内定者1000名以上輩出!新卒専門のヤングキャリアコンサルタントが就職活動を応援!

自己分析の方法50

注目情報


内定者の教え
あっさり第一志望の企業から内定をもらえる学生が行っていることは?

就活のすすめ
人気企業の内定者も絶賛!本当に就職活動に役立つ話とは?

20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
関連:フェイスブックで10万いいね!伝説の「あかさたなはまやらわの法則」とは

自己PR例300以上!日本一の自己PRを決める!→「自己PRコンテスト

自己分析の方法50

●自己分析を始める前に

 

自己分析を始める前にしなければならないことがあります。 それは「先入観を持たないこと」。自分はこういう人間だという思い込みをもっていると、 思っている方向で自己分析してしまい、役立ちません。 まずは自分をリセットするつもりでそのような固定観念は捨てましょう。

 

●たった5分で自己分析

 

1番手っ取り早く自己分析できるのが「適職診断サイト」。 リクルートが提供する「R−CAP」が有名ですが、料金がかかってしまいます。 しかし、無料できて、正確な自己分析ができるサイトもあります。 その中でもオススメなのが「毎日キャリアナビ」。 SPI試験も受験することができます。適職診断はあくまで参考程度にとどめ、 本格的に自己分析をする際には自分で考えながらしましょう。

 

●アルバムの写真を振り返る

 

自己分析を頭の中や紙に書いたりしても、わからなくなってしまうことがあります。 そこでオススメなのが学生時代のアルバムの写真を見直してみること。 その中には「いい顔」を写真があるはず。そんな写真を見ながら、「なぜ、いい顔をしているのか」 「このとき、どのように考えていたのか」など考えてみるとよいでしょう。 もし、大学時代の写真なら、そのまま自己PRのエピソードとして使えることもあります。 実際にエントリシートでも写真を貼って説明する課題もあります。

 

●他の人に見てもらう

 

面接は第一印象が大切。第一印象をもとに面接は進められます。 自己分析をして自分なりの結論を出すことは 大切なのですが、全くそれが印象と違うと 面接官に疑われてしまいます。例えば、色白で細いのに「体力に自信があります」と 言われても、初対面の面接官は疑ってしまいますよね? 本当ならギャップ効果があってポイントは高いのですが、 自分が堂見られているのかをは把握することは大切です。 そこで自己分析をしたら、友達、両親に意見を伺いましょう。 聞きづらいかもしれませんが、自己分析のため。チャレンジをしましょう。

 

●自己分析に期間を設ける

 

もし、就活ノートを持っているのなら、 「1ヵ月後に自分のやりたいことを少なくとも3つ見つける」 と書いてみましょう。特に志望動機に悩んでいる方はおすすめ。 こうすることによって自己分析の目標がさだまり、 だらだら自己分析をする必要はありません。 他にも「絶対内定のワークシートを3ヶ月で100回くりかえす」 「1週間後に長所を100個あげる」でも構いません。 「1週間」「1ヶ月」「3ヶ月」など、 大事なのは具体的に期間を決めることです。

 

●憧れの人で自己分析

 

あなたには憧れている人はいますか?憧れているというのは、その人になりたいと思っている証拠。 あなたの将来しようとしていることを実際にしていることになります。 そこで、あなたの憧れている人、素敵だなと思う人を5人挙げてみましょう。 そして、なぜ憧れているのか、どこが素敵なのか、理由を考えてみましょう。 実在の人物、歴史上の人物、漫画のキャラクターなど何でもOKです。

 

●通信簿で自己分析

 

昔、通信簿をもらう時、どうしていたでしょうか?受け取ったと同時にこっそり見てすぐにバックにしまったり、 あまりにも成績が良すぎて見せびらかしたり、色々な対応をしていたかと思います。 しかし、その時、あまり見られていない大切な項目があります。 それは「先生のコメント」。必ず、あなたの生活態度など詳しく書いてくれています。 やはり家族と同じく学校の先生とは付き合いが長いです。 そのようなことからあなたの性格を把握してくれている存在でもあります。 そんな先生のコメントは的確です。是非とも自己分析の参考にしましょう。 小学生から高校生まで資料(通信簿)はたくさんあります。

 

●100本自己PRで自己分析

 

今までの人生で自慢できることを挙げましょう。そうすることによって、自分の性格や好きなことが見えてきます。 最低でも100個。そうやってあげていくうちに、プラスなことしか考えないので前向きになれます。 ささいなことでも構いません。生まれてから今に至るまで、絶対に100個以上はあるので諦めずに頑張りましょう。 そのリストを見ると、自分の性格や好きなことが赤裸々にわかります。

 

●自己愛で自己分析

 

大学生になると、「あの人、自分のことどう思っているんだろう」「あの人とあの人がつきあっているらしい」など恋愛に興味津々な人が多いのではないでしょうか。しかし、他の人ばかり考えて自分について深く考えている人、自分のことを好きであるかどうかを考えている人は少ないでしょう。あなたは今の自分が好きですか?もし、好きであるのならどうして好きなのでしょうか?どういう時が好きなのでしょうか?そんな好きな瞬間があなたらしさ、あなたのやりたいことなのかもしれません。逆に自分が好きではない人はどうして好きではないのかを考えてみましょう。その原因はあなたのやりたいことをしていないからかもしれません。自分が好きかどうかであなたのやりたいこと(志望動機)がわかります。あなたは今の自分が好きですか?

 

●資格で自己分析

 

世の中にはさまざまな資格があります。資格マニアのように資格を取るのが趣味な人がいるくらいです。よく就職活動で言われるのが、どの資格がどのレベルからアピールになるのかどうか。例えば、英語で言えば、TOEIC730点以上、英検準1級以上です。日商簿記なら2級以上がアピールになります。しかし、資格マニアのようにただ取得するだけ、有利になるから資格を取得をしようとしている人は、飾り物にしかならずこれから先役に立ちません。もし、そのようなことを考えずに資格を取得していたら、なぜ、そのような資格を取得したのかを考えるとよいでしょう。例えば、なぜ数ある資格の中でその資格を取得しようと思ったのか、どのようにしてその資格を活かそうとしているかなど。あなたの資格は役立ちますか?

 

●プロポーズで自己分析

 

好きな人に告白するのならともかく、プロポーズをするのはとても緊張するはず。結婚するからには「本当の自分の良さ」を伝えないと相手は受け止めてくれません。自分のよさ、特に一番相手に魅力だと思われるよさを考えるきっかけになります。結婚の場合、「優しさ」をアピールする人が多いかもしれませんが考えてみましょう。プロポーズすることほど緊張することはないので、面接で話す際に「プロポーズより楽だ」と思えてリラックスしてのぞめます。

 

●我慢できないことで自己分析

 

「やめなさい」といわれても、やりたいことは本当に自分のしたいこと。よく子供が母親に怒られてもしてしまうのは子供が自分をセーブできないためです。大人になるとどうしても自分にストップをかけてしまいます。それでもしてしまうことは本当にしたいことなのです。よくテスト勉強中に勉強に集中できずに違うことをしてしまうことがありますが、それがあなたのしたいことなのかもしれません。あなたがやめられないことは何ですか?

 

●自分の大学で自己分析

 

もし、自分の息子・娘が生まれたとして、あなたの通っている大学に行かせたいでしょうか?充実した大学生活を送られているようなら、きっと行かせたいはず。そこで、充実した大学生活で自分が何をしたのかを考えてみましょう。逆に、行かせたくないとしたらなぜでしょうか?充実していない、もしくは、何らかの不満があったに違いありません。その不満を解消するためにはどうすればよいか考えましょう。

 

●好きな本で自己分析

 

好きな作家はあなたの考えと共感しているから好きなのです。好きな作家の好きな言葉はあなたの言葉と考えてもよいでしょう。そこで、あなたの好きな作家と好きな言葉を挙げてみましょう。例えば、絶対内定の言葉。「ギブアップしない限り、負けはありえない。執着心を失わず闘い続ける限り、夢を実現するチャンスは必ずあり続けると信じている」これだけでもわかりますよね?

 

●嫌いな人で自己分析

 

どうしてもあなたが好きになれない人はいるはず。嫌いとまではいかないにしても、苦手な人でも構わないのですが、その人より自分が勝っているところを挙げましょう。自分がどうしてもその人に負けたくない意識がでるので、たくさん良いところがでてくるはず。もし挙げられないとしたら、嫌いな人より劣っているということになってしまいます。ただ自分の良いところだけを考えると難しいので、一番比較しやすいものを考えることにより自分の性格がわかります。あなたは何が勝っていますか?

 

●内々定で自己分析

 

就職活動はとても忙しく、なかなかプライベートな時間がとれません。1日に3社回ることもあります。しかし、会社に入ればそれ以上回ることもありもっと時間はとれません。就職活動も仕事も拘束される時間は長いです。もし、その拘束される時間がなければ、あなたは何をしたいでしょうか?そのしたいことは仕事をしたらできなくなる可能性はありますでしょうか?もしできなくても、あなたは仕事は続けられるか考えてみましょう。

 

●突然死で自己分析

 

誰だっていつ亡くなるのかはわかりません。だからこそ、自分のやりたいことを全うすべきです。もし、あなたが突然なくなったとき、あなたはどんな人と言われたいでしょうか?もちろん、あなたにとって素晴らしいことを望むと思うのですが、あなたはそのコメントに対してふさわしい事をしていますか?もし、行動していなければ、今すぐにでも実行しましょう。

 

●死亡記事で自己分析

 

よく新聞で有名な方がお亡くなりになると死亡記事が掲載されます。記事の中では顔写真と経歴が紹介されていますが、もし、あなたが死亡したときにあなたの顔写真の下にはどんな経歴が掲載されているでしょうか?60歳ぐらいまでは書いてみましょう。

 

●モテる時期で自己分析

 

誰にでもモテていた時期があるはず。今、モテているのが良いのですが、そううまくいかないのが人生。「モテる」のは、自分に魅力があるからです。自分の魅力にひかれるからこそ、好かれるのです。そこで、どうしてモテていたのかを分析してみましょう。きっとあなたの魅力がわかるはずです。

 

●3年後の同窓会で自己分析

 

「3年後どうなりたいですか」「将来どうなりたいでしょうか」など将来に関する質問がありますが、経験をしているわけではないのでなかなか答えることができません。経験できないなら、経験した気分でいることが大切です。3年後が経験できないのなら、せめて3年後の自分になって考えてみましょう。3年後に同窓会を開かれ、友人に自分の仕事を紹介することになりました。あなたはどのように紹介するでしょうか?具体的に仕事のイメージができないと答えられません。もしも答えられないのなら企業研究をしましょう。

 

●人には言えないことで自己分析

 

誰にでも人に聞かれたくないことがあります。人には聞かれたくない姿が本来の姿であるかもしれません。人には聞かれたくない、言えないことを経て、そのことを後悔して、今の自分がいるかもしれません。なぜ、そこから立ち直れたのを分析するとあなたのこれからのあるべき姿がわかるかもしれません。

 

●母親で自己分析

 

小さい時から父親より母親の方が接している時間が長いです。「3つ子の魂100まで」ということわざがあるように小さい時に培ったものはずっと持ち続けます。3歳頃、いつも接して学ぶのは母親からです。母親に似てきます。母親の良いところを悪いところを分析することによって、あなたの性格がわかります。あなたの母親の良いところ、悪いところはあなたの良いところ、悪いところです。あなたの母親はどうですか?

 

●日本人で自己分析

 

海外の人から日本人のイメージは「勤勉」、「真面目」などが考えられます。あなたが日本人をイメージをするとき、あなたが見た人からイメージします。その中には「自分」も含まれています。日本人を分析することによってあなたの価値観がわかります。あなたのイメージはいかがでしょうか?

 

●出版で自己分析

 

携帯小説やブログが流行していますが、自分で本を出したいと思ったことはありませんか?本を出版するためには自分にノウハウがなければいけません。ノウハウとは英語で「know how」。あなたがどのようなノウハウ本が出せるのか考えましょう。その本のテーマがあなたが「できること」です。採用担当者はあなたがどのように貢献してくれるかを知りたいのです。あなたは出版するとしたら、どんな本を書けますか?

 

●ブログで自己分析

 

就職活動ブログを書いている人を当たり前のように見かけるようになりました。ブログは「weblog」というように「日記」です。もしも、ブログの記事がたまっていたら、一度最初から振り返ってみましょう。あなたの価値観などが見えてきます。あなたのブログ記事はどうですか?

 

●ブログのコメントで自己分析

 

ブログを運営していると避けられないのが「誹謗中傷」。心ないコメントもあれば、自分の不注意で的確な指摘もあります。もしも、あなたがブログを運営していたとして、あなたのブログにはどのようなコメントがされているでしょうか?どのような批判するコメントがされているでしょうか?そのコメントによって、あなたが客観的に自分をどのように見ているのかがわかります。あなたに対するコメントは何と書かれていますか?

 

●10大ニュースで自己分析

 

よく年末になるとテレビ番組で「10大ニュース」がやっています。1年を振り返り、忘れていたことを思い出します。自己分析も10大ニュースと一緒です。「学生時代に頑張ってきたこと」「自己PR」などでどれにするのか迷ってしまったら10大ニュースで考えてみましょう。1位が「あなたが学生時代に頑張ってきたこと」です。あなたの10大ニュースは何ですか?

 

●あだ名で自己分析

 

あだ名でよばれたことはないでしょうか?あだ名は親しくならないと読んでくれません。そして、あなたの性格や特徴にあった名前が「あだ名」です。あだ名の由来を調べることにより、あなたの性格や特徴がわかります。あなたのあだ名前は何ですか?

 

●神様で自己分析

 

格闘家の「山本“KID”徳郁」さんが「格闘技の神様の子供」と発言し、「神の子」がキャッチフレーズとなりました。実際に、格闘技の神様の子供のような活躍をされております。このように自分を定義付けることはとても大切です。自信があるからこそ、言える言葉だと思います。あなたは何の神様の子供ですか?

 

●デスノートで自己分析

 

書いたとおりに人が亡くなってしまう「デスノート」。願いが叶うノートと言っても過言ではありません。もし、あなたが願いが叶うノートと持っていたとしたら、どのようなことを書きますか?遠慮なく、あなたのこれからやりたいことを書きましょう。

 

●行きつけのお店で自己分析

 

あなたは行きつけのお店はあるでしょうか?店員さんと日常会話ができるぐらいまでになっているでしょうか?常連になるためには頻繁に通わなければらなければなりません。そして、ただ通っているだけでは顔を覚えられるだけで仲良くなりません。あなたが店員さんと仲良くなるためにしていることがあるはずです。何をしたのでしょうか?学校だけではなく、幅広い交友関係があることは素晴らしいことです。あなたは行きつけのお店がありますか?

 

●誕生日プレゼントで自己分析

 

誕生日プレゼントは本人に教えずにプレゼントをすることの方が楽しいです。そのため、ほとんどの人がプレゼントを内緒で用意するでしょう。その時、あなたはどのような気持ちでプレゼントを選びましたか?また、プレゼントをした後の本人の反応はどうでしたか?もし喜んでいるなら、喜んでくれた理由を考えてみましょう。あなたはどんな誕生日プレゼントをしましたか?

 

●おせっかいで自己分析

 

相手のためにしてあげたことなのに報われなかったことはありませんか?とても悲しかったと思います。相手にとってはおせっかいなのかもしれません。おせっかいをしている本人は「おせっかい」だとは気がつきません。もしかすると、自分の考えを押しつけてしまったのかもしれません。あなたは何し付けていませんでしたか?あなたはおせっかいをしたことがありますか?

 

●会話で自己分析

 

友達と一緒にファミリーレストラン、コーヒショップに行って、「ふと気がついたら何時間も経ってしまった」なんてことはありませんか?それだけあなたは友達と熱中して話してのだと思います。その時、あなたは何を話していましたか?あなたの興味のあることがわかります。

 

●子供で自己分析

 

さんまのからくりテレビなどでは子供が活躍していますが、子供はとても可能性を秘めている存在です。大人になって子供を見ると、とても面白い発想をして感心してしまうことがあります。あなたも昔は子供でした。あなたは大人から感心されたことはありませんでしたか?褒められたことはありませんでしたか?その時、あなたは何をしていましたか?

 

●怒りの自己分析

 

大人になればなるほど怒らなくなりますが、最近、いつ怒ったでしょうか?たいてい怒る場合、自分の価値観に反することをされた場合に怒ります。料理が遅ければ、あなたは料理が早く来るものだと思っているからです。もしかすると、せっかちなのかもしれません。あなたはなぜ怒ったのでしょうか?

 

●お小遣いで自己分析

 

子供のころ、100円のお小遣いがもらえるだけでも嬉しい時があったはず。そして、お菓子やおもちゃなどを買ったでしょう。今、100円をもらったらどうでしょうか?うれしいでしょうか?ほとんどの人が物足りないかと思います。さて、あなたはいくらお小遣いを貰えれば満足するのでしょうか?あなたのこれから必要なお金(給料)がわかります。あなたのお小遣いはいくらですか?

 

●成績で自己分析

 

好きなことはする時いはいくら時間をかけても気になりません。すればするほど好きになります。時間をかけた分だけ上達するので得意になります。もしも、好きな科目があれば成績はよかったです。その科目は何だったでしょうか?好きな科目だけでなく、意外に成績のよかった科目はないでしょうか?もしかすると、あなたの隠れた適性があるのかもしれません。意外とよかった科目を探してみましょう。あなたの成績はどうでしたか?

 

●取扱説明書で自己分析

 

何か製品を購入すると「取扱説明書」が添付されています。取扱説明書にはその製品の使用方法、危ない使用方法や注意事項などが記載されています。もし、あなたに「取扱書説明書」がついていたら、どんな「注意事項」が書いてありますか?例えば、「馴れ馴れしい人は嫌」のように書かれてあるかもしれません。

 

●よく言われるコトバで自己分析

 

「〜は真面目だよね」「〜は面白いね」のようにあなたが周りからよく言われる言葉はないでしょうか?あなたがそのように言われるのは、あなたがそのような行動をとり、それを見られているからです。1日でも1週間でもいいので、相手から言われた言葉を書きとめてみましょう。あなたの性格が分析できます。

 

●成績で自己分析

 

好きなことはする時いはいくら時間をかけても気になりません。すればするほど好きになります。時間をかけた分だけ上達するので得意になります。もしも、好きな科目があれば成績はよかったです。その科目は何だったでしょうか?好きな科目だけでなく、意外に成績のよかった科目はないでしょうか?もしかすると、あなたの隠れた適性があるのかもしれません。意外とよかった科目を探してみましょう。あなたの成績はどうでしたか?

 

●お小遣いで自己分析

 

子供のころ、100円のお小遣いがもらえるだけでも嬉しい時があったはず。そして、お菓子やおもちゃなどを買ったでしょう。今、100円をもらったらどうでしょうか?うれしいでしょうか?ほとんどの人が物足りないかと思います。さて、あなたはいくらお小遣いを貰えれば満足するのでしょうか?あなたのこれから必要なお金(給料)がわかります。あなたのお小遣いはいくらですか?

 

●卒業式で自己分析

 

あっという間にきてしまうのが「卒業式」。何となく卒業式でなくことは恥ずかしかったりします。そんな卒業式で泣いたことがあるでしょうか?泣いたのを我慢したことはあるでしょうか?それは何がそうさせていたのでしょうか?自分の中で楽しかった思い出が思い浮かんでいるはずです。その時、あなたは何をしていましたか?

 

●名刺で自己分析

 

これからあなたは自分を売り込まなければなりません。そのために名刺を作ることにしました。普通の名刺では顔も覚えてもらうことができなさそうです。そこでインパクトがあるように、顔写真とキャッチコピーを入れることにしました。どんな写真とコピーを入れますか?

 

●合コンで自己分析

 

合コンは仲が良くないと誘われません。誘われている時点であなたが頼りにされている証拠です。どうして頼りにされるのでしょうか?合コンであなたは最初にどんな自己紹介をするでしょうか?ふつうに自己紹介している人は売り込みが下手なのかもしれません。そして、あなたのタイプを発見しました。どんなアプローチをあなたはするでしょうか?一番の魅力をアピールするはずです。あなたはどんな会話をしますか?

 

 

無料メールセミナー(内定エッセンス)

勉強会、ブログで紹介した「就職活動において大切なこと」を たった3秒で効率的に学べます。毎日、無料配信します。

【読者の声】
「無料でこんなに役立つメッセージを頂けるなんて信じられませんでした」
「気づいたことをチャレンジすることで、やりたいことが見えてきました」
「わがままを言えば、就職活動が終わるまで続けていただきたかったです」

興味がある方は下記フォームに入力して登録ください↓

PCmail



※無料メルマガ「就職活動のすすめ」にも自動登録になります。
※就職活動業界の関係者はお断りさせて頂きます。
※フリーメールは正しく届かない場合がありますのでご注意下さい。
※予告なく配信を終了する場合がございますので、興味のある方はすぐに登録ください。

あかさたなはまやらわの法則
20代の時に学んだ「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「1日1回読み返す価値ありです」
「気分が落ち込んでいる時や悩んだ時、この法則を読んで自分と向き合っています」
「何故か泣きながら読んでしまいました」
就職活動で心がけたい「あかさたなはまやらわ」の法則
【感想】
「就活を終えた今、読んでみると、どの文章も納得します」
「就活だけでなく、普段の仕事にもあてはまることがある」
「余裕をなくしていたことに気づかされました」

管理人


ホーム RSS購読 サイトマップ