなた)が知りたいからです。面接官はあなたが入念に準備することはわかっています。あえてその武装をはがすような質問をしているのです。しかし、面接官が聞きたいことはどんな質問でも同じです。「あなたがどういう人なのか」「自分の会社で働けるかどうか」。イジワルな質問に惑わされずに堂々と答えましょう。

集団面接ではまわりを気にしない

集団面接を受ける際にまわりを気にしすぎてはいけません。たとえ集団面接の中に優秀な人がいても、あなたが評価されれば通過できます。心理学では「同伴者効果」もあります。ステータスを持っている人の「近くに寄ること」で、結果的にその人自身のステータスもアップするように感じるというもの。

例えば、ある男性を「一人で立たせた場合」と、「美人を横につけた場合」では後者の方が「この男性には能力がある」という評価を受けます。つまり、集団面接であなたより優秀な人が座っていても、あなたの評価が上がりやすいかもしれません。まわりを気にせずに、今自分が何をすべきかを考えて面接にのぞみましょう。

本当に好きなの?

面接では「なんで、ウチの会社なの?」と聞かれます。私の場合、「なんでメーカーを蹴って、ウチに来たの?」と言われたことがあります。この質問は本当に熱意がなければ答えられません。「熱意」を伝えるには2つの方法があります。 1つ目は「夢」。「私は〜をしたい、だけど、御社しかできません、だから入社させてくだい」。2つ目は「他社との比較」。例えば、。携帯電話業界には「ドコモ」「au」「voderfone」の3つの企業がありますが「あなたが「au」を受けるとします。 その時に「ドコモさんには〜という強みがあり、voderfoneさんには〜という強みがあり、auさんには〜の強みがあります。しかし、私の実現したいことはauさんの強みを活かせたら、実現しやすいです。だからこそ御社を志望しました」と答えます。ここまで企業研究できるのは熱意があるからです。たった一つの発言でも熱意が伝わります。

本当に好きなの?

サークルを途中で辞めてしまった人もいるかもしれません。その時は「サークルに合わなかった」で済ませないようにしましょう。面接官に入社してもすぐに辞めるのではないかと心配させてしまいます。もしも、サークルを辞めている場合、「辞めた理由」を述べて、その反省を活かして自分がどうしているのかを話しましょう。あなたは辞めた理由をどう言っていますか?

他の部署

「他の部署に飛ばされたらどうするの?」という質問があります。模範解答として、「その飛ばされた部署でもやりがいを見つけて頑張ります」という答えが考えられるでしょう。そもそも「やりがいのある仕事」「やりがいのない仕事」は存在しません。自分が仕事に対して「やりがい」を見出すかどうかです。 前向きに答えるのなら「例え、空きがなくても実績を残して、すぐにでも希望の部署にいけるように頑張ります」というように発言するのもよいでしょう。いくらでも解答はあり、自分で考えることが大切です。「あなたの答え」を探しましょう。

笑顔を絶やさない

イジワルな質問をされて「嫌な顔」をしてないでしょうか。面接でどんな質問をされても常に笑顔です。実際に仕事をするとそのような場面が多くなるかもしれません。学生と社会人の違いの1つに好きな人以外ともつきあわなければならないことが挙げられます。あなたは笑顔で受け答えしていますか?

あがり症の方へ

●緊張を和ませる方法

■知っている顔を探す
■「あがっている」と告白
■上半身を動かす
■相手の視線をそらす
■手を使う
■ゆっくり息を吐く
■ジョークを飛ばす
就職活動において「知っている顔を探す」「相手の視線をそらす」というのは無理かもしれません。しかし、そのほかは簡単に行えます。特に「あがっていること」を告白するのが一番効果的かもしれません。 面接官はアイスブレイクのために「緊張している?」と聞く場合があります。その時は正直に「緊張しています」と言ったほうが気が楽になります。その他にも「上半身を動かす」「手を使う」のも効果的です。顔の緊張は手とつながっていることが多いそうです。

解説者になろう

面接でエントリシートと同じ内容を話さないこと。同じ内容を話すのなら面接をする必要がありません。エントリシートの内容を補足するように発言しましょう。例えば、あなたを野球の解説者だとします。同じ内容を発言している人は試合中、ピッチャーがボールを投げて「今のはボールでしょう」と発言しているようなもの。視聴者に役立ちません。たいてい「今のは見せ球で、この次は内角に来るのではないでしょうか」のように詳しく自分の意見を述べるでしょう。あなたは解説していますか?






新卒応援ハローワーク
新卒応援ハローワークの営業時間、連絡先など紹介。

ヤングキャリアコンサルタントの日記
新卒専門キャリアコンサルタント(ヤングキャリアコンサルタント)の日記

たった90日で就職活動を終わらせる方法
勉強会のブログ。9割の確率で4月までに就職活動を終えております。

就職活動五行歌ランキング
就職活動生の8割が感動する歌。面接に落ちたときには読んでみよう!

就職活動ベストブログランキング
簡単な自己分析方法からキャビンアテンダント対策まで就活に役立つブログが満載


自己PRコンテスト ▼自己分析ナビ ▼無料適職診断ナビ ▼僕と私の就職活動日記 ▼就職活動フォーラム


就職活動コラム

著書



内定の常識

自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート

面接力をアップしたい方へ
受かる!面接力養成シート

夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート

就職活動Q&A

就職活動体験記

エントリーシート

自己PR

志望動機

就職活動コラム(旧)

無料診断サイトなど

無料メールセミナー


『内定エッセンス』

勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


「いいね」を押すと就職活動に
役立つ情報が得られます。