平成20年4月27日(日) 鹿児島市 鹿児島アリーナメインアリーナ

今日の春季大会、形の部は、7月に宮崎県で開催される全九州選手権の選考会を兼ねており、各クラス(少年男女、成年男女)それぞれ2名が出場権を得る。
今年から国体の形の部が、各地区協議会からの選出となったためである。
 尚、高校の部で初デビュー。13名が参加して行われたが、1回戦、バッサイダイで見事1位通過。(予選上位4名でトーナメント)
 準決勝、同校と中村君との対決であったが、松村ローハイで4-1で勝利。決勝戦に駒を進めると同時に九州大会出場を決めた。
 決勝は、城西高校3年生の堂前君と。尚、泊バッサイで勝負に出たが、力強いウンスーの前に、惜しくも2-3で敗れてしまう。
 他の選手も頑張り、城西高校3年生の坂元佑美さんが組手で優勝、(組手の全九州、国体選考会は6月15日に行われます。)、さくらが形で3位、あと数名入賞したようです。



高校男子の部開始!出場13名



尚、予選1位 決勝2−3で敗れ準優勝

ただ今練習中の平安5段の形

中学3年生 坂元聖哉 惜しくも3位



社会人1年生 古屋敷 成年女子形準優勝で九州大会代表に

さくら、準決勝で2−3で破れ3位


組手初出場の坂下魁

高校生組手 鹿屋高校1年 赤木嵩征

田布尾丞滋君は、成年組手で出場 惜しくもベスト8

鹿児島城西3年 坂元佑美選手 個人組手見事優勝!



それぞれが新しい学年で活躍しました。