移民申請(Independent Immigrant)

カナダは今も移民を多く受け入れてます。カナダへの移民申請には幾つかのclassがあって、最も一般的なのがIndependent Immigrant(独立移民)と呼ばれるものです。応募者の経験や能力を点数化し、それが一定の点数以上になっているカナダにとって役に立ちそうな人を移民として受け入る、ということになっています。現在、制度の改定に伴い審査基準が変更され、大抵の人にとって厳しい方向に変わるようですが、申請に必要な書類は変わらないと思いますので、ご参考までに自分のケースをもとに以下にまとめてみました。

移民になることのメリット

移民申請先

移民申請はカナダ国外から行われるのが、一般的ケースとして想定されており、申請先はカナダ国外の領事館となっています。移民申請を受け付ける領事館は地域ごとに決まっており、日本からの申請は、シンガポールかソウルにあるカナダの領事館に行うことになるでしょう。今後は変わるかもしれません。私は、カナダ滞在中に申請しましたので、申請先はアメリカのBuffalo, NYにある領事館でした。独り身での申請でしたので、もっとも簡単なケースだったと思います。必要とされる申請書類は、申請先の領事館によって幾分か異なっているようですので、申請先が用意している書類によく目を通して下さい。

移民申請に必要な書類(Buffalo, NY)

  1. IMMIGRANT APPLICATION FORM
    移民申請書。移民局のsiteからダウンロードして、注意書きを読んで、必要な項目を埋めました。高校(secondary-school)卒業後の経歴を書くことが求められています。日本の学校が4月に始まって3月に終わることはあまり知られていないようで、浪人せずに大学に行ったにもかかわらず、18歳の誕生日から次の3月まで何をしていたのかと聞かれてしまいました。この期間は高校にいたことをcover letterなど別に書いておけば、このようないちゃもんがつくのを避けられたことでしょう。予備校で浪人していた場合、予備校についての簡単な説明をcover letterに書けば審査が円滑に進むのではないかと思います。
  2. IDENTITY AND CIVIL STATUS DOCUMENTS
    戸籍抄本(謄本も取り寄せましたが、必要はありませんでした)を日本から取り寄せます。これを日本領事館に持ち込み、移民申請のためのBirth Certificateを作成して貰います。
  3. CHILDREN'S INFORMATION
    子供はいないので無視。
  4. TRAVEL DOCUMENTS AND PASSPORTS
    パスポートのコピー。白紙の部分も含めて、全ページコーピーすることが必要です。勿論、ビザも。
  5. PROOF OF RELATIONSHIP IN CANADA (if applicable)
    カナダに親戚がいる人は提出しましょう。点数も貰えます。
  6. POLICE CERTIFICATES AND CLEARANCES
    18歳以降若しくは過去10年、いずれか短い方の年数に亘るPOLICE CERTIFICATESが必要です。パスポートを持って日本の総領事館に行き、移民申請用のPOLICE CERTIFICATEを取りたいことを伝えました。すると、10指の指紋が採取されました。これが日本に送られ、警視庁なりが持っている犯罪記録と照合され、結果がPOLICE CERTIFICATEとして領事館に送られてきました。到着まで2ヶ月ぐらいかかったように記憶しています。どの程度の犯罪までがカナダ政府にとって許容範囲かはよく知りませんが、少なくとも指紋さえ採れらていなければ問題ないということでしょう。他に6ヶ月以上滞在した国がある場合、その国からのPOLICE CERTIFICATESが必要です。ただし、国によって取得方法が違うので、指示をよく読んで従って下さい。POLICE CERTIFICATESだけは、申請時に原本の提出が求められています。他はコピーを提出します。コピーのcertificationは必要ありませんでした。日本の総領事館はToronto, Vancouver, Montreal, Edmontonにあります。Ottawaには大使館がありますが、大使館でこの業務を行っているかどうかは定かではありません。やっているとは思いますが。私はBirth Certificateの作成と併せて、Vancouverの総領事館で手続きを行いました。
  7. EDUCATION/TRAINING/QUALIFICATIONS
    自分の場合、MBA出願用に用意したときの余分があり、取得学位も明記されていたので、成績証明書(英文)を提出しました。
  8. WORK EXPERIENCE
    たぶん、準備がもっとも厄介な書類です。自分の場合は、移民局が出している要求項目の原文と和訳を添えて、よろしくお願いしますと申し添えて、勤めていた会社の人事部に依頼の手紙を送りました。残念ながら送られてきた書面では、自分の名前のローマ字表記がパスポートに使われているものと異なっていたため(依頼の手紙に名前のローマ字表記は書いていたのですが、注意を促していませんでした)、再度依頼することになりました。ついでながらmain responsibilityの項目の記述が不十分に思えたので、こちらで書いてほしい内容を書いて依頼しました。今から思えば、最初からこちらで原稿を用意して、こちらでは分からない情報(正確な給与額など)だけ埋めてもらうようにするべきでした。この書類を基に、移民局が点数を計算しますので、ちゃんと意図した高い職種区分で計算してもらえるように記述されている必要があります。
  9. SETTLEMENT FUNDS
    預金残高証明書。C$10,000は最低必要とされています。多い方が好印象でしょう。
  10. FEE PAYMENT
    支払いはcertified chequeか、bank draftで行うことになっています。personal chequeをcertifiedして貰うには銀行の窓口に行って、自分が切ったchequeに"certified"のスタンプを貰うだけ(事務処理は他に行われている筈だが)です。これでC$10位の手数料が取られます。私はこの必要性を見落としたために、申請書類が送り返されてきて、手続きが遅れてしまいました。この時点での支払いは審査手数料のC$500だけでもいいのですが、Landing feeのC$975も併せて払っておいたほうが手数料の節約になります。審査の結果、申請が却下された場合、Landing feeは返却されます。
  11. CHOICE OF INTERVIEW LOCATION
    下記の選択肢があります。
    • No Preference
    • Seattle, Washington
    • Detroit, Michigan
    • Los Angeles, California
    • New York, New York
  12. CERTIFICAT DE SELECTION DU QUEBEC (CSQ)
    Quebecに住む予定は無かったので無視
  13. PHOTOS REQUIREMENTS
    3枚の移民申請用写真(大きさなど厳密に決まっている)。

以上を揃えるだけで、移民申請が可能です。義務づけられてはいませんが、典型的な書式に則ったcover letterを申請書類に添付することは好印象を与えるのではないかと思います。18歳の誕生日から次の3月まで高校にいたことの説明はここに書きました。これが公用語を書く能力の判断材料にされるかもしれませんので、誰かに点検して貰い、間違いが無いようにした方がいいでしょう。ただし、native speakerに全面的に手を入れて貰って、完璧にしてしまうと判断材料として使われず、interviewを要求されるかもしれませんので、ほどほどがいいのではないかと思います。そして、これらの書類で移民資格取得のために必要とされている点数を満たしていることを証明することになります。見て頂ければおわかりのように、提出が義務づけられている文書ではWORK EXPERIENCE以外に審査官の解釈の入り込む余地はほとんどありません。しかも職務経歴が占める点数の割合は高くなっています。これらからWORK EXPERIENCEを記述した文書が最も重要といえるでしょう。

移民申請書類提出後

領事館が書類を受け取ってから10週間以内に、提出書類に不備が無かった場合、審査を開始したことの返事が帰ってきます。不備があれば提出書類が返却されてきます。順調に審査が進めば、以下の手順を踏みます。

POLICE CERTIFICATE from Canada の提出

カナダに住んでいる場合カナダのPOLICE CERTIFICATEが必要なのですが、申請時にはカナダのPOLICE CERTIFICATEの取得は出来ないようになっています。当局は最新の情報で審査したいということなのでしょう、審査が進んでからカナダでのPOLICE CERTIFICATEを求めます。日本の場合と同様に、先ず10指の指紋を取る必要があります。これには最寄りのR.C.M.P.(Royal Canadian Mounted Police、アメリカで言うところのF.B.Iの役割を担っている、、、筈)のオフィスに行って採ってもらいます。パスポートを持っていく必要がありました。指紋は変化しませんから、いつ採っても構わない筈です(私は申請時に採りました)。求められた時点で、指紋が押された書類を指示されたR.C.M.P.の担当部門に送ります。そして犯罪記録との照合結果がPOLICE CERTIFICATEとしてR.C.M.P.から移民局に直接送られます。

INTERVIEW

公用語の運用能力の審査が主な目的と聞きます。adaptabilityの審査も兼ねているとも聞きましたが、新しい指針ではadaptabilityは客観的事実だけで判断されるようですので、その要素は無くなるわけです。フランス語が公用語でない国からの申請者がフランス語が達者であると申請し、フランス語の能力が要求点数を満たす上での決定要因になっていたならば、かなりの確率でINTERVIEWされるでしょう。私は、フランス語は出来ないとして(事実そのとおりなのですが)申請したところ、INTERVIEWは免除されました。もしINTERVIEWが必要と判断されていたならば、永住権取得は6ヶ月以上遅れていたことでしょう。

MEDICAL EXAMINATION

移民審査向けの健康診断を受るようにとの指示が送られてきます。この健康診断を行ってくれるのは特定の病院・医院だけで、そのリストも一緒に送られてきます。私はMcMaster大学の大学病院で受けました。予約が必要でした。結果はお医者さんが移民局に送ってくれます。

Record of Landing受理

しばらくすると、Record of Landingと書かれた紙が送られてきます。この紙を持って一端カナダ国外に出て、再入国時にこの紙を提示すると、入国審査官がこの紙に署名をしてくれます。これで移民手続完了です。私の場合、書類不備(chequeをcertifyしていなかった。日本の学校が3月に終わることを説明していなかった。)で申請書類が送り返されたことによる再提出から移民手続の完了まで、約9ヶ月かかりました。

移民法の改正

移民法が改正され、移民審査の基準が変更されました。先ず、基準点が以前の70点から75点に上げられました。一時は80点になるとされていたのですが、議会での審議を経て75点に下げられました。そして、点数の計算方法が変わりました。移民局が新しい点数計算指針を公表しています。これによれば、本人が(括弧内が得られる点数)、

としても、69点にしか達しません。75点に達するためには、前述のものに加えて、
  1. 本人がHuman Resources Development Canada (HDRC)によって認められた仕事を確保している (10)
  2. Canada国内からの申請者が就労許可をもっており、HRDCが認めた場合。(10)
    項目Bについて以下の場合、HRDC の承認は必要ない:NAFTA, GATS, CCFTA, or significant benefit (i.e.駐在員)
若しくは、以下の項目から6点以上を取ることが必要です。
  1. 本人が修士以上を持っている (+3)
  2. 本人がもう一つの公用語(大抵フランス語)にそこそこ達者 (+8)
  3. 伴侶が学士/修士以上を持っている (3-5)
  4. 本人若しくは伴侶がカナダで1年以上Full-timeで働いたことがある (5)
  5. 本人若しくは伴侶がカナダで短大或いは大学(post-secondary education)での教育を2年以上受けている (5)
  6. 本人若しくは伴侶にカナダの市民権若しくは永住権を持った近い親戚がいる (5)
  7. 項目A-Cで点数を得ている場合(5)
    (ただし、項目3〜7(adaptability)は合計で10点まで)

点数が少し足りないが永住権を取得したい場合、移民弁護士に謝礼を払い、下駄の履き方を伝授して貰うことになるでしょう。ただし、adaptabilityの構成内容が明らかになっているため、以前に較べて下駄を突っ込む余地が減っているように思えます。私の場合、MBAが修了していない段階では、72点しかない計算になりますので、早めに永住権がとれて幸運でした。因みに日本で学部卒業後、(英語は十分出来るとして48点ある計算です)、直接MacのCo-op MBAに入り卒業すれば、勤務経験が1年加わる(Co-opでの仕事が点数を得られる仕事かどうかは審査官の判断によりますが、私は大丈夫だと思います。)ので、職務経験が15点追加になり、他の要素(修士、カナダでの勤務、カナダでの学位)も加わって、76点に達する計算になります。また、英語力に関して審査官は疑問を挟まないでしょうから、INTERVIEWが免除される可能性が高まります。このことから、MacのCo-op MBAは、カナダへの永住を考えている職務経験の無い人に、その機会を提供できる課程になっいています。ただし、非英語圏の大学を卒業した英語の能力に劣る学生が、MacのCo-op MBAに入学そしてCo-opの仕事を同級生と競って得るために、勤務経験を持っていることは重要と認識して下さい。

Independent Immigrant以外に永住権を取得する方法

Independent Immigrant以外だと難しくなります。最も現実的なのが、市民権若しくは永住権を持っている人と結婚することで、Familiy Class Immigrationに移民申請するという方法でしょう。また、カナダ政府にC$400,000を預けることで、ほぼ自動的に永住権が取れるというImmigrant Investor Programというのもあります。預けたお金には利息は付かず、62ヶ月後に返却されます。#5年物のカナダ国債のyield:4.7%に対して計算すると、約C$108,000の儲けです。なかなかええ商売してますカナダ政府。refugee(難民)であることを主張するという方法も残されています。ぼけ・つっこみが出来ない関西人が、他の関西人から迫害を受けていると主張し、カナダでのrefugee status求めます、あとは当局がこの関西人の主張に納得するかどうかです。