空手活動報告  

本文へジャンプ

 


 最近の空手活動情報を、写真を中心にお知らせします。    


  第15回高山やぶさめ祭空手道錬成大会 
2005/10/16  肝付町大隅アリーナ

 
 
参加団体は12団体、参加者220名。こぢんまりとしていても、一つの思想を持って開催している。それは、『礼節』である。

  空手道は「ゲーム」がつく競技とは違い、元をたどれば、命のやりとりを行う武術である。そこに「1本」の美学も生まれたと察する。命を賭けた勝負が決すれば、悲壮感が漂うはずである。それを、敗れた相手を前に「ガッツポーズ」をする。これほど非礼なことはない。誰が悪いか?指導者が悪いのである。
 
 この大会は組手試合において、競技が終了したらコート内での通常の軽い立礼をした後、コート前方にてお互い「座礼」を行うことにしている。おそらく、日本広しといえども座礼を実施している大会は、このやぶさめ大会のみと自負するものである。それに加え、学連をまねて「ベストマナー賞」も組手各クラス一人ずつ審判団の判断により選出し、閉会式で表彰する。

 このベストマナー賞も発表の瞬間場内が「シーン」となる。賞をもらった子の誇らしげな表情といったら、何ともいえない。これを創設して3年目なので、参加する子供たちも「どうしたらもらえるか?」と、かなり意識しているようである。

 開会式で「大会終了後、皆が気持ちよく帰れるような大会にしたい」と挨拶。その言葉通り、選手、保護者、審判員、役員が一体となってさわやかな一日となり、主催者としてこの上ない充実感を味わうことが出来ました。ご協力いただいた全ての方々に感謝。今後も「尚武のまち、肝付」の名に恥じない、武道然とした大会運営を続けて参りたいと思います。


開会式。12団体、220名の参加。 武幸二・肝付町教育長
武道理解者のお一人
修武会・坂元佑美選手、選手宣誓
幼児形、稲村眞子デビュー戦。
今年はテーブルクロスも作成しました。
赤木稜典、気合の入った「ワンカン」 松元尚武、「泊バッサイ」にて優勝
表彰式、深々と礼を! これが『座礼』です。戦い終わって、相手に礼儀を尽くす。
勝っておごらず、負けて腐らず。
中段のど突き合い!
どっちが早いか!?
タタカウオンナ 前脚が浮いてます。
これじゃ1・2ですね。
飛んで相手に飛び掛る! 坂元佑美vs田布尾紗季。
同門対決、決勝。
常に謙虚たれ。
この姿勢をいつまでも・・。
新西かな、松元さくら、末吉彩海 閉会式はなぜか正座になってしまいました?
30分以上はやってたな!?
空手衣のヒロタ様提供
各クラス優勝者による、道衣の抽選会
これも「やぶさめ大会」名物のひとつ。

  (財)日体協 公認指導者 空手道コーチ 更新義務講習会 
2005/10/01〜02  名古屋市枇杷島スポーツセンター

講習会前夜・岡山山陽高校監督
赤沢先生と弟、杉本先生と
修武会宗家・野上先生もお見えでした。この2枚の違いがわかる人?
松濤館流講師:津山捷泰先生 演武者:熊本県、坂梨健先生。一緒に南米に指導に行った仲です。
糸東流講師:村田寛先生 松村ローハイの分解説明
剛柔流演武者:村松先生
 形セーサン  講師:塩見明先生
おりゃ!おりゃ!”参りました!”
どうじゃ!って感じです。
猫のように、すばしっこく”はっ”
浸透するパワーはこうや!
和道流講師:荒川通先生 荒川先生の解説は超一流。わかりやすいです!

 第59回県民体育大会空手道競技 
2005/09/18 肝付町第一体育館

肝属地区空手道連盟
川越事務局長・荷掛事務局次長・松元理事長
高校生にパソコン指導 鹿屋高校にて高校生の強化練習
たまにはチビッコもマットの上で練習 審判監督会議 鹿児島県空手道連盟会長・久永義弘先生
肝属地区空手道連盟・池田憲典会長 出水地区空手道連盟の皆さん 酒豪ぞろい!大島地区空手道連盟
左:倉岡哲哉・肝付町長・
右:久永義弘県連会長
アンサンブルで歓迎!お洒落でしょ! 姶良地区空手道連盟の先生方
右端:竪山巌・元名門鹿屋工業監督
肝属チーム紹介・波乱の幕開け
この後、舞台は一気飲みの戦場へと突入
肝属事務局長・川越君 一気飲み! いよいよ大会! 開会式
日置地区・田布尾丞滋君・個人形4位   肝属地区・荻原圭登君・第5位
共に修武会出身選手
女子形:芝原玲子選手・準優勝
応援の横断幕をバックに
成年男子形:野口英治選手・準優勝 成年男子個人組手優勝 下八重義嗣
修武会コーチ(右)全海自チャンプ
3時まで一緒に飲んでました。
日置地区・仁木孝博選手
鹿児島地区:ベテラン二瓶靖選手 左:鹿児島地区・松田庄平選手 VS
右:肝属地区主将・新西一久選手
表彰式 下八重義嗣選手

選手・役員・実行委員・各道場育成会、全員の協力により大会は大成功!


 INTERNATIONAL SUMMER CAMP in 平戸 2005 
2005/08/19〜21 長崎県平戸市
ジョージ・小高選手 エリサ・アウ選手 井垣英治USナショナルヘッドコーチ 西村誠司元ジャパンコーチ

長崎県連・理事長・藤原純廣先生 エリサ・アウ選手&井垣英治コーチ エリサの上段キック
セミナーは初級・中級者、上級者、指導者のクラスに分けられて、それぞれの講師が担当する。小生はエリサの指導者の部に参加。エリサの指導は親切丁寧でわかりやすい。ステップの練習から入り、次に突きを合わせていく。2時間のうち、休憩が4回くらい入る。アメリカ式の理論で、集中してやれば長い間やれない(やれるはずがない・体力がそれ以上保たない・トレーニングの効果が期待できない)、休憩中に体が回復するし強くなる等の理由で、30分くらいで必ず休憩を入れるそうだ。理にかなっている。ジョージのスピードは世界最速。お世辞でも誇大表現でもなく、こんなに速い蹴り、飛び込みのスピードを見たことがない。皆、驚嘆の声をあげるばかりだ。
二人ともとても真面目、早寝早起き! BOX JUMP トレーニング アメリカに22年ぶり金メダルを
もたらした井垣英治先生
井垣コーチの講義。アメリカナショナルチームの話。@強化練習は年に7日〜10日を2回。A強化選手といえども、選手は自費参加。(宿泊費・食事代のみ連盟負担。)B米国空手連盟の予算は1億にも満たないうえ、3分の2以上が保険料。(米国は訴訟の国故)C強化練習は基本的に午前90分(空手)、午後1時間(基礎体力)。選手は各々好みのトレーニングを行う。Dコーチは選手に指導はしない。悪いところをアドバイスするだけ。必ずドクター付きで練習を行い、選手が練習をやりすぎると、ドクターがやめさせる。E練習をやらせすぎる、選手にけがをさせるコーチは即刻首F選手とのコミュニケーションを大切にし、お互いが尊敬しあう。Gチャンピオンを育てるのがコーチの役目。米国では金のみが勝者、銀も銅も敗者。メダル数では評価されない。H選手の全体的なレベルアップを図るのではなく、あくまでもチャンプを育てるのがコーチの役割。
第16回WKF世界チャンピオン

ジョージの体脂肪率は3〜4%、50mダッシュ=5.9秒!、B・PもMax=245P(111kg)を挙げるらしい。しなやかでパワフル、完璧です!
西村誠司先生と 第16回・17回WKF世界チャンピオン
エリサは5歳から空手を始め、9歳で試合初出場、そのころから将来は世界チャンプになることを夢み、実践してきたという。今でも練習は週に5回だが、「5歳から基本を集中してみっちりやっているので、今までの練習時間を蓄積すれば、かなりの時間になるはず。」とのこと
和服姿のエリサ・Wonderful!! なんと!ドリームマッチの主審を
仰せつかってしまいました
胸には「気宇壮大」と
ジョージは南アフリカの世界大会(第13回大会)から出場。第14回ブラジル、第15回ドイツと1回戦〜3回戦負け。それでも、あきらめずに目標に向かい、とうとう第16回スペイン大会でチャンピオンの座に。第17回メキシコ大会でもフランスの貴公子・ビアモンティ選手と死闘を繰り広げた。今でも常に進化を目指し練習に励んでいるらしい。二人に共通することは「集中力」と「生真面目さ」であると、感じた。
2泊3日のすばらしいセミナーでした。また来年も参加したいと思います。

 Shinkyu-Shotokan ホームステイ空手交流 
Sue・Miller先生 Ron・Miller 他道場生7名 計9名来鹿
2005/08/6〜11 

Shinkyu-Shotokan HP 

鹿児島空港にてお迎え Welcom わら葺屋根のそば茶屋にて昼食 霧島国立公園・えびの高原
チャーターしたバスで、鹿児島空港までお出迎え。予定より5分遅れてJALにて到着。昼食はわら葺屋根のそば茶屋へ。そこで各ホストファミリーとお互いに自己紹介。6日間の交流の始まりだ。ゆっくりした昼食を済ませてから、霧島へ。「まほろばの里」から「えびの高原」「霧島神宮」と国立公園内にある定番のコースを巡る。皆、緑の多さに喜んでいる。帰りは「桜島」の眺めがすばらしい、日本一の足湯温泉、垂水市の「道の駅」へ。ここでも皆足湯に喜んで、ゆったりと浸かっている。鹿屋に到着後、各ホストファミリーへと解散。小生宅はPatrick(14歳)とSue先生夫妻の3名がステイ。夕食がてら「湯遊ランド」温泉へ。抵抗があるかなと思っていたら、Sue先生大変お気に入り。「毎晩来たい!」帰宅後、焼酎で再会に乾杯!長旅で疲れたことでしょう
神話の里・霧島神宮 垂水市道の駅・日本一の足湯温泉 沖縄剛柔流・敬武館本部道場
佐藤雅彦館長&Sue Miller先生
「剣法発祥之聖地」の石碑 太平洋を望む鵜戸神社 吾平町花火大会
カップイン「君は鵜戸神社が、日本の武術発祥の地であるということを知っているか?」「またまたぁ〜」「今日は私が案内してあげるよ。」佐藤先生によると、日本武術の発祥は剣道らしい。柔道・空手道はその後。日本剣道の3大源流があって、そのうち2つがこの「鵜戸神社」で発祥したということ。先生の博学にはいつも驚かされる。ということでまずは「剣法発祥之聖地・鵜戸神社」へ。太平洋に面している鵜戸神社は美しい。私も15年ぶりだ。海岸沿いに伸びる参道を進むと、洞窟の中に祠が祭ってある。ここで瞑想中に蜘蛛が天井から降りてきて、そのとき術がひらめいた、という伝説が武術発祥の所以であるそうです。(一説には蜘蛛ではなく猿もあるとのこと。)日南市では毎年1500人から2000人の剣士が集まる全国大会が開催され、決勝はここ鵜戸神社で行われるらしい。
 滝のように流れる汗をぬぐいぬぐい、今度は「飫肥城」へ。こちらも静かなたたずまいの街並みのなかにあり、「松尾の丸」「本丸跡」「歴史資料館」「豫象館」などを見て廻る。やはり資料館の兜や刀に喜ぶ。戦国時代この飫肥城の覇権をめぐって飫肥藩主伊藤家と薩摩藩島津は80年以上の長きにわたり、激しい合戦を繰り広げたという。80年ですよ!それほど、魅力的な土地であったということでしょう。本丸跡地、今では天にも届きそうな飫肥杉が屹立しています。
観光農園のぶどうに感激! USAチーム・団体形・ジオン! 合同練習!
五十四歩の演武 Goodwill Match・お見事!中段突き 記念品の贈呈

California coinをもらったよ! USの子供たちと 茶道の修行!空手よりきつかった!
 Goodwill Match、最初は全員で基本、団体形。その後、腕貫、バッサイダイを修武会が、ジオン、平安五段をShinkyu-Shotokanが演ずる。続いて一般部の腕貫、バッサイダイ、松村派バッサイのあと、Patrickの棒術 「佐久川の棍」。形の最後は師範の形。宝来君の松茂良ローハイ、新西君のニーパイポ、そして小生の五十四歩。
 組手(団体戦)に移る。ポイントはとるが勝敗は宣言しない、親善試合だ。ポイントの取り合いになり、引き分けが多かった。戦い終わって、記念品の贈呈。小生が準備した盾をUSの子供たち一人一人に贈る。スー先生には銀製の壁掛けをプレゼント。お返しにUSからは修武会の子供たち全員にカリフォルニアのコインを渡される。すべてハッピーエンド!
 最後にみんなで記念撮影。小生が青写真を描いていたとおりの、友好演武会となりました。ほっと一安心。
肝付町・「轟の滝」さくらとはしゃぐスー先生 時間の経つのを忘れて遊びました! 合同練習
女性群が料理の間、Ronとpatrickに書道を経験させる。Ronは「龍」、Patrickは「派斗力」を漢字に当てる。ロンが「温故知新」Patrickが「大地」に挑戦。二人とも初めてにしてはうまい。 夕方は、鹿屋道場で合同練習。短時間であったが、小生の指導で基本、形、組手を行う。子供たちも大分慣れて、昨日よりは休み時間にじゃれ合っている。さすがは子供!言葉は通じなくても、意志は通じる。帰ってからは異国料理に舌鼓を打つ。こちらからは、地鶏のさしみを出す。皆、うまいと食べてくれた。海外での小生の信条も「地元の食事を食べる」「出されたものは皆うまいと言って食べる」である。郷に入っては郷に従え!When in Rome, do the Romans do! である
鹿児島特産・地鶏のさしみ さよならParty・湯遊ランドあいら
Kids spanish 完成
JAL11:45発JAL羽田行き。いよいよお別れの日が来た。ホストファミリー全員で、空港までお見送り。垂水経由で、桜島を見せたかったが、残念ながら頂上に雲がかかっている。チェックインをすませて、2階ゲートでお別れ。また近いうち会えるだろうから、「See you soon!」と軽くいきたいところだが、一人一人抱擁して別れを惜しむと、なかなかそういうわけにはいかず、熱いものがこみ上げる。
 吾平、肝付、鹿屋とガイドブックに載りそうもない、日本最南端の地にわざわざ来てくれた。しかし、緑に、自然の豊かさに、素朴な生活に、人々の暖かさに、共感してもらい、ふだん何気なく過ごし忘れがちになっている、大自然に抱かれて生活するありがたさ、豊富に残る緑の素晴らしさを、彼らの感激する姿を見て、改めて再確認されられるとともに、自分が暮らすこの地域に誇りすら持つこともできた。これが今回の交流で私が得たものだ。

   南日本新聞に掲載されました(8月12日)     

  南九州新聞に掲載されました(8月09日)
       


 第31回全九州空手道選手権大会壮行会 
2005/07/17 鹿屋市「ちくりん」 

かんぱ〜い! 新西師範・下八重コーチ 韓国留学生ソヨン・ゆっこ・ひろしです!


城西高校・田布尾君
軽量級・新西一久君と

 修武会親子キャンプ 
2005/06/25〜26 県立大隅公園 

焼肉の前は、みっちり練習! みんなで食べればまいう〜! 板前さんたち・子供たちのためにせっせと
キッチン・ドランカー!?No! No! 皆で飲めば楽し! 翌朝・皆でかぶと虫とり?

 平成17年度 昇級・段位審査会 
2005/06/16  鹿屋市東地区学習センター  審査員:野上修一先生

緊張の一瞬 ままさん空手家も真剣 もちょっと行儀よくね!
野上宗家によるマンツーウーマン指導 基本指導・加速する突き!Part1 妥協を許さぬ徹底した技術理論!
最後の訓話 年に一度の宗家との懇親会 無事終了!2次会へ

 日本空手道連合会 第5回全九州空手道選手権大会 
2005/05/29  熊本県御船町体育センター

中段のど突き合い! さくら・バッサイダイ予選通過ならず さくら・組手・勝つ欲が無い
さくら組手 その2 記念写真

 第17回 西村誠司先生組手テクニックセミナー 
2005/04/09〜10  福岡市

桜花爛漫の候・・・ そんなに思いっきり蹴こまなくても・・ 反復練習
夜中の花見 二日酔いも無く、さわやかに バランス・ディスク上でのキャッチ
飯出先生・股関節のトレーニング 参加者と西村先生

 空手道修武会創立五周年記念演武会&祝賀会 
2005/04/03 高山町やぶさめ館

5年間のあゆみのスライドショーはこちら
道場生全員による移動基本 来賓の先生方 整然としております
団体形・バッサイダイ 女子部団体形・ニーパイポ 山口鴻城高校3年・下西涼平君・燕飛
赤木佐生里二段・松茂良ローハイ 田布尾稔参段・松村派バッサイ 宝来広久四段・バッサイダイ
新西一久五段・ニーパイポ 松元和成五段・五十四歩 新西師範による居捕り
高山町長・倉岡哲也氏祝辞 武幸二・高山町教育長による乾杯 松元館長による謝辞
若き獅子たち その1 若き獅子たち その2 修武会思い出話披露
未来へ羽ばたけ 修武会拳士!  更なる飛躍を決意

 空手道修武会 新入会員歓迎会 
2005/03/21 鹿屋市「ちくりん」

地鶏の専門店です 参加者集合 田布尾三段・藤田初段
じゃんけんポイ 締めは正拳突きで! 帰りたくないけど・・

 中種子町 よーらいきスポーツフェスタ 空手道教室 
2005/03/12〜13 中種子町

元鹿児島県高体連会長
・大平義之先生と講師として
まずは準備運動 プライオ練習
「今回の先生つまんないな」な〜んて言ってないよね? 右、左、いち、に〜 一日目修了
ニュー・ルール等説明 熱血漢・大平式指導法 お世話になった先生方と

  鹿屋東地区学習発表会  
2005/03/05 鹿屋東地区学習センター
全員・きょうつけ〜い まずは四股突き! 平安初段
団体形・バッサイダイ ありがとうございました 中庭にて・記念撮影

  国分利人先生・松元和昭先生 ジョイント・セミナー  
2005/02/14 高山町第2体育館

まずは接待!接待! 初動負荷理論を習いました 和昭先生・基本四方突き
一人だけ向きが・・ドンマイ 国分先生に蹴り! ノーモーションの蹴り炸裂!
「こうするんだよ!「」 倒してから確実にしとめる方法 絶対にこかす方法
チャンピオンと記念撮影・幸せ!
鹿児島の味その1・豚骨ラーメン 鹿児島の味その2・安心安全なイチゴ 鹿児島の味その3・蜂の子 栄養満点
鹿児島の味その4・いも焼酎『萬膳』 次はどこで指導する?ってか?

   2005新春鏡開き   
2005/01/01 東串良町柏原海岸
一年の計は元旦にあり!毎年初日の出を拝んで心新たに出発!
凍てつく砂を踏んでランニング もうすぐ日の出! 突く!突く!ひたすら突く!
このころになるともう寒くはない ちょっと逆光です。すいません
稽古のあとは暖かい、豚汁 眞子とお母さん 新年の抱負を述べる