就職活動のすすめ   


    就職活動の法則    内定エッセンス   メルマガ登録   メディア掲載   著書   お問い合わせ
 

正しい自己PRの書き方

自己PRに大切なことは「わかりやすさ」「いつでもどこでも出来る」「誰も書けない」「誤字脱字がない」こと。



オススメ

すぐに自己PRが作れる!「受かる!自己分析シート」  

質問に答えるだけで自己PRが作れる「魔法のワークシート」。

内定者の教え

あっさり第一志望の企業から内定をもらえる学生が行っていること、考えていることとは?

20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわの法則」

「勉強になる」「初心に返れる」「30代だけど納得」など好評です。

内定エッセンス 



勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail


自己PRを1つしか作らないのはダメ

3か月間、ある学生は同じ内容の自己PRを企業に提出し、すべての企業の選考に落ちました。その間、選考に落ちるたびに表現は変えるものの、エピソードを全く変えようとしません。その後、今までの就職活動を反省し、自己PRのエピソードを変えました。すると、それまでのことが嘘のように選考が進み、志望企業から内定をいただきました。一見するとハッピーエンドのように思えますが、とても恐ろしいことです。

もしもエピソードを変えなければ、ずっと内定をいただくことはできません。特にこのような人は自己PRを1つだけしか作らず「これしかない」と決めつけています。そのエピソードの大半が「サークル」もしくは「アルバイト」。本当に頑張ってきたことなら良いのですが「ウケがよさそうだから」という単純な理由でこだわることが多いもの。

しかし「ウケがいいか」を決めるのは採用担当者です。あらゆる可能性を吟味して自己PRを作成しなければなりません。そのために自己分析を行い、過去の経験・エピソードを振り返り、複数の自己PRを作ることが大切です。量が質を生みます。あなたは自己PRを何個作りましたか?

自己PRはいきなり箇条書きで書かない

「1を知っていれば、1を教えることはできません。100を知っていなければいけません。(できる人の教え方)」 人に教えるためには教える人以上に 知っていること。エントリーシートや面接でも採用担当者に自分を伝えるためには担当者以上に自分について把握していなければなりません。しかし意外と自分のことは知っているようで知らないものです。自分を知るための努力を惜しんではいけません。

よく自己分析を怠たる人の「自己PRの間違い」として「箇条書きで自己PRを書くこと」が挙げられます。箇条書きは相手に自己PRを読みやすくするためにとても良い方法です。しかし、そのような人の箇条書きのエピソードは抽象的なことばかり。例えば、飲食店でアルバイトをした人であれば、「お客様をいつも笑顔にしました」「効率的にスケジュールを管理しました」などです。その人の良さが伝わってきません。

まず、自己PRを書く際には文章が長くなっても良いので、箇条書きを使用せずに書いてみましょう。それから「見せ方(箇条書きを使用すべきか)」を考えます。あなたは箇条書きでいきなり書いていませんか?

自己PRを簡単に作成する方法

自己分析を行い「自分の強み」を見つけて、それを確実に裏付けるエピソードがあれば、簡単に自己PRを作成できます。自己PRが簡単に作成できない人は「自分の強み」がわからない場合が多いもの。それには理由が2つあります。

まず、過去の経験についてしっかり振り返っていないこと。素晴らしい経験をしているのに「自分には強みがない」と思いこみ、過去について詳しく考えようともしません。 「今まで頑張ってきたこと」や「夢中になってきたこと」を振り返れば、「強み」が見つかるかもしれません。

次に、勝手に自分の強みを「これだ」と決めてしまうこと。その強みに合うような経験(エピソード)を無理して探します。それをもとに自分の強みを裏付けようとするのですが、無理しているため満足しません。自信のなさや不安が相手に伝わり、自己PRの評価は低くなります。さらに自信をなくし、「自分の強みがわからない」と悩むことに。

そのような悪循環にならないためにも、しっかりと自己分析を行い、自分の過去を振り返ること。強みからエピソードを探すのではなく、エピソードから強みを探します。あなたの強みは何ですか?

塾講師の自己PRはよいのか?

よく見かける自己PRのエピソードで「塾講師」があります。複数の相手(生徒)に教えることから、コミュニケーション力が身につくアルバイトです。生徒に理解できるように伝える必要があり、そのための教材作り、準備などはとても大変です。しかし、塾講師の自己PRのほとんどが結果(生徒の合格数・点数アップ)ばかりを強調し、「努力の部分」がしっかりと書かれていないものです。

「例えば、ある生徒が模擬試験で偏差値27という衝撃的な成績をとってきた時も、問題点をリストアップして、それまでの授業方針を見直して基礎に的を絞った授業を行なうようにしました。その結果、次の模擬試験では偏差値を20アップすることが出来ました」

一番知りたいのは「努力の部分」です。人に教えるのはとても大変なこと。その経験を採用担当者に伝えましょう。中退者でもどんな若者でも受け入れる理容室「パンダ理容室」のマスター末好さんはこのような話をしていました。

「地位を残す、財産を残す、人を残す。どれでもいいけど、人を残すことは一番難しいぞ」

今まで塾講師として学生に勉強をわかりやすく伝えていたはずですが、今度は「自分の過去について」担当者にわかりやすく伝えましょう。あなたは塾講師のアルバイトをしていますか?

日本一な自己PRの作り方

53年ぶりに中日が優勝しました。MVPは中村紀洋選手。これほど感動的なドラマはありません。中村選手は中日ドラゴンズに育成選手として年俸400万円で入団し、一番下っ端の選手から「日本一の選手」に輝きました。人を感動させるには「ギャップ」が大切です。ゼロからプラスの場合とマイナスからプラスの場合では全く印象が異なります。

自己PRでも結果・成果など素晴らしいことばかりを述べるのではなく、どれだけ辛い・困難な状況だったのかを述べると、あなたの魅力や人間性が担当者に伝わりやすくなります。特に「塾講師」「カフェのアルバイト」「コンビニエンスストアのアルバイト」「飲食店のアルバイト」などのエピソードは他の人と似てしまうため必要とされます。あなたは素晴らしさだけ伝えていませんか?


もっと知りたい方は「就活のすすめ」へ


徹夜の自己PR

「体力」をアピールする場合、「部活動・スポーツ」で説明する人が多いです。その次に見られるのが「徹夜」について。 体力だけでなく「どんなことでも成し遂げること」をアピールしています。

しかし、「なぜ徹夜をしたのか」を考えると疑問が残ります。例えば「3日間徹夜をして、ゼミで共同論文を発表して賞を頂きました」という文章があるとします。あなたは「頑張ってくれそう」「ガッツがありそう」など思ったかもしれません。

見方を変えるとどうでしょうか。「スケジュール管理ができていない」とも考えられないでしょうか。あらかじめメンバーと協力してスケジュールを調整して論文に取り組めば、徹夜することはなかったはず。

仕事でも残業して頑張ることがよいとは限りません。残業せずに仕事を終わらせる人が 本当の仕事ができる人です。つまり「徹夜」をアピールすると自分のスケジュール能力のなさをアピールしているようなもの。あなたは徹夜をアピールしていませんか?

奇抜なエピソードが良いとは限らない

「ガンジス河でバタフライ 」長澤まさみさん主演のドラマです。このタイトルを見たとき、とても興味がわきました。偶然、ストーリーも就職活動の面接で「ガンジス河でバタフライ をしました」と嘘を言ってしまい、実現させるために本当にインドへ行ってしまうというものでした。

「ガンジス河でバタフライ 」

本当の就職活動で自己PRをしたらどうなるでしょうか。ドラマではただウケを狙って話していましたが、この後、何を話をするかによって評価は変わります。例えば、この話を「行動力があること」をアピールするのであれば十分PRとして成立します。例えば、ガンジス川でバタフライをするまでの計画、それに至るまでの苦労話をすれば、とても説得力があるでしょう。 エピソード自体を強調して話すのではなく、それに至るまでのプロセス・体験したからこそわかることを伝えることによって、魅力的な自己PRになります。奇抜なエピソードが良い自己PRとは言えません。くれぐれも注意しましょう。あなたは奇抜なことをしていませんか?

正しい自己PRの作成手順

バスケットボールを経験している人はバレーボールが上手な場合があります。スポーツの場合、「経験」があると、それを応用して他のスポーツに活かせます。自己PRを楽に書くのにも「経験」が必要です。例えば、就職活動の自己PRは3つに分けられます。

「50文字程度のショート自己PR」
「200字〜400文字程度のノーマル自己PR」
「800時程度のロング自己PR」

自己PRには書く順番があります。最初は「ロング自己PR」から書くこと。「ロング自己PR⇒ノーマル自己PR⇒ショート自己PR」のように文章が長いものから短いものを書き、文言を削ります。エピソード(経験)を削るため、作業はとても楽です。しかし、ショート自己PRから書き始めたらどうでしょうか?

ショート自己PR、ノーマル自己PR、ロング自己PRと書くと、その度に考えなければなりません。0から1を生み出す作業はとても大変で、非効率的です。最初からエピソードを出していれば(経験があれば)、効率的に自己PRを作成することができます。あなたはどの自己PRから取り組んでいますか?

正しい自己PRのイメージ

自分が思っていること、考えていることは相手にはわかりません。だからこそ、相手に伝える必要があります。しかし、ただ伝えるだけでは相手に伝わりません。例えば、突然、このようなことを知らない人から言われたらどうでしょうか?

「あなたのことを愛しています」

話し方にもよりますが、言葉だけをみると どれだけ愛しているか(想い)が伝わりません。 それでは、

「世界中の誰よりもあなたを愛しています 」

と言われたらどうでしょうか?その人の想いが伝わってこないでしょうか?特に感情は相手に伝えることは難しいもの。「具体的に」話さないと相手に伝わりません。エントリーシートでも「具体的」に伝えることが大切です。先日、自己PRコンテストの自己PRの感想で 興味深いコメントがありました。「素晴らしい内容だと思います。しかし『性能を向上させた』ことを伝えているだけの感じもします」その自己PRがこちらです。

自己PR

何事にも粘り強く挑戦します。レースカーを製作するサークルでは、胴体性能の向上に挑戦しました。ネットなどから、1000種類以上のデータを集め、1個ずつソフトにかけ最適なデータを絞り分析・改良し、抵抗を減らす基礎データをまとめました。また、胴体の外観や運転手の乗り心地、安全性についても徹底的に意見交換し追求しました。除去した危険部品の機能をカバーするために、今までの要求を満たす材料、構造を試行錯誤し見つけ出しました。結果、無理だろうと言われつつも胴体の性能を向上させることができました。(243文字)

多少わかりづらいところがありますが 具体的に書こうとしていることは伝わります。 残念なことに「サークル」についてはわかりますが「書いた本人」についてはわかりません。自己PRで大切なことは 「学生時代に頑張ってきたこと」を 採用担当者にイメージさせることではなく、「自分が仕事ができそうかどうか(自分について)」を採用担当者にイメージさせなければなりません。

また、現在の自己PRでは他のサークルのメンバーでも書けてしまう可能性があります。そうならないための方法はいくつかありますが、その1つに「自分の考え」を書くことが挙げられます。

自分が行ってきたことばかり書くのではなく、その行動の「背景」や「考え」を書きます。例えば「どうしてそのような行動をとったのか」を書きます。他のサークルのメンバーは自分とまるっきり同じことを考えられないため、他の人と差別化ができ、自分だけの自己PRになります。反対に自分の考えばかり書いていると、今度は本当かどうかわからず、信憑性に欠けます。事実と自分の考えとのバランスが大切です。あなたの自己PRはどんなイメージですか?


もっと知りたい方は「就活のすすめ」へ


継続はPRなり

昼食でカレーを7年間食べている有名な方がいます。マリナーズのイチロー選手。試合に出かける前に必ず自宅で奥様のカレーを食べてから試合に出かけます。カレーをよく食べている人はいるかもしれませんが、7年間も続けている人はなかなかいません。7年間同じカレーを出し続けている奥様も立派です。

また、朝日新聞のトップランナーでウォルト・ディズニー・ジャパンの社長が紹介されていました。日本法人の立ち上げから現在に至るまでのエピソードが紹介されていたのですが、とても興味深いエピソードを発見しました。

「12年間、毎日腕立て伏せを200回している」

腕立て伏せを毎日するのも簡単そうですがなかなかできません。粘り強く何事にも頑張ってくれそうな気がします。写真を見て頂くとわかりますが、頼もしい体格をされています。カレーを食べることも、腕立て伏せも、誰もができる行動です。誰にもできる行動でも、継続することによって「驚き」に変わります。もしも、長期間継続しているものがあれば、「特技」などでアピールしてみましょう。あなたは何を続けていますか?

世界に通用する自己PR

よくテレビ番組を見ているとこのような表現があります。

「この広さは東京ドーム5個分です」

いつからこのような表現が出きたのかわかりませんが、東京ドームのブランディングには役立っているのではないでしょうか。この表現の面白いところは何となくしかわからないところ。誰も東京ドームの正確な大きさはわからないはずですが「大きいのだろうな」と推測できます。誰もが知っているもので表現することはとても相手に伝わりやすいです。逆に自分しか知らないもので説明すると良さが伝わりません。

就職活動で一番わかりやすい表現が「数字」。中国人であろうと、アメリカ人であろうと数字の価値はわかりません。世界で通用する表現です。「サークルのメンバーが100名」、「アルバイトの売り上げが30万円にアップ」などいろいろ使うことができます。しかし、お金を表現する場合、社会人とは金銭感覚が違うため工夫する必要があります。「30万円」と言っても「それぐらいか」と思われてしまうこともあります。転職活動の場合も同じですが、業界によって扱う金額が違うので一概に売上金額だけでは判断できません。

例えば、100万円。100円の商品を10000個売り上げるのと100万円の広告を掲載して頂くのでは労力が異なります。明らかに10000個売り上げた人の方が活躍してくれそうです。そのため、転職の場合は前年比200%アップのように業界に左右されない表現でアピールします。お金を表現する場合は過去と比べてどれだけアップしたのかを書くと効果的です。あなたは数字を使っていますか?

自己PRのキャッチコピーの正しい書き方

「キャッチコピーと具体例があっていない」

毎年、自己PRを添削するときに必ず注意することです。キャッチコピーとは下の自己PRで言えば「私は伸び続ける『ゴム』です」という文言。

私は伸び続ける「ゴム」です。コールセンターのアルバイトでは、スキル向上の為、上司の対応や意見を聞き効率的な対応を常に追求しています。それは、お客様の状況を的確に把握することと、トークスキルを求められるからです。なぜなら、お客様から頂いている貴重な時間ですから、無駄にすることなくご納得頂く為に重要となります。結果、自分の言葉でお客様にご納得頂ければ、それが成長を促進する何よりの「力」です。今では、後輩を指導することも増えましたが、自分自身もより良い対応を心掛け、日々成長していけるよう努めています。 

キャッチコピーと具体例が合っていない人の特徴は2つあります。ひとつは「自己評価が高すぎること」もうひとつは「キャッチコピーをそれほど考えていないこと」。自己評価が高くなるのは人間なので仕方ありませんが、客観的に自分について把握すべきです。キャッチコピーはたくさん考えた方が良いコピーが書けます。あなたのキャッチコピーはどうですか?

心を惹きつける「自己PRのキャッチコピー」の書き方

ブログのアクセス解析をしていたときのこと。興味深いキーワードで検索されて、ブログを訪問した方がいました。

「メール 就職活動 謝罪」

何かミスをしたに違いありません。突然ですが、あなたはいつも怒っている人に怒られるのと、全く怒らない人に怒られるのはどちらが怖いでしょうか? 怒らない人の方が怖いはずです。それは慣れていないからです。自己PRのキャッチコピーでこのような表現を見かけます。

「広い視野で状況を判断できます」
「物事に対し他にもっといい方法が無いかを常に考えています」
「課題を認識し目標を達成することができます」
「自分を成長させるための努力が大好きです」

たくさんエントリーシートをチェックしている採用担当者なら嫌というほど見ている表現に違いありません。このような表現にとても慣れています。いつも怒っている人と同じように印象に残りません。 上手なキャッチコピーを書くためには相手の慣れや相手の常識を覆すことが大切です。保守的(静的)な表現がアクディブな表現に変わると興味が湧きます。例えば、「攻撃的な調査」という表現。調査というのが静的な表現に「攻撃的」というアクティブな表現を持ってくることで「驚き」を与えます。「私は『動く陶芸』をしてきました」「 私は『走る読書』をしてきました」など何でも組み合わせることができます。しかし、キャッチコピーにこだわりすぎ、エピソードで裏付けできなければいけません。そこで、

私は「動く陶芸」をしてきました。16年間取り組んできた「新体操」を活かして、粘土をボールのように扱い、大学の体育館で踊りながら作品を創作してきました。・・・・・

というようにエピソードで説明します。キャッチコピーは簡単にできるものではありません。プロのコピーライターの方でも1000本コピーといって、1000本以上コピーを考えています。安易な表現はやる気のなさを感じさせますので注意しましょう。あなたのキャッチコピーは驚きますか?

笑顔でないと犯罪

世界は面白い条例や法律があります。例えば、ドイツで犬を飼うのにはある一定以上の面積を確保しないと飼えないという法律があります。昔、アメリカのアイダボ州では、「笑顔でいなければならない」という法律がありました。厳密にいえば「不機嫌な顔をしてはいけない」というもの。もしも違反すれば、笑顔の講習を受けなければなりません。 今ではなくなってしまったそうですが、スマイルデーやスマイルコンテストなど今でもあるそうです。ある学生が「笑顔」についてこのように述べていました

「面接で笑顔は誰よりもいいのに受からない」 「笑顔じゃやないから落ちた」

毎年、「笑顔」にこだわる女子学生を見かけます。まず、面接は総合評価ですので「笑顔」だけでは評価は決まりません。さらに「笑顔」は誰もが持っているので、笑顔【だけ】では評価もそれほど高くありません。面接は笑顔自体よりも笑顔をさせる「何か」、笑顔を活かして「何をしているのか」が知りたいのです。

もし、先ほどご紹介したスマイルコンテストで優勝をすれば、笑顔の素晴らしさだけではなく、笑顔のための【努力】や【行動力】が評価されます。ある学生は笑顔を活かして、事務のアルバイトでたくさんのクレーム処理をしたことについてアピールしていました。 自己PRに限らず、笑顔でいることはとても素敵なことです。笑顔が自慢であれば、どんなときでも笑顔でいましょう。例え、選考に落ちたとしても、内定がもらえていなくても同じです。自分が笑顔でないと周りも笑顔にはできません。あなたは笑顔ですか?

あかさたなはまやらわの法則(シェア自由)




自己PR例文

自己PR例文(行動力)  自己PR例文(アパレル)  自己PR例文(アルバイト)  自己PR例文(部活動)

自己PR例文(サークル)  自己PR例文(大学生活)  自己PR例文(インターンシップ)  自己PR例文(問題解決力)

自己PR例文(居酒屋アルバイト)  自己PR例文(笑顔)  自己PR例文(勉強・資格)

自己PR例文(ボランティア)  自己PR例文(ゼミ・研究室)  自己PR例文(スーパーのアルバイト) 






ヤングキャリアコンサルタントの日記 (TOEIC900点勉強法)
新卒専門キャリアコンサルタント(ヤングキャリアコンサルタント)の日記

たった90日で就職活動を終わらせる方法
勉強会のブログ。9割の確率で4月までに就職活動を終えております。

就職活動五行歌ランキング
就職活動生の8割が感動する歌。面接に落ちたときには読んでみよう!

就職活動ベストブログランキング
簡単な自己分析方法からキャビンアテンダント対策まで就活に役立つブログが満載

新卒応援ハローワーク
新卒応援ハローワークの営業時間、連絡先など紹介。


自己PRコンテスト ▼自己分析ナビ  ▼僕と私の就職活動日記 ▼就職活動フォーラム



就職活動コラム

著書



内定の常識

自己分析でお悩みの方へ
受かる!自己分析シート

面接力をアップしたい方へ
受かる!面接力養成シート

夢をかなえたい方へ
今度こそ「なりたい自分」になる夢ノート

大学時代を後悔しないための52のリスト
大学時代を後悔しないための
52のリスト

就職活動Q&A

就職活動体験記

エントリーシート

自己PR

志望動機

就職活動コラム(旧)

無料診断サイト

無料メールセミナー


『内定エッセンス』

勉強会、ブログなどで紹介した「就職活動において大切なこと」を 3秒で効率的に学べます。毎日、
無料配信されます。

読者の声!

「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」

「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

下記フォームに入力して
登録ください↓

PCmail


「いいね」を押すと就職活動に
役立つ情報が得られます。