2006年 空手活動報告

 


鹿児島城西高校空手道部合宿
  12月2日〜3日 於:
鹿屋市吾平町大隅アリーナ





本部道場練習
  11月12日 於:本部道場






第8回南九州少年空手道大会
  11月08(日) 於:日南市体育館






弥五郎どん祭奉納空手道大会
  11月03(金) 於:志布志市岩側小学校

こちらからご覧ください。



第16回高山やぶさめ祭空手道錬成大会
  10月22(日) 於:大隅アリーナ

こちらからご覧ください。.



第40回県秋季空手道道大会(団体戦)
  10月15(日) 於:県立体育館


鹿児島県は、春の大会は個人戦、秋は団体戦となっている。今日は第40回県秋季空手道大会。 私はCパートの審判員。小学低学年の団体形もCパート。出場者は3年生。3−2のあやうい判定も潜り抜け、あれよあれよという間に決勝まで。相手は賢友流。気迫と勢いはこちらにあったが、残念ながら5−0で敗退。それでも見事な準優勝だ。今後の励みになることだろう。 隣のDコートでは中学の部。2年と1年のチームながら、こちらも決勝まで進出。決勝の相手は剛柔会。バッサイ対セーパイの対決。4−1で勝利。想定外?いや、無欲の勝利。 午後からは組手。こちらも中学、決勝まで進出。相手は賢友流。先鋒、尚、4−2で勝利。中堅、大将も頑張ったが、あと一歩及ばず敗退。しかし、3年生なしのチームで準優勝は立派。 金1、銀2のまづまづの成績でした。選手は皆、よく頑張ってくれました。ご苦労さん!次を目指して頑張りましょう。




笠之原地区大綱引大祭空手道演武

  10月7(土) 於:笠之原公園

こちらからご覧ください



田布尾丞滋君国体壮行会

  9月17(日) 於:吾平町「はくつる」





第14回全国中学生空手道選手権大会
  8月19(土)〜20(日) 於:京都市体育館


吾平中は
 1回戦2−1緑丘(和歌山)
 2回戦3−0裾花(長 野)
 3回戦2−1矢板(栃 木)
と、順調に勝ち進む。しかし、先鋒の尚、1勝2敗。どうも戦意が表に見て取れない。 4回戦。東京の椚田中学校。先鋒の尚0−4とリードされる。ここでも相手に追いつこうという死にものぐるいの態度が見えない。終盤2ポイント取り返すも敗退。今日は1勝3敗の結果だ。中堅の杉本君、敗退。4回戦敗退が決まる。大将の冨松君は安定した試合で全試合勝利である。 2年生の尚にとってはいい勉強になったと思う。来年も出場出来るように頑張って欲しいものである。 私は飛行機の都合でベスト8を残して、会場を後にする。できたら最後まで全て見たかったです。私自身、初めての全国大会での審判経験でしたが、いい勉強になりました。来年は監督として親子で参加したいものです。次女・さくらも中学生になることだし。





松元和昭先生セミナー
  8月14(月) 於:鹿屋東地区学習センター

こちらからご覧ください 



平成18年度県中学校総合体育大会空手道競技
  7月26(水) 於:吉田町体育館



  鹿児島市吉田町にて、県中学総体空手道競技が開催された。鹿児島県は全国で一番早く空手道が中学体育連盟に加盟した県でもある。昨年は個人組手で尚武と赤木君がワン・ツーフィニッシュで気をよくしたのを覚えている。
 今回も九州大会の選考会を兼ねている。共通(2・3年)の部で個人でベスト4、団体で2位に入れば沖縄への切符を手に入れることが出来る。誰か私を沖縄に連れて行って!って感じで。
 昨日、居残り練習を頑張った坂元聖哉君、なんと1年個人形で優勝!本人も優勝は始めての経験で、しかも中体連という公式大会、本人も喜んでいましたが、私も嬉しかったです。この調子で他の選手も頑張ってくれよ・・。
 大会は6パートでスムースに進められていく。いよいよ団体組手の番が来た。尚武は先鋒。1回戦、2回戦と勝ち進む。準決勝まで勝てば切符を手にすることが出来る。準決勝の相手は地元吉田南中。
 相手の先鋒は奥平君、尚と同級の2年生である。尚の動きがいまいちだ。攻撃の後に止まったり、出鼻をカウンターであわされたりで結果2−3で負けてしまう。”バカタレが!”先輩たちの踏ん張りに期待したが、大将も負けてしまい、ついに沖縄の夢は消えてしまう。  大会運営には鹿児島城西高校空手道部員も協力しており、田布尾君と佑美も参加していた。立派な先輩になっていました。



2006インターナショナル九州サマーキャンプin平戸セミナー
  7月21(金)〜23(日) 於:長崎県平戸市

こちらからご覧ください。



修武会キャンプ
  7月15(土)〜16(日) 於:大隅公園キャンプ場

こちらからご覧ください。



第6回肝属地区体育大会空手道競技
  7月9(日) 於:大隅アリーナ


大隅アリーナで開催される。地区教育事務所主催の大会だが今年で6回目を迎える。今年は初心者と上級者のクラスを分けた。出来るだけ同レベルで試合をさせたいことと、一人でも多く入賞させてあげたいためだ。
 小学生の部から、中学、高校、一般、シニアとカテゴリも多い。高校生と一般は県民体育大会の選手選考も兼ねている。
 地元開催と言うことで応援者も多い事だろう。また、これまで試合をしたことがない子も(特に組手)多数いたが、今日は全員参加だ。 組手、一般女子の部で出場した赤木さん。酸欠で倒れることなく完闘!お見事!子ども達の鏡です!
 小学低学年の組手。上学年ともなると知恵や恐怖心が先行して攻めあぐねる子も多いが、低学年は試合前こそ恐怖感と緊張感を味わっているようであるが、「はじめ!」の声が掛かると、元気よく飛び出し、泣きながらも突きまくっている。本能で闘っているのだろう。試合が終わると「おかあさ〜ん!」と泣きじゃくる。かわいいもんです。中には負けたことが悔しくて泣いている子もいたらしい、エライ!
 成年男子形では新西君が高校形では荻原君が優勝。久しぶりに形の部で県民大会の切符を手にしました。かくして大会は無事終了しました。



第6回全九州空手道選手権大会
  6月18(日) 於:御舟町スポーツセンター





第22回お田植祭奉納空手道錬成大会
  6月11日(日) 於:隼人町工業体育館



新牛込・平原・畑中(3位入賞)・黒岩 5年生チーム

坂元・岩田 中1コンビ

田布尾紗希 3位入賞

攻める新牛込

蹴り合い!どっちが強いか!

中段蹴り炸裂!

次に期待、黒岩大樹

参加者全員で試合前の緊張のヒトコマ





第4回鹿児島県中学生空手道大会(全国大会予選)
  6月3日(土) 於:松元町平野丘体育館



団体形:バッサイダイ
予選通過ならず

2年男子個人形 ニーパイポ
赤木嵩征君 見事 優勝!

1年男子個人形
坂元 聖哉君

1年男子個人形
岩田 引男君

団体組手決勝 先鋒戦 
松元(吾平中)vs里島(朝日中)
3年生チャンプ里島君と1-1惜しくも引き分け

しかし、全国大会切符を手にする!


長渕剛 野外コンサート会場の記念モニュメント

に寄り道


全国大会選考会を兼ねた第4回鹿児島県中学生空手道大会。
鹿児島県の中学校空手道連盟は全国で一番早く組織され中学校体育連盟にも正式加盟している。
全国中学校体育連盟加盟はもうしばらくかかるが、九州中学校体育連盟には本年度から正式加盟。

全国大会:8月19日・20日 於)京都府
九州大会:8月 5日・ 6日 於)沖縄県


平成18年度昇級審査会
  5月23日(火) 於:鹿屋東地区学習センター

こちらからご覧ください。


第40回鹿児島県春季空手道大会(個人戦)
  4月30日(日) 於:鹿児島県総合体育館

こちらからご覧ください。




 笠之原保育園卒園式演武会 
  
3月25日(土) 於:鹿屋市笠之原保育園

大隅道場の生徒が通う、鹿屋市の笠之原保育園。こちらは、卒園式終了後の茶話会で演武をすることになっていた。卒園生の眞子と千紗それに賢人と颯とさくらの5人。簡単な紹介の後、基本、形を披露する。ほとんどの人が初めて見るらしく、興味深く見入っておられた。


 修武会卒業祝 
  
3月17日(金) 於:前田地区公民館

  道場を開設して6回目の中学生を送る会。今年は3年前に卒業した、高校3年生組も参加してくれた。 恒例により父母への謝辞を述べさせる。鹿児島城西に特待で進学する佑美が、言葉を選びながら、寂しさをこらえるように必死に気持ちを伝えている。 ”もっとメシをたくさん食べてたくましくならんかぁ〜!”と思うさおりも、昔の空手の名門、串良商業高校で空手道部に入部し、全国大会を目指すと誓ってくれた。娘を嫁に出すような気持ちになるが、ただただ、これからも頑張って欲しいと願うのみである。 高校生組は大学進学2名、専門学校進学1名。あと2年で成人だ。私が夢にまで見た、”一緒に酒が飲める!”のである。光陰矢のごとし。


山口鴻城高校空手道部送別会

  2月25日(日) 於:山口県山口鴻城高校空手道部室

 午前10時から、部室にて送別会が始まる。いつものごとく、生徒が父兄や先生方に感謝の言葉を述べる。すばらしいじゃありませんか。最近はめったにこういう機会はありませんよね。参列者全員が、感動させられる。 私はまだ、教え子に、涙を見せるわけにはいかない。ぐっとこらえて、お礼のみを伝える。「涼平よ、君のために流す涙はまだとってあるから。」 送別会がすんだ後、会場をホテルに移して謝恩会。ここではもう、和やかな雰囲気に。お世話になった藤井監督や、住川総監督と歓談。 子供も親も、異口同音に「すばらしい学校を卒業できて良かった。」と述べられる。こういう学校に、自分の子供も出したいものですね。

下西涼平君。愛知学泉大学へ進学 同僚の西川君・ 保護者の方々
保護者会長・中尾さん 下西家族と 藤井栄治監督と(山口でよく飲みました。)

 九州地区空手道協議会形講習会 
  2月24日(土) 於:福岡県九州産業大学体育館

松濤館流講師:津山先生 ジオンの解説
先生曰く「九州は元気がないねぇ〜」
審査員の先生方
清原先生・中村先生・津山先生
坂井先生・野上先生
8名が地区形審判員を受験 九州地区協議会事務局長・谷崎先生 合格者は3名だったそうです。

 連合会九州地区協議会形講習会 
  2月18日(土) 於:熊本県立体育館武道場


午後2時から第2指定形の講習会。糸東系の講師が野上先生で、剛柔系が宮崎の佐藤先生である。 まずは剛柔から。時間の関係でクルルンファのみ。佐藤先生の指導もかなりうまい。分解も容赦なく、相手役の藤枝君も何度も「うっ」と声に漏らしていた。ご苦労様。 続いて野上先生。こちらはニーパイポ。私も好きな形なので、早く自分のものに出来るようにしたいと思う。

剛柔流講師:佐藤雅彦先生 第2指定形・クルルンファの分解 糸東流講師:野上修一先生
公認8段位を受審される松村先生 第2指定形・ニーパイポの指導 修武会の参加者
松元・野上先生・新野先生・松村先生

 野上先生形講習会 
  2月16日(木) 於:鹿屋東地区学習センター
バッサイダイの指導



イタリア国・ナポリ市のジャパンウィークで演武・指導をされてきました。
五段位受審者、宝来君と井元先生はじめ参加者と

 鹿屋東地区学習発表会 
  2月3日(土) 於:鹿屋東地区学習センター
平原君・牛草君・蓮香君 稲村君・山野君 上村君・松下君
稲村さん・今井田君・赤木さん 裕次郎・稜典・尚武 明美・佑美
聖哉・佑太 眞子・千紗 葵・彩海
全員で四股突き 移動基本 団体形・平安2段
団体形・平安初段 バッサイダイ 松村ローハイ

新西先生・今井田君による短刀捕り 最後に全員で記念撮影

 
肝付町内一周駅伝大会 
  1月21日(日) 於:肝付町
 Chris Sterian(虎吉)先生滞在記 
  1月4日〜9日 
雪化粧の桜島をバックに 「寿司虎」にて好物の寿司を堪能する寅吉君 日本の芸能「かるた」
中央はプロ・ウェイクボーダー・浅井未来 悪餓鬼2名 修武会一般部にて歓迎会
上段蹴り炸裂 お揃いで和服を チャンバラに興じる悪餓鬼
無類の子供好きです! 宮崎県日南市・鵜戸神社にて 新幹線「つばめ」で帰っちゃいました!

  2006鏡開き(寒稽古) 
1月8日(日) 於)東串良町柏原海岸 
 例年であれば、元旦早々に行っている行事であるが、今年は天気予報で「雨」。やむなく8日に開催。外気温マイナス3度。現地に到着すると、砂浜は銀世界、海からも蒸気が立ち上っている。なんとも神秘的な光景が我々を待っていた。 まづは全員で軽くランニング。これで体は大体温まる。いよいよ海中へ。例年なら海中は温泉みたいに温かいが、「先生、今日は冷たいですよ。」と」先発隊の指導員。「マジかよォ〜」と思いながらも、「全員海に入れ〜!!」と促す。小さい子は既に泣いている。甘やかすわけにはいかない、「もっと声を大きく!」全員で四股突き、その場基本、平安二段を行う。最後に再び四股突き。懸命に突く子供たちの姿を見て、感動する。海中での稽古中はそうきつくはないが、陸に上がって着替えるまでが、地獄である。着替えた後は、保護者の皆さんが準備してくださった豚汁を食べる。この頃には、泣いていた子供たちも明るさを取り戻している。現代社会において、子供たちに「根気」「我慢」「継続」といった、社会生活で欠かせない要素を育む手段といったら、どんなものがあるのだろう。今回のような、非日常的な活動がそれらの一助になるかどうか、検証されたものを知らないのでわからないが、主催者としては、そうであって欲しいと願うばかりである。