就職活動のすすめ   


    就職活動の法則    内定エッセンス   メルマガ登録   メディア掲載   著書   お問い合わせ
 

正しい志望動機の書き方

志望動機に大切なことは「わかりやすさ」「具体的にやりたいことを書くこと」「誰も書けないこと」「お世辞をしないこと」。今まで「僕と私の就職活動日記」で公開してきた記事を紹介させて頂きます。



オススメ

内定者の教え

あっさり第一志望の企業から内定をもらえる学生が行っていること、考えていることとは?

就活のすすめ

マスコミ、総合商社、広告代理店、…人気企業の内定者も絶賛!就職活動に役立つ話とは?

20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわの法則」

「勉強になる」「初心に返れる」「30代だけど納得」など好評です。

内定エッセンス 



勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



海外ドラマに学ぶ就職活動

海外ドラマで必ず「悲しいこと」があります。「番組の打ち切り」。何事も「終わり」がつきものですが、海外ドラマの場合はとてもシビアです。視聴率が悪ければ、たとえドラマが中途半端な形に終わったとしても、打ち切りです。しかし、ドラマの存続を希望している人がいても制作費がなければ、ドラマを作ることはできません。

お客様がいなければ、ビジネスは成立しません。ビジネスの3要素に「ヒト、モノ、カネ」と言われくらい「お金」は大切です。人を動かすにも、制作物を作るにもお金が必要です。そのため、あまりにも志望動機で理想を語っている人がいると「企業研究ができていない」と思われます。

「一人のクライアントと徹底的にコミュニケーションを取ることで他にはない「たった一つの広告」を作る事が私の夢です。その夢をかなえるため一人ひとりのニーズに合った広告を作っている貴社を志望いたしました」

その人のために会社があるのではなく、会社のためにその人がいるはず。どのようにして会社に貢献するのか、どのようにしてお客様を喜ばせるのかを意識しないといけません。もしも、自分のやりたいこと(夢)がお客様のためになり、会社のためになるのであれば(お金を生み出せれば)とても素晴らしい志望動機です。あなたは理想ばかりを語っていませんか?

志望動機ではお世辞をしない

今まで「自分が何をしたいのか」考えてこなかった人にとって志望動機を考えるのはとても難しいもの。自己PRは過去のことを振り返れば見つかりやすいですが、志望動機はこれから(経験していないこと)も考えなければなりません。

志望動機のヒントは「過去」にありますが、なかなか見つかるものではありません。完璧な志望動機を作るための近道は「自己分析すること」。自分の価値観を明確にして、 それに合った「自分のやりたいこと」を考えることです。

しかし、自己分析を怠る人が多いものです。そのような人達がよくする「志望動機の間違い」があります。「御社で働いている社員の方にひかれて」「研修制度が素晴らしいので」「人のためになるお仕事」など「会社のお世辞を書くこと」。

社員の方を褒めても、事業内容を紹介しても、企業を褒めても意味がありません。会社の素晴らしい点を書いたとしても「あなた自身」についてわかりません。志望動機は「あなたが入社して何をしたいのか」を聞きたいのです。志望動機ではお世辞をせずに、自分の価値観、やりたいことを伝えましょう。あなたはお世辞をしていませんか?

志望動機で具体的にやりたいことを書く方法

世の中にはいろいろなビジネスがあります。先日、新聞で「学校裏サイト・ネットいじめ対策コンサルティング」というサービスが紹介されていました。目の付けどころはよいかもしれません。しかし、教育問題を考えれば、継続して欲しくないサービスです。

ビジネスやサービスを考える上で欠かせないのがお客様。「お客様」がいないとビジネスは成立しません。お客様を簡単に言えば、「悩んでいる人、困っている人」とも言えます。その人達に対してサービスを行うことがビジネスになります。例えば、広告代理店の場合。「代理」と言われるようにクライアントが自社の力だけでは商品(サービス)のデザイン、PRなど行えないからこそ存在します。

志望動機では入社してやりたいことを具体的に語ることが大切です。あなたの「やる気」が伝わるからです。もしも、具体的にやりたいことが思い浮かばなければ、身の回りで困っている人を考えましょう。「自分にとって最高のお客様とは誰か?」と考えてみるのもよいです。

その人の悩みを解消することが志望企業で行えないかどうか考えます。それが入社してやりたいことになるかもしれません。その対象(お客様)があなたにとって大切な人であればあるほど想い(やる気)が採用担当者に伝わります。あなたのお客様はどんな人ですか?

赤ん坊は志望動機が言えない

志望動機を掘り下げて聞くために「何で好きなのか」学生の方に質問をしたときのこと。学生からこのような回答がありました。

「生まれつきでしょうか」

面接官は納得しません。何で好きなのか、何でやりたいのかは「何か経験してきたから」こそ言えること。例えば、突然、赤ん坊が「広告を作りたいです」と言うことはありません。今までに素晴らしい広告を見る、イベントに参加するなど、何か広告に関わるような経験をしてきたからこそ、やりたいと思うはずです。

志望動機でやりたいことを語るのは素晴らしいのですが、どうしてやりたいのかを説明できなければ、相手には響きません。「ただ好きだから」ではなく、「なぜ好きなのか」まで考えて、志望動機を書く必要があります。あなたはなぜ好きなのですか?

将来の自分と同じ年齢の人をイメージすること

「3年後、どのような仕事をしていたいですか」「10年後どのような人になりたいですか」エントリーシートでは将来に関する質問があります。しかし、あまりにも先のことでなかなか思いつかないかもしれません。

そこで少しでも考えやすくするために「実際にその年齢の人」をイメージしましょう。 志望企業にいる同じ年齢の人、無理なら有名人でもかまいません。そして「その人のようになりたいか」「自分は同じようになれるか」など考えれば、将来について考えやすくなります。

また、想像するだけではなく、実際に会うことができれば、本人に会うのも良いです。 あなたはすぐに将来がイメージできますか?


もっと知りたい方は「就活のすすめ」へ


カッコいい志望動機は説得力がない

「307億ドル」あなたは何の金額かわかるでしょうか?世界第3位の富豪で、世界一の投資家と呼ばれるウォーレン・バフェット氏による「寄附金額」です。お金持ちはよく寄付をします。心から社会に貢献しようと思っているからです。志望動機を添削していると「カッコいい言葉」をよく見かけます。

「仕事を通じて社会貢献をしたい」

志望動機で社会貢献について書く人は「社会貢献=いいことをする」のように考えている場合も多いです。そもそも仕事すること自体が社会貢献です。社会に役立たない仕事は存在しません。給料をいただくかぎり、社会だけではなく、会社に貢献する必要があります。志望動機を書く際には社会だけではなく、企業に貢献することも書きましょう。あなたはどのように貢献しますか?

恥ずかしい志望動機

企画をするうえで一番恥ずかしいのが「すでにある企画を提案すること」。自分でリサーチ不足であることをアピールしているようなものです。エントリーシートでは「新サービスの企画」「具体的に仕事でやりたいこと」など書くことがあります。その際に「企業研究不足」をアピールしないように、すでにある企画を提案しないように気をつけましょう。

志望動機を考えるうえで大切なことの1つに「志望企業にしかない強みを考えること」が挙げられます。そのために競合他社についても調べます。「競合他社にはない志望企業の強み」「同様の企画があるかどうか」がわかるでしょう。このようにあらゆる面から考えることが大切です。

例えば、志望企業にしかないもの(強み)として「社員」が挙げられます。よく「社員の方が魅力だから志望しました」という志望動機を見かけますが良くありません。なぜなら、その企業を受験する人なら誰でも書けてしまうからです。また、どの企業にも素晴らしい社員の方がいます。

その企業でなければならない理由として説得力がありません。志望動機はどんな人でも納得する答えをしなければなりません。あなたは志望企業にしかない強みを言えますか?

内定先の見極め方法

内定を複数いただいた学生から「A社とB社、どちらがよいでしょうか?」 のように質問されることがあります。私はたいてい「自分で決めましょう」と答えます。人に言われて決めるものではなく、自分で決めることだからです。

たとえ、私の知人がA社で活躍していても、その人が活躍できるかは別問題。それぞれの企業に良さがあり、的確な判断ができるのはその人自身です。実際に自分で見たこと、聞いたことをもとに内定先について判断するしかありません。 どちらを選んでも本人にとっては正解。あとは入社後に努力すればよいだけです。実際に相談を受けているとすでに「答え」が出ていることがあります。

例えば、質問を繰り返していると、A社ばかり熱く語り、B社についてはそれほど語らないことがあります。この場合、間違いなくA社がよいでしょう。自分で把握するには企業のメリット、 デメリットを挙げるのが一番です。内定先のメリット、デメリットを挙げることで「自分の答え」が見えてきます。例えば、「残業時間が少ない」 「給料が低い」でも何でもかまいません。 それぞれの企業のメリットの数を比較したり、 下記のようにポイントで考えるのもよいです。

「メリットーデメリット=自分の志望指数」

A社のメリットの数が「5」、デメリットの数が「1」 。 B社のメリットの数が「4」、デメリットの数が「2」と仮定します。 A社のポイントは4、B社のポイントは2になり、A社のほうが自分に向いているかもしれません。

また、メリットを思い浮かびやすい企業のほうが自分に合っているかもしれません。たいてい最後に判断するときには直観になりますが、このように「基準」を設けると考えやすくなります。あなたはどんな基準を設けていますか?


もっと知りたい方は「就活のすすめ」へ


あかさたなはまやらわの法則(シェア自由)





志望動機例

志望動機例(マスコミ業界[テレビ/広告/出版/新聞/音楽])  志望動機例(電気/機械/材料メーカー)  

志望動機例(医薬/化学/化粧品メーカー)  志望動機例(食品/水産/農林メーカー)

志望動機例(繊維/アパレル服飾/印刷/自動車販売)  

志望動機例(都銀/信託/外銀/地方銀行/生命保険/損害保険/証券/投資/クレジット/リース) 

志望動機例(総合商社/専門商社)  志望動機例(情報/通信/コンサル)

志望動機例(トラベル/建設/住宅/不動産/ホテル/レジャー/流通/小売/レストラン/フード)  

志望動機例(人材/教育/インフラ/官公庁/医療/福祉/その他/航空/運輸)






ヤングキャリアコンサルタントの日記 (TOEIC900点勉強法)

たった90日で就職活動を終わらせる方法
勉強会のブログ。9割の確率で4月までに就職活動を終えております。

就職活動五行歌ランキング
就職活動生の8割が感動する歌。面接に落ちたときには読んでみよう!

就職活動ベストブログランキング
簡単な自己分析方法からキャビンアテンダント対策まで就活に役立つブログが満載

新卒応援ハローワーク
新卒応援ハローワークの営業時間、連絡先など紹介


自己PRコンテスト ▼自己分析ナビ  ▼僕と私の就職活動日記 ▼就職活動フォーラム



就職活動コラム

著書



内定の常識

自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート

面接力をアップしたい方へ
受かる!面接力養成シート

夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート

大学時代を後悔しないための52のリスト
大学時代を後悔しないための
52のリスト

就職活動Q&A

就職活動体験記

エントリーシート

自己PR

志望動機

就職活動コラム(旧)

無料診断サイト

無料メールセミナー


『内定エッセンス』

勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


「いいね」を押すと就職活動に
役立つ情報が得られます。