ユニオン活動案内

 


最低賃金引き上げキャンペーン中!!

 

 最低賃金が一番高い「東京」でさえ 1 日 8 時間、週5日で年間 2000 時間働いても年収 180 万円ちょっとにしかなりません。
 憲法 25 条「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」や、労働基準法第 1 条「労働条件は、労働者が人たるに値する生活を営むための必要を満たすべきものでなければならない」のように法では定められていますが、今の賃金では普通に暮らしていけません。賃上げされているのは大手企業の正社員が中心で、パートやアルバイトなど非正規雇用労働者は最低賃金ギリギリです。現に街中にある求人誌を見てください。コンビニやファストフード店の求人募集は、最低賃金額か、それをわずかに上回る金額がほとんどです。

国際比較では日本の最低賃金は目立って低い! 
 先進国では 1,000 円以上が当たり前!

●オーストラリア/ 17.29 豪ドル(約 1,476 円 ) ●イギリス/ 21 歳以上 6.70 ポンド(約 1,246 円 )●フランス/ 9.61 ユーロ(約 1,313 円 )●ドイツ/ 8.5 ユーロ(約 1,162 円) ●米国/全国/ 7.25 ドル(約 873 円 )●米国/カリフォルニア州/ 9 ドル(約 1,084 円 )●米国/ニューヨーク州/ 8.75 ドル(約 1,054 円 )●米国/ワシントン DC / 9.5 ドル(約 1,144 円)●日本/東京/ 907 円 ●日本/沖縄・宮崎・高知・鳥取/ 693 円

 

 生活できる賃金実現に向け一緒に声をあげましょう!!

 

■労働相談は下町ユニオンへ

 

賃金未払い

雇い止め・解雇

 

いじめ・パワハラ

 

労災補償・・・

あなたの職場の相談を受付けます。

秘密厳守 ・相談料は無料です。

 TEL:03-3638-3369

 

まずは電話でご連絡ください。

 

 お電話で、ご相談の概要をお聞きせください。

 内容によって、面談相談の日程を調整をさせていただきます。

 その方ごとの事情で夜間や土日の面談設定についても、

できる限り考慮します。まずはご相談ください。

 

        

▲pagetop