Shuji - 一応管理人 - 01/05/24 11:20:18
電子メールアドレス:shuji-a@home.com

コメント:

>英語と日本語で違う名前ってSodiumとかetherとかですよね、代表的なのは。こういうものなら日本でもやりますが、
具体例として、念頭にあったのは、エーテル(ether)がイーサー、メタン(methane)がメセン(thの発音もくせものです)と発音しないと全く通じないという程度でした。

>日本での名前はドイツ語からなのですか?ラテン語が多いので、ヨーロッパ系の多くの言語がごっちゃになっていると思っていました。
確かに、ラテン語が語源のものが多いのでしょうね。単純に、日本での発音が、綴りのローマ字読みに近いので、ドイツ語ベースかなと思っていた次第です。日本に化学が本格的に入ってきた明治期は化学分野でドイツの影響が強かったので、そこで使われている発音が輸入されて定着したのだろうと勝手に思っていました。
塚崎友英 - 01/05/23 15:33:50
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1082/home.html

コメント:
英語と日本語で違う名前ってSodiumとかetherとかですよね、代表的なのは。こういうものなら日本でもやりますが、複雑なものはやはり現地に行って覚えないと。 日本での名前はドイツ語からなのですか?ラテン語が多いので、ヨーロッパ系の多くの言語がごっちゃになっていると思っていました。そういえばSodiumもラテン語だし、、、ドイツでは何と言うのかちょっと興味があります。日本と同じなんでしょうか? そのうち調べておきます。

Shuji - 01/05/21 16:42:52
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1931/
電子メールアドレス:shuji-a@home.com

コメント:

塚崎さん。
既にご存じかもしれませんが、化学系の場合、専門用語の発音で苦労すると聞きます。というのも、日本語の化学物質の名称は英語をベースにしていないものがある(ドイツ語でしょうか)ため、日本での呼び名を英語風に発音しただけでは全く通じず、重要な話題で意志疎通に支障を来すことがあるそうです。釈迦に説法でしたら、ご寛恕のほどを。

Shuji - 01/05/21 14:20:38
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1931/
電子メールアドレス:shuji-a@home.com

コメント:
こんにちは、塚崎さん。

コメント有り難うございました。University of Floridaに行かれるとのこと、おめでとうございます。Academic DirectorになったMacのAccountingの教授(親しくさせて貰っています)がそちらの大学でPh.D.を取っていました。因みに、この8月には家族が遊びに来るので、DisenyWolrdに行く予定です。

理科系の場合は数式(塚崎さんの場合は化学式もでしょうか)が言葉として働いてくれますので、言葉の面でのハンディは低減されるでしょう。とはいうものの、M.Sc. Programならthesis paperが求められるでしょうから、指導教授が嫌気をささない程度には英語を書く練習を積んでおく必要があるでしょうね。自分も昔は(今もそうかな)頭痛製造機でした。

日本の大学院(工学系)では授業の殆どは輪講形式の名のもと、一回か二回まわってくる自分の当番に、教科書(洋書でしたが)の割り当てられた一部分についてhandoutを用意して説明し、教授との質疑応答に答えるという程度でした。はっきりって他人の発表を聞くという雰囲気がなかったこともあり、授業で勉強したという気には全くなれませんでした。その分、研究に注力したことになっているのですが、果たしてどうだか、、、。

その点、アメリカの大学院では、きっちり詰め込み教育をやってくれるそうなので、どうか苦しんで、楽しんで下さい。北米の理科系の修士課程の内容は日本で学部の勉強をきっちりやっていれば、付いていくのは難しくないと聞きます。化学系なら、日本の受験勉強で培った数学のアドバンテージもあるでしょう。そして、詰め込み教育を消化すれば日本の大学院で勉強してきた人よりも、多くを吸収して卒業されることでしょう。どうか頑張って下さい。

塚崎友英 - 01/05/21 12:52:20
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1082/home.html
電子メールアドレス:uatsukasaki@hotmail.com

コメント:
日本語変でした(笑)もしよろしければですね

塚崎友英 - 01/05/21 12:50:48
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1082/home.html
電子メールアドレス:uatsukasaki@hotmail.com

コメント:
こんにちは。ジオの今日更新されたHPの欄からこのHPを知りました。コンテンツも読ませていただきました。 共感するところも多いです。英語教育についてとか。 私も6月からアメリカに留学するのですけれども、友達は話せるの?とかしか聞いてきません。それも心配なんですが、レポートが書けるのかも重要問題の一つです。 日本にいるとなかなかそっちの方には目がいかないのでしょう。 私も同じジオの番地違いにHPを作りました。 URLは http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1082/home.html です。もりよろしければ遊びに来て下さい。 では、また来ます。

Maki - 01/05/20 16:44:47
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/2137/
電子メールアドレス:maki441@hotmail.com

コメント:
こんにちは。

>同じ時間を同じキャンパスで過ごしていたわけですね?広いキャンパスですから、日本人というだけで知り合いになる機会は決して多くないんでよね。

そうなんですよね。同じ学科でも会ったことない人がいるくらいです。

>TESOLのPh.D.programに籍をおかれていた方がTAをされていた日本語のクラスのお手伝いをしたことがあります。ShujiはHamiltonで元気にしている、とお伝えいただければ有り難く存じます。

承知しました。思い当たる人がいますので、聞いてみますね。

Shuji - 01/05/20 13:29:41
ホームページアドレス:http://wwww.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1931/
電子メールアドレス:shuji-a@home.com

コメント:
同じ時間を同じキャンパスで過ごしていたわけですね?広いキャンパスですから、日本人というだけで知り合いになる機会は決して多くないんでよね。TESOLのPh.D.programに籍をおかれていた方がTAをされていた日本語のクラスのお手伝いをしたことがあります。ShujiはHamiltonで元気にしている、とお伝えいただければ有り難く存じます。 未だに、MacよりUBCのMBAに行きたかったんだけどなぁ、という気持ちが擡げることがありますが、Ontarioでの生活を経験するのも悪くはないと思うようにしています。

Maki - 01/05/20 01:46:16
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/2137/
電子メールアドレス:maki441@hotmail.com

コメント:
Shujiさん、はじめまして。UBCでTESOLをやっている者です。以前UBCにいらっしゃったんですね。僕も1998年の8月にこっちに来たので、親近感大です。また遊びに来させていただきますね。

私のホームページへ | CollegeLife-Libraryのページへ | メイン | 今すぐ登録